Azure Red Hat OpenShift

Microsoft Azure Red Hat OpenShift サービスを使用すると、フル マネージドの OpenShift クラスターをデプロイできます。

Azure Red Hat OpenShift は Kubernetes を拡張します。 Kubernetes を使用した運用環境でコンテナーを実行するには、追加のツールとリソースが必要になります。 これには、多くの場合、イメージ レジストリ、ストレージ管理、ネットワーク ソリューション、ログ記録と監視のツールなどを操作する必要があります。これらはすべて、まとめてバージョン管理およびテストする必要があります。 コンテナーベースのアプリケーションを構築するには、さらにミドルウェア、フレームワーク、データベース、CI/CD ツールとの統合作業も必要です。 Azure Red Hat OpenShift は、これらすべてを 1 つのプラットフォームに統合することで、IT チームにとって運用が容易になると共に、アプリケーション チームには実行すべきことが指定されます。

Azure Red Hat OpenShift は、Red Hat と Microsoft が共同で設計、運用、サポートを行い、統合されたサポート エクスペリエンスを実現しています。 操作すべき仮想マシンはなく、修正プログラムの適用も必要ありません。 マスター、インフラストラクチャ、およびアプリケーション ノードの修正プログラムの適用、更新、監視は、ユーザーに代わって Microsoft と Red Hat が行っています。 Azure Red Hat OpenShift クラスターは、Azure サブスクリプションにデプロイされ、Azure の課金内容に含まれます。

自動でのソース コード管理、コンテナーとアプリケーションのビルド、デプロイ、スケーリング、正常性の管理などには、独自のレジストリ、ネットワーク、ストレージ、CI/CD のソリューションを選択するか、組み込みのソリューションを使用することができます。 Azure Red Hat OpenShift は、Azure Active Directory を通じて、統合されたサインオン エクスペリエンスを提供します。

最初に、Azure Red Hat OpenShift クラスターの作成に関するチュートリアルを完了してください。

アクセス、セキュリティ、および監視

セキュリティと管理の強化のため、Azure Red Hat OpenShift では、Azure Active Directory (Azure AD) と統合して、Kubernetes のロールベースのアクセス制御 (Kubernetes RBAC) を使用することができます。 また、クラスターとリソースの正常性を監視することもできます。

クラスターとノード

Azure Red Hat OpenShift ノードは Azure 仮想マシン上で実行されます。 ストレージをノードやポッドに接続し、クラスター コンポーネントをアップグレードすることができます。

サービス レベル アグリーメント

Azure Red Hat OpenShift では、サービスが 99.95% の時間利用できることを保証するサービス レベル アグリーメントを提供しています。 SLA の詳細については、Azure Red Hat OpenShift の SLA に関するページを参照してください。

次のステップ

Azure Red Hat OpenShift の前提条件を確認してください。