クイックスタート: T-SQL を使用して専用 SQL プールのワークロードの分離を構成する

このクイックスタートでは、データの読み込み用にリソースを予約する場合にワークロード グループとワークロード分類子をすばやく作成します。 ワークロード グループによって、データの読み込みにシステム リソースの 20% が割り当てられます。 ワークロード分類子によって、データ読み込みワークロード グループに要求が割り当てられます。 データの読み込みに対して 20% が分離されることで、SLA を達成するためのリソースが保証されます。

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に無料アカウントを作成してください。

Note

Azure Synapse Analytics に Synapse SQL インスタンスを作成すると、新しい課金対象サービスが発生する可能性があります。 詳細については、「Azure Synapse Analytics の価格」を参照してください。

前提条件

このクイックスタートは、Azure Synapse の Synapse SQL インスタンスが既に用意されていて、CONTROL データベース権限を持っていることを前提としています。 作成する必要がある場合は、ポータルでの作成と接続に関する記事に従って、mySampleDataWarehouse という名前の専用 SQL プールを作成してください。

DataLoads のログインを作成する

"ELTLogin" に対して CREATE LOGIN を使用して、master データベースで SQL Server 認証ログインを作成します。

IF NOT EXISTS (SELECT * FROM sys.sql_logins WHERE name = 'ELTLogin')
BEGIN
CREATE LOGIN [ELTLogin] WITH PASSWORD='<strongpassword>'
END
;

ユーザーの作成

mySampleDataWarehouse に "ELTLogin" というユーザーを作成します

IF NOT EXISTS (SELECT * FROM sys.database_principals WHERE name = 'ELTLogin')
BEGIN
CREATE USER [ELTLogin] FOR LOGIN [ELTLogin]
END
;

ワークロード グループを作成する

DataLoads のワークロード グループを 20% の分離で作成します。

CREATE WORKLOAD GROUP DataLoads
WITH ( MIN_PERCENTAGE_RESOURCE = 20
      ,CAP_PERCENTAGE_RESOURCE = 100
      ,REQUEST_MIN_RESOURCE_GRANT_PERCENT = 5)
;

ワークロード分類子を作成する

ELTLogin を DataLoads ワークロード グループにマップするワークロード分類子を作成します。

CREATE WORKLOAD CLASSIFIER [wgcELTLogin]
WITH (WORKLOAD_GROUP = 'DataLoads'
      ,MEMBERNAME = 'ELTLogin')
;

既存のワークロード グループ、ワークロード分類子、およびランタイム値を表示する

--Workload groups
SELECT * FROM
sys.workload_management_workload_groups

--Workload classifiers
SELECT * FROM
sys.workload_management_workload_classifiers

--Run-time values
SELECT * FROM
sys.dm_workload_management_workload_groups_stats

リソースをクリーンアップする

DROP WORKLOAD CLASSIFIER [wgcELTLogin]
DROP WORKLOAD GROUP [DataLoads]
DROP USER [ELTLogin]
;

データ ウェアハウス ユニットと専用 SQL プールに格納されているデータに対して課金されます。 これらのコンピューティングとストレージのリソースは別々に請求されます。

  • データをストレージに保持しておく場合は、専用 SQL プールを使わない間、コンピューティング リソースを一時停止できます。 コンピューティングを一時停止すると、データ ストレージに対してのみ課金されます。 データを使用する準備ができたら、コンピューティングを再開します。
  • それ以上課金されないようにする場合は、専用 SQL プールを削除できます。

次のステップ

  • これで、ワークロード グループが作成されました。 いくつかのクエリを ELTLogin として実行し、その動作を確認します。 クエリと、割り当てられたワークロード グループを確認するには、sys.dm_pdw_exec_requests を参照してください。
  • Synapse SQL ワークロード管理の詳細については、ワークロード管理ワークロードの分離に関する記事を参照してください。