Share via


HBv3 シリーズ

適用対象: ✔️ Linux VM ✔️ Windows VM ✔️ フレキシブル スケール セット ✔️ 均一スケール セット

HBv3 シリーズ VM は、流体力学、明示的および暗黙的な有限要素分析、気象モデリング、地震処理、貯水池シミュレーション、RTL シミュレーションなど、HPC アプリケーションのために最適化されています。 HBv3 VM は、AMD EPYC™ 7V73X (Milan-X) CPU を最大 120 コアと、448 GB の RAM を備えています。同時実行マルチスレッド機能はありません。 HBv3 シリーズ VM も毎秒 350 GB のメモリ帯域幅 (最大 630 GB/s まで拡張) を提供します。L3 キャッシュはコアあたり最大 96 MB です (VM あたり合計 1.536 GB)。ブロック デバイス SSD パフォーマンスは最大毎秒 7 GB です。クロック周波数は最大 3.5 GHz です。

HBv3 シリーズ VM はすべて、NVIDIA ネットワークの毎秒 200 Gb の HDR InfiniBand を備えており、スーパーコンピューター規模の MPI ワークロードを可能にします。 これらの VM は、最適化された一貫性のある RDMA パフォーマンスを確保するために、ノンブロッキング ファット ツリー構造で接続されています。 HDR InfiniBand ファブリックはまた、アダプティブ ルーティング、および標準 RC トランスポートと UD トランスポートに加え、動的接続トランスポート (DCT) をサポートしています。 これらの機能により、アプリケーションのパフォーマンス、スケーラビリティ、および整合性が向上するため、これらを使用することを強くお勧めします。

Premium Storage:サポートされています
Premium Storage キャッシュ: サポートされています
Ultra Disks: サポートされていません
ライブ マイグレーション: サポートされていません
メモリ保持更新: サポートされていません
VM 世代サポート: 第 1 世代と第 2 世代
高速ネットワーク: サポートされています (パフォーマンスと潜在的な問題の詳細)
エフェメラル OS ディスク:サポートされています

サイズ vCPU プロセッサ メモリ (GiB) メモリ帯域幅 GB/秒 ベース CPU 周波数 (GHz) 全コア周波数 (GHz、ピーク) シングルコア周波数 (GHz、ピーク) RDMA パフォーマンス (GB/秒) MPI のサポート 一時ストレージ (GiB) 最大データ ディスク数 最大イーサネット vNIC 数
Standard_HB120rs_v3 120 AMD EPYC 7V73X 448 350 1.9 3.0 3.5 200 All 2 * 960 32 8
Standard_HB120-96rs_v3 96 AMD EPYC 7V73X 448 350 1.9 3.0 3.5 200 All 2 * 960 32 8
Standard_HB120-64rs_v3 64 AMD EPYC 7V73X 448 350 1.9 3.0 3.5 200 All 2 * 960 32 8
Standard_HB120-32rs_v3 32 AMD EPYC 7V73X 448 350 1.9 3.0 3.5 200 All 2 * 960 32 8
Standard_HB120-16rs_v3 16 AMD EPYC 7V73X 448 350 1.9 3.0 3.5 200 All 2 * 960 32 8

詳細については、下記を参照してください。

作業の開始

サイズ表の定義

  • ストレージ容量は GiB (1024^3 バイト) 単位で示されています。 GB (1000^3 バイト) 単位のディスクと GiB (1024^3 バイト) 単位のディスクを比較する場合は、GiB 単位の方が容量の数値が小さく見えることに注意してください。 たとえば、1023 GiB = 1098.4 GB です。

  • ディスク スループットの測定単位は、1 秒あたりの入力/出力操作数 (IOPS) および MBps です (MBps = 10^6 バイト/秒)。

  • データ ディスクは、キャッシュを有効にしたモードでも無効化したモードでも動作します。 キャッシュを有効にしたデータ ディスクの操作では、ホスト キャッシュ モードは ReadOnly または ReadWrite に設定されています。 キャッシュを無効にしたデータ ディスクの操作では、ホスト キャッシュ モードは Noneに設定されています。

  • VM の最高のストレージ パフォーマンスを得る方法については、「仮想マシンとディスクのパフォーマンス」を参照してください。

  • 想定ネットワーク帯域幅は、すべての宛先について、すべての NIC で VM の種類ごとに割り当てられた最大集約帯域幅です。 詳しくは、「仮想マシンのネットワーク帯域幅」を参照してください。

    上限は保証されていません。 制限は、目的のアプリケーションに適した VM の種類を選択するためのガイダンスを示しています。 実際のネットワークのパフォーマンスは、ネットワークの輻輳、アプリケーションの負荷、ネットワーク設定などのさまざまな要因に左右されます。 ネットワーク スループットの最適化については、「Azure 仮想マシンのネットワーク スループットの最適化」を参照してください。 Linux または Windows で想定ネットワーク パフォーマンスを実現するには、特定のバージョンの選択または VM の最適化が必要になる場合があります。 詳細については、「帯域幅/スループットのテスト (NTTTCP)」を参照してください。

その他のサイズと情報

料金計算ツール:料金計算ツール

ディスクの種類の詳細については、「Azure で利用できるディスクの種類」を参照してください

次のステップ