Service Bus のクォータ

ここでは、Azure Service Bus のメッセージングの基本的なクォータとスロットルのしきい値について説明します。

メッセージング クォータ

次の表に、Azure Service Bus メッセージングに固有のクォータ情報を示します。 Service Bus の価格と他のクォータについては、「Service Bus の価格」をご覧ください。

クォータ名 Scope メモ
Azure サブスクリプションごとの名前空間の最大数 名前空間 1000 (既定値と最大値) 追加の名前空間に対する後続の要求は拒否されます。
キューまたはトピックのサイズ Entity

1、2、3、4、または 5 GB。

Premium SKU と、パーティション分割が有効な Standard SKU では、キューまたはトピックの最大サイズは 80 GB です。

Premium 名前空間の合計サイズの制限は、メッセージング ユニットあたり 1 TB です。 名前空間内のすべてのエンティティの合計サイズがこの制限を超えることはできません。

キューまたはトピックの作成または更新時に定義されます。

後続の受信メッセージが拒否され、呼び出し元コードが例外を受け取ります。

現在、キューに送信された大きなメッセージ (サイズ > 1 MB) は 2 回カウントされます。 また、トピックに送信された大きなメッセージ (サイズ > 1 MB) は X + 1 回カウントされます (X はトピックへのサブスクリプション数)。

名前空間のコンカレント接続数 名前空間 ネット メッセージング:1,000。

AMQP:5,000。
追加の接続に関する後続の要求は拒否され、呼び出し元コードが例外を受け取ります。 REST 操作は、TCP 同時接続数に加算されません。
キュー、トピック、またはサブスクリプション エンティティの同時受信要求数 Entity 5,000 後続の受信要求が拒否され、呼び出し元コードが例外を受け取ります。 このクォータは、1 つのトピックのすべてのサブスクリプションの同時受信操作の合計数に適用されます。
名前空間あたりのトピック数またはキュー数 名前空間 Basic または Standard レベルでは 10,000。 名前空間のトピックとキューの合計数は、10,000 以下にする必要があります。

Premium レベルでは、メッセージング ユニット (MU) あたり 1,000 です。
以後、名前空間でのトピックまたはキューの新規作成要求が拒否されます。 その結果、(Azure portal で構成されていれば) エラー メッセージが生成されます。 管理 API から呼び出された場合は、呼び出し元のコードが例外を受け取ります。
名前空間あたりのパーティション分割されたトピックまたはキューの数 名前空間 Basic レベルと Standard レベル: 100。 パーティション分割された各キューまたはトピックは、名前空間あたり 1,000 エンティティのクォータに加算されます。 以後、名前空間でのパーティション分割されたトピックまたはキューの後続の新規作成要求が拒否されます。 その結果、(Azure portal で構成されていれば) エラー メッセージが生成されます。 管理 API から呼び出された場合、呼び出し元コードが QuotaExceededException 例外を受け取ります。

Basic または Standard レベルの名前空間にパーティション分割されたエンティティを追加する場合は、追加の名前空間を作成します。

メッセージング エンティティのパスの最大サイズ: キューまたはトピック Entity 260 文字。  
メッセージング エンティティ名の最大サイズ: 名前空間、サブスクリプション、またはサブスクリプション規則 Entity 50 文字。  
メッセージ ID の最大サイズ Entity 128  
メッセージ セッション ID の最大サイズ Entity 128  
キュー、トピック、またはサブスクリプション エンティティのメッセージ サイズ Entity 256 KB (Standard レベル)
100 MB (Premium レベル)。

メッセージ サイズには、プロパティのサイズ (システムとユーザー) とペイロードのサイズが含まれます。 システム プロパティのサイズは、シナリオによって異なります。
これらのクォータを超える受信メッセージは拒否され、呼び出し元コードが例外を受け取ります。
キュー、トピック、またはサブスクリプション エンティティのメッセージ プロパティ サイズ Entity

各プロパティのメッセージ プロパティの最大サイズは、32 KB です。

すべてのプロパティの累積サイズが 64 KB を超えることはできません。 この制限は、ブローカー メッセージのヘッダー全体に適用されます。このヘッダーには、ユーザー プロパティとシステム プロパティ (ログ シーケンス番号、ラベル、メッセージ ID など) の両方が含まれます。

プロパティ バッグ内のヘッダー プロパティの最大数: バイト/int.MaxValue

例外 SerializationException が生成されます。
トピックごとのサブスクリプション数 Entity Standard レベルおよび Premium レベルのトピックあたり 2,000。 以後、そのトピックに対するサブスクリプションの新規作成要求は拒否されます。 その結果、ポータルで構成されている場合は、エラー メッセージが表示されます。 管理 API から呼び出された場合は、呼び出し元のコードが例外を受け取ります。
トピックごとの SQL フィルターの数 Entity 2,000 そのトピックに追加のフィルターを作成するための後続の要求は拒否され、呼び出し元コードが例外を受け取ります。
トピックごとの関連付けフィルターの数 Entity 100,000 そのトピックに追加のフィルターを作成するための後続の要求は拒否され、呼び出し元コードが例外を受け取ります。
SQL フィルターまたはアクションのサイズ 名前空間 フィルター条件文字列の最大長:1,024 (1 K)。

規則アクション文字列の最大長:1,024 (1 K)。

規則アクションごとの式の最大数:32.
追加のフィルターを作成するための後続の要求は拒否され、呼び出し元コードが例外を受け取ります。
名前空間、キュー、トピックごとの共有アクセス承認規則の数 エンティティ、名前空間 エンティティ型ごとの規則の最大数:12.

Service Bus 名前空間に構成されている規則は、キューやトピックのすべての型に適用されます。
追加の規則を作成するための後続の要求は拒否され、呼び出し元コードが例外を受け取ります。
トランザクションあたりのメッセージ数 トランザクション 100

Send() 操作および SendAsync() 操作両方に対して。
それ以上の受信メッセージは拒否され、呼び出し元コードが "1 回のトランザクションで 100 個を超えるメッセージを送信することができない" ことを示す例外を受け取ります。
仮想ネットワークと IP フィルター規則の数 名前空間 128