開発とテストに Azure ストレージ エミュレーターを使用する (非推奨)

Microsoft Azure Storage Emulator は、ローカル開発のために Azure の Blob service、Queue サービス、Table service をエミュレートするツールです。 Azure サブスクリプションを作成したりコストをかけたりすることなく、ローカル環境でストレージ サービスに対してアプリケーションをテストできます。 エミュレーターでアプリケーションの動作に問題がなければ、クラウドの Azure ストレージ アカウントを使用するように切り替えます。

重要

Azure Storage Emulator は非推奨になりました。 Azure Storage によるローカル開発には Azurite エミュレーターを使用することを Microsoft は推奨しています。 Azurite は Azure Storage Emulator よりも優先されます。 Azurite は、最新バージョンの Azure Storage API をサポートするために引き続き更新されます。 詳細については、ローカルでの Azure Storage の開発に Azurite エミュレーターを使用する方法に関するページを参照してください。

ストレージ エミュレーターを入手する

ストレージ エミュレーターは、Microsoft Azure SDK に付属しています。 また、スタンドアロンのインストーラー (直接ダウンロード) を使用して、ストレージ エミュレーターをインストールすることも可能です。 ストレージ エミュレーターをインストールするには、お使いのコンピューターに対する管理者特権が必要です。

ストレージ エミュレーターは、現在、Windows でのみ実行されます。 Linux でのエミュレーションには、Azurite エミュレーターを使用します。

Note

ストレージ エミュレーターの特定のバージョンで作成されたデータには、別のバージョンを使用しているとアクセスできない場合があります。 データを永続化して長期にわたって保持する必要がある場合、そのデータはストレージ エミュレーターではなく Azure ストレージ アカウントに格納することをお勧めします。

ストレージ エミュレーターは、OData ライブラリの特定のバージョンに依存します。 ストレージ エミュレーターで使用される OData DLL を他のバージョンで置き換えることはサポートされていません。この置き換えを行うと、予期しない動作が発生する可能性があります。 ただし、ストレージ サービスでサポートされる OData のバージョンを使用してエミュレーターに要求を送信することは可能です。

ストレージ エミュレーターのしくみ

ストレージ エミュレーターでは、ローカルの Microsoft SQL Server 2012 Express LocalDB インスタンスを使用して、Azure ストレージ サービスがエミュレートされます。 LocalDB インスタンスではなく、SQL Server のローカル インスタンスにアクセスするようにストレージ エミュレーターを構成することもできます。 詳細については、この記事で後述する「ストレージ エミュレーターの起動と初期化」セクションを参照してください。

ストレージ エミュレーターによる SQL Server または LocalDB への接続には、Windows 認証が使用されます。

ストレージ エミュレーターと Azure のストレージ サービスには、いくつかの機能上の違いがあります。 これらの違いの詳細については、この記事で後述する「ストレージ エミュレーターと Azure ストレージとの違い」を参照してください。

ストレージ エミュレーターの起動と初期化

Azure Storage Emulator を起動するには、次の手順を実行します。

  1. [スタート] を選択するか、Windows キーを押します。
  2. Azure Storage Emulator」と入力を開始します。
  3. 表示されているアプリケーションの一覧からエミュレーターを選択します。

ストレージ エミュレーターが起動すると、コマンド プロンプト ウィンドウが表示されます。 このコンソール ウィンドウを使用して、ストレージ エミュレーターを開始および停止できます。 また、コマンド プロンプトから、データのクリア、Statusの取得、およびエミュレーターの初期化を行うこともできます。 詳細については、この記事で後述する「ストレージ エミュレーター コマンド ライン ツールのリファレンス」を参照してください。

Note

Azurite などの別のストレージ エミュレーターがシステム上で実行されている場合、Azure Storage Emulator が正しく起動されないことがあります。

エミュレーターの実行中は、Windows タスク バーの通知領域にアイコンが表示されます。

ストレージ エミュレーターのコマンド プロンプト ウィンドウを終了しても、ストレージ エミュレーターは引き続き実行されています。 ストレージ エミュレーターのコンソール ウィンドウを再度表示するには、ストレージ エミュレーターを起動する場合と同じように前述の手順に従います。

ストレージ エミュレーターを初めて実行すると、ローカル ストレージ環境が初期化されます。 初期化プロセスでは、LocalDB にデータベースが作成され、各ローカル ストレージ サービス用として HTTP ポートが予約されます。

ストレージ エミュレーターは既定では C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Azure\Storage Emulator にインストールされます。

ヒント

Microsoft Azure Storage Explorer を使用して、ローカル ストレージ エミュレーター リソースを操作できます。 ストレージ エミュレーターをインストールして起動した後、Storage Explorer のリソース ツリーの [ローカルで接続済み] の下で、[(エミュレーター - 既定のポート (キー))] を探します。

別の SQL データベースを使用するための、ストレージ エミュレーターの初期化

既定の LocalDB インスタンスとは別の SQL データベース インスタンスを参照するようにストレージ エミュレーターを初期化するには、ストレージ エミュレーター コマンド ライン ツールを使用します。

  1. ストレージ エミュレーターの起動と初期化」セクションの説明に従って、ストレージ エミュレーターのコンソール ウィンドウを開きます。

  2. コンソール ウィンドウで、次のコマンドを入力します。ここで <SQLServerInstance> は、SQL Server インスタンスの名前です。 LocalDB を使用するには、SQL Server インスタンスとして (localdb)\MSSQLLocalDb を指定します。

    AzureStorageEmulator.exe init /server <SQLServerInstance>

    次のコマンドを使うこともできます。このコマンドを指定すると、エミュレーターは既定の SQL Server インスタンスを使用します。

    AzureStorageEmulator.exe init /server .

    または、データベースを既定の LocalDB インスタンスに初期化する次のコマンドを使うこともできます。

    AzureStorageEmulator.exe init /forceCreate

これらのコマンドの詳細については、「ストレージ エミュレーター コマンド ライン ツールのリファレンス」を参照してください。

ヒント

Microsoft SQL Server Management Studio (SSMS) を使用して、LocalDB のインストールを含め、SQL Server インスタンスを管理できます。 SMSS の [サーバーへの接続] ダイアログで、 [サーバー名:] フィールドに (localdb)\MSSQLLocalDb を指定して LocalDB インスタンスに接続します。

ストレージ エミュレーターに対する要求の認証

ストレージ エミュレーターをインストールして起動すると、コードをテストできます。 ストレージ エミュレーターに対して行う各要求は、匿名要求の場合を除き、承認される必要があります。 ストレージ エミュレーターに対する要求の承認には、共有キー認証を使用するか、共有アクセス署名 (SAS) を使用することができます。

共有キー資格情報を使用して承認する

エミュレーターでは、共有キー認証について、単一の固定アカウントと既知の認証キーがサポートされています。 このアカウントとキーのみ、エミュレーターで共有キー資格情報として使用できます。 これらは次のとおりです。

Account name: devstoreaccount1
Account key: Eby8vdM02xNOcqFlqUwJPLlmEtlCDXJ1OUzFT50uSRZ6IFsuFq2UVErCz4I6tq/K1SZFPTOtr/KBHBeksoGMGw==

Note

エミュレーターでサポートされている認証キーは、クライアント認証コードの機能をテストすることだけを目的としています。 セキュリティ機能は果たしません。 エミュレーターで運用環境のストレージ アカウントとキーを使用することはできません。 開発アカウントを運用データで使用することは避けてください。

エミュレーターでは HTTP 経由の接続のみがサポートされます。 ただし、運用環境の Azure ストレージ アカウント内のリソースにアクセスする際は、HTTPS が推奨されるプロトコルです。

ショートカットを使用してエミュレーター アカウントに接続する

アプリケーションからエミュレーターに接続する最も簡単な方法は、ショートカット UseDevelopmentStorage=true を参照するアプリケーションの構成ファイル内で接続文字列を構成することです。 ショートカットは、エミュレーターの完全な接続文字列に相当します。この接続文字列で、各 Azure Storage サービスのアカウント名、アカウント キー、およびエミュレーター エンドポイントを指定します。

DefaultEndpointsProtocol=http;AccountName=devstoreaccount1;
AccountKey=Eby8vdM02xNOcqFlqUwJPLlmEtlCDXJ1OUzFT50uSRZ6IFsuFq2UVErCz4I6tq/K1SZFPTOtr/KBHBeksoGMGw==;
BlobEndpoint=http://127.0.0.1:10000/devstoreaccount1;
QueueEndpoint=http://127.0.0.1:10001/devstoreaccount1;
TableEndpoint=http://127.0.0.1:10002/devstoreaccount1;

次の .NET コード スニペットは、接続文字列を受け取るメソッドからショートカットを使用する方法を示しています。 たとえば、BlobContainerClient (String, String) コンストラクターが接続文字列を受け取ります。

BlobContainerClient blobContainerClient = new BlobContainerClient("UseDevelopmentStorage=true", "sample-container");
blobContainerClient.CreateIfNotExists();

スニペット内のコードを呼び出す前に、エミュレーターが実行されていることを確認します。

接続文字列の詳細については、「Azure Storage の接続文字列を構成する」を参照してください。

共有アクセス署名を使用して承認する

Note

Azure を操作するには、Azure Az PowerShell モジュールをお勧めします。 作業を開始するには、Azure PowerShell のインストールに関する記事を参照してください。 Az PowerShell モジュールに移行する方法については、「AzureRM から Az への Azure PowerShell の移行」を参照してください。

Xamarin ライブラリなど、一部の Azure ストレージ クライアント ライブラリでは、共有アクセス署名 (SAS) トークンでの認証だけがサポートされています。 SAS トークンは、Storage Explorer や、共有キー認証がサポートされている別のアプリケーションを使用して作成できます。

また、Azure PowerShell を使用して SAS トークンを生成することもできます。 次の例では、BLOB コンテナーに対するフル アクセス許可を持つ SAS トークンが生成されます。

  1. まだインストールしていない場合は、Azure PowerShell をインストールします (最新バージョンの Azure PowerShell コマンドレットを使用することをお勧めします)。 インストールの手順については、「Install and configure Azure PowerShell (Azure PowerShell のインストールと構成)」を参照してください。
  2. Azure PowerShell を開き、CONTAINER_NAME を任意の名前で置き換えて、次のコマンドを実行します。
$context = New-AzStorageContext -Local

New-AzStorageContainer CONTAINER_NAME -Permission Off -Context $context

$now = Get-Date

New-AzStorageContainerSASToken -Name CONTAINER_NAME -Permission rwdl -ExpiryTime $now.AddDays(1.0) -Context $context -FullUri

新しいコンテナーの共有アクセス署名 URI は、次のようになります。

http://127.0.0.1:10000/devstoreaccount1/sascontainer?sv=2012-02-12&se=2015-07-08T00%3A12%3A08Z&sr=c&sp=wl&sig=t%2BbzU9%2B7ry4okULN9S0wst%2F8MCUhTjrHyV9rDNLSe8g%3Dsss

この例で作成した共有アクセス署名は、1 日間有効です。 この署名は、コンテナー内の BLOB へのフル アクセス (読み取り、書き込み、削除、一覧表示) を許可します。

Shared Access Signature の詳細については、「Shared Access Signatures (SAS) を使用して Azure Storage リソースへの制限付きアクセスを許可する」を参照してください。

ストレージ エミュレーターでのリソースのアドレス指定

ストレージ エミュレーター用のサービス エンドポイントは、Azure ストレージ アカウント用のエンドポイントとは異なります。 ローカル コンピューターではドメイン名の解決は行われないので、ストレージ エミュレーターのエンドポイントをローカル アドレスにする必要があります。

Azure ストレージ アカウントのリソースをアドレス指定する場合は、次のスキームを使用します。 アカウント名が URI ホスト名の一部になり、アドレス指定するリソースが URI パスの一部になります。

<http|https>://<account-name>.<service-name>.core.windows.net/<resource-path>

たとえば、以下の URI は、Azure ストレージ アカウント内の BLOB の有効なアドレスです。

https://myaccount.blob.core.windows.net/mycontainer/myblob.txt

ローカル コンピューターではドメイン名の解決が行われないので、アカウント名は、ホスト名ではなく URI パスの一部になります。 ストレージ エミュレーターのリソースには、次の URI 形式を使用します。

http://<local-machine-address>:<port>/<account-name>/<resource-path>

たとえば、ストレージ エミュレーターの BLOB にアクセスするには次のアドレスを使用します。

http://127.0.0.1:10000/myaccount/mycontainer/myblob.txt

ストレージ エミュレーターのサービス エンドポイントは、次のとおりです。

  • Blob service: http://127.0.0.1:10000/<account-name>/<resource-path>
  • Queue サービス: http://127.0.0.1:10001/<account-name>/<resource-path>
  • Table service: http://127.0.0.1:10002/<account-name>/<resource-path>

RA-GRS を使用した、アカウントのセカンダリ拠点のアドレス指定

バージョン 3.1 以降では、ストレージ エミュレーターで読み取りアクセスの geo 冗長レプリケーション (RA-GRS) がサポートされます。 アカウント名に -secondary を付加すると、2 次拠点にアクセスできます。 たとえば、ストレージ エミュレーターで読み取り専用のセカンダリを使用して BLOB にアクセスするには、次のアドレスを使用します。

http://127.0.0.1:10000/myaccount-secondary/mycontainer/myblob.txt

Note

ストレージ エミュレーターを使用した、プログラムによるセカンダリへのアクセスには、.NET 用ストレージ クライアント ライブラリの Version 3.2 以降を使用してください。 詳細については、「.NET 用の Microsoft Azure Storage クライアント ライブラリ 」を参照してください。

ストレージ エミュレーター コマンド ライン ツールのリファレンス

Version 3.0 以降、コンソール ウィンドウは、ストレージ エミュレーターを起動すると表示されます。 エミュレーターを開始および停止するには、コンソール ウィンドウのコマンド ラインを使用します。 コマンド ラインからは、状態を照会する、他の操作を実行することもできます。

Note

Microsoft Azure コンピューティング エミュレーターがインストール済みの場合は、ストレージ エミュレーターの起動時にシステム トレイ アイコンが表示されます。 このアイコンを右クリックするとメニューが表示され、直感的な方法でストレージ エミュレーターを起動および停止できます。

コマンドライン構文

AzureStorageEmulator.exe [start] [stop] [status] [clear] [init] [help]

Options

オプションの一覧を表示するには、コマンド プロンプトで「 /help 」と入力します。

オプション 説明 コマンド 引数
Start ストレージ エミュレーターを起動します。 AzureStorageEmulator.exe start [-inprocess] -Reprocess: 新しいプロセスを作成せずに、現在のプロセスでエミュレーターを起動します。
Stop ストレージ エミュレーターを停止します。 AzureStorageEmulator.exe stop
状態 ストレージ エミュレーターの状態を出力します。 AzureStorageEmulator.exe status
Clear コマンド ラインで指定されたすべてのサービス内のデータを消去します。 AzureStorageEmulator.exe clear [blob] [table] [queue] [all] blob:BLOB データを消去します。
queue:キュー データを消去します。
table:テーブル データを消去します。
all:すべてのサービスのすべてのデータを消去します。
Init エミュレーターを設定するために、1 回限りの初期化を行います。 AzureStorageEmulator.exe init [-server serverName] [-sqlinstance instanceName] [-forcecreate|-skipcreate] [-reserveports|-unreserveports] [-inprocess] -server serverName\instanceName:SQL インスタンスをホストしているサーバーを指定します。
-sqlinstance instanceName:既定のサーバー インスタンスで使用される SQL インスタンスの名前を指定します。
-forcecreate:SQL データベースが既に存在していても、強制的に作成します。
-skipcreate:SQL データベースの作成をスキップします。 これは -forcecreate に優先します。
-reserveports:サービスに関連付けられている HTTP ポートの予約を試行します。
-unreserveports:サービスに関連付けられている HTTP ポートの予約の削除を試行します。 これは -reserveports に優先します。
-inprocess:新しいプロセスを生成せずに、現在のプロセスで初期化を行います。 ポートの予約を変更する場合は、管理者特権のアクセス許可で現在のプロセスを起動する必要があります。

ストレージ エミュレーターと Azure ストレージとの違い

ストレージ エミュレーターはエミュレートされたローカル環境であるため、エミュレーターを使用するときと、クラウドの Azure ストレージ アカウントを使用するときでは違いがあります。

  • ストレージ エミュレーターでは、単一の固定アカウントと既知の認証キーのみがサポートされます。
  • ストレージ エミュレーターはスケーラブルなストレージ サービスではなく、多数の同時クライアントはサポートされません。
  • ストレージ エミュレーターでのリソースのアドレス指定」で説明したように、ストレージ エミュレーターでは、リソースは Azure ストレージ アカウントとは異なる方法でアドレス指定されます。 その違いは、ドメイン名解決がクラウドでは使用できるが、ローカル コンピューターでは使用できないことが原因です。
  • バージョン 3.1 以降では、ストレージ エミュレーター アカウントで読み取りアクセスの geo 冗長レプリケーション (RA-GRS) がサポートされます。 エミュレーターでは、すべてのアカウントで RA-GRS が有効になっていて、プライマリ レプリカとセカンダリ レプリカの間に時間差が生じることはありません。 Get Blob Service Stats、Get Queue Service Stats、および Get Table Service Stats 操作は、アカウントのセカンダリ拠点でサポートされており、常に LastSyncTime 応答要素の値を、基になる SQL データベースに準じた現在時刻として返します。
  • File サービス エンドポイントと SMB プロトコル サービス エンドポイントは、ストレージ エミュレーターでは現在サポートされていません。
  • エミュレーターでサポートされていないバージョンのストレージ サービスを使用した場合、エミュレーターから VersionNotSupportedByEmulator エラー (HTTP 状態コード 400 - Bad Request) が返されます。

BLOB ストレージに対する相違点

以下の相違点が、エミュレーターの BLOB ストレージに該当します。

  • ストレージ エミュレーターでは、最大で 2 GB のサイズの BLOB だけがサポートされます。
  • ストレージ エミュレーターでの BLOB 名の最大長は 256 文字です。一方、Azure Storage での BLOB 名の最大長は 1024 文字です。
  • 増分コピーを使用すると、上書きされた BLOB からのスナップショットをコピーできます。これにより、サービスでエラーが返されます。
  • Incremental Copy BLOB を使用してコピーされたスナップショット間では、ページ範囲の差分の取得は機能しません。
  • アクティブなリースのあるストレージ エミュレーター内に存在する BLOB に対する Put Blob 操作は、要求でリース ID が指定されなかった場合でも、成功することがあります。
  • エミュレーターでは追加 BLOB の操作はサポートされません。 追加 BLOB で操作をしようとすると、FeatureNotSupportedByEmulator エラー (HTTP ステータス コード 400 - Bad Request) が返されます。

テーブル ストレージに対する相違点

以下の相違点が、エミュレーターのテーブル ストレージに該当します。

  • ストレージ エミュレーターの Table service での日付プロパティでは、SQL Server 2005 でサポートされている範囲だけがサポートされます (1753 年 1 月 1 日より後である必要があります)。 1753 年 1 月 1 日より前のすべての日付は、この値に変更されます。 日付の精度は、SQL Server 2005 の精度までに制限されます。つまり、日付の精度は 1/300 秒です。
  • ストレージ エミュレーターでは、それぞれ 512 バイト未満のパーティション キーと行キーのプロパティ値がサポートされます。 アカウント名、テーブル名、およびキー プロパティ名の合計サイズが 900 バイトを超えることはできません。
  • ストレージ エミュレーターのテーブル内の行の合計サイズは、1 MB 未満に制限されます。
  • ストレージ エミュレーターのデータ型 Edm.Guid または Edm.Binary のプロパティでのクエリ フィルター文字列では、Equal (eq) および NotEqual (ne) の比較演算子だけがサポートされます。

キュー ストレージに対する相違点

エミュレーターのキュー ストレージに固有の違いはありません。

ストレージ エミュレーター リリース ノート

バージョン 5.10

  • ストレージ エミュレーターで、BLOB、Queue、および Table service エンドポイント上のストレージ サービスのバージョン 2019-07-07 は拒否されなくなります。

バージョン 5.9

  • ストレージ エミュレーターで、BLOB、Queue、および Table service エンドポイント上のストレージ サービスのバージョン 2019-02-02 は拒否されなくなります。

バージョン 5.8

  • ストレージ エミュレーターで、BLOB、Queue、および Table service エンドポイント上のストレージ サービスのバージョン 2018-11-09 は拒否されなくなります。

バージョン 5.7

  • ログが無効になっている場合にクラッシュが発生するバグを修正しました。

バージョン 5.6

  • ストレージ エミュレーターで、BLOB、Queue、および Table service エンドポイント上のストレージ サービスのバージョン 2018-03-28 がサポートされるようになりました。

バージョン 5.5

  • ストレージ エミュレーターで、BLOB、Queue、および Table service エンドポイント上のストレージ サービスのバージョン 2017-11-09 がサポートされるようになりました。
  • BLOB の作成時刻を返す BLOB の Created プロパティのサポートが追加されました。

バージョン 5.4

  • インストールの安定性を向上させるために、エミュレーターでインストール時にポートの予約を試行しなくなりました。 ポートの予約が必要な場合は、init コマンドの -reserveports オプションを使用して指定します。

バージョン 5.3

  • ストレージ エミュレーターで、BLOB、Queue、および Table service エンドポイント上のストレージ サービスのバージョン 2017-07-29 がサポートされるようになりました。

バージョン 5.2

  • ストレージ エミュレーターで、BLOB、Queue、および Table service エンドポイント上のストレージ サービスのバージョン 2017-04-17 がサポートされるようになりました。
  • テーブルのプロパティ値が適切にエンコードされないバグを修正しました。

バージョン 5.1

  • 一部の応答でサービスが返していなかった DataServiceVersion ヘッダーをストレージ エミュレーターが返していたバグを修正しました。

バージョン 5.0

  • ストレージ エミュレーターのインストーラーで、既存の MSSQL や .NET Framework のインストールがチェックされなくなりました。
  • ストレージ エミュレーターのインストーラーで、インストールの一部としてデータベースが作成されなくなりました。 データベースはスタートアップの一部として必要な場合は作成されます。
  • データベースの作成に管理者特権が不要になりました。
  • スタートアップでポートの予約が不要になりました。
  • init-reserveports (管理者特権が必要)、-unreserveports (管理者特権が必要)、-skipcreate のオプションを追加しました。
  • システム トレイ アイコンのストレージ エミュレーター UI オプションで、コマンド ライン インターフェイスが起動されるようになりました。 古い GUI は使用できなくなりました。
  • 一部の DLL が削除または名前が変更されました。

バージョン 4.6

  • ストレージ エミュレーターで、BLOB、Queue、および Table service エンドポイント上のストレージ サービスのバージョン 2016-05-31 がサポートされるようになりました。

バージョン 4.5

  • バックアップ データベースの名前が変更されるとインストールと初期化が失敗する原因となったバグを修正しました。

バージョン 4.4

  • ストレージ エミュレーターで、BLOB、Queue、および Table service エンドポイント上のストレージ サービスのバージョン 2015-12-11 がサポートされるようになりました。
  • ストレージ エミュレーターの BLOB データに対するガベージ コレクションが、多数の BLOB を処理する場合に、より効率的になりました。
  • コンテナー ACL XML の検証が、ストレージ サービスによる検証と少し異なる方法で行われる原因となるバグを修正しました。
  • 最大および最小 DateTime 値が不適切なタイム ゾーンで報告される場合があるバグを修正しました。

バージョン 4.3

  • ストレージ エミュレーターで、BLOB、Queue、および Table service エンドポイント上のストレージ サービスのバージョン 2015-07-08 がサポートされるようになりました。

バージョン 4.2

  • ストレージ エミュレーターで、BLOB、Queue、および Table service エンドポイント上のストレージ サービスのバージョン 2015-04-05 がサポートされるようになりました。

Version 4.1

  • ストレージ エミュレーターで、BLOB、Queue、および Table service エンドポイント上のストレージ サービスのバージョン 2015-02-21 がサポートされるようになりました。 新しい追加 BLOB 機能はサポートされていません。
  • エミュレーターで、ストレージ サービスのサポートされていないバージョンに対して意味のあるエラー メッセージが返されるようになりました。 最新バージョンのエミュレーターの使用をお勧めします。 VersionNotSupportedByEmulator エラー (HTTP ステータス コード 400 - Bad Request) が発生する場合は、最新バージョンのエミュレーターをダウンロードしてください。
  • 競争状態のバグが原因となる同時マージ操作時のテーブル エンティティ データの間違いが修正されました。

Version 4.0

  • ストレージ エミュレーターの実行可能ファイルの名前が AzureStorageEmulator.exe に変更されました。

Version 3.2

  • ストレージ エミュレーターで、BLOB、Queue、および Table service エンドポイント上のストレージ サービスのバージョン 2014-02-14 がサポートされるようになりました。 File サービス エンドポイントは、ストレージ エミュレーターでは現在サポートされていません。 バージョン 2014-02-14 の詳細については、 Azure Storage サービスのバージョン管理 に関するページを参照してください。

Version 3.1

  • 読み取りアクセス地理冗長ストレージ (RA-GRS) が、ストレージ エミュレーターでサポートされるようになりました。 Get Blob Service StatsGet Queue Service Stats、および Get Table Service Stats の各 API はアカウントのセカンダリ拠点でサポートされており、API では常に LastSyncTime 応答要素の値が、基になる SQL データベースに準じた現在時刻として返されます。 ストレージ エミュレーターを使用した、プログラムによるセカンダリへのアクセスには、.NET 用ストレージ クライアント ライブラリの Version 3.2 以降を使用してください。 詳細については、.NET リファレンス用の Microsoft Azure Storage クライアント ライブラリを参照してください。

Version 3.0

  • Azure Storage Emulator が、コンピューティング エミュレーターと同じパッケージには同梱されないようになりました。
  • ストレージ エミュレーターのグラフィカル ユーザー インターフェイスは非推奨になっています。 スクリプト可能なコマンド ライン インターフェイスに置き換えられました。 コマンド ライン インターフェイスの詳細については、ストレージ エミュレーター コマンド ライン ツールのリファレンスを参照してください。 グラフィカル インターフェイスはバージョン 3.0 までは引き続き存在しますが、計算エミュレーターがインストールされている場合にシステム トレイ アイコンを右クリックして [ストレージ エミュレーター UI の表示] を選択することによってのみアクセスできます。
  • Azure ストレージ サービスのバージョン 2013-08-15 が、完全にサポートされるようになりました。 (以前は、このバージョンはストレージ エミュレーター バージョン 2.2.1 プレビューだけでサポートされていました。)

次のステップ

  • コミュニティで管理されているオープンソースのクロスプラットフォーム ストレージ エミュレーター Azurite を評価します。
  • .NET を使用した Azure Storage サンプル」には、アプリケーションを開発する際に使用できるいくつかのコード サンプルへのリンクが含まれています。
  • Microsoft Azure Storage Explorer を使用して、ストレージ アカウント内やストレージ エミュレーター内のリソースを操作できます。

参照