仮想ハブ ルーティングの優先順位

Virtual WAN 仮想ハブは、サイト間 (S2S) VPN ゲートウェイ、ExpressRoute (ER) ゲートウェイ、ポイント対サイト (P2S) ゲートウェイ、SD-WAN ネットワーク仮想アプライアンス (NVA) などの接続ゲートウェイを使用して、仮想ネットワーク (VNet) およびオンプレミスに接続します。 仮想ハブ ルーターを使用すると、一元的なルート管理ができ、ルート伝達、ルートの関連付け、カスタム ルート テーブルを使用した高度なルーティング シナリオを実現できます。

仮想ハブ ルーターは、組み込みのルート選択アルゴリズムを使用してルーティングの決定を行います。 仮想ハブ ルーターのルーティング決定をオンプレミスに影響させるために、ハブのルーティングの優先順位 (HRP) と呼ばれる新しい Virtual WAN ハブ機能を利用できるようになりました。 仮想ハブ ルーターが、オンプレミスの宛先ルート プレフィックスに対して S2S VPN、ER、および SD-WAN NVA 接続にわたって複数のルートを学習すると、仮想ハブ ルーターのルート選択アルゴリズムは、ハブのルーティングの優先順位に基づいて適応し、最適なルートを選択します。 手順については、仮想ハブのルーティングの優先順位を構成する方法に関するページを参照してください。

仮想ハブのルート選択アルゴリズム

このセクションでは、HRP によって提供される制御に加えて、仮想ハブのルート選択アルゴリズムについて説明します。 仮想ハブにオンプレミスの宛先プレフィックスへの複数のルートがある場合、最適なルートは、次のような優先順位で選択されます。

  1. 最長プレフィックス一致 (LPM) を使用してルートを選択します。

  2. BGP ルートよりも静的ルートを優先します。

  3. HRP 構成に基づいて最適なパスを選択します。 HRP では 3 つの構成が可能であり、それに応じてルートの優先順位が変更されます。

    • ExpressRoute (これは既定の設定です。)

      1. リモート ハブから学習したルートよりも、ローカルの接続から仮想ハブへのルートを優先します。
      2. ER と S2S VPN の両方の接続からのルートが依然として存在する場合は、以下を参照してください。 それ以外の場合は、次の規則に進みます。
        • それらのルートすべてがハブに対してローカルである場合は、HRP が ER に設定されているため、ER 接続から学習したルートを選択します。
        • それらのルートすべてがリモート ハブを経由している場合は、ER 接続より S2S VPN 接続からのルートを選択します。その理由は、ER 間の転送がサポートされるのは、回線で ER Global Reach が有効になっていて、かつ仮想ハブ内に Azure Firewall または NVA がプロビジョニングされている場合のみであるためです。
      3. 次に、BGP AS-Path の長さが最も短いルートを選択します。
    • VPN

      1. リモート ハブから学習したルートよりも、ローカルの接続から仮想ハブへのルートを優先します。
      2. ER と S2S VPN の両方の接続からのルートが存在する場合は、S2S VPN ルートを選択します。
      3. 次に、BGP AS-Path の長さが最も短いルートを選択します。
    • AS パス

      1. ルート アドバタイズのソースに関係なく、BGP AS-Path の長さが最も短いルートを優先します。 たとえば、S2S VPN または ER 経由で接続されているオンプレミスからルートを学習するかどうかなどは関係しません。
      2. リモート ハブから学習したルートよりも、ローカルの接続から仮想ハブへのルートを優先します。
      3. ER と S2S VPN の両方の接続からのルートが存在する場合は、以下を参照してください。 それ以外の場合は、次の規則に進みます。
        • それらのルートすべてが仮想ハブに対してローカルである場合は、ER 接続からルートを選択します。
        • それらのルートすべてがリモート仮想ハブを経由している場合は、S2S VPN 接続からルートを選択します。

注意する点:

  • Virtual WAN シナリオに複数の仮想ハブがある場合、仮想ハブは上記のルート選択アルゴリズムを使用して最適なルートを選択し、仮想 WAN 内の他の仮想ハブにアドバタイズします。

ルーティングのシナリオ

Virtual WAN ハブのルーティングの優先設定が役立つのは、複数のオンプレミスが同じ宛先プレフィックスにルートをアドバタイズしている場合です。これは、次のいずれかの設定を使用する顧客Virtual WAN シナリオで発生する可能性があります。

  • ER 接続をプライマリとして使用し、VPN 接続をバックアップとして使用している Virtual WAN ハブ。
  • 複数のオンプレミスと顧客への接続がある Virtual WAN で、一方のオンプレミス サイトをアクティブとして、もう一方をスタンバイとして、両方のサイトで同じ IP アドレス範囲を使用してデプロイされたサービスに使用している。
  • Virtual WAN に VPN と ER の両方の接続があり、顧客がオンプレミスからのルートアドバタイズを制御して、複数の接続にサービスを分散している。

以下の例は、前述した複数のシナリオを網羅した仮定の Virtual WAN デプロイです。 これを使用して、仮想ハブによるルート選択を示します。

セットアップの概要:

  • 各オンプレミス サイトは、S2S VPN、ER 回線、または SD-WAN NVA 接続を使用して、1 つ以上の仮想ハブ (Hub_1 または Hub_2) に接続されています。

  • オンプレミス サイトごとに、使用される ASN とアドバタイズされるルート プレフィックスが図に一覧表示されています。 複数のルート プレフィックスに対して複数のルートがあることに注意してください。

    ハブ ルート優先シナリオの図の例。

たとえば、Hub_1 に接続されている仮想ネットワーク VNET1 から、オンプレミスによってアドバタイズされるさまざまな宛先ルート プレフィックスへのフローが複数あるとします。 Hub_1 と Hub_2 における Virtual WAN ハブのルーティングの優先順位の異なる構成によって、これらの各フローで選択されるパスを以下の各表に示します。 理解しやすくするために、パスは図でラベル付けされ、以下の各表で参照されています。

ローカル ルートのみが使用できる場合:

フローの宛先ルート プレフィックス Hub_1 の HRP Hub_2 の HRP フローで使用されるパス 使用可能なすべてのパス 説明
10.61.1.5 AS パス 任意の設定 4 1,2,3,4 パス 1 と 4 は最短の AS パスですが、ローカル ルートの場合は ER が VPN よりも優先されるため、パス 4 が選択されます。
10.61.1.5 VPN 任意の設定 1 1,2,3,4 HRP 設定により VPN ルートが ER よりも優先されるため、パス 1 と 2 が優先されますが、パス 1 の方が短い AS パスです。
10.61.1.5 ER 任意の設定 4 1,2,3,4 ER ルート 3 と 4 が優先されますが、パス 4 の方が短い AS パスです。

リモート ルートのみが使用できる場合:

フローの宛先ルート プレフィックス Hub_1 の HRP Hub_2 の HRP フローで使用されるパス 使用可能なすべてのパス 説明
10.62.1.5 任意の設定 AS パスまたは ER 9 と 10 での ECMP 7、8、9、10、11 使用可能なすべてのパスはリモートであり、AS パスが等しいので、ER パス 9 と 10 が選択され、Hub_2 によってアドバタイズされます。 Hub_1の HRP 設定は影響しません。
10.62.1.5 任意の設定 VPN 7 と 8 での ECMP 7、8、9、10、11 Hub_2 は、最適なルート 7 と 8 のみをアドバタイズし、それらが Hub_1 の唯一の選択肢であるため、Hub_1の HRP 設定は影響しません。

ローカルとリモートのルートが使用できる場合:

フローの宛先ルート プレフィックス Hub_1 の HRP Hub_2 の HRP フローで使用されるパス 使用可能なすべてのパス 説明
10.50.2.5 任意の設定 任意の設定 1 1、2、3、4、7、8、9、10、11 Hub_2 は、LPM により、7 のみをアドバタイズします。 Hub_1 は、LPM とローカル ルートであることにより、1 を選択します。
10.50.1.5 AS パスまたは ER 任意の設定 4 1、2、3、4、7、8、9、10、11 Hub_2 は HRP 設定に基づいて異なるルートをアドバタイズしますが、Hub_1 は、ローカルであるという理由から 4 (AS パスが最も短い ER ルート) を選択します。
10.50.1.5 VPN 任意の設定 1 1、2、3、4、7、8、9、10、11 Hub_2 は HRP 設定に基づいて異なるルートをアドバタイズしますが、Hub_1 は、ローカルであるという理由から 1 (AS パスが最も短い VPN ルート) を選択します。
10.55.2.5 AS パス AS パスまたは ER 9 2、3、8、9 8 と 9 には同じ AS パスが含まれますが、9 は ER ルートであるため、Hub_2 は 9 のみをアドバタイズします。 Hub_1 では、2、3、9 のルートのうち、AS パスが最も短いという理由から 9 を選択します。
10.55.2.5 AS パス VPN 8 2、3、8、9 8 と 9 には同じ AS パスが含まれますが、8 は VPN ルートであるため、Hub_2 は 8 のみをアドバタイズします。 Hub_1 では、2、3、8 のルートのうち、AS パスが最も短いという理由から 8 を選択します。
10.55.2.5 ER 任意の設定 3 2、3、8、9 Hub_2 は HRP 設定に基づいて異なるルートをアドバタイズしますが、Hub_1 は、ローカルであることと ER により、3 を選択します。
10.55.2.5 VPN 任意の設定 2 2、3、8、9 Hub_2 は HRP 設定に基づいて異なるルートをアドバタイズしますが、Hub_1 は、ローカルであることと VPN により、2 を選択します。

重要なポイント:

  • 仮想ハブ上のローカル ルートよりもリモート ルートを優先するには、ハブのルーティングの優先順位を AS パスに設定し、ローカル ルートの AS パスの長さを増やします。

次のステップ