Share via


VPN ゲートウェイ接続の確認

この記事では、クラシック デプロイ モデルと Resource Manager デプロイ モデルの両方での VPN ゲートウェイ接続を確認する方法について説明します。

Azure portal

Azure portal で、接続に移動することで、VPN ゲートウェイの接続の状態を確認できます。 以下に示した手順は、目的の接続に移動して接続を確認する方法の一例です。

  1. Azure portal で仮想ネットワーク ゲートウェイに移動します。
  2. 仮想ネットワーク ゲートウェイのページで、[接続] をクリックします。 各接続の状態が確認できます。
  3. 確認する接続の名前をクリックします。 [基本] で、接続の詳しい情報を確認できます。 接続に成功していれば、 [状態] が "成功" と "接続済み" になります。

PowerShell

"Get-AzVirtualNetworkGatewayConnection" コマンドレットを使用して、接続が成功したことを確認できます。"-Debug" は指定しても指定しなくてもかまいません。

  1. 次のコマンドレットを使用します。値は実際の値に置き換えてください。 プロンプトが表示されたら、"A" を選択して "すべて" (All) を実行します。 この例では、テストする接続の名前が "-Name" で示されています。

    Get-AzVirtualNetworkGatewayConnection -Name VNet1toSite1 -ResourceGroupName TestRG1
    
  2. コマンドレットの実行後、値を確認します。 以下の例では、接続状態は "Connected" と表示され、受信バイトと送信バイトを確認できます。

    "connectionStatus": "Connected",
    "ingressBytesTransferred": 33509044,
    "egressBytesTransferred": 4142431
    

Azure CLI

接続に成功したことを確認するには、az network vpn-connection show コマンドを使用します。 この例では、"--name" はテストする接続の名前を示しています。 接続が確立中の場合は、接続状態は "Connecting" と表示されます。 接続が確立されると、状態は "Connected" に変更されます。 環境の値を使用して次の例を変更します。

az network vpn-connection show --name <connection-name> --resource-group <resource-group-name>

Azure Portal (クラシック)

Azure Portal で目的の接続に移動することで、クラシック VNet VPN ゲートウェイの接続の状態を確認できます。 以下に示した手順は、目的の接続に移動して接続を確認する方法の一例です。

  1. Azure portal でクラシック仮想ネットワーク (VNet) に移動します。
  2. [仮想ネットワーク] ページで、表示する接続の種類をクリックします。 たとえば [サイト間接続] です。
  3. [サイト間接続] ページで、 [名前] から、表示するサイト接続を選択します。
  4. [プロパティ] ページで、接続に関する情報を確認します。

PowerShell (クラシック)

PowerShell を使用してクラシック デプロイ モデルでの VPN ゲートウェイ接続を確認するには、Azure PowerShell コマンドレットの最新バージョンをインストールします。 Service Management モジュールをダウンロードし、インストールしてください。 'Add-AzureAccount' を使用して、クラシック デプロイ モデルにログインします。

接続が成功したことを確認するには、"Get-AzureVNetConnection" コマンドレットを使用します。

  1. 次のコマンドレットを使用します。値は実際の値に置き換えてください。 仮想ネットワークの名前にスペースが含まれる場合は、名前を引用符で囲む必要があります。

    Get-AzureVNetConnection "Group ClassicRG TestVNet1"
    
  2. コマンドレットの実行後、値を確認します。 以下の例では、接続状態は "Connected" と表示されており、受信バイトと送信バイトを確認できます。

    ConnectivityState         : Connected
    EgressBytesTransferred    : 181664
    IngressBytesTransferred   : 182080
    LastConnectionEstablished : 10/19/22020 12:40:54 AM
    LastEventID               : 24401
    LastEventMessage          : The connectivity state for the local network site 'F7F7BFC7_SiteVNet4' changed from Connecting to
                                Connected.
    LastEventTimeStamp        : 10/19/2020 12:40:54 AM
    LocalNetworkSiteName      : F7F7BFC7_SiteVNet4
    

次のステップ

  • 仮想ネットワークに仮想マシンを追加できます。 手順については、 仮想マシンの作成 に関するページを参照してください。