Linux VM の仮想ハード ディスクを拡張する

適用対象: ✔️ Linux VM ✔️ フレキシブルなスケール セット

この記事では、Linux 仮想マシン (VM) 用のマネージド ディスクを拡張する方法について説明します。 データ ディスクを追加して記憶域スペースを追加でき、既存のデータ ディスクを拡張することもできます。 Azure の Linux VM では、通常、オペレーティング システム (OS) の既定の仮想ハード ディスク サイズは 30 GB です。 この記事では、OS ディスクまたはデータ ディスクの拡張について説明します。

警告

ディスクの拡張操作を実行する前に、ファイル システムが正常な状態であること、ディスク パーティション テーブルの種類 (GPT または MBR) で新しいサイズがサポートされていること、およびデータがバックアップされていることを、常に確認します。 詳細については、Azure Backup のクイックスタートに関する記事を参照してください。

オペレーティング システム内の Azure データ ディスク オブジェクトを識別する

VM に複数のデータ ディスクが存在しているときにデータ ディスクを拡張する場合、Azure LUN を Linux デバイスに関連付けるのが困難な場合があります。 OS ディスクを拡張する必要がある場合は、Azure portal で明確に OS ディスクとしてラベルが付けられます。

まず、df コマンドを使用して、ディスク使用率、マウント ポイント、デバイスの関係を特定します。

linux:~ # df -Th
Filesystem                Type      Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/sda1                 xfs        97G  1.8G   95G   2% /
<truncated>
/dev/sdd1                 ext4       32G   30G  727M  98% /opt/db/data
/dev/sde1                 ext4       32G   49M   30G   1% /opt/db/log

ここでは、たとえば、/opt/db/data ファイルシステムがほぼ満杯で、/dev/sdd1 パーティションに配置されていることがわかります。 df の出力には、ディスクがデバイス パスまたは fstab の UUID (推奨) のどちらでマウントされているかに関係なく、デバイス パスが表示されます。 また、ファイル システムの形式を示す Type 列も書き留めます。 これは後で重要になります。

次に、/dev/disk/azure/scsi1 の内容を調べて、/dev/sdd に関連付ける LUN を見つけます。 次の ls コマンドの出力は、Azure portal を見ると、Linux OS 内の /dev/sdd と呼ばれるデバイスが LUN1 に配置されていることを示します。

linux:~ # ls -alF /dev/disk/azure/scsi1/
total 0
drwxr-xr-x. 2 root root 140 Sep  9 21:54 ./
drwxr-xr-x. 4 root root  80 Sep  9 21:48 ../
lrwxrwxrwx. 1 root root  12 Sep  9 21:48 lun0 -> ../../../sdc
lrwxrwxrwx. 1 root root  12 Sep  9 21:48 lun1 -> ../../../sdd
lrwxrwxrwx. 1 root root  13 Sep  9 21:48 lun1-part1 -> ../../../sdd1
lrwxrwxrwx. 1 root root  12 Sep  9 21:54 lun2 -> ../../../sde
lrwxrwxrwx. 1 root root  13 Sep  9 21:54 lun2-part1 -> ../../../sde1

Azure マネージド ディスクの拡張

ダウンタイムなしで拡張する

VM の割り当てを解除することなくマネージド ディスクを拡張できるようになりました。

この機能には次の制限があります。

  • 特定の VM SKU でのみ使用できます。
  • データ ディスクでのみサポートされます。
  • ディスクが 4 TiB 以下の場合、VM の割り当てを解除せずに 4 TiB を超えてディスクを拡張することはできません。 ディスクが既に 4 TiB を超えている場合は、VM の割り当てを解除せずにディスクを拡張できます。
  • Ultra ディスクおよび Premium SSD v2 ディスクではサポートされていません。
  • 共有ディスクではサポートされていません。
  • 次のいずれかをインストールして使います。

次の PowerShell スクリプトを使用して、使用できる VM SKU を特定します。

Connect-AzAccount
$subscriptionId="yourSubID"
$location="desiredRegion"
Set-AzContext -Subscription $subscriptionId
$vmSizes=Get-AzComputeResourceSku -Location $location | where{$_.ResourceType -eq 'virtualMachines'}

foreach($vmSize in $vmSizes){
    foreach($capability in $vmSize.Capabilities)
    {
       if(($capability.Name -eq "EphemeralOSDiskSupported" -and $capability.Value -eq "True") -or ($capability.Name -eq "PremiumIO" -and $capability.Value -eq "True") -or ($capability.Name -eq "HyperVGenerations" -and $capability.Value -match "V2"))
        {
            $vmSize.Name
       }
   }
}

この機能に登録するには、次のコマンドを使用します。

az feature register --namespace Microsoft.Compute --name LiveResize

登録が完了するまでに数分かかることがあります。 登録を確認するには、次のコマンドを使用します。

az feature show --namespace Microsoft.Compute --name LiveResize

Azure Managed Disks の拡張

最新の Azure CLI がインストールされ、az login を使用して Azure アカウントにサインインしていることを確認します。

この記事では、少なくとも 1 つのデータ ディスクが接続され、準備ができている Azure の既存の VM が必要です。 使用できる VM をまだ用意していない場合は、データ ディスク付きの VM の作成と準備に関するページを参照してください。

以下のサンプルでは、myResourceGroupmyVM などのパラメーター名を各自の値に置き換えてください。

重要

LiveResize を有効にし、「ダウンタイムなしで拡張する」の要件をディスクが満たしている場合は、手順 1 と 3 を省略できます。

  1. 仮想ハード ディスクに対する操作は、実行中の VM では実行できません。 az vm deallocate を使用して VM の割り当てを解除します。 次の例では、myResourceGroup という名前のリソース グループ内の myVM という VM の割り当てを解除します。

    az vm deallocate --resource-group myResourceGroup --name myVM
    

    注意

    仮想ハード ディスクを拡張するには、VM の割り当てを解除する必要があります。 az vm stop で VM を停止すると、コンピューティング リソースは解放されません。 コンピューティング リソースを解放するには、az vm deallocate を使用します。

  2. az disk list を使用して、リソース グループに含まれるマネージド ディスクの一覧を表示します。 次の例では、myResourceGroup という名前のリソース グループに含まれるマネージド ディスクの一覧を表示します。

    az disk list \
        --resource-group myResourceGroup \
        --query '[*].{Name:name,Gb:diskSizeGb,Tier:accountType}' \
        --output table
    

    az disk update を使用して、必要なディスクを拡張します。 次の例では、myDataDisk という名前のマネージド ディスクを 200 GB に拡張します。

    az disk update \
        --resource-group myResourceGroup \
        --name myDataDisk \
        --size-gb 200
    

    注意

    マネージド ディスクを拡張すると、更新されたサイズがマネージド ディスクの最も近いサイズに切り上げられます。 マネージド ディスクの利用可能なサイズとレベルの表については、「Azure Managed Disks の概要 - 価格と課金」をご覧ください。

  3. az vm start を使用して VM を起動します。 次の例では、myResourceGroup という名前のリソース グループ内の myVM という VM を起動します。

    az vm start --resource-group myResourceGroup --name myVM
    

ディスク パーティションとファイル システムの拡張

Note

パーティションのサイズ変更を実行するために使用できるツールは多数ありますが、このドキュメントの残りの部分で詳しく説明するツールは、cloud-init などの特定の自動化プロセスで使用されるツールと同じです。 ここで説明されているように、gdisk パッケージの growpart ツールを使用すると、GUID パーティション テーブル (GPT) ディスクとの汎用的な互換性が提供されます。これは、fdisk などの以前のバージョンの一部のツールで GUID がサポートされていなかったためです。

この記事の残りの部分では、OS レベルでボリュームのサイズを増やす手順の例として OS ディスクを使用します。 拡張する必要があるディスクがデータ ディスクの場合は、前のガイダンスを使用してデータ ディスク デバイスを特定し、ガイドラインとして次の手順に従って、必要に応じてデータ ディスク (/dev/sda など)、パーティション番号、ボリューム名、マウント ポイント、ファイル システム形式を置き換えます。

OS ディスクのサイズを増やす

次の手順は、動作保証済み Linux ディストリビューションに適用されます。

Note

続行する前に、VM の完全なバックアップ コピーを作成するか、少なくとも OS ディスクのスナップショットを取得してください。

Ubuntu 16.x 以降では、サイズ変更操作用の空き領域が少しある場合、ルート パーティションとファイルシステムが自動的に拡張され、cloud-init によってルート ディスク上のすべての空き領域が利用されます。 この状況では、シーケンスは単純です

  1. 上記の説明のように OS ディスクのサイズを拡大します
  2. VM を再起動し、root ユーザー アカウントを使用して VM にアクセスします。
  3. OS ディスクに増加したファイル システム サイズが表示されていることを確認します。

次の例に示すように、ポータルから OS ディスクのサイズが 100 GB に変更されています。 / にマウントされた /dev/sda1 ファイル システムには 97 GB と表示されます。

user@ubuntu:~# df -Th
Filesystem     Type      Size  Used Avail Use% Mounted on
udev           devtmpfs  314M     0  314M   0% /dev
tmpfs          tmpfs      65M  2.3M   63M   4% /run
/dev/sda1      ext4       97G  1.8G   95G   2% /
tmpfs          tmpfs     324M     0  324M   0% /dev/shm
tmpfs          tmpfs     5.0M     0  5.0M   0% /run/lock
tmpfs          tmpfs     324M     0  324M   0% /sys/fs/cgroup
/dev/sda15     vfat      105M  3.6M  101M   4% /boot/efi
/dev/sdb1      ext4       20G   44M   19G   1% /mnt
tmpfs          tmpfs      65M     0   65M   0% /run/user/1000
user@ubuntu:~#