Azure Center for SAP Solutions での信頼性とは

この記事では、Azure Center for SAP Solutions での信頼性サポートについて説明し、可用性ゾーンでのリージョンの回復性と、顧客が有効にしたディザスター リカバリーによるリージョン間の回復性の両方を取り上げます。 Azure における信頼性の詳細については、Azure の信頼性に関するページを参照してください。

Azure Center for SAP solutions は、SAP システムを Azure 上の統合ワークロードとして作成して実行できるようにするとともに、イノベーションのためのよりシームレスな基盤を提供する、エンド ツー エンドのソリューションです。 新規と既存の両方の Azure ベースの SAP システムに対して管理機能を利用できます。

可用性ゾーンのサポート

Azure 可用性ゾーンとは、各 Azure リージョン内にある、3 つ以上に物理的に分離されたデータセンターのグループです。 各ゾーン内のデータセンターには、独立した電源、冷却手段、ネットワーク インフラストラクチャが備わっています。 ローカル ゾーンの障害については、可用性ゾーンは、1 つのゾーンが影響を受ける場合に、残りの 2 つのゾーンでリージョンのサービス、容量、および高可用性をサポートできるように設計されています。 障害の範囲は、ソフトウェアやハードウェアの障害から、地震、水害、火災などの事象に至る可能性があります。 Azure サービスの冗長と論理的な分離により、障害に対するトレランスが実現されます。 Azure の可用性ゾーンの詳細については、「可用性ゾーン サービスとリージョンのサポート」を参照してください。

可用性ゾーンをサポートする Azure サービスには、ゾーン型、ゾーン冗長型、常時利用可能型サービスの 3 種類があります。 これらの種類のサービスと、それらがどのようにして回復性を促進するかについては、「可用性ゾーンをサポートする Azure サービス」で詳しく説明されています。

Azure Center for SAP Solutions ではゾーン冗長がサポートされています。 Azure Center for SAP solutions を使用して新しい SAP システムを作成する場合は、デプロイするインフラストラクチャの [コンピューティングの可用性] オプションを選択できます。 サービスは既定でゾーン冗長ですが、要件に基づいて、ゾーン冗長を使用して SAP システムをデプロイすることを選択できます。 SAP システムのデプロイの種類オプションの詳細については、こちらを参照してください

リージョン別の提供状況

Azure Center for SAP solutions を使用して SAP システムをデプロイする場合は、次のリージョンではゾーン冗長 Premium プランを使用できます。

アメリカ ヨーロッパ アジア太平洋
米国東部 2 北ヨーロッパ オーストラリア東部
米国東部 西ヨーロッパ インド中部
米国西部 3 東アジア

Azure Center for SAP solutions で回復性を確保するための前提条件

  • 要件に基づいて、Azure Center for SAP solutions を使用してデプロイする SAP ワークロードのゾーン冗長を選択する必要があります。
  • Azure Center for SAP solutions を使用してデプロイする SAP システム インフラストラクチャのゾーン冗長は、Virtual Instance for SAP solutions (VIS) リソースを作成する場合にのみ選択できます。 VIS リソースが作成され、インフラストラクチャがデプロイされると、基になるインフラストラクチャの構成をゾーン冗長に変更することはできません。

可用性ゾーンを有効にして SAP システムをデプロイする

このセクションでは、Azure portal からゾーン冗長の SAP システムをデプロイする方法について説明します。 PowerShell および CLI インターフェイスを使用して、Azure Center for SAP solutions でゾーン冗長 SAP システムをデプロイすることもできます。 Azure Center for SAP solutions を使用した新しい SAP システムのデプロイの詳細を確認します。

  1. Azure portal を開き、Azure Center for SAP solutions のページに移動します。

  2. [基本] ページで、表のフィールド (スクリーンショットでも強調表示されている) には、ゾーン冗長に関する特定の要件があるので特に注意してください。

    設定 推奨値 ゾーン冗長性に関する注意事項
    デプロイの種類 高可用性 (HA) を備えた分散 [コンピューティングの可用性] は [可用性ゾーン] 構成を選択する必要がある

    VIS 作成時のゾーン冗長オプションのスクリーンショット。

  3. プロセスの残りの部分には、ゾーン冗長に影響する他の入力フィールドはありません。 デプロイ ガイドに従って、システムの作成に進むことができます。

ゾーン ダウン エクスペリエンス

ゾーン冗長を使用して SAP システム インフラストラクチャをデプロイする場合、SAP ワークロードはセカンダリ仮想マシンにフェールオーバーし、ゾーンが停止した場合でも中断することなくシステムにアクセスできます。

ディザスター リカバリー: リージョン間フェールオーバー

Azure Center for SAP solutions サービスはゾーン冗長サービスです。 そのため、ペアのリージョンが存在しないという理由で、サービスのダウンタイムが発生する可能性があります。 リージョンが停止した場合、Microsoft によって開始されるフェールオーバーはありません。 この記事では、顧客がディザスター リカバリーを有効にした Virtual Instance for SAP solutions でリージョン間の回復性を実現するために使用できる戦略の一部について説明します。 Virtual Instance for SAP solutions リソースが存在するリージョンがダウンしている場合に従う詳細な手順が記載されています。

ケース番号 ACSS サービス リージョン SAP ワークロード リージョン シナリオ 軽減策の手順
ケース 1 A (ダウン) B ACSS サービス リージョンがダウンしている PowerShell または CLI を使用して、別のリージョンで使用可能な ACSS サービスにワークロードを登録します。これにより、使用可能なサービスの場所を選択できます。
ケース 2 A B (ダウン) SAP ワークロード リージョンがダウンしている 1. 顧客は DR リージョン (ACSS の外部) へのワークロード フェールオーバーを実行する必要があります。
2. フェールオーバーされるワークロードを、PowerShell または CLI を使用して ACSS に登録します。
ケース 3 A (ダウン) B (ダウン) ACSS サービス リージョンと SAP ワークロード リージョンがダウンしている 1. 顧客は DR リージョン (ACSS の外部) へのワークロード フェールオーバーを実行する必要があります。
2. フェールオーバーされるワークロードを、PowerShell または CLI を使用して、別のリージョンで使用可能な ACSS サービスに登録します。これにより、使用可能なサービスの場所を選択できます。

停止の検出、通知、管理

リージョンでサービスがダウンすると、Azure Communications を通じて顧客に通知されます。 顧客は、Azure portal のサービス正常性ページを確認することも、サービス正常性アラートを作成する手順に従ってサービス正常性に関する通知を構成することもできます。

容量と予防的なディザスター リカバリーの回復性

DR リージョンのワークロードの容量を計画する必要があります。

次のステップ