Share via


Microsoft.SqlVirtualMachine sqlVirtualMachines 2017-03-01-preview

Bicep リソース定義

sqlVirtualMachines リソースの種類は、次のようにデプロイできます。

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoft.SqlVirtualMachine/sqlVirtualMachines リソースを作成するには、次の Bicep をテンプレートに追加します。

resource symbolicname 'Microsoft.SqlVirtualMachine/sqlVirtualMachines@2017-03-01-preview' = {
  name: 'string'
  location: 'string'
  tags: {
    tagName1: 'tagValue1'
    tagName2: 'tagValue2'
  }
  identity: {
    type: 'SystemAssigned'
  }
  properties: {
    autoBackupSettings: {
      backupScheduleType: 'string'
      backupSystemDbs: bool
      enable: bool
      enableEncryption: bool
      fullBackupFrequency: 'string'
      fullBackupStartTime: int
      fullBackupWindowHours: int
      logBackupFrequency: int
      password: 'string'
      retentionPeriod: int
      storageAccessKey: 'string'
      storageAccountUrl: 'string'
    }
    autoPatchingSettings: {
      dayOfWeek: 'string'
      enable: bool
      maintenanceWindowDuration: int
      maintenanceWindowStartingHour: int
    }
    keyVaultCredentialSettings: {
      azureKeyVaultUrl: 'string'
      credentialName: 'string'
      enable: bool
      servicePrincipalName: 'string'
      servicePrincipalSecret: 'string'
    }
    serverConfigurationsManagementSettings: {
      additionalFeaturesServerConfigurations: {
        isRServicesEnabled: bool
      }
      sqlConnectivityUpdateSettings: {
        connectivityType: 'string'
        port: int
        sqlAuthUpdatePassword: 'string'
        sqlAuthUpdateUserName: 'string'
      }
      sqlStorageUpdateSettings: {
        diskConfigurationType: 'string'
        diskCount: int
        startingDeviceId: int
      }
      sqlWorkloadTypeUpdateSettings: {
        sqlWorkloadType: 'string'
      }
    }
    sqlImageOffer: 'string'
    sqlImageSku: 'string'
    sqlManagement: 'string'
    sqlServerLicenseType: 'string'
    sqlVirtualMachineGroupResourceId: 'string'
    storageConfigurationSettings: {
      diskConfigurationType: 'string'
      sqlDataSettings: {
        defaultFilePath: 'string'
        luns: [
          int
        ]
      }
      sqlLogSettings: {
        defaultFilePath: 'string'
        luns: [
          int
        ]
      }
      sqlTempDbSettings: {
        defaultFilePath: 'string'
        luns: [
          int
        ]
      }
      storageWorkloadType: 'string'
    }
    virtualMachineResourceId: 'string'
    wsfcDomainCredentials: {
      clusterBootstrapAccountPassword: 'string'
      clusterOperatorAccountPassword: 'string'
      sqlServiceAccountPassword: 'string'
    }
  }
}

プロパティの値

sqlVirtualMachines

名前 説明
name リソース名 string (必須)
location リソースの場所。 string (必須)
tags リソース タグ。 タグ名と値のディクショナリ。 「テンプレートのタグ」を参照してください
identity サーバーの Azure Active Directory ID。 ResourceIdentity
properties リソースのプロパティ。 SqlVirtualMachineProperties

ResourceIdentity

名前 説明
type ID の種類。 リソースの Azure Active Directory プリンシパルを自動的に作成して割り当てるには、これを "SystemAssigned" に設定します。 'SystemAssigned'

SqlVirtualMachineProperties

名前 説明
autoBackupSettings SQL Serverの自動バックアップ設定。 AutoBackupSettings
autoPatchingSettings SQL 仮想マシンに重要なセキュリティ更新プログラムを適用するための自動修正プログラムの設定。 AutoPatchingSettings
keyVaultCredentialSettings キー コンテナーの資格情報の設定。 KeyVaultCredentialSettings
serverConfigurationsManagementSettings 構成管理設定をSQL Serverします。 ServerConfigurationsManagementSettings
sqlImageOffer SQL イメージ オファー。 例としては、SQL2016-WS2016、SQL2017-WS2016 などがあります。 string
sqlImageSku SQL Serverエディションの種類。 'Developer'
'Enterprise'
'Express'
'Standard'
'Web'
sqlManagement SQL Server管理の種類。 'Full'
'LightWeight'
'NoAgent'
sqlServerLicenseType ライセンスの種類SQL Serverします。 'AHUB'
'DR'
'PAYG'
sqlVirtualMachineGroupResourceId この SQL 仮想マシンがまたはに含まれる SQL 仮想マシン グループの ARM リソース ID。 string
storageConfigurationSettings ストレージ構成の設定。 StorageConfigurationSettings
virtualMachineResourceId SQL Marketplace イメージから作成された基になる仮想マシンの ARM リソース ID。 string
wsfcDomainCredentials SQL 可用性グループの Windows Server フェールオーバー クラスターを設定するためのドメイン資格情報。 WsfcDomainCredentials

AutoBackupSettings

名前 説明
backupScheduleType バックアップ スケジュールの種類。 'Automated'
'Manual'
backupSystemDbs 自動バックアップにシステム データベースを含めるか除外します。 [bool]
有効化 (enable) SQL 仮想マシンでの自動バックアップを有効または無効にします。 [bool]
enableEncryption SQL 仮想マシンでのバックアップの暗号化を有効または無効にします。 [bool]
fullBackupFrequency 完全バックアップの頻度。 どちらの場合も、完全バックアップは次のスケジュールされた時間枠内に開始されます。 'Daily'
'Weekly'
fullBackupStartTime 完全バックアップが行われる日の開始時刻。 0 から 23 時間。 INT
fullBackupWindowHours 完全バックアップが行われる日の時間枠。 1 から 23 時間。 INT
logBackupFrequency ログのバックアップの頻度。 5 から 60 分。 INT
password バックアップ時の暗号化用のパスワード。 string
retentionPeriod バックアップの保持期間: 1 日から 30 日。 INT
storageAccessKey バックアップの保存先となるストレージ アカウント キー。 string
storageAccountUrl バックアップの保存先となるストレージ アカウントの URL。 string

AutoPatchingSettings

名前 説明
dayOfWeek パッチを適用する曜日。 'Friday'
'Monday'
'土曜日'
'Sunday'
'木曜日'
'火曜日'
'水曜日'
有効化 (enable) SQL 仮想マシンでの自動パッチ適用を有効または無効にします。 [bool]
maintenanceWindowDuration 修正プログラムの適用期間。 INT
maintenanceWindowStartingHour 修正プログラムの適用が開始される 1 日の時間。 ローカル VM 時刻。 INT

KeyVaultCredentialSettings

名前 説明
azureKeyVaultUrl Azure Key Vault URL。 string
credentialName 資格情報名。 string
有効化 (enable) キー コンテナーの資格情報設定を有効または無効にします。 [bool]
servicePrincipalName キー コンテナーにアクセスするためのサービス プリンシパル名。 string
servicePrincipalSecret キー コンテナーにアクセスするためのサービス プリンシパル名シークレット。 string

ServerConfigurationsManagementSettings

名前 説明
additionalFeaturesServerConfigurations その他の SQL 機能の設定。 AdditionalFeaturesServerConfigurations
sqlConnectivityUpdateSettings SQL 接続の種類の設定。 SqlConnectivityUpdateSettings
sqlStorageUpdateSettings SQL ストレージの更新設定。 SqlStorageUpdateSettings
sqlWorkloadTypeUpdateSettings SQL ワークロードの種類の設定。 SqlWorkloadTypeUpdateSettings

AdditionalFeaturesServerConfigurations

名前 説明
isRServicesEnabled R サービス (SQL 2016 以降) を有効または無効にします。 [bool]

SqlConnectivityUpdateSettings

名前 説明
connectivityType SQL Server接続オプション。 'LOCAL'
'PRIVATE'
'PUBLIC'
port ポートSQL Serverします。 INT
sqlAuthUpdatePassword sysadmin ログイン パスワードをSQL Serverします。 string
sqlAuthUpdateUserName sysadmin ログインをSQL Serverして作成します。 string

SqlStorageUpdateSettings

名前 説明
diskConfigurationType SQL Serverに適用するディスク構成。 'ADD'
'EXTEND'
'NEW'
diskCount 仮想マシンのディスク数。 INT
startingDeviceId 更新する最初のディスクのデバイス ID。 INT

SqlWorkloadTypeUpdateSettings

名前 説明
sqlWorkloadType ワークロードの種類SQL Serverします。 'DW'
'GENERAL'
'OLTP'

StorageConfigurationSettings

名前 説明
diskConfigurationType SQL Serverに適用するディスク構成。 'ADD'
'EXTEND'
'NEW'
sqlDataSettings データ ストレージ設定をSQL Serverします。 SQLStorageSettings
sqlLogSettings [ログ ストレージの設定] をSQL Serverします。 SQLStorageSettings
sqlTempDbSettings TempDb ストレージ設定をSQL Serverします。 SQLStorageSettings
storageWorkloadType ストレージ ワークロードの種類。 'DW'
'GENERAL'
'OLTP'

SQLStorageSettings

名前 説明
defaultFilePath 既定のファイル パスSQL Server string
luns ディスクの論理ユニット番号。 int[]

WsfcDomainCredentials

名前 説明
clusterBootstrapAccountPassword クラスター ブートストラップ アカウントのパスワード。 string
clusterOperatorAccountPassword クラスター オペレーター アカウントのパスワード。 string
sqlServiceAccountPassword SQL サービス アカウントのパスワード。 string

クイック スタート テンプレート

次のクイックスタート テンプレートでは、このリソースの種類をデプロイします。

テンプレート 説明
既存の SQL Virtual Machinesを使用して SQL Always ON セットアップをデプロイする

Azure へのデプロイ
既存の SQL Virtual Machinesを使用して SQL Always ON セットアップをデプロイします。 仮想マシンは既に既存のドメインに参加している必要があり、エンタープライズ バージョンのSQL Serverを実行している必要があります。
パフォーマンスが最適化されたストレージ設定を含む SQL Server VM

Azure へのデプロイ
PremiumSSD でパフォーマンスが最適化されたストレージ設定を使用してSQL Server仮想マシンを作成する
UltraSSD での SQL VM パフォーマンス最適化ストレージ設定

Azure へのデプロイ
SQL ログ ファイルに UltraSSD を使用して、パフォーマンスが最適化されたストレージ設定でSQL Server仮想マシンを作成する

ARM テンプレート リソース定義

sqlVirtualMachines リソースの種類は、次の場合にデプロイできます。

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoft.SqlVirtualMachine/sqlVirtualMachines リソースを作成するには、次の JSON をテンプレートに追加します。

{
  "type": "Microsoft.SqlVirtualMachine/sqlVirtualMachines",
  "apiVersion": "2017-03-01-preview",
  "name": "string",
  "location": "string",
  "tags": {
    "tagName1": "tagValue1",
    "tagName2": "tagValue2"
  },
  "identity": {
    "type": "SystemAssigned"
  },
  "properties": {
    "autoBackupSettings": {
      "backupScheduleType": "string",
      "backupSystemDbs": "bool",
      "enable": "bool",
      "enableEncryption": "bool",
      "fullBackupFrequency": "string",
      "fullBackupStartTime": "int",
      "fullBackupWindowHours": "int",
      "logBackupFrequency": "int",
      "password": "string",
      "retentionPeriod": "int",
      "storageAccessKey": "string",
      "storageAccountUrl": "string"
    },
    "autoPatchingSettings": {
      "dayOfWeek": "string",
      "enable": "bool",
      "maintenanceWindowDuration": "int",
      "maintenanceWindowStartingHour": "int"
    },
    "keyVaultCredentialSettings": {
      "azureKeyVaultUrl": "string",
      "credentialName": "string",
      "enable": "bool",
      "servicePrincipalName": "string",
      "servicePrincipalSecret": "string"
    },
    "serverConfigurationsManagementSettings": {
      "additionalFeaturesServerConfigurations": {
        "isRServicesEnabled": "bool"
      },
      "sqlConnectivityUpdateSettings": {
        "connectivityType": "string",
        "port": "int",
        "sqlAuthUpdatePassword": "string",
        "sqlAuthUpdateUserName": "string"
      },
      "sqlStorageUpdateSettings": {
        "diskConfigurationType": "string",
        "diskCount": "int",
        "startingDeviceId": "int"
      },
      "sqlWorkloadTypeUpdateSettings": {
        "sqlWorkloadType": "string"
      }
    },
    "sqlImageOffer": "string",
    "sqlImageSku": "string",
    "sqlManagement": "string",
    "sqlServerLicenseType": "string",
    "sqlVirtualMachineGroupResourceId": "string",
    "storageConfigurationSettings": {
      "diskConfigurationType": "string",
      "sqlDataSettings": {
        "defaultFilePath": "string",
        "luns": [ "int" ]
      },
      "sqlLogSettings": {
        "defaultFilePath": "string",
        "luns": [ "int" ]
      },
      "sqlTempDbSettings": {
        "defaultFilePath": "string",
        "luns": [ "int" ]
      },
      "storageWorkloadType": "string"
    },
    "virtualMachineResourceId": "string",
    "wsfcDomainCredentials": {
      "clusterBootstrapAccountPassword": "string",
      "clusterOperatorAccountPassword": "string",
      "sqlServiceAccountPassword": "string"
    }
  }
}

プロパティの値

sqlVirtualMachines

名前 説明
type リソースの種類 'Microsoft.SqlVirtualMachine/sqlVirtualMachines'
apiVersion リソース API のバージョン '2017-03-01-preview'
name リソース名 string (必須)
location リソースの場所。 string (必須)
tags リソース タグ。 タグの名前と値のディクショナリ。 「テンプレート内のタグ」を参照してください
identity サーバーの Azure Active Directory ID。 ResourceIdentity
properties リソースのプロパティ。 SqlVirtualMachineProperties

ResourceIdentity

名前 説明
type ID の種類。 リソースの Azure Active Directory プリンシパルを自動的に作成して割り当てるには、これを "SystemAssigned" に設定します。 'SystemAssigned'

SqlVirtualMachineProperties

名前 説明
autoBackupSettings SQL Serverの自動バックアップ設定。 AutoBackupSettings
autoPatchingSettings SQL 仮想マシンに重要なセキュリティ更新プログラムを適用するための自動修正プログラムの設定。 AutoPatchingSettings
keyVaultCredentialSettings キー コンテナーの資格情報の設定。 KeyVaultCredentialSettings
serverConfigurationsManagementSettings 構成管理設定をSQL Serverします。 ServerConfigurationsManagementSettings
sqlImageOffer SQL イメージ オファー。 例としては、SQL2016-WS2016、SQL2017-WS2016 などがあります。 string
sqlImageSku SQL Serverエディションの種類。 'Developer'
'Enterprise'
'Express'
'Standard'
'Web'
sqlManagement SQL Server管理の種類。 'Full'
'LightWeight'
'NoAgent'
sqlServerLicenseType SQL Serverライセンスの種類。 'AHUB'
'DR'
'PAYG'
sqlVirtualMachineGroupResourceId この SQL 仮想マシンが含まれる、または含まれる SQL 仮想マシン グループの ARM リソース ID。 string
storageConfigurationSettings ストレージ構成の設定。 StorageConfigurationSettings
virtualMachineResourceId SQL Marketplace イメージから作成された基になる仮想マシンの ARM リソース ID。 string
wsfcDomainCredentials SQL 可用性グループの Windows Server フェールオーバー クラスターを設定するためのドメイン資格情報。 WsfcDomainCredentials

AutoBackupSettings

名前 説明
backupScheduleType バックアップ スケジュールの種類。 'Automated'
'Manual'
backupSystemDbs 自動バックアップにシステム データベースを含めるか除外します。 [bool]
有効化 (enable) SQL 仮想マシンでの自動バックアップを有効または無効にします。 [bool]
enableEncryption SQL 仮想マシンでのバックアップの暗号化を有効または無効にします。 [bool]
fullBackupFrequency 完全バックアップの頻度。 どちらの場合も、完全バックアップは次のスケジュールされた時間枠内に開始されます。 'Daily'
'Weekly'
fullBackupStartTime 完全バックアップが行われる日の開始時刻。 0 から 23 時間。 INT
fullBackupWindowHours 完全バックアップが行われる日の時間枠。 1 から 23 時間。 INT
logBackupFrequency ログのバックアップの頻度。 5 から 60 分。 INT
password バックアップ時の暗号化用のパスワード。 string
retentionPeriod バックアップの保持期間: 1 日から 30 日。 INT
storageAccessKey バックアップの保存先となるストレージ アカウント キー。 string
storageAccountUrl バックアップの保存先となるストレージ アカウントの URL。 string

AutoPatchingSettings

名前 説明
dayOfWeek パッチを適用する曜日。 'Friday'
'Monday'
'土曜日'
'Sunday'
'木曜日'
'火曜日'
'水曜日'
有効化 (enable) SQL 仮想マシンでの自動パッチ適用を有効または無効にします。 [bool]
maintenanceWindowDuration 修正プログラムの適用期間。 INT
maintenanceWindowStartingHour 修正プログラムの適用が開始される 1 日の時間。 ローカル VM 時刻。 INT

KeyVaultCredentialSettings

名前 説明
azureKeyVaultUrl Azure Key Vault URL。 string
credentialName 資格情報名。 string
有効化 (enable) キー コンテナーの資格情報設定を有効または無効にします。 [bool]
servicePrincipalName キー コンテナーにアクセスするためのサービス プリンシパル名。 string
servicePrincipalSecret キー コンテナーにアクセスするためのサービス プリンシパル名シークレット。 string

ServerConfigurationsManagementSettings

名前 説明
additionalFeaturesServerConfigurations その他の SQL 機能の設定。 AdditionalFeaturesServerConfigurations
sqlConnectivityUpdateSettings SQL 接続の種類の設定。 SqlConnectivityUpdateSettings
sqlStorageUpdateSettings SQL ストレージの更新設定。 SqlStorageUpdateSettings
sqlWorkloadTypeUpdateSettings SQL ワークロードの種類の設定。 SqlWorkloadTypeUpdateSettings

AdditionalFeaturesServerConfigurations

名前 説明
isRServicesEnabled R サービス (SQL 2016 以降) を有効または無効にします。 [bool]

SqlConnectivityUpdateSettings

名前 説明
connectivityType SQL Server接続オプション。 'LOCAL'
'PRIVATE'
'PUBLIC'
port ポートSQL Serverします。 INT
sqlAuthUpdatePassword sysadmin ログイン パスワードをSQL Serverします。 string
sqlAuthUpdateUserName sysadmin ログインをSQL Serverして作成します。 string

SqlStorageUpdateSettings

名前 説明
diskConfigurationType SQL Serverに適用するディスク構成。 'ADD'
'EXTEND'
'NEW'
diskCount 仮想マシンのディスク数。 INT
startingDeviceId 更新する最初のディスクのデバイス ID。 INT

SqlWorkloadTypeUpdateSettings

名前 説明
sqlWorkloadType ワークロードの種類SQL Serverします。 'DW'
'GENERAL'
'OLTP'

StorageConfigurationSettings

名前 説明
diskConfigurationType SQL Serverに適用するディスク構成。 'ADD'
'EXTEND'
'NEW'
sqlDataSettings データ ストレージ設定をSQL Serverします。 SQLStorageSettings
sqlLogSettings [ログ ストレージの設定] をSQL Serverします。 SQLStorageSettings
sqlTempDbSettings TempDb ストレージ設定をSQL Serverします。 SQLStorageSettings
storageWorkloadType ストレージ ワークロードの種類。 'DW'
'GENERAL'
'OLTP'

SQLStorageSettings

名前 説明
defaultFilePath 既定のファイル パスSQL Server string
luns ディスクの論理ユニット番号。 int[]

WsfcDomainCredentials

名前 説明
clusterBootstrapAccountPassword クラスター ブートストラップ アカウントのパスワード。 string
clusterOperatorAccountPassword クラスター オペレーター アカウントのパスワード。 string
sqlServiceAccountPassword SQL サービス アカウントのパスワード。 string

クイック スタート テンプレート

次のクイックスタート テンプレートでは、このリソースの種類をデプロイします。

Template 説明
既存の SQL Virtual Machinesを使用して SQL Always ON セットアップをデプロイする

Azure へのデプロイ
既存の SQL Virtual Machinesを使用して SQL Always ON セットアップをデプロイします。 仮想マシンは既に既存のドメインに参加している必要があり、エンタープライズ バージョンのSQL Serverを実行している必要があります。
パフォーマンスが最適化されたストレージ設定を含む SQL Server VM

Azure へのデプロイ
PremiumSSD でパフォーマンスが最適化されたストレージ設定を使用してSQL Server仮想マシンを作成する
UltraSSD での SQL VM パフォーマンス最適化ストレージ設定

Azure へのデプロイ
SQL ログ ファイルに UltraSSD を使用して、パフォーマンスが最適化されたストレージ設定でSQL Server仮想マシンを作成する

Terraform (AzAPI プロバイダー) リソース定義

sqlVirtualMachines リソースの種類は、次の場合にデプロイできます。

  • リソース グループ

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoft.SqlVirtualMachine/sqlVirtualMachines リソースを作成するには、次の Terraform をテンプレートに追加します。

resource "azapi_resource" "symbolicname" {
  type = "Microsoft.SqlVirtualMachine/sqlVirtualMachines@2017-03-01-preview"
  name = "string"
  location = "string"
  parent_id = "string"
  tags = {
    tagName1 = "tagValue1"
    tagName2 = "tagValue2"
  }
  identity {
    type = "SystemAssigned"
  }
  body = jsonencode({
    properties = {
      autoBackupSettings = {
        backupScheduleType = "string"
        backupSystemDbs = bool
        enable = bool
        enableEncryption = bool
        fullBackupFrequency = "string"
        fullBackupStartTime = int
        fullBackupWindowHours = int
        logBackupFrequency = int
        password = "string"
        retentionPeriod = int
        storageAccessKey = "string"
        storageAccountUrl = "string"
      }
      autoPatchingSettings = {
        dayOfWeek = "string"
        enable = bool
        maintenanceWindowDuration = int
        maintenanceWindowStartingHour = int
      }
      keyVaultCredentialSettings = {
        azureKeyVaultUrl = "string"
        credentialName = "string"
        enable = bool
        servicePrincipalName = "string"
        servicePrincipalSecret = "string"
      }
      serverConfigurationsManagementSettings = {
        additionalFeaturesServerConfigurations = {
          isRServicesEnabled = bool
        }
        sqlConnectivityUpdateSettings = {
          connectivityType = "string"
          port = int
          sqlAuthUpdatePassword = "string"
          sqlAuthUpdateUserName = "string"
        }
        sqlStorageUpdateSettings = {
          diskConfigurationType = "string"
          diskCount = int
          startingDeviceId = int
        }
        sqlWorkloadTypeUpdateSettings = {
          sqlWorkloadType = "string"
        }
      }
      sqlImageOffer = "string"
      sqlImageSku = "string"
      sqlManagement = "string"
      sqlServerLicenseType = "string"
      sqlVirtualMachineGroupResourceId = "string"
      storageConfigurationSettings = {
        diskConfigurationType = "string"
        sqlDataSettings = {
          defaultFilePath = "string"
          luns = [
            int
          ]
        }
        sqlLogSettings = {
          defaultFilePath = "string"
          luns = [
            int
          ]
        }
        sqlTempDbSettings = {
          defaultFilePath = "string"
          luns = [
            int
          ]
        }
        storageWorkloadType = "string"
      }
      virtualMachineResourceId = "string"
      wsfcDomainCredentials = {
        clusterBootstrapAccountPassword = "string"
        clusterOperatorAccountPassword = "string"
        sqlServiceAccountPassword = "string"
      }
    }
  })
}

プロパティの値

sqlVirtualMachines

名前 説明
type リソースの種類 "Microsoft.SqlVirtualMachine/sqlVirtualMachines@2017-03-01-preview"
name リソース名 string (必須)
location リソースの場所。 string (必須)
parent_id リソース グループにデプロイするには、そのリソース グループの ID を使用します。 string (必須)
tags リソース タグ。 タグの名前と値のディクショナリ。
identity サーバーの Azure Active Directory ID。 ResourceIdentity
properties リソースのプロパティ。 SqlVirtualMachineProperties

ResourceIdentity

名前 説明
type ID の種類。 リソースの Azure Active Directory プリンシパルを自動的に作成して割り当てるには、これを "SystemAssigned" に設定します。 "SystemAssigned"

SqlVirtualMachineProperties

名前 説明
autoBackupSettings SQL Serverの自動バックアップ設定。 AutoBackupSettings
autoPatchingSettings SQL 仮想マシンに重要なセキュリティ更新プログラムを適用するための自動修正プログラムの設定。 AutoPatchingSettings
keyVaultCredentialSettings キー コンテナーの資格情報の設定。 KeyVaultCredentialSettings
serverConfigurationsManagementSettings 構成管理設定をSQL Serverします。 ServerConfigurationsManagementSettings
sqlImageOffer SQL イメージ オファー。 例としては、SQL2016-WS2016、SQL2017-WS2016 などがあります。 string
sqlImageSku SQL Serverエディションの種類。 "Developer"
"エンタープライズ"
"Express"
"Standard"
"Web"
sqlManagement SQL Server管理の種類。 "Full"
"LightWeight"
"NoAgent"
sqlServerLicenseType SQL Serverライセンスの種類。 "AHUB"
"DR"
"PAYG"
sqlVirtualMachineGroupResourceId この SQL 仮想マシンが含まれる、または含まれる SQL 仮想マシン グループの ARM リソース ID。 string
storageConfigurationSettings ストレージ構成の設定。 StorageConfigurationSettings
virtualMachineResourceId SQL Marketplace イメージから作成された基になる仮想マシンの ARM リソース ID。 string
wsfcDomainCredentials SQL 可用性グループの Windows Server フェールオーバー クラスターを設定するためのドメイン資格情報。 WsfcDomainCredentials

AutoBackupSettings

名前 説明
backupScheduleType バックアップ スケジュールの種類。 "自動化"
"Manual"
backupSystemDbs 自動バックアップにシステム データベースを含めるか除外します。 [bool]
有効化 (enable) SQL 仮想マシンで自動バックアップを有効または無効にします。 [bool]
enableEncryption SQL 仮想マシンでのバックアップの暗号化を有効または無効にします。 [bool]
fullBackupFrequency 完全バックアップの頻度。 どちらの場合も、完全バックアップは次のスケジュールされた時間枠内に開始されます。 "Daily"
"Weekly"
fullBackupStartTime 完全バックアップが行われる日の開始時刻。 0 から 23 時間。 INT
fullBackupWindowHours 完全バックアップが行われる日の時間枠。 1 から 23 時間。 INT
logBackupFrequency ログのバックアップの頻度。 5 から 60 分。 INT
password バックアップ時の暗号化のパスワード。 string
retentionPeriod バックアップの保持期間: 1 日から 30 日。 INT
storageAccessKey バックアップの保存先となるストレージ アカウント キー。 string
storageAccountUrl バックアップの保存先となるストレージ アカウントの URL。 string

AutoPatchingSettings

名前 説明
dayOfWeek パッチを適用する曜日。 "金曜日"
"月曜日"
"土曜日"
"日曜日"
"木曜日"
"火曜日"
"水曜日"
有効化 (enable) SQL 仮想マシンで自動パッチを有効または無効にします。 [bool]
maintenanceWindowDuration 修正プログラムの適用期間。 INT
maintenanceWindowStartingHour 修正プログラムの適用が開始された 1 日の時間。 ローカル VM 時刻。 INT

KeyVaultCredentialSettings

名前 説明
azureKeyVaultUrl Azure Key Vault URL。 string
credentialName 資格情報名。 string
有効化 (enable) キー コンテナーの資格情報設定を有効または無効にします。 [bool]
servicePrincipalName キー コンテナーにアクセスするためのサービス プリンシパル名。 string
servicePrincipalSecret キー コンテナーにアクセスするためのサービス プリンシパル名シークレット。 string

ServerConfigurationsManagementSettings

名前 説明
additionalFeaturesServerConfigurations その他の SQL 機能の設定。 AdditionalFeaturesServerConfigurations
sqlConnectivityUpdateSettings SQL 接続の種類の設定。 SqlConnectivityUpdateSettings
sqlStorageUpdateSettings SQL ストレージの更新設定。 SqlStorageUpdateSettings
sqlWorkloadTypeUpdateSettings SQL ワークロードの種類の設定。 SqlWorkloadTypeUpdateSettings

AdditionalFeaturesServerConfigurations

名前 説明
isRServicesEnabled R サービス (SQL 2016 以降) を有効または無効にします。 [bool]

SqlConnectivityUpdateSettings

名前 説明
connectivityType SQL Server接続オプション。 "LOCAL"
"PRIVATE"
"PUBLIC"
port ポートSQL Serverします。 INT
sqlAuthUpdatePassword sysadmin ログイン パスワードをSQL Serverします。 string
sqlAuthUpdateUserName 作成するには、sysadmin ログインをSQL Serverします。 string

SqlStorageUpdateSettings

名前 説明
diskConfigurationType SQL Serverに適用するディスク構成。 "ADD"
"EXTEND"
"NEW"
diskCount 仮想マシンのディスク数。 INT
startingDeviceId 更新する最初のディスクのデバイス ID。 INT

SqlWorkloadTypeUpdateSettings

名前 説明
sqlWorkloadType ワークロードの種類SQL Serverします。 "DW"
"GENERAL"
"OLTP"

StorageConfigurationSettings

名前 説明
diskConfigurationType SQL Serverに適用するディスク構成。 "ADD"
"EXTEND"
"NEW"
sqlDataSettings [データ ストレージの設定] をSQL Serverします。 SQLStorageSettings
sqlLogSettings [ログ ストレージの設定] をSQL Serverします。 SQLStorageSettings
sqlTempDbSettings TempDb ストレージ設定をSQL Serverします。 SQLStorageSettings
storageWorkloadType ストレージ ワークロードの種類。 "DW"
"GENERAL"
"OLTP"

SQLStorageSettings

名前 説明
defaultFilePath 既定のファイル パスSQL Server string
luns ディスクの論理ユニット番号。 int[]

WsfcDomainCredentials

名前 説明
clusterBootstrapAccountPassword クラスター ブートストラップ アカウントのパスワード。 string
clusterOperatorAccountPassword クラスター オペレーター アカウントのパスワード。 string
sqlServiceAccountPassword SQL サービス アカウントのパスワード。 string