試験スコアとスコアレポート

試験に合格するために必要なスコア

  • 技術試験: すべての技術試験のスコアは 1 から 1,000 のスケールで報告されます。 合格スコアは 700 以上です。 これはスケーリングされたスコアであるため、点数の 70% とは等しくない場合があります。 合格スコアは、能力を証明するために必要な知識とスキル、および問題の難易度によって決まります。
  • Microsoft Office 試験: すべての Microsoft Office 試験スコアは、1 から 1,000 のスケールで報告されます。 合格するために必要な実際のスコアは、受けている具体的な試験によって異なります。

試験の採点方法

  • 複数のパートで構成されるほとんどの問題に回答すると、正解したコンポーネントごとに 1 点が付与されます。 その問題で獲得可能な点数のすべて、または一部を獲得できることもあれば、まったく獲得できないこともあります。 1 点を超える点数に相当する問題には、問題にその旨が示されます。 通常は、正解したコンポーネントごとに 1 点が付与されます。
  • 推測による解答に対するペナルティはありません。 間違った答えを選択しても、単にその問題またはパートの点数を獲得できないだけです。 誤答してもポイントが引かれることはありません。
  • 試験の問題の一部が、スコアに加算されない場合があります。 これらの問題は、各試験を更新および品質を向上させるためのデータを収集するために使用されます。 ただし、それらの品質を評価するために必要なデータが集まった時点で、Microsoft の計測心理学的基準を満たす問題が採点されます。 どの問題が採点されないかは分からないため、すべての問題を採点対象に含まれるものとして解答する必要があります。
    Microsoft では、スコア付けに異なるアプローチを必要とする可能性のある新しい革新的な問題の種類を引き続き導入します。 スコア付けに関わる異なるアプローチは、問題のテキストに示されます。

スコアが出る時期

  • ほとんどの試験では、試験が終了してから数分以内に結果が得られます。 また、試験のスコアと成績に関するフィードバックが記載されたレポートも受け取ります。 ラボでの試験のスコア付けには約 30 分かかるため、もう少し待つ必要があります。 スコアは、24 時間以内に Learn プロファイルで確認できるようになります。
  • ベータ試験を受けた場合、その試験のベータ プロセスが完了して一般公開されるまで結果を受け取ることはありません。 詳細については、「ベータ試験」を参照してください。
  • 学生と講師向けの試験プロバイダーである Certiport で受けた試験の場合は、試験終了直後に最終的なスコアと合格または不合格のステータスを示す結果の画面が表示されます。 結果は、Learn プロファイルまたは Certiport ダッシュボードでも 24 時間以内に確認できるようになります。 Certiport の成績証明書へのアクセスの詳細については、Certiport の FAQ を参照してください。

スコア レポートにアクセスする方法

ピアソン VUE と Certiport で受けた試験の場合は、オンラインでスコア レポートを利用できます。

ピアソン VUE スコア レポートにアクセスするには、次のようにします。

  1. Microsoft Learn プロファイルにサインインします。 写真アバターのドロップダウン メニューで、[プロファイル] [図 1] を選択してから、プロファイル メニュー内の [認定資格] [図 2] を選択します。
    [図 1]
    [プロファイル] オプションが強調表示された認定資格プロファイル ドロップダウン メニュー。

    [図 2]
    ナビゲーションで [認定] タブが強調表示された認定資格プロファイル画面。

  2. [Past Exam] (過去の試験) というタイトルのセクションまでスクロールし、結果を表示する試験を見つけます。 [View details on provider site] (プロバイダーのサイトで詳細を確認する) を選択すると、その試験プロバイダーのダッシュボードに移動します。

    Learn プロファイルの [認定] タブの [過去の試験] 画面と、[プロバイダーのサイトで詳細を確認する] へのリンク。

  3. Pearson VUE で、スコア レポートを表示する試験を見つけてから、[View] (表示) ボタンを選択します。

    受験する試験が一覧表示された Pearson VUE 画面と、スコア レポートを表示するボタン。

    Certiport のスコア レポートにアクセスするには、Certiport ダッシュボードにログインします。 詳細については、Certiport の FAQ を参照してください。

試験のスコアレポートを理解する

スコアレポートには次の情報が表示されます。

  • 試験全体のパフォーマンスの数値スコア
  • 合格または不合格ステータス
  • 評価された各スキル分野のパフォーマンスを示す棒グラフ
  • 結果の見方の詳細

棒グラフは、各スキル分野のパフォーマンスを示します。 短い棒は弱みを示し、長い棒は強みを示します。 グラフは、あるセクションまたはその試験全体で正解した問題の数を計算するために使用することはできません。

試験に不合格となった場合の対処法

認定試験に不合格となったとしても、心配しないでください。 1 回目の受験から 24 時間後に再受験することができます。 その後の再受験については、時間が異なります。 詳細については、「試験の再取り込みポリシー」を参照してください。

再受験に向けて準備するにあたって、スコア レポートで明らかになった長所または短所を見直してください。 試験でよいパフォーマンスを発揮できなかったスキルと、問題数の割合が最も高いコンテンツ分野のスキルを復習します。 試験の詳細ページと「試験の準備」ページで、試験に向けて準備を整えるためのリソースを確認することもできます。 : Microsoft では、どの問題が不正解であったかについては共有しません。

試験を再受験する準備ができたら、試験の再受験ポリシーに従って予約を入れ、(該当する場合は) 受験料を支払います。

Microsoft がスケールスコアを報告する理由

スケーリングされたスコアは、認証およびライセンス業界全体の標準的な慣行です。受験者が再試験間でどの程度の改善が見られたかを評価するのに役立つためです。 合格スコアは、対象分野の専門家による問題の難易度のレビューと、求められるスキルとの兼ね合いに基づいて設定されます。 問題が簡単であるほど、合格により多くの点数が必要になります。 問題の難易度が上がるほど、合格に必要な点数が少なくなります。 (単に正答数の割合を出すだけでは成功を測定するのに役立たないのはこれが理由です。)

試験の採点と採点レポートに関するよくある質問

同じ試験を受けるたびに同じスコアを受け取りました。 何かエラーが発生しているのでしょうか?

いいえ。複数回再受験して同じスコアを受け取っても、エラーがあることを示しているわけではありません。 複数回再受験した受験者が、それまでの結果と近いまたは同じスコアを受け取ることは珍しくありません。 この一貫した結果は、スキル評価に関する試験の信頼性を示しています。 このようなことが起こった場合は、別の学習方法と練習方法を検討してください。 試験に向けて準備を整える方法の詳細を確認してください。

あるセクションのスコアがゼロでした。 どうすればよいでしょうか。

一部のスキル分野 (重要度が低い、または実行頻度の低いスキル) の問題数は、他の分野よりも少なくなります。 そのため、問題数が少ないスキル分野にてこずると、スコアがゼロになる場合があります。

問題から問題に移る際に、長時間かかる場合がありました。 自分の回答は記録されていますか? 正しく採点されているでしょうか。

問題から問題に移る際に、最大で 1 分の遅延が発生することがあります。 試験配信会社のソフトウェアは、このような状況に対処するよう設計されています。 解答は記録されており、試験の採点は正しく行われました。

スコア レポートには各セクションのスコアが数値で表示されますか?

いいえ。レポートには、全体的なパフォーマンスを反映する数値スコアのみが表示されます。 強みと弱みをより明確に示すために、セクション レベルの情報を棒グラフで提供しています。

スコア グラフのバーを見ると、スコアは 70% を超えています。 なぜ不合格なのでしょうか?

試験の各セクション (グラフ上の棒) の問題数は異なるため、それらのセクションの結果をすべて組み合わせて、全体としての結果を判定することはできません。 つまり、棒グラフの長さと合格/不合格のステータスの間に 1 対 1 の関係はないということです。