Share via


Azure Load Testing でのサービスの制限

Azure では、不正による予算超過を防ぎ、Azure の容量の制約を尊重するために制限とクォータを使用しています。 運用環境のワークロードに合わせてスケーリングするときは、これらの制限事項について考慮してください。 この記事では、次の内容について説明します。

  • Azure Load Testing に関連する Azure リソースの既定の制限事項。
  • クォータの引き上げを依頼する。

既定のリソース クォータ

このセクションでは、既定のクォータ制限とその上限について説明します。

テスト エンジン インスタンス

次の制限は、リージョンごと、サブスクリプションごとに適用されます。

リソース 既定の制限 上限
同時実行エンジン インスタンス数 5-100 1 1000
テスト実行あたりのエンジン インスタンス数 1-45 1 400

1 最大上限に達していない場合は、引き上げを要求できます。 現在は、上記の最大上限を超える引き上げ要求を承認することはできません。 既定の上限の引き上げを要求する場合は、Azure サポートにお問い合わせください。 既定の上限は、オファー カテゴリの種類によって異なります。

テストの実行

次の制限は、リージョンごと、サブスクリプションごとに適用されます。

リソース 既定の制限 上限
テストの同時実行数 5-25 2 1000
テスト期間 3 時間 2 24
リソースごとのテスト 10000
テストごとのテストの実行 5000
テストごとのファイルのアップロード 1000
テストまたはテストの実行ごとのアプリのコンポーネント 100
テストごとのテストの条件 50

2 最大上限に達していない場合は、引き上げを要求できます。 現在は、上記の最大上限を超える引き上げ要求を承認することはできません。 既定の上限の引き上げを要求する場合は、Azure サポートにお問い合わせください。 既定の上限は、オファー カテゴリの種類によって異なります。

データの保持

Azure Load Testing では、テストの実行ごとにメトリック、テスト結果、ログがキャプチャされます。 次のデータ保有期間の制限が適用されます。

リソース 制限 メモ
サーバー側のメトリック 90 日 サーバー側のメトリックを構成する方法を確認してください。
クライアント側のメトリック 365 日
Test results 6 か月 テスト結果をエクスポートする方法を確認してください。
テストのログ ファイル 6 か月 失敗したロード テスト診断するためのログをダウンロードする方法について説明します。

クォータの増加を要求

制限を引き上げるまたは既定の制限を超えるクォータが必要な場合は、オンライン カスタマー サポートに申請 (無料) してください。

  1. [サポート チケットを作成] を選択します。

  2. 問題の概要を入力します。

  3. [問題の種類] として [サービスとサブスクリプションの制限 (クォータ)] を選択します。

  4. サブスクリプションを選択します。 次に、[クォータの種類] として [Azure Load Testing] を選択します。

  5. [次へ] を選択して続行します。

  6. [問題の詳細] で、[詳細の入力] を選択します。

  7. [クォータの詳細] ウィンドウの [場所] に、上限を引き上げる Azure リージョンを入力します。

  8. 上限を引き上げる [クォータの種類] を選択します。

  9. [要求された新しい制限] に入力し、[保存して続行] を選択します。

  10. [高度な診断情報][サポート方法]、および [連絡先情報] に詳細を入力します。

  11. [次へ] を選択して続行します。

  12. [作成] を選択してサポート リクエストを送信します。

次のステップ