Azure Database for PostgreSQL - Single Server の価格レベル

適用対象: Azure Database for PostgreSQL - 単一サーバー

Azure Database for PostgreSQL サーバーは、次の 3 つの価格レベルのいずれかで作成できます: Basic、汎用、メモリ最適化。 価格レベルは、プロビジョニングできる仮想コアでのコンピューティング量、仮想コアあたりのメモリ、およびデータの格納に使用されるストレージ テクノロジによって区別されています。 リソースはすべて、PostgreSQL サーバー レベルでプロビジョニングされます。 1 つのサーバーには 1 つ以上のデータベースを含めることができます。

リソース/レベル Basic 汎用 メモリ最適化
コンピューティング世代 Gen 4、Gen 5 Gen 4、Gen 5 Gen 5
仮想コア 1、2 2、4、8、16、32、64 2、4、8、16、32
仮想コアあたりのメモリ 2 GB 5 GB 10 GB
ストレージ サイズ 5 GB ~ 1 TB 5 GB から 16 TB 5 GB から 16 TB
データベース バックアップのリテンション期間 7 ~ 35 日間 7 ~ 35 日間 7 ~ 35 日間

価格レベルを選択する場合は、まず次の表を参考にしてください。

Pricing tier 対象のワークロード
Basic 低負荷なコンピューティングと I/O パフォーマンスを必要とするワークロード。 たとえば、開発やテスト、使用頻度の低い小規模なアプリケーションに使用するサーバーがこれに該当します。
General Purpose 負荷分散されたコンピューティングとメモリ、およびスケーラブルな I/O スループットを必要とする大部分のビジネス ワークロード。 たとえば、Web アプリやモバイル アプリ、その他のエンタープライズ アプリケーションをホストするためのサーバーが挙げられます。
メモリ最適化 高速トランザクション処理と高いコンカレンシーを実現するためのインメモリ パフォーマンスを必要とする、高パフォーマンス データベース ワークロード。 たとえば、リアルタイム データと高パフォーマンスなトランザクション アプリや分析アプリを処理するためのサーバーが挙げられます。

サーバーを作成したら、仮想コア数、ハードウェアの世代、および価格レベル (Basic への変更と Basic からの変更を除く) を数秒で増やしたり減らしたりできます。 また、アプリケーションのダウンタイムなしでストレージ (増量のみ) とバックアップのリテンション期間 (増減) を個別に調整できます。 バックアップ ストレージの種類は、サーバーの作成後に変更することはできません。 詳細については、「リソースのスケール」セクションを参照してください。

コンピューティング世代と仮想コア

コンピューティング リソースは仮想コアとして提供されます。仮想コアは、基礎となるハードウェアの論理 CPU を表します。 中国東部 1、中国北部 1、US DoD 中部、および US DoD 東部では、Intel E5-2673 v3 (Haswell) 2.4 GHz プロセッサに基づいた Gen 4 の論理 CPU を利用します。 その他のすべてのリージョンでは、Intel E5-2673 v4 (Broadwell) 2.3 GHz プロセッサに基づいた Gen 5 の論理 CPU を利用します。

ストレージ

プロビジョニングするストレージは、使用している Azure Database for PostgreSQL サーバーで使用可能なストレージ容量です。 ストレージは、データベース ファイル、一時ファイル、トランザクション ログ、および PostgreSQL サーバー ログに使用されます。 プロビジョニングするストレージの合計容量によって、ご利用のサーバーで使用できる I/O 容量も決まります。

ストレージの属性 Basic 汎用 メモリ最適化
ストレージの種類 基本的なストレージ 汎用のストレージ 汎用のストレージ
ストレージ サイズ 5 GB ~ 1 TB 5 GB から 16 TB 5 GB から 16 TB
ストレージの増分サイズ 1 GB 1 GB 1 GB
IOPS 変数 3 IOPS/GB
最小 100 IOPS
最大 20,000 IOPS
3 IOPS/GB
最小 100 IOPS
最大 20,000 IOPS

Note

次のリージョンでは、最大で 16 TB および 20,000 IOPS のストレージがサポートされています: オーストラリア東部、オーストラリア南東部、ブラジル南部、カナダ中部、カナダ東部、米国中部、中国東部 2、中国北部 2、東アジア、米国東部、米国東部 1、米国東部 2、フランス中部、インド中部、インド南部、東日本、西日本、韓国中部、韓国南部、米国中北部、北ヨーロッパ、米国中南部、東南アジア、スイス北部、スイス西部、US Gov 東部、US Gov 中南部、US Gov 南西部、英国南部、英国西部、西ヨーロッパ、米国中西部、米国西部、米国西部 2。

その他のすべてのリージョンでは、最大で 4 TB および 6000 IOPS のストレージがサポートされています。

サーバーの作成中および作成後にさらにストレージ容量を追加でき、システムではワークロードのストレージ使用量に基づいて自動的にストレージを拡張することができます。

Note

ストレージはスケールアップのみ可能で、スケールダウンすることはできません。

Basic レベルでは、IOPS 保証は提供されません。 汎用およびメモリ最適化の価格レベルでは、IOPS は、プロビジョニング済みのストレージ サイズに合わせて 3 対 1 の比率でスケーリングされます。

ご自身の I/O 使用量を監視するには、Azure Portal または Azure CLI コマンドを使用します。 監視すべき関連メトリックは、容量の上限、ストレージの割合、ストレージの使用量、および IO の割合です。

容量の上限に到達

プロビジョニングされたストレージが 100 GB 以下のサーバーは、空きストレージが 512 MB またはプロビジョニングされたストレージ サイズの 5% 未満である場合、読み取り専用とマークされます。 プロビジョニングされたストレージが 100 GB を超えるサーバーは、空きストレージが 5 GB 未満である場合、読み取り専用とマークされます。

たとえば、110 GB のストレージをプロビジョニングしていて、実際の使用量が 105 GB を超えた場合、サーバーは読み取り専用とマークされます。 または、5 GB のストレージをプロビジョニングした場合、ストレージの空き容量が 512 MB 未満に達すると、サーバーは読み取り専用としてマークされます。

サーバーが読み取り専用に設定されると、既存のすべてのセッションが切断され、コミットされていないトランザクションがロールバックされます。 後続の書き込み操作とトランザクションのコミットは失敗します。 後続のすべての読み取りクエリは、中断せずに作業を続行します。

サーバーにプロビジョニングされたストレージの量を増やすか、読み取り/書き込みモードで新しいセッションを開始し、データを削除して空きストレージを回収できます。 SET SESSION CHARACTERISTICS AS TRANSACTION READ WRITE; を実行すると、現在のセッションが読み取り/書き込みモードに設定されます。 データの破損を回避するために、サーバーがまだ読み取り専用の状態のときに書き込み操作を実行しないでください。

ストレージの自動拡張を有効にするか、サーバーのストレージがしきい値に近づいたときに通知するためのアラートを設定しておくことをお勧めします。そうすると、読み取り専用状態に入ることを防止できます。 詳細については、アラートの設定方法に関するドキュメントをご覧ください。

ストレージの自動拡張

ストレージの自動拡張により、サーバーのストレージが不足して読み取り専用になることを防ぎます。 ストレージの自動拡張が有効になっている場合は、ワークロードに影響を与えることなく、ストレージが自動的に拡張します。 プロビジョニングされたストレージが 100 GB 以下のサーバーでは、空きストレージが 1 GB またはプロビジョニングされたストレージの 10% のどちらか大きい方を下回ると、プロビジョニングされたストレージ サイズが 5 GB 単位ですぐに拡張されます。 プロビジョニングされたストレージが 100 GB を超えるサーバーの場合、空きストレージ スペースが 10 GB またはプロビジョニングされたストレージ サイズの 5% のどちらか大きい方を下回ると、プロビジョニングされたストレージ サイズが 5% 単位で増加します。 上で指定されている最大ストレージの制限が適用されます。

たとえば、1000 GB のストレージをプロビジョニングしていて、実際の使用量が 950 GB を超えた場合、サーバーのストレージ サイズは 1050 GB に増加します。 あるいは、10 GB のストレージをプロビジョニングしている場合、ストレージ サイズは空きストレージが 1 GB 未満になると 15 GB に増加します。

ストレージはスケールアップのみ可能で、スケールダウンはできないことに注意してください。

バックアップ ストレージ

Azure Database for PostgreSQL は、プロビジョニングされているサーバー ストレージの 100% までをバックアップ ストレージとして追加コストなしで提供します。 この量を超えて使用するバックアップ ストレージは、月ごとに GB 単位で請求されます。 たとえば、サーバーを 250 GB のストレージでプロビジョニングする場合は、サーバーのバックアップに 250 GB の追加のストレージを追加料金なしで利用できます。 250 GB を超えるバックアップのストレージについては、価格モデルに従って請求されます。 バックアップ ストレージの使用状況に影響を与える要素を理解し、バックアップ ストレージのコストを監視および制御するには、バックアップに関するドキュメントを参照してください。

リソースのスケール

サーバーの作成後に、仮想コア数、ハードウェアの世代、価格レベル (Basic への変更、および Basic からの変更を除く)、ストレージ量、およびバックアップのリテンション期間を個別に変更できます。 バックアップ ストレージの種類は、サーバーの作成後に変更することはできません。 仮想コアの数は増やしたり減らしたりできます。 バックアップのリテンション期間は、7 日から 35 日の間でスケールアップまたはスケールダウンできます。 ストレージ サイズは増やすことのみ可能です。 ポータルまたは Azure CLI を使用して、リソースのスケーリングを実行できます。 Azure CLI を使用したスケーリングの例については、「Azure CLI での Azure Database for PostgreSQL サーバーの監視とスケーリング」を参照してください。

Note

ストレージ サイズは増やすことのみ可能です。 増加後に、より小さなストレージ サイズに戻すことはできません。

仮想コア数、ハードウェアの世代、または価格レベルを変更すると、新しいコンピューティング割り当てを使用して元のサーバーのコピーが作成されます。 新しいサーバーが実行されると、接続が新しいサーバーに切り替わります。 システムが新しいサーバーに切り替わるほんの短時間、新しい接続を確立できず、コミットされていないすべてのトランザクションがロールバックされます。 この時間の長さは変動しますが、ほとんどの場合 1 分未満です。

ストレージのスケーリングおよびバックアップのリテンション期間の変更は、本当の意味でのオンライン操作です。 ダウンタイムはなく、アプリケーションには影響しません。 IOPS はプロビジョニングされたストレージのサイズに合わせてスケーリングされるため、サーバーで使用できる IOPS を増やすには、ストレージをスケールアップします。

価格

最新の料金情報については、サービスの料金ページを参照してください。 必要な構成のコストについては、Azure Portal で、選択したオプションに基づいて表示される [価格レベル] タブの月額コストを確認します。 Azure サブスクリプションを取得していない場合は、Azure 料金計算ツールを使用して見積もり価格を確認できます。 Azure 料金計算ツールの Web サイトで [項目の追加] を選択し、 [データベース] カテゴリを展開し、 [Azure Database for PostgreSQL] を選択してオプションをカスタマイズします。

次のステップ