Site Recovery の最新情報

Azure Site Recovery サービスは、継続的に更新され、改善されています。 最新情報を入手し続ける助けになるように、この記事では、最新のリリース、新機能、および新しいコンテンツに関する情報を提供します。 このページは定期的に更新されます。

Azure 更新プログラム チャネルで Site Recovery の更新通知をフォローし、サブスクライブすることができます。

サポートされる更新プログラム

Site Recovery コンポーネントでは、N-4 バージョン (N は最新リリース バージョン) がサポートされています。 これらの概要を次の表に示します。

アップデート 統合セットアップ 構成サーバー/レプリケーション アプライアンス モビリティ サービス エージェント Site Recovery プロバイダー Recovery Services エージェント
ロールアップ 63 9.50.6419.1 5.1.7626.0 9.50.6419.1 5.1.7626.0 2.0.9249.0
ロールアップ 62 9.49.6395.1 5.1.7418.0 9.49.6395.1 5.1.7418.0 2.0.9248.0
ロールアップ 61 9.48.6349.1 5.1.7387.0 9.48.6349.1 5.1.7387.0 2.0.9245.0
     ロールアップ 60 9.47.6219.1 5.1.7127.0 9.47.6219.1 5.1.7127.0 2.0.9241.0
ロールアップ 59 9.46.6149.1 5.1.7029.0 9.46.6149.1 5.1.7030.0 2.0.9239.0

更新プログラムのインストールとサポートの詳細については、こちらを参照してください。

更新プログラム (2022 年 8 月)

更新プログラム ロールアップ 63

更新プログラム ロールアップ 63 では、以下の更新が提供されます。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (ロールアップ ナレッジ ベースの記事で詳しく説明されています)。
問題の修正/改善点 さまざまな修正プログラムと機能強化 (ロールアップ ナレッジ ベースの記事で詳しく説明されています)。
Azure VM のディザスター リカバリー Oracle Linux 8.6 Linux ディストリビューションのサポートが追加されました。
VMware VM/物理の Azure へのディザスター リカバリー Oracle Linux 8.6 Linux ディストリビューションのサポートが追加されました。

VMware 仮想マシンのディザスター リカバリーのために、既存のレプリケーションをクラシックから最新のエクスペリエンスに移行する移行機能が導入されました。Azure Site Recovery を使って有効にされます。 詳細については、こちらを参照してください

更新プログラム (2022 年 7 月)

更新プログラム ロールアップ 62

更新プログラム ロールアップ 62 では、以下の更新が提供されます。

注意

  • 9.49 バージョンは、Azure プレビュー エクスペリエンスに対する VMware レプリケーションではリリースされていません。
アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (ロールアップ ナレッジ ベースの記事で詳しく説明されています)。
問題の修正/改善点 さまざまな修正プログラムと機能強化 (ロールアップ ナレッジ ベースの記事で詳しく説明されています)。
Azure VM のディザスター リカバリー RHEL 8.6 および CentOS 8.6 Linux ディストリビューションのサポートが追加されました。
VMware VM/物理の Azure へのディザスター リカバリー RHEL 8.6 および CentOS 8.6 Linux ディストリビューションのサポートが追加されました。

プライベート エンドポイントを使用して、VMware および Hyper-V レプリケーションのプロキシ バイパス規則を構成するためのサポートを追加しました。

クラシック エクスペリエンスに存在するさまざまなセキュリティの問題に関連する修正プログラムを追加しました。
Azure への Hyper-V のディザスター リカバリー プライベート エンドポイントを使用して、VMware および Hyper-V レプリケーションのプロキシ バイパス規則を構成するためのサポートを追加しました。

更新プログラム (2022 年 3 月)

更新プログラム ロールアップ 61

更新プログラム ロールアップ 61 では、以下の更新が提供されます。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (ロールアップ ナレッジ ベースの記事で詳しく説明されています)。
問題の修正/改善点 さまざまな修正プログラムと機能強化 (ロールアップ ナレッジ ベースの記事で詳しく説明されています)。
Azure VM のディザスター リカバリー Debian 10 および Ubuntu 20.04 Linux ディストリビューションの追加カーネルのサポートが追加されました。

オンデマンドの容量予約統合のパブリック プレビュー サポートが追加されました。
VMware VM/物理の Azure へのディザスター リカバリー 仮想プロビジョニングされた LVM ボリュームのサポートが追加されました。

更新プログラム (2022 年 1 月)

更新プログラム ロールアップ 60

更新プログラム ロールアップ 60 では、以下の更新が提供されます。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (ロールアップ ナレッジ ベースの記事で詳しく説明されています)。
問題の修正/改善点 さまざまな修正プログラムと機能強化 (ロールアップ ナレッジ ベースの記事で詳しく説明されています)。
Azure VM のディザスター リカバリー 最大 15 日間使用できるリテンション ポイントのサポートが追加されました。

Azure Policy を使用して Azure 仮想マシンで有効にするレプリケーションのサポートを追加しました。

Azure 仮想マシンをレプリケートする際に、ZRS マネージド ディスクのサポートを追加しました。

SUSE Linux Enterprise Server 15 SP3、Red Hat Enterprise Linux Linux 8.4、Red Hat Enterprise Linux Linux 8.5 のサポートを追加

VMware VM/物理の Azure へのディザスター リカバリー 最大 15 日間使用できるリテンション ポイントのサポートが追加されました。

SUSE Linux Enterprise Server 15 SP3、Red Hat Enterprise Linux Linux 8.4、Red Hat Enterprise Linux Linux 8.5 のサポートを追加

更新プログラム (2021 年 11 月)

更新プログラム ロールアップ 59

更新プログラム ロールアップ 59 では、以下の更新が提供されます。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (ロールアップ ナレッジ ベースの記事で詳しく説明されています)。
問題の修正/改善点 さまざまな修正プログラムと機能強化 (ロールアップ ナレッジ ベースの記事で詳しく説明されています)。
Azure VM のディザスター リカバリー Windows Server 2022 のサポートが追加されました。

UEK カーネルを搭載した Oracle Linux 8.4 のサポートが追加されました。
VMware VM/物理の Azure へのディザスター リカバリー Windows Server 2022 のサポートが追加されました。

UEK カーネルを搭載した Oracle Linux 8.4 のサポートが追加されました。

更新プログラム (2021 年 9 月)

更新プログラム ロールアップ 58

更新プログラム ロールアップ 58 では、以下の更新が提供されます。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (ロールアップ ナレッジ ベースの記事で詳しく説明されています)。
問題の修正/改善点 さまざまな修正プログラムと機能強化 (ロールアップ ナレッジ ベースの記事で詳しく説明されています)。

更新プログラム (2021 年 8 月)

更新プログラム ロールアップ 57

更新プログラム ロールアップ 57 では、以下の更新が提供されます。

Note

更新プログラムのロールアップでは、VMware から Azure への保護のパブリック プレビューの更新プログラムのみが提供されます。 このリリースでは、他の修正や機能強化は行われていません。 プレビュー エクスペリエンスを設定するには、新規セットアップを実行し、新しい Recovery Services コンテナーを使用する必要があります。 既存のアーキテクチャから新しいアーキテクチャに更新することはサポートされていません。

今回のパブリック プレビューでは、VMware マシンを保護するための現行のアーキテクチャが全面的に見直されています。

更新プログラム (2021 年 7 月)

更新プログラム ロールアップ 56

更新プログラム ロールアップ 56 では、以下の更新が提供されます。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (ロールアップ ナレッジ ベースの記事で詳しく説明されています)。
問題の修正/改善点 さまざまな修正プログラムと機能強化 (ロールアップ ナレッジ ベースの記事で詳しく説明されています)。

Azure Site Recovery Service | レプリケーションと再保護操作の有効化が 46% 高速になるように機能強化が行われました。 Azure Site Recovery ポータル | 世界中の任意の 2 つの Azure リージョン間でレプリケーションを有効にできるようになりました。 お客様は、レプリケーションを自身の大陸内に限定されることなく有効にできるようになりました。

更新プログラム (2021 年 4 月)

更新プログラム ロールアップ 55

更新プログラム ロールアップ 55 では、以下の更新が提供されます。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)
問題の修正/改善点 さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)
Azure VM のディザスター リカバリー Azure VM の大陸間ディザスター リカバリーのサポートが追加されました。

VMSS Flex の保護のための Rest API のサポート。

Oracle Linux 8.2 および 8.3 を実行する VM でサポートされるようになりました。
VMware VM/物理の Azure へのディザスター リカバリー マスター ターゲット サーバーの設定中に Ubuntu-20.04 を使用するためのサポートが追加されました。

Oracle Linux 8.2 および 8.3 を実行する VM でサポートされるようになりました。

更新プログラム (2021 年 2 月)

更新プログラム ロールアップ 54

更新プログラム ロールアップ 54 では、以下の更新が提供されます。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)
問題の修正/改善点 さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)
Azure VM のディザスター リカバリー Azure Site Recovery を使用したゾーンからゾーンへのディザスター リカバリーは、北ヨーロッパ、米国東部、米国中部、米国西部 2 の 4 つのリージョンで一般提供が開始されました。
VMware VM/物理の Azure へのディザスター リカバリー この更新プログラムには、レプリケーションを有効にした後、VMware/物理マシンの近接配置グループを選択するためのポータルのサポートが含まれています。

データ ディスクのサイズが 32 TB までの VMware マシンの保護がサポートされるようになりました。
Azure への Hyper-V のディザスター リカバリー この更新プログラムには、レプリケーションを有効にした後、Hyper-V マシンの近接配置グループを選択するためのポータルのサポートが含まれています。

更新プログラム (2021 年 1 月)

更新プログラム ロールアップ 53

更新プログラム ロールアップ 53 では、以下の更新が提供されます。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)
問題の修正/改善点 さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)
Azure VM のディザスター リカバリー タグのレプリケーションがサポートされるようになりました。 ソース リージョン内の Azure VM、ディスク、NIC に追加されたすべてのタグが、ターゲット リージョンのマシンにレプリケートされます。

Debian 10 を実行する Azure VM のレプリケーションがサポートされるようになりました。
VMware VM/物理の Azure へのディザスター リカバリー この更新プログラムには、Azure への VMware VM レプリケーションのログ機能強化と、エラー メッセージの改善が含まれています。

Debian 10 を実行する VMware VM と物理マシンのレプリケーションがサポートされるようになりました。

更新プログラム (2020 年 11 月)

更新プログラム ロールアップ 52

更新プログラム ロールアップ 52 では、以下の更新が提供されます。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)
問題の修正/改善点 Mobility Service に対する新しい Linux のサポートを含む、ロールアップで詳細に説明されているいくつかの修正と改善。
Azure VM のディザスター リカバリー RHEL 8.3 および Oracle Linux 7.9 が実行される VM でサポートされるようになりました
VMware VM/物理の Azure へのディザスター リカバリー RHEL 8.3、Oracle Linux 7.9 を実行する VM でサポートされるようになりました。

更新プログラム (2020 年 10 月)

更新プログラム ロールアップ 51

更新プログラム ロールアップ 51 では、以下の更新が提供されます。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)
問題の修正/改善点 Mobility Service に対する新しい Linux のサポートを含む、ロールアップで詳細に説明されているいくつかの修正と改善。

更新プログラム (2020 年 9 月)

更新プログラム ロールアップ 50

更新プログラム ロールアップ 50 では、以下の更新が提供されます。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)
問題の修正/改善点 さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)

更新プログラム (2020 年 8 月)

ロールアップ 49

更新プログラム ロールアップ 49 では、以下の更新が提供されます。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)
問題の修正/改善点 Mobility Service に対する新しい Linux のサポートを含む、ロールアップで詳細に説明されているいくつかの修正と改善。

更新 (2020 年 7 月)

更新プログラム ロールアップ 48

更新プログラム ロールアップ 48 では、以下の更新が提供されます。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)
問題の修正/改善点 さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)

Note

更新プログラム ロールアップ 48 には、ADE を使用して暗号化された Linux マシンのレプリケーションを有効にするときの既知の問題があります。 詳細については、こちらを参照してください

更新プログラム ロールアップ 47

更新プログラム ロールアップ 47 では、以下の更新が提供されます。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)
問題の修正/改善点 さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)

更新プログラム (2020 年 6 月)

更新プログラム ロールアップ 46

更新プログラム ロールアップ 46 では、以下の更新が提供されます。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)
問題の修正/改善点 さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)

更新プログラム (2020 年 3 月)

更新プログラム ロールアップ 45

更新プログラム ロールアップ 45 では、以下の更新が提供されます。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)
問題の修正/改善点 さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)

更新プログラム (2020 年 1 月)

更新プログラム ロールアップ 44

更新プログラム ロールアップ 44 では、以下の更新が提供されます。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のプロバイダーとエージェント向けの更新プログラムはありませんでした。
問題の修正/改善点 さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)

Azure VMware のディザスター リカバリー

Azure 仮想マシンで、お客様が管理するキーを使用した保存時の暗号化が可能な VM がサポートされるようになりました。 詳細については、こちらを参照してください

更新プログラム ロールアップ 43

更新プログラム ロールアップ 43 では、以下の更新が提供されます。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)
問題の修正/改善点 さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)

更新プログラム (2019 年 11 月)

更新プログラム ロールアップ 42

更新プログラム ロールアップ 42 では、以下の更新が提供されます。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)
問題の修正/改善点 さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)

Azure VM のディザスター リカバリー

Azure VM ディザスター リカバリーの新機能をまとめて表に示します。

機能 詳細
UEFI Site Recovery では、UEFI ベースのブート アーキテクチャを使用した Azure VM のディザスター リカバリーがサポートされるようになりました。
Linux Site Recovery では、Azure Disk Encryption (ADE) を使用して Linux を実行する Azure VM がサポートされるようになりました。
第 2 世代 すべての第 2 世代 Azure VM でディザスター リカバリーがサポートされるようになりました。
リージョン ノルウェー geo 内の Azure VM に対してディザスター リカバリーを有効にできるようになりました。

VMware から Azure へのディザスター リカバリー

VMware から Azure へのディザスター リカバリーの新機能をまとめて表に示します。

機能 詳細
UEFI Site Recovery では、UEFI ベースのブート アーキテクチャを使用した VMware VM のディザスター リカバリーがサポートされるようになりました。

サポートされるオペレーティング システムには、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、SLES 12 SP4、RHEL 8 が含まれます。

サービス スタック更新プログラム/SHA-2の更新

Azure VM からセカンダリ リージョンへのディザスター リカバリー、またはオンプレミスの VMware VM や物理サーバーから Azure へのディザスター リカバリーの場合は、次の点に注意してください。

  • バージョン 9.30.5407.1 のモビリティ サービス拡張機能 (Azure VM の場合) およびモビリティ サービス エージェント (VMware/物理マシンの場合) 以降、一部のコンピューター オペレーティング システムではサービス スタック更新プログラムと SHA-2 が実行されている必要があります。 詳細については、次の表を参照してください。
  • リンクされた KB に従って、更新プログラムと SHA-2 をインストールします。 SHA-1 は 2019 年 9 月からはサポートされておらず、SHA-2 コード署名が有効になっていない場合、エージェント拡張機能は正常にインストールまたはアップグレードされません。
  • SHA-2 のアップグレードと要件についての詳細は、こちらでご確認ください。
オペレーティング システム Azure VM VMware VM/物理マシン
Windows 2008 R2 SP1 サービス スタック更新プログラム
SHA-2
サービス スタック更新プログラム
SHA-2
Windows 2008 SP2 サービス スタック更新プログラム
SHA-2
サービス スタック更新プログラム
SHA-2
Windows 7 SP1 サービス スタック更新プログラム
SHA-2
サービス スタック更新プログラム
SHA-2

更新プログラム (2019 年 10 月)

更新プログラム ロールアップ 41

更新プログラム ロールアップ 41 では、以下の更新が提供されます。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)
問題の修正/改善点 さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)

Azure VM のディザスター リカバリー

Azure VM ディザスター リカバリーの新機能をまとめて表に示します。

機能 詳細
テスト フェールオーバーの設定 テスト フェールオーバーを設定するときに、テスト フェールオーバー VM とネットワークの設定を構成できるようになりました。これには、IP アドレス、NSG、内部負荷分散、および各マシン NIC のパブリック IP アドレスが含まれます。 これらの設定は省略可能であり、現在の動作は変更されません。 これらの設定を構成しない場合は、テスト フェールオーバー時に Azure VNet を選択できます。 詳細については、こちらを参照してください
復旧計画 復旧計画は、フェールオーバーの信頼性を確保するために、100 VM に制限されるようになりました。

VMware から Azure へのディザスター リカバリー

VMware から Azure へのディザスター リカバリーの新機能をまとめて表に示します。

機能 詳細
復旧計画 復旧計画は、フェールオーバーの信頼性を確保するために、100 VM に制限されるようになりました。

更新プログラム (2019 年 9 月)

更新プログラム ロールアップ 40

更新プログラム ロールアップ 40 では、以下の更新が提供されます。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)
問題の修正/改善点 さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)

Azure VM のディザスター リカバリー

Azure VM ディザスター リカバリーの新機能をまとめて表に示します。

機能 詳細
フェールバック後のクリーンアップ セカンダリ Azure にフェールオーバーしてから、プライマリ リージョンにフェールバックした後、Site Recovery ではセカンダリ リージョンのマシンが自動的にクリーンアップされます。 VM と NIC を手動で削除する必要はありません。
テスト フェールオーバーでの IP アドレスの保持 ディザスター リカバリーの訓練中にソース VM の IP アドレスを保持し、テスト フェールオーバーの静的 IP アドレスを選択できるようになりました。

VMware/物理サーバーのディザスター リカバリー

今月追加された機能は、表にまとめられています。

機能 詳細
新しいプロセス サーバー アラート 新しいプロセス サーバー アラートを追加しました。 詳細については、こちらを参照してください

Hyper-V のディザスター リカバリー

今月追加された機能は、表にまとめられています。

機能 詳細
ストレージ アカウント Site Recovery では、Hyper-V から Azure へのディザスター リカバリーに対してファイアウォールが有効になっている、ストレージ アカウントの使用をサポートするようになりました。 ターゲット アカウントとして、またはキャッシュ ストレージに対して、ファイアウォールが有効なストレージ アカウントを選択できます。 ファイアウォールが有効なアカウントを使用している場合は必ず、[信頼された Microsoft サービスを許可] オプションを有効にしてください。

これは、System Center VMM の有無にかかわらず、Hyper-V VM でサポートされています。

更新プログラム (2019 年 8 月)

更新プログラム ロールアップ 39

更新プログラム ロールアップ 39 では、以下の更新が提供されます。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)
問題の修正/改善点 さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)

Azure VM のディザスター リカバリー

Azure VM ディザスター リカバリーの新機能をまとめて表に示します。

機能 詳細
Azure AD を使用しない暗号化 Windows を実行しているマネージド ディスクへの Azure VM レプリケーションで、Azure AD アプリを使用しない暗号化がサポートされるようになりました。
フェールオーバー用のネットワーク リソース 別のリージョンにフェールオーバーするときに、ネットワーク リソースの設定 (NSG、負荷分散、パブリック IP アドレス) を VM に接続できるようになりました。

更新 (2019 年 7 月)

更新プログラム ロールアップ 38

更新プログラム ロールアップ 38 では、以下の更新が提供されます。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)
問題の修正/改善点 さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)

全般

Site Recovery では、キャッシュ ストレージまたはターゲット ストレージで汎用 v2 ストレージ アカウントの使用がサポートされるようになりました。 以前は v1 のみがサポートされていました。

VMware から Azure へのディザスター リカバリー

マネージド ディスクがある Azure VM へのレプリケートで、最大 8 TB のディスクをレプリケートできるようになりました。

更新プログラム (2019年 6 月)

更新プログラム ロールアップ 37

更新プログラム ロールアップ 37 では、次の更新プログラムが提供されます。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)
問題の修正/改善点 さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)

VMware/物理サーバーのディザスター リカバリー

今月追加された機能は、表にまとめられています。

機能 詳細
GPT パーティション 更新プログラム ロールアップ 37 以降 (モビリティ サービス バージョン 9.25.5241.1) では、UEFI で最大 5 つの GPT パーティションがサポートされます。 この更新プログラム以前は、4 つサポートされていました。

更新プログラム (2019 年 5 月)

更新プログラム ロールアップ 36

更新プログラム ロールアップ 36 では、次の更新プログラムが提供されます。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)
問題の修正/改善点 さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)

Azure VM のディザスター リカバリー

今月追加された機能は、表にまとめられています。

機能 詳細
追加されたディスクのレプリケート 既にディザスター リカバリーが有効になっている Azure VM に追加されたデータ ディスクのレプリケーションを有効にします。 詳細については、こちらを参照してください
自動更新 ディザスター リカバリーが有効になっている Azure VM で実行されるモビリティ サービス拡張機能の自動更新を構成するときに、Site Recovery によって作成される既定のアカウントを使用する代わりに、既存の Automation アカウントを選択できるようになりました。 詳細については、こちらを参照してください

VMware/物理サーバーのディザスター リカバリー

今月追加された機能は、表にまとめられています。

機能 詳細
プロセス サーバーの監視 オンプレミスの VMware VM と物理サーバーのディザスター リカバリーについて、強化されたサーバー正常性レポートおよびアラート機能により、プロセス サーバーの問題を監視してトラブルシューティングします。 詳細については、こちらを参照してください

更新プログラム (2019 年 3 月)

更新プログラム ロールアップ 35

更新プログラム ロールアップ 35 では、次の更新プログラムが提供されます。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)
問題の修正/改善点 さまざまな修正プログラムと機能強化 (詳細はロールアップを参照)

VMware/物理サーバーのディザスター リカバリー

今月追加された機能は、表にまとめられています。

機能 詳細
マネージド ディスク オンプレミスの VMware VM および物理サーバーが、Azure のマネージド ディスクに直接レプリケートされるようになりました。 オンプレミス データは Azure のキャッシュ ストレージ アカウントに送信され、復旧ポイントはターゲットの場所のマネージド ディスクで作成されます。 これにより、複数のターゲット ストレージ アカウントを管理する必要がなくなります。
構成サーバー Site Recovery で、複数の NIC がある構成サーバーがサポートされるようになりました。 コンテナーに構成サーバーを登録する前に、構成サーバー VM にさらにアダプターを追加してください。 後で追加する場合は、サーバーをコンテナーに再登録する必要があります。

更新プログラム (2019 年 2 月)

更新プログラム ロールアップ 34

更新プログラム ロールアップ 34 は次の更新プログラムを提供します。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)。
問題の修正/改善点 さまざまな修正と改善点 (詳細はロールアップを参照)。

更新プログラム ロールアップ 33

更新プログラム ロールアップ 33 は次の更新プログラムを提供します。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)。
問題の修正/改善点 さまざまな修正と改善点 (詳細はロールアップを参照)。

Azure VM のディザスター リカバリー

今月追加された機能は、表にまとめられています。

機能 詳細
ネットワーク マッピング Azure VM ディザスター リカバリーで、レプリケーションを有効にすると、利用可能な任意のターゲット ネットワークを使用できるようになりました。
Standard SSD Standard SSD ディスクを使用して Azure VM のディザスター リカバリーを設定できるようになりました。
記憶域スペース ダイレクト Azure VM アプリで実行されるアプリのディザスター リカバリーを、高可用性を実現するために記憶域スペース ダイレクトを使用して設定できるようになりました。 Site Recovery と共に記憶域スペース ダイレクト (S2D) を使用することで、Azure VM ワークロードを包括的に保護することができます。 S2D では、Azure でゲスト クラスターをホストすることができます。 これは特に、SAP ASCS レイヤー、SQL Server、スケールアウト ファイル サーバーなど、重要なアプリケーションを VM でホストするときに便利です。

VMware/物理サーバーのディザスター リカバリー

今月追加された機能は、表にまとめられています。

機能 詳細
Linux BRTFS ファイル システム Site Recovery では、BRTFS ファイル システムでの VMware VM のレプリケーションがサポートされるようになりました。 次のような場合、レプリケーションはサポートされません。

- レプリケーションを有効にした後、BTRFS ファイル システムのサブボリュームが変更されている。

- ファイル システムが複数のディスクに分散されている。

- BTRFS ファイル システムで RAID がサポートされている。
Windows Server 2019 Windows Server 2019 を実行しているコンピューターのサポートが追加されました。

更新プログラム (2019 年 1 月)

高速ネットワーク (Azure VM)

高速ネットワークによって、VM へのシングル ルート I/O 仮想化 (SR-IOV) が可能になり、ネットワークのパフォーマンスが向上します。 Azure VM のレプリケーションを有効にすると、Site Recovery は、高速ネットワークが有効になっているかどうかを検出します。 有効な場合はフェールオーバー後に、WindowsLinux の両方について、Site Recovery によってターゲットのレプリカ Azure VM 上に高速ネットワークが自動的に構成されます。

詳細については、こちらを参照してください

更新プログラム ロールアップ 32

更新プログラム ロールアップ 32 では、次の更新プログラムが提供されます。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)。
問題の修正/改善点 さまざまな修正と改善点 (詳細はロールアップを参照)。

Azure VM のディザスター リカバリー

今月追加された機能は、表にまとめられています。

機能 詳細
Linux のサポート RedHat Workstation 6/7、および Ubuntu、Debian、SUSE 用の新しいカーネル バージョンのサポートが追加されました。
記憶域スペース ダイレクト Site Recovery では、記憶域スペース ダイレクト (S2D) を使用する Azure VM がサポートされます。

VMware VM/物理サーバーのディザスター リカバリー

今月追加された機能は、表にまとめられています。

機能 詳細
Linux のサポート Redhat Enterprise Linux 7.6、RedHat Workstation 6/7、Oracle Linux 6.10、および Oracle Linux 7.6 と、Ubuntu、Debian、SUSE 用の新しいカーネル バージョンに対するサポートが追加されました。

更新プログラム ロールアップ 31

更新プログラム ロールアップ 31 は次の更新プログラムを提供します。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)。
問題の修正/改善点 さまざまな修正と改善点 (詳細はロールアップを参照)。

VMware VM/物理サーバーのレプリケーション

今月追加された機能は、表にまとめられています。

機能 詳細
Linux のサポート Red Hat 互換カーネルを使用する Oracle Linux 6.8、Oracle Linux 6.9、および Oracle Linux 7.0 と、Unbreakable Enterprise Kernel (UEK) リリース 5 に対するサポートが追加されました。
LVM LVM ボリュームと LVM2 ボリュームのサポートが追加されました。

ディスク パーティションや LVM ボリューム上の /boot ディレクトリがサポートされるようになりました。
Directories 個別のパーティション、または同一のシステム ディスク上にないファイル システムとして設定された以下のディレクトリのサポートが追加されました。

/(ルート)、/boot、/usr、/usr/local、/var、/etc
Windows Server 2008 ダイナミック ディスクのサポートが追加されました。
[フェールオーバー] storvsc と vsbus がブート ドライバーではない VMware VM のフェールオーバー時間が改善されました。
UEFI のサポート Azure VM は UEFI というブートの種類をサポートしていません。 UEFI が設定されたオンプレミスの物理サーバーを、Site Recovery を使用して Azure に移行できるようになりました。 Site Recovery は、移行の前にブートの種類を BIOS に変換することにより、このようなサーバーを移行します。 Site Recovery では、以前は、VM の場合のみこの変換をサポートしていました。 現在は、Windows Server 2012 移行を実行する物理サーバーもサポートされています。

Azure VM のディザスター リカバリー

今月追加された機能は、表にまとめられています。

機能 詳細
Linux のサポート Red Hat 互換カーネルを使用する Oracle Linux 6.8、Oracle Linux 6.9、および Oracle Linux 7.0 と、Unbreakable Enterprise Kernel (UEK) リリース 5 に対するサポートが追加されました。
Linux BRTFS ファイル システム Azure VM でサポートされるようになりました。
可用性ゾーンにある Azure VM 可用性ゾーンにデプロイされた Azure VM の別のリージョンへのレプリケーションを有効にできます。 Azure VM のレプリケーションを有効にして、フェールオーバーのターゲットを、1 つの VM インスタンス、可用性セット内の VM、または可用性ゾーン内の VM に設定できるようになりました。 この設定は、レプリケーションに影響を与えません。 お知らせを読む
ファイアウォールが有効なストレージ (ポータル/PowerShell) ファイアウォールが有効なストレージ アカウントのサポートが追加されました。

ファイアウォールが有効なストレージ アカウント上のアンマネージド ディスクを持つ Azure VM を、ディザスター リカバリーのために別の Azure リージョンにレプリケートできます。

ファイアウォールが有効なストレージ アカウントを、アンマネージド ディスクのターゲット ストレージ アカウントとして使用できます。

ポータルでサポートされ、PowerShell の使用がサポートされます。

更新プログラム (2018 年 12 月)

モビリティ サービスの自動更新 (Azure VM)

Site Recovery では、モビリティ サービス拡張機能に対する自動更新のオプションが追加されました。 モビリティ サービス拡張機能は、Site Recovery によってレプリケートされる各 Azure VM にインストールされます。 レプリケーションを有効にするときには、拡張機能に対する更新の管理を Site Recovery に許可するかどうかを選択します。

更新では VM の再起動は必要とされず、レプリケーションに影響はありません。 詳細については、こちらを参照してください

Azure VM ディザスター リカバリー用の料金計算ツール

Azure VM のディザスター リカバリーでは、VM のライセンス コストのほか、ネットワークとストレージのコストが発生します。 Azure では、これらのコストの把握に役立つ料金計算ツールを提供しています。 Site Recovery では、6 個の VM、12 個の Standard HDD ディスク、6 個の Premium SSD ディスクを使用する 3 層アプリに基づいたサンプル デプロイに値段を付ける、価格見積もりの例が提供されるようになりました。

  • このサンプルでは、1 日に Standard では 10 GB、Premium では 20 GB のデータ変更を想定しています。
  • 特定のデプロイについては、変数を変更してコストを見積もることができます。
  • VM の数、マネージド ディスクの数と種類、VM 全体で予想される総データ変更率を指定します。
  • さらに、帯域幅コストを見積もるための圧縮率を適用できます。

お知らせを読む

更新プログラム (2018 年 10 月)

更新プログラム ロールアップ 30

更新プログラム ロールアップ 30 は次の更新プログラムを提供します。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)。
問題の修正/改善点 さまざまな修正と改善点 (詳細はロールアップを参照)。

Azure VM のディザスター リカバリー

今月追加された機能は、表にまとめられています。

機能 詳細
リージョンのサポート オーストラリア中部 1 およびオーストラリア中部 2 で Site Recovery のサポートが追加されました。
ディスク暗号化のサポート Azure AD アプリを使用した、Azure Disk Encryption (ADE) で暗号化された Azure VM のディザスター リカバリーのサポートが追加されました。 詳細については、こちらを参照してください
ディスクの除外 初期化されていないディスクが、Azure VM のレプリケーション中に自動的に除外されるようになりました。
ファイアウォールが有効なストレージ (PowerShell) ファイアウォールが有効なストレージ アカウントのサポートが追加されました。

ファイアウォールが有効なストレージ アカウント上のアンマネージド ディスクを持つ Azure VM を、ディザスター リカバリーのために別の Azure リージョンにレプリケートできます。

ファイアウォールが有効なストレージ アカウントを、アンマネージド ディスクのターゲット ストレージ アカウントとして使用できます。

PowerShell のみの使用がサポートされるようになりました。

更新プログラム ロールアップ 29

更新プログラム ロールアップ 29 は次の更新プログラムを提供します。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)。
問題の修正/改善点 さまざまな修正と改善点 (詳細はロールアップを参照)。

更新プログラム (2018 年 8 月)

更新プログラム ロールアップ 28

更新プログラム ロールアップ 28 は次の更新プログラムを提供します。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)。
問題の修正/改善点 さまざまな修正と改善点 (詳細はロールアップを参照)。

Azure VM のディザスター リカバリー

今月追加された機能は、表にまとめられています。

機能 詳細
Linux のサポート RedHat Enterprise Linux 6.10; CentOS 6.10 のサポートが追加されました。

クラウドのサポート ドイツのクラウドで Azure VM のディザスター リカバリーがサポートされるようになりました。
サブスクリプション間のディザスター リカバリー 同じ Azure Active Directory テナント内の異なるサブスクリプションで、別のリージョンに Azure VM をレプリケートすることがサポートされるようになりました。 詳細については、こちらを参照してください

VMware VM/物理サーバーのディザスター リカバリー

今月追加された機能は、表にまとめられています。

機能 詳細
Linux のサポート RedHat Enterprise Linux 6.10、CentOS 6.10 のサポートが追加されました。

レガシ BIOS 互換モードで GUID パーティション テーブル (GPT) のパーティション スタイルを使用する Linux ベースの VM がサポートされるようになりました。 詳細については、Azure VM の FAQ を確認してください。
移行後の VM のディザスター リカバリー Azure に移行されたオンプレミスの VMware VM のセカンダリ リージョンへのディザスター リカバリーの有効化がサポートされます。レプリケーションを有効にする前に VM でモビリティ サービスをアンインストールする必要はありません。
Windows Server 2008 Windows Server 2008 R2/2008 64 ビット版および 32 ビット版を実行するマシンの移行がサポートされるようになりました。

移行のみ (レプリケーションとフェールオーバー)。 フェールバックはサポートされていません。

更新プログラム (2018 年 7 月)

更新プログラム ロールアップ 27 (2018 年 7 月)

更新プログラム ロールアップ 27 は次の更新プログラムを提供します。

アップデート 詳細
プロバイダーおよびエージェント Site Recovery のエージェントとプロバイダーに対する更新プログラム (詳細はロールアップを参照)。
問題の修正/改善点 さまざまな修正と改善点 (詳細はロールアップを参照)。

Azure VM のディザスター リカバリー

今月追加された機能は、表にまとめられています。

機能 詳細
Linux のサポート Red Hat Enterprise Linux 7.5 のサポートが追加されました。

VMware VM/物理サーバーのディザスター リカバリー

今月追加された機能は、表にまとめられています。

機能 詳細
Linux のサポート Red Hat Enterprise Linux 7.5、SUSE Linux Enterprise Server 12 のサポートが追加されました。

次のステップ

Azure の更新情報に関するページで、更新プログラムの最新情報を常に把握してください。