次の方法で共有


Azure Virtual Desktop でアプリのアタッチで使用する MSIX イメージを作成する

AZURE Virtual Desktop で MSIX アプリのアタッチとアプリアタッチで MSIX パッケージを使用するには、MSIX パッケージ アプリケーションを MSIX イメージに展開する必要があります。 この記事では、MSIX イメージを作成する方法について説明します。

前提条件

MSIX イメージを作成する前に、次のものが必要です。

  • MSIXMGR ツールをダウンロードし、フォルダーに展開します。

  • MSIX イメージを作成するための Windows 10 または Windows 11 デバイスの管理アクセス許可。

  • Azure Virtual Desktop で使用する MSIX パッケージ アプリケーション (.msix ファイル)。 デスクトップ インストーラーを MSIX パッケージに変換する方法については、デスクトップ インストーラーからの MSIX パッケージの作成 (MSI、EXE、ClickOnce、または App-V) に関するページを参照してください。

    ヒント

    既に MSIX パッケージとして利用可能なアプリケーションは、複数のソフトウェア ベンダーからダウンロードできます。 Microsoft XML メモ帳は、MSIX パッケージとしてダウンロードできます。 ファイル拡張子を持つファイルをダウンロードすることで、GitHub から最新のリリースを.msixbundle取得できます。

    Note

    ネットワーク上、またはインターネットに接続されていないデバイス上のビジネス向けまたは教育機関向け Microsoft Store のパッケージを使用する場合、アプリを実行するには、Microsoft Store からパッケージ ライセンスをダウンロードしてインストールする必要があります。 ライセンスを取得するには、「パッケージをオフラインで使用する」をご覧ください。

アプリのアタッチ ディスク イメージを作成する

MSIX イメージを作成するときは、MSIXMGR ツールを使用して、MSIX パッケージを VHDVHDX、または CIM ディスク イメージに変換します。 特に Windows 11 で最適なパフォーマンスを得るために、CIM を使用することをお勧めします。これにより CPU とメモリの消費量が少なくなり、マウントとマウント解除の時間が短縮されます。 VHD を使用することはお勧めしません。代わりに VHDX を使用してください。

お使いのシナリオに関連するタブを選択します。

MSIX パッケージから CIM ディスク イメージを作成するコマンドの例を次に示します。 例の値を独自の値に変更する必要があります。

CIM ディスク イメージは複数のファイルで構成されており、イメージを区別するのに役立つので、宛先の新しいフォルダーを作成する必要があります。

重要

互換性を保証するには、MSIX パッケージを実行する予定の Windows のバージョン以下のバージョンの Windows で、MSIX イメージを格納する CIM ファイルが生成されていることを確認します。 たとえば、Windows 11 で生成された CIM ファイルは、Windows 10 では機能しない可能性があります。

  1. 管理者としてコマンド プロンプトを開き、MSIXMGR ツールを抽出したディレクトリに変更します。

  2. MSIXMGR を実行する前に、宛先に使用するフォルダーが存在することを確認します。 必要に応じて、新しいフォルダーを作成します。

  3. CIM ディスク イメージを作成するには、次のコマンドを実行します。

    msixmgr.exe -Unpack -packagePath "C:\msix\myapp.msix" -destination "C:\msix\myapp\myapp.cim" -applyACLs -create -fileType cim -rootDirectory apps
    

    出力は次のようになります。

    Successfully created the CIM file: C:\msix\myapp\myapp.cim
    

次のステップ

MSIX パッケージを作成したら、ファイル共有保存し、MSIX パッケージを Azure Virtual Desktop に追加する必要があります。

役に立つその他の記事を次に示します。