VM で Azure Linux エージェントを更新する方法

Azure 上の Linux VM の Azure Linux エージェント を更新するには、既に次の環境が整っている必要があります。

  • Linux VM が Azure で実行されている。
  • SSH を使用してその Linux VM に接続している。

まずは常に Linux ディストリビューション リポジトリでパッケージを確認することをお勧めします。 使用できるパッケージが最新のバージョンでない可能性もありますが、自動更新を有効にすると Linux エージェントが常に最新の更新プログラムを入手します。 パッケージ マネージャーからのインストールに問題がある場合は、ディストリビューション ベンダーにサポートを依頼してください。

注意

詳細については、「Azure で動作保証済みの Linux ディストリビューション」を参照してください

先に進む前に、Azure での仮想マシン エージェントの最小バージョンのサポートを確認してください。

  1. 現在のパッケージのバージョンを確認する
sudo apt list --installed | grep walinuxagent
  1. パッケージ キャッシュを更新する
sudo apt-get -qq update
  1. 最新バージョンのパッケージをインストールする
sudo apt-get install walinuxagent
  1. 自動更新を確実に有効にします。
  • まず、次を実行して自動更新が有効になっているかどうかを確認します。
sudo cat /etc/waagent.conf | grep -i autoupdate
  • 'AutoUpdate.Enabled' を検索する。 この出力がある場合、自動更新は有効になっています。
AutoUpdate.Enabled=y
  • これを有効にするには、以下を実行します。
sudo sed -i 's/# AutoUpdate.Enabled=y/AutoUpdate.Enabled=y/g' /etc/waagent.conf
  1. waagent サービスを再起動します
sudo systemctl restart walinuxagent
  1. waagent サービスが稼働中であることを検証します
sudo systemctl status walinuxagent

通常、必要な手順はこれですべてですが、何らかの理由がある場合は、これを https://github.com から直接インストールする必要があります。その場合は、次の手順を実行してください。

ディストリビューションにエージェントのパッケージが存在しない場合に Linux エージェントを更新する

パッケージが存在しない場合の Azure エージェントのアップデートに関する詳細については、Azure Linux エージェントの READMEを参照してください。