次の方法で共有


az acr connected-registry install

コマンド グループ 'acr connected-registry' はプレビュー段階であり、開発中です。 参照レベルとサポート レベル: https://aka.ms/CLI_refstatus

このコマンド グループは非推奨となり、今後のリリースで削除される予定です。 代わりに 'acr connected-registry get-settings' を使用してください。

接続されたレジストリをインストールするために必要な情報にアクセスする際に役立ちます。 詳細については、https://aka.ms/acr/connected-registry を参照してください。

コマンド

名前 説明 Status
az acr connected-registry install info

接続されているレジストリをアクティブ化するために必要な情報を取得します。

コア プレビューと非推奨
az acr connected-registry install renew-credentials

接続されているレジストリをアクティブ化するために必要な情報を取得し、同期トークンの資格情報を更新します。

コア プレビューと非推奨

az acr connected-registry install info

プレビュー 非推奨

コマンド グループ 'acr connected-registry' はプレビュー段階であり、開発中です。 参照レベルとサポート レベル: https://aka.ms/CLI_refstatus

コマンド グループ 'acr connected-registry install' は非推奨となり、今後のリリースで削除されるため、このコマンドは暗黙的に非推奨となります。 代わりに 'acr connected-registry get-settings' を使用してください。

接続されているレジストリをアクティブ化するために必要な情報を取得します。

az acr connected-registry install info --name
                                       --parent-protocol {http, https}
                                       --registry
                                       [--resource-group]

http を親プロトコルとして設定し、接続されたレジストリをアクティブ化するために必要な値を json 形式で出力します

az acr connected-registry install info --registry mycloudregistry --name myconnectedregistry --parent-protocol http

必須のパラメーター

--name -n

接続されているレジストリの名前。 名前の長さは 5 ~ 40 文字で、文字で始まり、英数字 ('_' または '-' を含む) のみを含む必要があります。 名前は、クラウド ACR 階層で一意である必要があります。

--parent-protocol

親との通信に使用するプロトコルを指定します。

承認された値: http, https
--registry -r

クラウド ACR レジストリのログイン サーバー。 Azure Stack もサポートするには、FQDN である必要があります。

省略可能のパラメーター

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az acr connected-registry install renew-credentials

プレビュー 非推奨

コマンド グループ 'acr connected-registry' はプレビュー段階であり、開発中です。 参照レベルとサポート レベル: https://aka.ms/CLI_refstatus

コマンド グループ 'acr connected-registry install' は非推奨となり、今後のリリースで削除されるため、このコマンドは暗黙的に非推奨となります。 代わりに 'acr connected-registry get-settings' を使用してください。

接続されているレジストリをアクティブ化するために必要な情報を取得し、同期トークンの資格情報を更新します。

az acr connected-registry install renew-credentials --name
                                                    --parent-protocol {http, https}
                                                    --registry
                                                    [--resource-group]
                                                    [--yes]

http を親プロトコルとして設定し、接続されたレジストリと新しく生成された同期トークンの資格情報をアクティブ化するために必要な json 形式の値を出力します。

az acr connected-registry install renew-credentials -r mycloudregistry -n myconnectedregistry --parent-protocol http

必須のパラメーター

--name -n

接続されているレジストリの名前。 名前の長さは 5 ~ 40 文字で、文字で始まり、英数字 ('_' または '-' を含む) のみを含む必要があります。 名前は、クラウド ACR 階層で一意である必要があります。

--parent-protocol

親との通信に使用するプロトコルを指定します。

承認された値: http, https
--registry -r

クラウド ACR レジストリのログイン サーバー。 Azure Stack もサポートするには、FQDN である必要があります。

省略可能のパラメーター

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--yes -y

確認のダイアログを表示しません。

既定値: False
グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。