Share via


チュートリアル: Azure portal でサイト間 VPN 接続を作成する

このチュートリアルでは、Azure portal を使用して、オンプレミス ネットワークと仮想ネットワークの間のサイト間 (S2S) VPN ゲートウェイ接続を作成します。 この構成は、Azure PowerShell または Azure CLI を使って作成することもできます。

クロスプレミスのサイト間 VPN Gateway 接続の図。

このチュートリアルでは、次の作業を行いました。

  • 仮想ネットワークを作成します。
  • VPN ゲートウェイを作成します。
  • ローカル ネットワーク ゲートウェイを作成します。
  • VPN 接続を作成する。
  • 接続を確認します。
  • 仮想マシンに接続する。

前提条件

  • アクティブなサブスクリプションを含む Azure アカウントが必要です。 アカウントがない場合は、ここで無料で作成できます。
  • 互換性のある VPN デバイスがあり、それを構成できる人員がいることを確認します。 互換性のある VPN デバイスとデバイスの構成について詳しくは、VPN デバイスの概要に関する記事をご覧ください。
  • VPN デバイスの外部接続用パブリック IPv4 アドレスがあることを確認します。
  • オンプレミス ネットワーク構成に含まれている IP アドレス範囲になじみがない場合は、それらの詳細を提供できる担当者と連携する必要があります。 この構成を作成する場合は、Azure がオンプレミスの場所にルーティングする IP アドレス範囲のプレフィックスを指定する必要があります。 オンプレミス ネットワークのサブネットと接続先の仮想ネットワーク サブネットが重複しないようにしなければなりません。

仮想ネットワークの作成

このセクションでは、次の値を使って仮想ネットワークを作成します。

  • [リソース グループ] :TestRG1
  • [名前]: VNet1
  • [リージョン]: (米国) 米国東部
  • IPv4 アドレス空間: 10.1.0.0/16
  • サブネット名: FrontEnd
  • サブネット アドレス空間: 10.1.0.0/24

Note

クロスプレミス アーキテクチャの一部として仮想ネットワークを使う場合は、必ずオンプレミスのネットワーク管理者と調整を行って、この仮想ネットワーク専用に使用できる IP アドレスの範囲を見つけます。 VPN 接続の両側に重複するアドレス範囲が存在する場合、予期しない方法でトラフィックがルーティングされます。 また、この仮想ネットワークを別の仮想ネットワークに接続する場合、アドレス空間を別の仮想ネットワークと重複させることはできません。 この点を踏まえてネットワーク構成を計画してください。

  1. Azure portal にサインインします。

  2. ポータル ページの上部にある [リソース、サービス、ドキュメントの検索 (G+/)] に「仮想ネットワーク」と入力します。 Marketplace の検索結果から [仮想ネットワーク] を選び、[仮想ネットワーク] ページを開きます。

  3. [仮想ネットワーク] ページの [作成] を選び、[仮想ネットワークの作成] ページを開きます。

  4. [基本] タブの [プロジェクトの詳細][インスタンスの詳細] に仮想ネットワークの設定を構成します。 入力した値が検証された場合は、緑色のチェック マークが表示されます。 この例に示されている値は、必要な設定に従って調整できます。

    [基本] タブを示すスクリーンショット。

    • サブスクリプション:一覧表示されているサブスクリプションが正しいことを確認します。 ドロップダウン ボックスを使ってサブスクリプションを変更できます。
    • リソース グループ: 既存のリソース グループを選ぶか、[新規作成] を選んで新しく作成します。 リソース グループの詳細については、「Azure Resource Manager の概要」を参照してください。
    • Name:仮想ネットワークの名前を入力します。
    • リージョン: 仮想ネットワークの場所を選びます。 この場所によって、この仮想ネットワークにデプロイするリソースが存在する場所が決まります。
  5. [次へ] または [セキュリティ] を選んで、[セキュリティ] タブに移動します。この演習では、このページのすべてのサービスについて既定値のままにします。

  6. [IP アドレス] を選んで、[IP アドレス] タブに移動します。[IP アドレス] タブで設定を構成します。

    • IPv4 アドレス空間: 既定では、アドレス空間が自動的に作成されます。 アドレス空間を選択して、独自の値が反映されるように調整できます。 別のアドレス空間を追加し、自動的に作成された既定値を削除することもできます。 たとえば、開始アドレスを 10.1.0.0 に指定し、アドレス空間のサイズを /16 に指定します。 次に [追加] を選んでそのアドレス空間を追加します。

    • + サブネットの追加: 既定のアドレス空間を使用すると、既定のサブネットが自動的に作成されます。 アドレス空間を変更する場合は、そのアドレス空間内に新しいサブネットを追加します。 [+ サブネットの追加] を選択して、 [サブネットの追加] ウィンドウを開きます。 次の設定を構成し、ページの下部にある [追加] を選んで値を追加します。

      • サブネット名: たとえば FrontEnd です。
      • [サブネットのアドレス範囲] : このサブネットのアドレス範囲です。 たとえば、10.1.0.0/24 です。
  7. [IP アドレス] ページを確認し、不要なアドレス空間またはサブネットを削除します。

  8. [確認と作成] を選択して、仮想ネットワークの設定を検証します。

  9. 設定が検証されたら、[作成] を選んで仮想ネットワークを作成します。

仮想ネットワークを作成した後、必要に応じて Azure DDoS Protection を構成できます。 Azure DDoS Protection は新規または既存の仮想ネットワークで簡単に有効にでき、アプリケーションやリソースの変更は必要ありません。 Azure DDoS Protection について詳しくは、「Azure DDoS Protection とは何か?」をご覧ください。

ゲートウェイ サブネットの作成

仮想ネットワーク ゲートウェイには、GatewaySubnet という特定のサブネットが必要です。 ゲートウェイ サブネットは、仮想ネットワークの IP アドレス範囲の一部であり、仮想ネットワーク ゲートウェイのリソースとサービスが使う IP アドレスが含まれています。

ゲートウェイ サブネットを作成するときに、サブネットに含まれる IP アドレスの数を指定します。 必要な IP アドレスの数は、作成する VPN ゲートウェイの構成によって異なります。 一部の構成では、他の構成よりも多くの IP アドレスを割り当てる必要があります。 ゲートウェイ サブネットには、/27 以上 (/26、/25 など) を指定することをお勧めします。

アドレス空間がサブネットと重複していることを示すエラーや、ご使用の仮想ネットワークのアドレス空間内にサブネットが存在しないことを示すエラーが表示された場合は、仮想ネットワークのアドレス範囲をチェックしてください。 仮想ネットワーク用に作成したアドレス範囲から、十分な IP アドレスを確保できない場合があります。 たとえば、既定のサブネットがアドレス範囲全体にわたる場合、新たに別のサブネットを作成するだけの IP アドレスは残っていません。 既存のアドレス空間内のサブネットを調整して IP アドレスを解放するか、または別のアドレス範囲を指定して、そこにゲートウェイ サブネットを作成してください。

  1. 仮想ネットワークのページの左側のペインで、[サブネット] を選んで [サブネット] ページを開きます。
  2. ページの上部にある [+ ゲートウェイ サブネット] を選んで、[サブネットの追加] ペインを開きます。
  3. 名前には「GatewaySubnet」が自動的に入力されます。 必要に応じて、IP アドレス範囲の値を調整します。 たとえば、10.1.255.0/27 などとします。
  4. ページの他の値は調整しないでください。 ページ下部の [保存] を選んでサブネットを保存します。

VPN ゲートウェイの作成

このステップでは、仮想ネットワーク用の仮想ネットワーク ゲートウェイを作成します。 選択したゲートウェイ SKU によっては、ゲートウェイの作成に 45 分以上かかる場合も少なくありません。

ゲートウェイを作成する

次の値を使って仮想ネットワーク ゲートウェイ (VPN ゲートウェイ) を作成します。

  • Name:VNet1GW
  • リージョン: 米国東部
  • [ゲートウェイの種類] : VPN
  • SKU: VpnGw2
  • 世代: 第 2 世代
  • 仮想ネットワーク: VNet1
  • [ゲートウェイ サブネットのアドレス範囲] : 10.1.255.0/27
  • [パブリック IP アドレス] : 新規作成
  • パブリック IP アドレス名:VNet1GWpip
  • アクティブ/アクティブ モードの有効化: 無効
  • BGP の構成: 無効
  1. [リソース、サービス、ドキュメントの検索 (G+/)] に「仮想ネットワーク ゲートウェイ」と入力します。 Marketplace の検索結果で [仮想ネットワーク ゲートウェイ] を見つけて選び、[仮想ネットワーク ゲートウェイの作成] ページを開きます。

  2. [基本] タブで、 [プロジェクトの詳細][インスタンスの詳細] の各値を入力します。

    [インスタンス] フィールドを示すスクリーンショット。

    • サブスクリプション: 使うサブスクリプションをドロップダウン リストから選びます。

    • リソース グループ: この設定は、このページで仮想ネットワークを選ぶと自動入力されます。

    • Name:ゲートウェイに名前を付けます。 ゲートウェイの名前付けは、ゲートウェイ サブネットの名前付けと同じではありません。 作成するゲートウェイ オブジェクトの名前です。

    • リージョン: このリソースを作成するリージョンを選択します。 ゲートウェイのリージョンは、仮想ネットワークと同じである必要があります。

    • ゲートウェイの種類: [VPN] を選択します。 VPN Gateway では、仮想ネットワーク ゲートウェイの種類として VPN を使用します。

    • SKU: 使う機能をサポートするゲートウェイ SKU をドロップダウン リストから選びます。 ゲートウェイ SKU を参照してください。 ポータルのドロップダウン リストで使用できる SKU は、選んだ VPN type によって変わります。 Basic SKU は、Azure CLI または PowerShell を使用してのみ構成できます。 Azure portal で Basic SKU を構成することはできません。

    • 世代: 使用する世代を選択します。 Generation2 SKU を使用することをお勧めします。 詳細については、「ゲートウェイの SKU」を参照してください。

    • 仮想ネットワーク: ドロップダウン リストから、このゲートウェイの追加先の仮想ネットワークを選びます。 ゲートウェイを作成する仮想ネットワークが表示されない場合は、前の設定で正しいサブスクリプションとリージョンを選んでいることを確認します。

    • ゲートウェイ サブネットのアドレス範囲またはサブネット: VPN ゲートウェイを作成するには、ゲートウェイ サブネットが必要です。

      現時点では、このフィールドには、仮想ネットワークのアドレス空間と、仮想ネットワークの GatewaySubnet という名前のサブネットが既に作成されているかどうかに応じて、さまざまな設定オプションを表示できます。

      ゲートウェイ サブネットがない場合、"かつ" このページに作成するオプションが表示されない場合は、仮想ネットワークに戻ってゲートウェイ サブネットを作成します。 次に、このページに戻って、VPN ゲートウェイを構成します。

  1. [パブリック IP アドレス] の値を指定します。 これらの設定では、VPN ゲートウェイに関連付けられるパブリック IP アドレス オブジェクトを指定します。 パブリック IP アドレスは、VPN ゲートウェイの作成時に、このオブジェクトに割り当てられます。 プライマリ パブリック IP アドレスが変わるのは、ゲートウェイが削除され、再度作成されたときのみです。 VPN ゲートウェイのサイズ変更、リセット、その他の内部メンテナンス/アップグレードでは、IP アドレスは変わりません。

    [パブリック IP アドレス] フィールドを示すスクリーンショット。

    • パブリック IP アドレスの種類: このオプションが表示されている場合は、[Standard] を選択します。 Basic パブリック IP アドレス SKU は、Basic SKU VPN ゲートウェイでのみサポートされます。
    • パブリック IP アドレス : [新規作成] を選択しておいてください。
    • パブリック IP アドレス名: このテキスト ボックスに、パブリック IP アドレス インスタンスの名前を入力します。
    • パブリック IP アドレス SKU: 設定が自動的に選択されます。
    • 割り当て: 通常、割り当ては自動的に選択されます。 Standard SKU の場合、割り当ては常に静的です。
    • [アクティブ/アクティブ モードの有効化]: [無効] を選びます。 アクティブ/アクティブ ゲートウェイ構成を作成する場合にのみ、この設定を有効にします。
    • [BGP の構成]: 構成で特に必要ない限り、[無効] を選びます。 この設定が必要である場合、既定の ASN は 65515 です。ただし、この値は変わる場合があります。
  2. [確認と作成] を選択して検証を実行します。

  3. 検証に合格したら、[作成] を選んで VPN ゲートウェイをデプロイします。

デプロイの状態は、ゲートウェイの [概要] ページで確認できます。 ゲートウェイを完全に作成してデプロイするには最大で 45 分かかることがあります。 ゲートウェイの作成後は、ポータルで仮想ネットワークを調べて、ゲートウェイに割り当てられた IP アドレスを確認できます。 ゲートウェイは、接続されたデバイスとして表示されます。

重要

ゲートウェイ サブネット上のネットワーク セキュリティ グループ (NSG) はサポートされていません。 ネットワーク セキュリティ グループをこのサブネットに関連付けると、仮想ネットワーク ゲートウェイ (VPN と ExpressRoute ゲートウェイ) が想定どおりに機能しなくなる可能性があります。 ネットワーク セキュリティ グループの詳細については、ネットワーク セキュリティ グループの概要に関するページを参照してください。

パブリック IP アドレスの表示

ゲートウェイのパブリック IP アドレスは、ご利用のゲートウェイの [概要] ページで確認できます。

パブリック IP アドレスを示すスクリーンショット。

パブリック IP アドレス オブジェクトに関する情報をさらに表示するには、[パブリック IP アドレス] の横にある名前または IP アドレスのリンクを選びます。

ローカル ネットワーク ゲートウェイの作成

ローカル ネットワーク ゲートウェイは、ルーティング目的でオンプレミスの場所 (サイト) を表す、特定のオブジェクトです。 サイトに Azure が参照できる名前を付けてから、接続を作成するオンプレミス VPN デバイスの IP アドレスを指定します。 また、VPN ゲートウェイ経由で VPN デバイスにルーティングされる IP アドレスのプレフィックスも指定します。 指定するアドレスのプレフィックスは、オンプレミス ネットワークのプレフィックスです。 オンプレミスのネットワークが変更された場合、または VPN デバイスのパブリック IP アドレスを変更する必要がある場合、これらの値を後で簡単に更新できます。

Note

ローカル ネットワーク ゲートウェイ オブジェクトは、オンプレミスの場所ではなく、Azure にデプロイされます。

次の値を使って、ローカル ネットワーク ゲートウェイを作成します。

  • [名前]: Site1
  • [リソース グループ]: TestRG1
  • [場所] :米国東部
  1. Azure portal で、[ソース、サービス、ドキュメントの検索 (G+/)] に「ローカル ネットワーク ゲートウェイ」と入力します。 検索結果の [Marketplace] の下にある [ローカル ネットワーク ゲートウェイ] を見つけて選択し、[ローカル ネットワーク ゲートウェイの作成] ページを開きます。

  2. [ローカル ネットワーク ゲートウェイの作成] ページの [基本] タブで、ローカル ネットワーク ゲートウェイの値を指定します。

    IP アドレスを使用したローカル ネットワーク ゲートウェイの作成を示すスクリーンショット。

    • サブスクリプション:正しいサブスクリプションが表示されていることを確認します。
    • [リソース グループ]: 使用するリソース グループを選択します。 新しいリソース グループを作成することも、作成済みのリソース グループを選択することもできます。
    • リージョン: このオブジェクトを作成するリージョンを選択します。 仮想ネットワークが存在する場所と同じ場所を選択できますが、必ずしもそうする必要はありません。
    • [名前]: ローカル ネットワーク ゲートウェイ オブジェクトの名前を指定します。
    • [エンドポイント]: オンプレミス VPN デバイスのエンドポイントの種類として、[IP アドレス]または [FQDN] (完全修飾ドメイン名) を選びます。
      • [IP アドレス]: インターネット サービス プロバイダー (ISP) から割り当てられた VPN デバイスの静的パブリック IP アドレスがある場合は、IP アドレス オプションを選択します。 例に示されているように IP アドレスを入力します。 このアドレスは、Azure VPN Gateway の接続先となる VPN デバイスのパブリック IP アドレスです。 この時点で IP アドレスを持っていない場合は、例に示されている値を使用できます。 後で、この手順に戻り、プレースホルダーの IP アドレスを VPN デバイスのパブリック IP アドレスに置き換える必要があります。 そうしなければ、Azure は接続できません。
      • [FQDN]: 一定期間が過ぎると変わる可能性がある動的パブリック IP アドレス (多くの場合、ISP によって決定されます) の場合は、動的 DNS サービスで DNS 定数名を使用して、VPN デバイスの現在のパブリック IP アドレスを指定することができます。 Azure VPN ゲートウェイは、FQDN を解決して接続先のパブリック IP アドレスを決定します。
    • [アドレス空間] は、このローカル ネットワークが表すネットワークのアドレス範囲を指します。 複数のアドレス領域の範囲を追加することができます。 ここで指定した範囲が、接続先となる他のネットワークの範囲と重複しないようにしてください。 指定したアドレス範囲が、Azure によってオンプレミスの VPN デバイスの IP アドレスにルーティングされます。 "オンプレミスのサイトに接続する場合、例に示されている値を使用せず、ここで独自の値を使用します"。

    Note

    • Azure VPN Gateway では、FQDN ごとに 1 つの IPv4 アドレスのみがサポートされます。 ドメイン名が複数の IP アドレスに解決される場合、VPN Gateway では DNS サーバーから最初に返された IP アドレスが使用されます。 不確実性を解消するために、FQDN を常に単一の IPv4 アドレスに解決することをお勧めします。 IPv6 はサポートされていません。
    • VPN Gateway には、5 分おきに更新される DNS キャッシュがあります。 ゲートウェイによって FQDN の解決が試行されるのは、切断されたトンネルの場合のみです。 ゲートウェイをリセットすると、FQDN 解決もトリガーされます。
    • Azure VPN Gateway では、異なる FQDN を持つ異なるローカル ネットワーク ゲートウェイへの複数の接続がサポートされていますが、すべての FQDN は異なる IP アドレスに解決する必要があります。
  3. [詳細設定] タブでは、必要に応じて BGP 設定を構成できます。

  4. 値の指定が完了したら、ページの下部にある [確認と作成] を選択して、ページを検証します。

  5. [作成] を選択して、ローカル ネットワーク ゲートウェイ オブジェクトを作成します。

VPN デバイスの構成

オンプレミス ネットワークとのサイト間接続には VPN デバイスが必要です。 この手順では、VPN デバイスを構成します。 VPN デバイスを構成するときは、次の値が必要です。

  • [共有キー]: この共有キーは、サイト間 VPN 接続を作成するときに指定するものと同じです。 ここで紹介している例では、ごく単純な共有キーを使用しています。 実際には、もっと複雑なキーを生成して使用することをお勧めします。
  • [Public IP address of your virtual network gateway] (仮想ネットワーク ゲートウェイのパブリック IP アドレス): パブリック IP アドレスは、Azure portal、PowerShell、または Azure CLI を使って確認できます。 Azure portal を使って VPN ゲートウェイのパブリック IP アドレスを調べるには、[仮想ネットワーク ゲートウェイ] に移動し、該当するゲートウェイの名前を選びます。

ご利用の VPN デバイスによっては、VPN デバイス構成スクリプトをダウンロードできる場合があります。 詳細については、VPN デバイス構成スクリプトのダウンロードに関するページを参照してください。

構成の詳細については、次のリンクを参照してください。

VPN 接続を作成する

仮想ネットワーク ゲートウェイとオンプレミス VPN デバイスとの間にサイト間 VPN 接続を作成します。

次の値を使って接続を作成します。

  • ローカル ネットワーク ゲートウェイ名: Site1
  • 接続名: VNet1toSite1
  • [共有キー]: この例では、abc123 を使います。 ただし、お使いの VPN ハードウェアと互換性があれば何を使ってもかまいません。 重要なことは、接続の両側で値が一致していることです。
  1. 仮想ネットワークに移動します。 仮想ネットワーク ページの左側ウィンドウにある [接続されているデバイス] を選択します。 お使いの VPN ゲートウェイを見つけ、選択して開きます。

  2. ゲートウェイのページで、 [接続] を選択します。

  3. [接続] ページの上部で、[+ 追加] を選択して [接続の作成] ページを開きます。

    [基本] ページを示すスクリーンショット。

  4. [接続の作成] ページの [基本] タブで、接続の値を構成します。

    • [プロジェクトの詳細] では、サブスクリプションと、リソースが配置されているリソース グループを選択します。

    • [インスタンスの詳細] で、次の設定を構成します。

      • [接続の種類] : [サイト対サイト (IPsec)] を選択します。
      • [名前]: 接続に名前を付けます。
      • 地域: この接続のリージョンを選択します。
  5. [設定] タブを選択して、次の値を構成します。

    [設定] ページを示すスクリーンショット。

    • [仮想ネットワーク ゲートウェイ]: ドロップダウン リストから仮想ネットワーク ゲートウェイを選びます。
    • [ローカル ネットワーク ゲートウェイ]: ドロップダウン リストからローカル ネットワーク ゲートウェイを選びます。
    • [共有キー]: この値は、ローカル環境のオンプレミス VPN デバイスに使っている値と一致している必要があります。 このフィールドがポータル ページに表示されない場合、または後でこのキーを更新する場合は、接続オブジェクトが作成されたらこれを行うことができます。 作成した接続オブジェクト (例: VNet1toSite1) に移動し、認証 ページでキーを更新します。
    • [IKE プロトコル]: [IKEv2] を選びます。
    • [Azure プライベート IP アドレスを使用する]: オンにしないでください。
    • [BGP を有効にする]: オンにしないでください。
    • [FastPath]: オンにしないでください。
    • [IPsec/IKE ポリシー]:[既定] を選びます。
    • [ポリシー ベースのトラフィック セレクターを使用する]: [無効] を選びます。
    • [DPD タイムアウト (秒)]: [45] を選びます。
    • [接続モード]: [既定] を選択します。 この設定は、接続を開始できるゲートウェイを指定するために使われます。 詳細については、VPN Gateway 設定に関するページの「接続モード」 を参照してください。
  6. [NAT 規則の関連付け] では、[イングレス][エグレス] の両方を 0 が選択されたままにします。

  7. [確認および作成] を選択して接続設定を検証します。

  8. [作成] を選択して接続を作成します。

  9. デプロイが完了したら、仮想ネットワーク ゲートウェイの [接続] ページで接続を表示できます。 状態は、[不明] から [接続中] に変わり、その後 [成功] に変わります。

その他の接続設定を構成する (省略可能)

必要な場合は、接続の設定をさらに構成できます。 そうでない場合はこのセクションをスキップし、既定値をそのままの位置にしておきます。 詳細については、「カスタム IPsec/IKE 接続ポリシーを構成する」を参照してください。

  1. 仮想ネットワーク ゲートウェイに移動し、[接続] を選んで [接続] ページを開きます。

  2. 構成する接続 の名前を選択し、[接続] ページを開きます。

  3. [接続] ページの左側で、[構成] を選んで [構成] ページを開きます。 必要な変更を行ってから、[保存] を選びます。

    次のスクリーンショットでは、ポータルで使用できる構成設定を確認できるように、設定が有効になっています。 スクリーンショットを選ぶと、展開したビューが表示されます。 接続を構成するときには、必要な設定のみを構成してください。 それ以外の場合は、既定の設定の位置のままにします。

    [接続] ページの接続設定を示すスクリーンショット。

    [接続] ページを示すスクリーンショット。接続設定が増えています。

VPN 接続の確認

Azure portal で、接続に移動することで、VPN ゲートウェイの接続の状態を確認できます。 次の手順は、接続に移動して確認する 1 つの方法を示しています。

  1. Azure portal メニューで、[すべてのリソース] を選択するか、任意のページから [すべてのリソース] を検索して選択します。
  2. お使いの仮想ネットワーク ゲートウェイを選択します。
  3. 仮想ネットワーク ゲートウェイのペインで、[接続] を選択します。 各接続の状態が確認できます。
  4. 確認する接続の名前を選択すると、[要点] が開きます。 [要点] ペインで、接続に関する詳細情報を確認できます。 接続に成功すると、状態が [成功] と [接続済み] になります。

仮想マシンへの接続

VM へのリモート デスクトップ接続を作成すると、仮想ネットワークにデプロイされている VM に接続できます。 VM に接続できるかどうかを初めて確認する際に最も良い方法は、その VM のコンピューター名ではなく、プライベート IP アドレスを使って接続してみることです。 この方法であれば、名前の解決が適切に構成されているかではなく、VM に接続できるかどうかをテストすることができます。

  1. プライベート IP アドレスを特定します。 VM のプライベート IP アドレスは、Azure portal で VM のプロパティを表示するか、PowerShell を使うと確認できます。

    • Azure portal: Azure portal で VM を見つけます。 VM のプロパティを表示すると、 プライベート IP アドレスが表示されます。

    • PowerShell: この例を使って、リソース グループの VM とプライベート IP アドレスの一覧を表示します。 このコマンドは、使用前に変更を加える必要はありません。

      $VMs = Get-AzVM
      $Nics = Get-AzNetworkInterface | Where-Object VirtualMachine -ne $null
      
      foreach ($Nic in $Nics) {
      $VM = $VMs | Where-Object -Property Id -eq $Nic.VirtualMachine.Id
      $Prv = $Nic.IpConfigurations | Select-Object -ExpandProperty PrivateIpAddress
      $Alloc = $Nic.IpConfigurations | Select-Object -ExpandProperty PrivateIpAllocationMethod
      Write-Output "$($VM.Name): $Prv,$Alloc"
      }
      
  2. 仮想ネットワークに接続されていることを確認します。

  3. タスク バーの検索ボックスに「RDP」または「リモート デスクトップ接続」と入力して、リモート デスクトップ接続を開きます。 次に、[リモート デスクトップ接続] を選びます。 このほか、PowerShell で mstsc コマンドを使ってリモート デスクトップ接続を開くこともできます。

  4. リモート デスクトップ接続で、VM のプライベート IP アドレスを入力します。 [オプションの表示] を選んでその他の設定を調整してから、接続できます。

VPN 接続を使って VM に接続する際に問題が発生した場合には、次の点を確認してください。

  • VPN 接続が成功したことを確認します。
  • VM のプライベート IP アドレスに接続していることを確認します。
  • プライベート IP アドレスを使って VM に接続できるものの、コンピューター名では接続できない場合には、DNS が正しく構成されているかどうかを確認します。 VM の名前解決のしくみについては、VM の名前解決に関するページを参照してください。

詳細については、VM に対するリモート デスクトップ接続のトラブルシューティングに関するページを参照してください。

省略可能な手順

このセクションでは、ユーザーが使用できるオプションについて説明します。

ゲートウェイの SKU のサイズ変更

ゲートウェイの SKU のサイズ変更と変更には、それぞれに固有のルールがあります。 このセクションでは、SKU のサイズを変更します。 詳細については、ゲートウェイ SKU のサイズ変更または変更に関するページを参照してください。

  1. 仮想ネットワーク ゲートウェイの [構成] ページに移動します。

  2. ページの右側にあるドロップダウン矢印を選んで、使用できる SKU の一覧を表示します。

    この一覧には、現在の SKU のサイズ変更に使用できる SKU のみが含まれていることに注意してください。 使用する SKU が表示されない場合は、サイズ変更の代わりに、新しい SKU に変更する必要があります。

    ゲートウェイのサイズ変更方法を示すスクリーンショット。

  3. ドロップダウン リストから SKU を選びます。

ゲートウェイをリセットする

Azure VPN ゲートウェイをリセットすることは、1 つ以上のサイト間 VPN トンネルのクロスプレミス VPN 接続が失われた場合に役立ちます。 この状況では、オンプレミスの VPN デバイスがすべて正しく機能していますが、Azure VPN ゲートウェイとの インターネット プロトコル セキュリティトンネルを確立することができません。

  1. ポータルで、リセットする仮想ネットワーク ゲートウェイにアクセスします。
  2. 仮想ネットワーク ゲートウェイページの左のペインで、リセットまでスクロール ダウンします。
  3. [リセット] ページで、[リセット] を選択します。 このコマンドを実行すると、現在アクティブな Azure VPN Gateway のインスタンスが直ちに再起動されます。 ゲートウェイをリセットすると、VPN 接続にギャップが発生し、問題の将来の根本原因分析が制限されるおそれがあります。

もう 1 つの接続を追加する

同じ VPN ゲートウェイから複数のオンプレミス サイトへの接続を作成できます。 複数の接続を構成する場合、アドレス空間をどの接続間でも重複させることはできません。

  1. 別の接続を追加するには、VPN ゲートウェイに移動し、[接続] を選んで [接続] ページを開きます。
  2. [+ 追加] を選んで接続を追加します。 ネットワーク間 (別の仮想ネットワーク ゲートウェイに接続する場合) またはサイト間を反映するように接続の種類を調整します。
  3. サイト間を使って接続していて、接続先のサイトのローカル ネットワーク ゲートウェイをまだ作成していない場合は、新しいものを作成できます。
  4. 使用する共有キーを指定し、[OK] を選んで接続を作成します。

接続共有キーを更新する

接続に別の共有キーを指定できます。 ポータルで、[接続] に移動します。 [認証] ページで共有キーを変更します。

その他の構成に関する考慮事項

サイト間の構成は、さまざまな方法でカスタマイズできます。 詳細については、次の記事をご覧ください。

リソースをクリーンアップする

今後このアプリケーションを使わない場合、または次のチュートリアルに進む場合は、これらのリソースを削除してください。

  1. ポータルの上部にある検索ボックスに、お使いのリソース グループの名前を入力し、検索結果からそれを選択します。
  2. [リソース グループの削除] を選択します。
  3. [リソース グループ名を入力してください] に、お使いのリソース グループを入力し、 [削除] を選択します。

次のステップ

サイト間接続を構成した後は、同じゲートウェイにポイント対サイト接続を追加できます。