チュートリアル:Azure PowerShell を使用して Peering Service 接続を登録する

このチュートリアルでは、Azure PowerShell を使用して Peering Service 接続を登録する方法について説明します。

Azure Peering Service は、Microsoft 365、Dynamics 365、サービスとしてのソフトウェア (SaaS) サービス、Azure、パブリック インターネット経由でアクセス可能な Microsoft サービスなど、Microsoft クラウド サービスへのお客様の接続を強化するネットワーク サービスです。 この記事では、Azure PowerShell を使用して Peering Service 接続を登録する方法について説明します。

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、すぐにアカウントを作成してください。

Azure Cloud Shell

Azure では、ブラウザーを介して使用できる対話型のシェル環境、Azure Cloud Shell がホストされています。 Cloud Shell で Bash または PowerShell を使用して、Azure サービスを操作できます。 ローカル環境に何もインストールしなくても、Cloud Shell にプレインストールされているコマンドを使用して、この記事のコードを実行できます。

Azure Cloud Shell を開始するには:

オプション 例とリンク
コードまたはコマンド ブロックの右上隅にある [使ってみる] を選択します。 [使ってみる] を選択しても、コードまたはコマンドは Cloud Shell に自動的にはコピーされません。 Azure Cloud Shell の [使ってみる] の例を示すスクリーンショット。
https://shell.azure.com に移動するか、[Cloud Shell を起動する] ボタンを選択して、ブラウザーで Cloud Shell を開きます。 新しいウィンドウで Cloud Shell を起動する方法を示すスクリーンショット。
Azure portal の右上にあるメニュー バーの [Cloud Shell] ボタンを選択します。 Azure portal の [Cloud Shell] ボタンを示すスクリーンショット

Azure Cloud Shell を使用するには:

  1. Cloud Shell を開始します。

  2. コード ブロック (またはコマンド ブロック) の [コピー] ボタンを選択し、コードまたはコマンドをコピーします。

  3. Windows と Linux では Ctrl+Shift+V キーを選択し、macOS では Cmd+Shift+V キーを選択して、コードまたはコマンドを Cloud Shell セッションに貼り付けます。

  4. Enter キーを選択して、コードまたはコマンドを実行します。

代わりに PowerShell をインストールしてローカルで使用する場合、このクイック スタートでは Azure PowerShell モジュール バージョン 1.0.0 以降を使用する必要があります。 インストールされているバージョンを確認するには、Get-Module -ListAvailable Az を実行します。 インストールおよびアップグレードについては、Azure PowerShell モジュールのインストールに関するページを参照してください。

最後に、PowerShell をローカルで実行している場合は、Connect-AzAccount も実行する必要があります。 このコマンドで、Azure との接続が作成されます。

Azure PowerShell モジュールを使用して、Peering Service を登録および管理します。 Peering Service は、PowerShell コマンド ラインまたはスクリプトから登録または管理できます。

前提条件

次のものが必要です。

Azure アカウント

有効かつアクティブな Microsoft Azure アカウントが必要です。 Peering Service 接続を設定するには、このアカウントが必須です。 Peering Service は、Azure サブスクリプション内のリソースです。

接続プロバイダー

インターネット サービス プロバイダーまたはインターネット交換パートナーと協力して Peering Service を取得することで、お使いのネットワークを Microsoft ネットワークに接続することができます。

接続プロバイダーが Microsoft と提携していることを確認してください。

サブスクリプションをリソースプロバイダーと機能フラグに登録する

Peering Service を登録する手順に進む前に、Azure PowerShell を使用して、お使いのサブスクリプションをリソースプロバイダーと機能フラグに登録します。 Azure PowerShell のコマンドは、次のように指定します。

Register-AzProviderFeature -FeatureName AllowPeeringService ProviderNamespace Microsoft.Peering 

Register-AzResourceProvider -ProviderNamespace Microsoft.Peering 

場所とサービス プロバイダーを取得する

Azure PowerShell で次のコマンドを実行して、Peering Service を有効にする場所とサービス プロバイダーを取得します。

次のように、Peering Service の場所を取得します。

# Gets a list of available countries
Get-AzPeeringServiceCountry 
# Gets a list of metro locations serviced by country
Get-AzPeeringServiceLocation -Country "United States"

次のように、Peering Service プロバイダーを取得します。

Get-AzPeeringServiceProvider

Peering Service 接続を登録する

Azure PowerShell で次のコマンド セットを使用して、Peering Service 接続を登録します。 この例では、myPeeringService という名前の Peering Service を登録します。

$loc = "Washington"
$provider = "TestPeer1"
$resourceGroup = "MyResourceGroup"
$name = “myPeeringService”
$peeringService = New-AzPeeringService -ResourceGroupName $resourceGroup -Name $name -PeeringLocation $loc -PeeringServiceProvider $provider

Peering Service のプレフィックスを登録する

Azure PowerShell を使用して次のコマンドを実行し、接続プロバイダーから提供されるプレフィックスを登録します。 この例では、myPrefix という名前のプレフィックスを登録します。

$loc = "Washington"
$provider = "TestPeer1"
$resourceGroup = "MyResourceGroup"
$name = “myPeeringService”
$peeringService = New-AzPeeringService -ResourceGroupName $resourceGroup -Name $name -PeeringLocation $loc -PeeringServiceProvider $provider
$prefixName = "myPrefix"
$prefix = “192.168.1.0/24”
$serviceKey = "6f48cdd6-2c2e-4722-af89-47e27b2513af"
$prefixService = $peeringService | New-AzPeeringServicePrefix -Name $prefixName -Prefix $prefix -ServiceKey $serviceKey

すべての Peering Service 接続を一覧表示する

すべての Peering Service の一覧を表示するには、次のコマンドを実行します。

$peeringService = Get-AzPeeringService

すべての Peering Service のプレフィックスを一覧表示する

すべての Peering Service のプレフィックスの一覧を表示するには、次のコマンドを実行します。

 $prefixName = "myPrefix"
$prefix = Get-AzPeeringServicePrefix -PeeringServiceName "myPeeringService" -ResourceGroupName "MyResourceGroup" -Name "myPrefix"

Peering Service のプレフィックスを削除する

Peering Service のプレフィックスを削除するには、次のコマンドを実行します。

Remove-AzPeeringServicePrefix -ResourceGroupName  "MyResourceGroup" -Name "myPrefix" -PeeringServiceName "myPeeringService"

次のステップ