Microsoft.AppConfiguration configurationStores 2019-10-01

Bicep リソース定義

configurationStores リソースの種類は、次の場合にデプロイできます。

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoft.AppConfiguration/configurationStores リソースを作成するには、次の Bicep をテンプレートに追加します。

resource symbolicname 'Microsoft.AppConfiguration/configurationStores@2019-10-01' = {
  name: 'string'
  location: 'string'
  tags: {
    tagName1: 'tagValue1'
    tagName2: 'tagValue2'
  }
  sku: {
    name: 'string'
  }
  identity: {
    type: 'string'
    userAssignedIdentities: {}
  }
  properties: {}
}

プロパティの値

configurationStores

名前 説明
name リソース名 string (必須)

文字数制限: 5 から 50

有効な文字:
英数字、アンダースコア、およびハイフン。
location リソースの場所。 これは、リソースの作成後に変更することはできません。 string (必須)
tags リソースのタグ。 タグの名前と値のディクショナリ。 「テンプレート内のタグ」を参照してください
sku 構成ストアの SKU。 Sku (必須)
identity マネージド ID 情報 (構成されている場合)。 ResourceIdentity
properties 構成ストアのプロパティ。 ConfigurationStoreProperties

ResourceIdentity

名前 説明
type 使用されるマネージド ID の種類。 型 'SystemAssigned, UserAssigned' には、暗黙的に作成された ID とユーザー割り当て ID のセットの両方が含まれます。 型 'None' では、すべての ID が削除されます。 'None'
'SystemAssigned'
'SystemAssigned、UserAssigned'
'UserAssigned'
userAssignedIdentities リソースに関連付けられているユーザー割り当て ID の一覧。 ユーザー割り当て ID ディクショナリ キーは、'/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.ManagedIdentity/userAssignedIdentities/{identityName}' という形式の ARM リソース ID になります。 object

ConfigurationStoreProperties

このオブジェクトには、デプロイ中に設定するプロパティは含まれません。 すべてのプロパティは ReadOnly です。

Sku

名前 説明
name 構成ストアの SKU 名。 string (必須)

クイック スタート テンプレート

次のクイックスタート テンプレートでは、このリソースの種類をデプロイします。

Template 説明
App Configuration ストアを作成する

Azure へのデプロイ
このテンプレートは、Azure App Configuration ストアを作成します。
機能フラグを使用してApp Configuration ストアを作成する

Azure へのデプロイ
このテンプレートは、1 つの機能フラグを持つ新しいAzure App Configuration ストアを作成します。
機能フラグを使用してApp Configuration ストアを作成する

Azure へのデプロイ
このテンプレートは、1 つのKey Vault参照を含む新しいAzure App Configuration ストアを作成します。
出力を含むApp Configuration ストアを作成する

Azure へのデプロイ
このテンプレートは、2 つのキー値を持つ新しいAzure App Configuration ストアを作成します。
キー値のApp Configuration

Azure へのデプロイ
このテンプレートは、コピー関数によって制御される 3 つのキー値を持つ新しいAzure App Configuration ストアを作成します。

ARM テンプレート リソース定義

configurationStores リソースの種類は、次の場合にデプロイできます。

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoft.AppConfiguration/configurationStores リソースを作成するには、次の JSON をテンプレートに追加します。

{
  "type": "Microsoft.AppConfiguration/configurationStores",
  "apiVersion": "2019-10-01",
  "name": "string",
  "location": "string",
  "tags": {
    "tagName1": "tagValue1",
    "tagName2": "tagValue2"
  },
  "sku": {
    "name": "string"
  },
  "identity": {
    "type": "string",
    "userAssignedIdentities": {}
  },
  "properties": {}
}

プロパティの値

configurationStores

名前 説明
type リソースの種類 'Microsoft.AppConfiguration/configurationStores'
apiVersion リソース API のバージョン '2019-10-01'
name リソース名 string (必須)

文字数制限: 5 から 50

有効な文字:
英数字、アンダースコア、およびハイフン。
location リソースの場所。 これは、リソースの作成後に変更することはできません。 string (必須)
tags リソースのタグ。 タグの名前と値のディクショナリ。 「テンプレート内のタグ」を参照してください
sku 構成ストアの SKU。 Sku (必須)
identity マネージド ID 情報 (構成されている場合)。 ResourceIdentity
properties 構成ストアのプロパティ。 ConfigurationStoreProperties

ResourceIdentity

名前 説明
type 使用されるマネージド ID の種類。 型 'SystemAssigned, UserAssigned' には、暗黙的に作成された ID とユーザー割り当て ID のセットの両方が含まれます。 型 'None' では、すべての ID が削除されます。 'None'
'SystemAssigned'
'SystemAssigned、UserAssigned'
'UserAssigned'
userAssignedIdentities リソースに関連付けられているユーザー割り当て ID の一覧。 ユーザー割り当て ID ディクショナリ キーは、'/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.ManagedIdentity/userAssignedIdentities/{identityName}' という形式の ARM リソース ID になります。 object

ConfigurationStoreProperties

このオブジェクトには、デプロイ中に設定するプロパティは含まれません。 すべてのプロパティは ReadOnly です。

Sku

名前 説明
name 構成ストアの SKU 名。 string (必須)

クイック スタート テンプレート

次のクイックスタート テンプレートでは、このリソースの種類をデプロイします。

Template 説明
App Configuration ストアを作成する

Azure へのデプロイ
このテンプレートは、Azure App Configuration ストアを作成します。
機能フラグを使用してApp Configuration ストアを作成する

Azure へのデプロイ
このテンプレートは、1 つの機能フラグを持つ新しいAzure App Configuration ストアを作成します。
機能フラグを使用してApp Configuration ストアを作成する

Azure へのデプロイ
このテンプレートは、1 つのKey Vault参照を含む新しいAzure App Configuration ストアを作成します。
出力を含むApp Configuration ストアを作成する

Azure へのデプロイ
このテンプレートは、2 つのキー値を持つ新しいAzure App Configuration ストアを作成します。
キー値のApp Configuration

Azure へのデプロイ
このテンプレートは、コピー関数によって制御される 3 つのキー値を持つ新しいAzure App Configuration ストアを作成します。

Terraform (AzAPI プロバイダー) リソース定義

configurationStores リソースの種類は、次の場合にデプロイできます。

  • リソース グループ

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoft.AppConfiguration/configurationStores リソースを作成するには、次の Terraform をテンプレートに追加します。

resource "azapi_resource" "symbolicname" {
  type = "Microsoft.AppConfiguration/configurationStores@2019-10-01"
  name = "string"
  location = "string"
  parent_id = "string"
  tags = {
    tagName1 = "tagValue1"
    tagName2 = "tagValue2"
  }
  identity {
    type = "string"
    identity_ids = []
  }
  body = jsonencode({
    properties = {}
    sku = {
      name = "string"
    }
  })
}

プロパティの値

configurationStores

名前 説明
type リソースの種類 "Microsoft.AppConfiguration/configurationStores@2019-10-01"
name リソース名 string (必須)

文字数制限: 5 から 50

有効な文字:
英数字、アンダースコア、およびハイフン。
location リソースの場所。 これは、リソースの作成後に変更することはできません。 string (必須)
parent_id リソース グループにデプロイするには、そのリソース グループの ID を使用します。 string (必須)
tags リソースのタグ。 タグ名と値のディクショナリ。
sku 構成ストアの SKU。 Sku (必須)
identity マネージド ID 情報 (構成されている場合)。 ResourceIdentity
properties 構成ストアのプロパティ。 ConfigurationStoreProperties

ResourceIdentity

名前 説明
type 使用されるマネージド ID の種類。 型 'SystemAssigned, UserAssigned' には、暗黙的に作成された ID とユーザー割り当て ID のセットの両方が含まれます。 型 'None' では、すべての ID が削除されます。 "SystemAssigned"
"SystemAssigned、UserAssigned"
"UserAssigned"
identity_ids リソースに関連付けられているユーザー割り当て ID の一覧。 ユーザー割り当て ID ディクショナリ キーは、'/subscriptions/{subscriptionId}/resourceGroups/{resourceGroupName}/providers/Microsoft.ManagedIdentity/userAssignedIdentities/{identityName}' という形式の ARM リソース ID になります。 ユーザー ID ID の配列。

ConfigurationStoreProperties

このオブジェクトには、デプロイ中に設定するプロパティは含まれません。 すべてのプロパティは ReadOnly です。

Sku

名前 説明
name 構成ストアの SKU 名。 string (必須)