Azure 無料アカウントを使用して Azure Database for PostgreSQL - フレキシブル サーバーを無料で試す

適用対象: Azure Database for PostgreSQL - フレキシブル サーバー

Azure Database for PostgreSQL - フレキシブル サーバーは、高可用性の PostgreSQL データベースをクラウド内で実行、管理、スケーリングするために使用されるマネージド サービスです。 Azure 無料アカウントを使用すると、フレキシブル サーバーを 12 か月間無料でご利用いただけます。1 か月あたりの上限は次のとおりです。

  • Burstable B1MS インスタンスを 750 時間。これはデータベース インスタンスを毎月十分に継続実行できるだけの時間です。
  • 32 GB のストレージと 32 GB のバックアップ ストレージ

この記事では、Azure 無料アカウントを使用して、フレキシブル サーバーを無料で作成、使用する方法について説明します。

前提条件

このチュートリアルを完了するには、次のものが必要です。

Azure Database for PostgreSQL - フレキシブル サーバーを作成する

  1. Azure 無料アカウントで Azure portal にサインインします。

    既定のビューはサービス ダッシュボードです。

  2. PostgreSQL フレキシブル サーバー データベースを作成するには、「Azure Database for PostgreSQL servers」を検索して選択します。

    Screenshot that shows how to search and select Azure Database for PostgreSQL.

    または、「無料サービス」を検索してそこに移動し、一覧から [Azure Database for PostgreSQL] タイルを選択します。

    Screenshot that shows a list of all free services on the Azure portal, highlighting PostgreSQL.

  3. [作成] を選択します

  4. [Azure Database for PostgreSQL デプロイ オプションを選択する] ページで、**フレキシブル サーバー** を選択します。

    Screenshot that shows the Flexible Server Deployment Option to be chosen.

  5. 新しいフレキシブル サーバーの基本設定を入力します。

    Screenshot that shows the Basic Settings for creating Flexible Server.

    設定 推奨値 説明
    サブスクリプション お使いのサブスクリプション名 無料試用版の Azure サブスクリプションを選択します。
    Resource group 該当するリソース グループ 新しいリソース グループ、またはサブスクリプションの既存のものを入力します。
    サーバー名 mydemoserver-pgsql フレキシブル サーバーを特定するための一意の名前を指定します。 指定したサーバー名にドメイン名 postgres.database.azure.com が追加されます。 サーバー名に含めることができるのは、英小文字、数字、およびハイフン (-) のみであり、 3 から 63 文字にする必要があります。
    Region ユーザーに最も近いリージョン 一覧から場所を選択します。可能であれば、ユーザーに最も近い場所を選択します。
    ワークロードの種類 開発 無料試用版では、開発ワークロードを選択します。 運用環境のワークロードでは、ユーザーの要件に応じて、小中規模または大規模を選択します。
    可用性ゾーン [優先設定なし] (Azure VM、仮想マシン スケール セット、または AKS インスタンスをホストとする) アプリケーションを特定の可用性ゾーンにプロビジョニングする場合は、同じ可用性ゾーンにフレキシブル サーバーを作成してください。 アプリケーションとデータベースをまとめることでゾーン間のネットワーク待ち時間が短縮され、パフォーマンスが向上します。 [優先設定なし] を選択した場合は、既定の AZ が選択されます。
    PostgreSQL のバージョン 最新のメジャー バージョン 他の特定の要件がない場合は、最新の PostgreSQL メジャー バージョンを使用します。
    高可用性 Default [高可用性] オプションはオフのままにします。
    管理者ユーザー名 myadmin サーバーに接続するときに使用するサインイン アカウントを作成します。 管理者のユーザー名を pg_ で開始することはできません。また、azure_superuser、azure_pg_admin、admin、administrator、root、guest、 または public を使用することはできません。
    Password お使いのパスワード サーバー管理者アカウントのパスワードを指定します。 パスワードは 8 から 128 文字にする必要があります。 また、これには、英大文字、英小文字、数字 (0 から 9)、英数字以外の文字 (!、$、#、% など) という 4 つのカテゴリのうち、3 つのカテゴリの文字が含まれている必要があります。
  6. [コンピューティングとストレージ] の設定では、 [開発] のワークロードの種類を選択したときに設定される既定の値のままにします。

    Screenshot that shows the default values for compute + storage settings.

    [サーバーの構成] を選択して、 [コンピューティングとストレージ] 設定を確認してカスタマイズします。

    Burstable B1MS インスタンス (1-2 仮想コア) を選択し、32 GB 以下のストレージを指定し、それ以外のオプションは、既定の設定のままにするようにしてください。

    Screenshot that shows the Compute + Storage Configure Server blade, to choose B1MS SKU and 32GB Storage.

    [保存] を選択して構成に進みます。

  7. [ネットワーク] タブを選択して、サーバーへの到達方法を構成します。

    Azure Database for PostgreSQL - フレキシブル サーバーには、次の 2 通りの接続方法が用意されています。

    • パブリック アクセス (許可された IP アドレス)
    • プライベート アクセス (VNet 統合)

    パブリック アクセスを使用する場合、サーバーへのアクセスは、ファイアウォール規則に追加されている許可された IP アドレスに限定されます。 この方法では、特定の IP アドレスまたは範囲に対してファイアウォールを開く規則を作成しない限り、外部のアプリケーションやツールはサーバーとサーバー上のデータベースに接続できなくなります。

    プライベート アクセス (VNet 統合) を使用する場合、サーバーへのアクセスは仮想ネットワークに限定されます。 接続方法の詳細については、ネットワークの概要を参照してください

    このチュートリアルでは、その目的上、パブリック アクセスによるサーバーへの接続を有効にします。

  8. [ネットワーク] タブの [接続方法] で、 [パブリック アクセス] を選択します。

  9. ファイアウォール規則の構成で、 [現在のクライアント IP アドレスを追加する] を選択します。

    Screenshot that shows the networking options to be chosen, and highlights the add current client IP address button.

  10. フレキシブル サーバーの構成を確認するために、 [確認と作成] を選択します。

    Screenshot that shows the Review + create blade.

    重要

    Azure の無料アカウントからフレキシブル サーバー インスタンスを作成するとき、 [コンピューティング + ストレージ : コストの概要] ブレードと [確認および作成] タブに [月ごとの推定コスト] が表示されます。ただし、Azure の無料アカウントを使用しているとき、無料のサービス使用料が月あたりの上限内である限り (使用量情報を見るには、「無料サービス使用量を監視、追跡する」を参照)、サービスの料金は請求されません。 Microsoft は現在、無料サービスの [コストの概要] のエクスペリエンス向上に向けて取り組んでいます。

  11. [作成] を選択して、サーバーをプロビジョニングします。

    プロビジョニングには数分かかる場合があります

  12. デプロイ プロセスを監視するには、ツール バーの [通知] (ベル アイコン) を選択します。

    デプロイが完了したら、 [ダッシュボードにピン留めする] を選択して、Azure portal ダッシュボードにフレキシブル サーバーのタイルを作成します。 このタイルは、サーバーの [概要] ページへのショートカットです。 [リソースに移動] を選択すると、サーバーの [概要] ページが開きます。

    既定では、postgres データベースがサーバーに作成されます。 postgres は既定のデータベースで、ユーザー、ユーティリティ、サード パーティ製のアプリケーションが使用するためのものです。 (その他の既定のデータベースは azure_maintenance です。その機能は、管理されたサービス プロセスをユーザーのアクションから分離することです。このデータベースにはアクセスできません)

接続とクエリ

Azure Database for PostgreSQL フレキシブル サーバーをリソース グループに作成したら、サーバーに接続してデータベースにクエリを実行することができます。次に示した「接続とクエリ」のクイックスタートを参照してください。

無料サービス使用量を監視および追跡する

Azure の無料アカウントに無料で含まれている Azure Database for PostgreSQL - フレキシブル サーバー サービスについては、無料サービスの上限を超えない限り課金されません。 上限を超えないよう、Azure portal を使用して無料サービス使用量を追跡、監視してください。

  1. Azure portal で「サブスクリプション」を検索し、Azure の無料アカウント - 無料試用版サブスクリプションを選択します。

  2. [概要] ページで、下へスクロールして [Top free services by usage](無料サービス使用量ランキング) タイルを表示し、 [View all free services](無料サービスをすべて表示) を選択します。

    Screenshot that shows the Free Trial subscription overview page and highlights View all free services.

  3. Azure Database for PostgreSQL - フレキシブル サーバーに関連した以下のメーターを見つけて使用量を追跡します。

    測定 説明 月ごとの上限
    Azure Database for PostgreSQL, Flexible Server Burstable BS Series Compute, B1MS (Azure Database for PostgreSQL、フレキシブル サーバー Burstable BS シリーズ コンピューティング、B1MS) コンピューティング使用量を実行時間数の観点から追跡します 1 か月あたり 750 時間 - バースト可能な B1MS コンピューティング レベル
    Azure Database for PostgreSQL, Flexible Server Storage, Data Stored (Azure Database for PostgreSQL、フレキシブル サーバー ストレージ、格納データ) 1 か月に使用された GB の観点から、プロビジョニングされたデータ ストレージを追跡します。 32 GB/月

    Screenshot that shows the View and track usage information blade on Azure Portal for all free services.

    • 測定: 使用しているサービスの測定単位を示します。
    • 使用状況/使用制限: 当月の使用状況とメーターの使用制限。
    • 状態: サービスの使用状況ステータス。 使用状況によって、次のいずれかの状態が表示されます。
    • [未使用]: メーターを使用しなかった、またはメーターの使用状況が課金システムに伝わらなかった。
    • <日付> に超えました - <日付> にメーターの使用制限を超過した。
    • [超える可能性は低い]: メーターの使用制限を超過する可能性が低い。
    • <日付> に超えます - <日付> にメーターの使用制限を超過する可能性がある。

    重要

    Azure 無料アカウントでは、30 日間使用できる $200 のクレジットも与えられます。 この期間中、月ごとの無料分を超えるサービス使用量は、このクレジットから差し引かれます。 最初の 30 日間の終わり、または $200 のクレジットを費やした後 (どちらか早い方)、1 か月あたりの無料分を超えて使用したサービスの料金のみが課金されます。 30 日が経過した後も引き続き無料サービスを利用するには、従量課金制価格に移行してください。 従量課金制に移行しなかった場合、$200 のクレジットを超える Azure サービスは購入できず、最終的にはご利用のアカウントとサービスが無効となります。 詳細については、「Azure 無料アカウント FAQ」を参照してください。

リソースをクリーンアップする

開発ワークロード、テスト ワークロード、または予測可能な期限付き運用ワークロードにフレキシブル サーバーを使用する場合は、必要に応じてサーバーを開始および停止することで使用量を最適化してください。 サーバーを停止した後、すぐに再起動しない限り、7 日間はサーバーが停止状態のままとなります。 詳細については、TCO を下げるためにサーバーを開始または停止する方法に関するページを参照してください。 フレキシブル サーバーを停止すると、コンピューティングの使用量は発生しなくなりますが、ストレージの使用量は引き続き考慮されます。

または、これらのリソースが今後不要であると思われる場合は、リソース グループを削除してリソースを削除するか、単にこの PostgreSQL サーバーを削除してください。

  • リソース グループを削除するには、次の手順に従います。

    1. Azure portal で、「リソース グループ」を検索して選択します。
    2. リソース グループの一覧で、リソース グループの名前を選択します。
    3. 対象のリソース グループの [概要] ページで、 [リソース グループの削除] を選択します。
    4. 確認のダイアログ ボックスでリソース グループの名前を入力し、 [削除] を選択します。
  • PostgreSQL サーバーを削除するには、サーバーの [概要] ページで [削除] を選択します。

次のステップ