Azure portal を使用して Service Bus 名前空間とキューを作成する

このクイックスタートでは、Azure portal を使用して Service Bus 名前空間とキューを作成する方法について説明します。 また、クライアント アプリケーションがキューとの間でメッセージを送受信するときに使用できる承認の資格情報を取得する方法についても説明します。

Service Bus キューとは

Service Bus キューは、ブローカー メッセージング通信モデルをサポートしています。 キューを使用すると、分散アプリケーションのコンポーネントが互いに直接通信することがなくなり、仲介者 (ブローカー) の役割を果たすキューを介してメッセージをやり取りすることになります。 メッセージ プロデューサー (送信者) はキューにメッセージを送信した後で、それまでの処理を引き続き実行します。 メッセージ コンシューマー (受信者) は、キューからメッセージを非同期に受信して処理します。 メッセージ プロデューサーは、それ以降のメッセージの処理と送信を続ける場合、メッセージ コンシューマーからの応答を待つ必要がありません。 キューでは、コンシューマーが競合している場合のメッセージ配信に先入れ先出し法 (FIFO) を使用します。 つまり、通常はキューに追加された順番にメッセージが受信され、処理されます。このとき、メッセージを受信して処理できるメッセージ コンシューマーは、メッセージ 1 件につき 1 つだけです。

QueueConcepts

Service Bus キューは汎用テクノロジであり、幅広いシナリオで使用できます。

  • 多層 Azure アプリケーションでの Web ロールと Worker ロールとの間の通信。
  • ハイブリッド ソリューションでのオンプレミスのアプリと Azure によってホストされるアプリケーションとの間の通信。
  • 複数の組織で実行される分散アプリケーションまたは 1 つの組織内の異なる部署でオンプレミスで実行される分散アプリケーションのコンポーネント間の通信。

キューを使用すると、アプリケーションのスケールがより簡単になり、アーキテクチャの復元性が高まります。

前提条件

このクイックスタートを完了するには、Azure サブスクリプションが必要です。 Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に無料アカウントを作成できます。

Azure Portal での名前空間の作成

Azure の Service Bus メッセージング エンティティを使用するには、Azure 全体で一意となる名前を備えた名前空間を最初に作成しておく必要があります。 名前空間は、アプリケーション内で Service Bus リソースのためのスコープ コンテナーを提供します。

名前空間を作成するには:

  1. Azure ポータル

  2. ポータルの左側のナビゲーション ウィンドウで、[すべてのサービス] を選択し、カテゴリの一覧から [統合] を選択し、[Service Bus] の上にマウス ポインターを置いて、[Service Bus] タイルで [作成] を選択します。

    メニューでの [リソースの作成]、[統合]、[Service Bus] の選択を示す画像。

  3. [名前空間の作成] ページの [基本] タブで、こちらの手順を実行します。

    1. [サブスクリプション] で、名前空間を作成する Azure サブスクリプションを選択します。

    2. [リソース グループ] で、名前空間を追加する既存のリソース グループを選択するか、新しいリソース グループを作成します。

    3. 名前空間の名前を入力します。 名前空間名は次の名前付け規則に従う必要があります。

      • この名前は Azure 全体で一意である必要があります。 その名前が使用できるかどうかがすぐに自動で確認されます。
      • 名前の長さは 6 ~ 50 文字である。
      • この名前には、文字、数字、ハイフン "-" のみを含めることができます。
      • 名前の先頭は文字、末尾は文字または数字にする必要があります。
      • 名前の末尾は “-sb“ または “-mgmt“ にはできません。
    4. [場所] で、名前空間をホストするリージョンを選択します。

    5. [価格レベル] で、名前空間の価格レベル (Basic、Standard、Premium) を選択します。 このクイック スタートでは、 [Standard] を選択します。

      重要

      トピックとサブスクリプションを使用する場合は、Standard または Premium を選択してください。 Basic 価格レベルでは、トピックとサブスクリプションはサポートされていません。

      [Premium] 価格レベルを選択した場合は、メッセージング ユニットの数を指定します。 Premium レベルでは、各ワークロードが分離した状態で実行されるように、CPU とメモリのレベルでリソースが分離されます。 このリソースのコンテナーをメッセージング ユニットと呼びます。 Premium 名前空間には、少なくとも 1 つのメッセージング ユニットがあります。 Service Bus の Premium 名前空間ごとに、1 個、2 個、4 個、8 個、または 16 個のメッセージング ユニットを選択できます。 詳細については、Service Bus の Premium メッセージングに関するページをご覧ください。

    6. ページ下部にある [確認と作成] を選択します。

      [名前空間の作成] ページを示す画像

    7. [確認および作成] ページで、設定を確認し、 [作成] を選択します。

  4. リソースのデプロイが成功したら、デプロイ ページで [リソースに移動] を選択します。

    [リソースに移動] リンクが表示された、デプロイが成功したページを示す画像。

  5. Service Bus 名前空間のホーム ページが表示されます。

    作成された Service Bus 名前空間のホーム ページを示す画像。

Azure portal でキューを作成する

  1. [Service Bus 名前空間] ページで、左側のナビゲーション メニューの [キュー] を選択します。

  2. [キュー] ページで、ツール バーの [+ キュー] を選択します。

  3. キューの名前を入力し、他の値は既定値のままにします。

  4. ここで、 [作成] を選択します。

    ポータルでのキューの作成を示す画像

次の手順

この記事では、Service Bus 名前空間とその名前空間のキューを作成しました。 キューとの間でメッセージを送受信する方法については、「メッセージを送受信する」セクションで次のいずれかのクイックスタートを参照してください。