Azure portal で VM の完全修飾ドメイン名を作成する

適用対象:適用対象: ✔️ Linux VM ✔️ Windows VM

Azure ポータルで仮想マシン (VM) を作成すると、仮想マシン用のパブリック IP リソースが自動的に作成されます。 このパブリック IP アドレスを使用して、VM にリモートでアクセスします。 ポータルでは完全修飾ドメイン名 (FQDN) は作成されませんが、VM の作成後に追加できます。 この記事では、DNS 名または FQDN を作成する手順を示します。 パブリック IP アドレスなしで VM を作成する場合、FQDN を作成することはできません。

FQDN の作成

この記事では、既に VM が作成されていることを前提としています。 必要に応じて、ポータルで Linux または Windows の VM を作成することができます。 VM が起動したら、次の手順を実行します。

  1. ポータルで VM を選択します。
  2. 左側のメニューで [プロパティ] を選択します。
  3. [パブリック IP アドレス/DNS 名ラベル] で、使用する IP アドレスを選択します。
  4. [DNS 名ラベル] の下に、使用するプレフィックスを入力します。
  5. ページの最上部で [保存] を選択します。
  6. 左側のメニューの [概要] を選択して、VM の概要ブレードに戻ります。
  7. [DNS 名] が正しく表示されていることを確認します。

次のステップ

Azure DNS ゾーンを使用して DNS を管理することもできます。