ゾーン冗長ストレージを使用するマネージド ディスクをデプロイする

この記事では、冗長オプションとしてゾーン冗長ストレージ (ZRS) を使用するディスクをデプロイする方法について説明します。 ZRS では、選択されたリージョンにある 3 つの Azure 可用性ゾーン間で Azure マネージド ディスクを同期的にレプリケートします。 各可用性ゾーンは、独立した電源、冷却装置、ネットワークを備えた独立した物理的な場所です。

ZRS の概念的な情報については、「マネージド ディスクのゾーン冗長ストレージ」を参照してください

制限事項

マネージド ディスクの ZRS は、Premium SSD および Standard SSD マネージド ディスクでのみサポートされます。 マネージド ディスクの ZRS は、Premium SSD v2 マネージド ディスクではサポートされます。

リージョン別の提供状況

ZRS ディスクは現在、次のリージョンで利用できます。

  • 南アフリカ北部
  • 東アジア
  • 東南アジア
  • オーストラリア東部
  • ブラジル南部
  • カナダ中部
  • China North 3
  • 北ヨーロッパ
  • 西ヨーロッパ
  • フランス中部
  • ドイツ中西部
  • インド中部
  • イタリア北部
  • 東日本
  • 韓国中部
  • ノルウェー東部
  • ポーランド中部
  • カタール中部
  • スウェーデン中部
  • スイス北部
  • アラブ首長国連邦北部
  • 英国南部
  • 米国東部
  • 米国東部 2
  • 米国中南部
  • 米国西部 2
  • 米国西部 3

ZRS OS ディスクを使用して VM を作成する

  1. Azure portal にサインインします。

  2. [仮想マシン] に移動し、通常の VM 作成プロセスに従います。

  3. [ディスク] ペインに進みます。

  4. ディスクを選択し、ドロップダウンでいずれかの ZRS ディスクを選択します。

    Screenshot of the vm creation workflow, disks pane, OS disk dropdown is expanded with the ZRS premium SSD and standard SSD options highlighted.

  5. VM のデプロイの残りの部分を続行し、必要に応じて選択を行います。

これで、ZRS OS ディスクを使用する VM をデプロイできました。

ZRS ディスクを作成する

  1. Azure portal 上で、 [ディスク] を検索して選択します。

  2. [+ 追加] を選択して、新しいディスクを作成します。

  3. サポートされているリージョンを 1 つ選択し、 [可用性ゾーン][なし] に設定します。

  4. [サイズの変更] を選択します。

    Screenshot of the disk creation workflow, basics pane.

  5. 使用可能な ZRS ディスクのいずれかを選択し、 [OK] を選択します。

    Screenshot of the disk creation workflow, select a disk size pane, ZRS disks highlighted.

  6. デプロイ プロセスを続行します。

これで、ZRS を使用するマネージド ディスクを作成できました。

次のステップ