次の方法で共有


az appconfig kv

App Configuration に格納されているキー値を管理します。

コマンド

名前 説明 Status
az appconfig kv delete

キー値を削除します。

コア GA
az appconfig kv export

App Configuration から別の場所に構成をエクスポートします。

コア GA
az appconfig kv import

別の場所から App Configuration に構成をインポートします。

コア GA
az appconfig kv list

キー値を一覧表示します。

コア GA
az appconfig kv lock

キー値をロックして、書き込み操作を禁止します。

コア GA
az appconfig kv restore

キー値を復元します。

コア GA
az appconfig kv set

キー値を設定します。

コア GA
az appconfig kv set-keyvault

keyvault 参照を設定します。

コア GA
az appconfig kv show

キー値のすべての属性を表示します。

コア GA
az appconfig kv unlock

キー値のロックを解除して、書き込み操作を取得します。

コア GA

az appconfig kv delete

キー値を削除します。

az appconfig kv delete --key
                       [--auth-mode {key, login}]
                       [--connection-string]
                       [--endpoint]
                       [--label]
                       [--name]
                       [--yes]

確認なしで App Configuration 名を使用してキーを削除します。

az appconfig kv delete -n MyAppConfiguration --key color --label MyLabel --yes

接続文字列を使用してキーを削除します。

az appconfig kv delete --connection-string Endpoint=https://contoso.azconfig.io;Id=xxx;Secret=xxx --key color --label MyLabel

'az login' 資格情報と App Configuration エンドポイントを使用してキーを削除します。

az appconfig kv delete --endpoint https://myappconfiguration.azconfig.io --key color --auth-mode login --yes

必須のパラメーター

--key

たとえば、*はすべてのキーを意味し、abc*はプレフィックスとしてabcのキーを意味します。

省略可能のパラメーター

--auth-mode

このパラメーターは、データ操作を承認する方法を示すために使用できます。 認証モードが "キー" の場合は、接続文字列またはストア名を指定すると、承認のためにアカウント アクセス キーが取得されます。 認証モードが "login" の場合は、ストア エンドポイントまたはストア名を指定します。"az login" 資格情報が承認に使用されます。 を使用して、既定の認証モードを az configure --defaults appconfig_auth_mode=<auth_mode>構成できます。 詳細については、https://docs.microsoft.com/azure/azure-app-configuration/concept-enable-rbacを参照してください。

承認された値: key, login
既定値: key
--connection-string

アクセス キーと App Configuration のエンドポイントの組み合わせ。 'az appconfig credential list' を使用して見つけることができます。 ユーザーは、AZURE_APPCONFIG_CONNECTION_STRINGという名前の環境変数を使用して az configure --defaults appconfig_connection_string=<connection_string> 事前設定できます。

--endpoint

認証モードが "ログイン" の場合は、App Configuration のエンドポイント URL を指定します。 エンドポイントは、"az appconfig show" コマンドを使用して取得できます。 を使用して、既定のエンドポイントを az configure --defaults appconfig_endpoint=<endpoint>構成できます。

--label

ラベルが指定されていない場合は、null ラベルのエントリを削除します。 たとえば*はすべてのラベルを意味し、abc*はプレフィックスとしてabcのラベルを意味します。

--name -n

アプリ構成の名前。 を使用して、既定の名前を az configure --defaults app_configuration_store=<name>構成できます。

--yes -y

確認のダイアログを表示しません。

既定値: False
グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az appconfig kv export

App Configuration から別の場所に構成をエクスポートします。

az appconfig kv export --destination {appconfig, appservice, file}
                       [--appservice-account]
                       [--auth-mode {key, login}]
                       [--connection-string]
                       [--dest-auth-mode {key, login}]
                       [--dest-connection-string]
                       [--dest-endpoint]
                       [--dest-label]
                       [--dest-name]
                       [--endpoint]
                       [--export-as-reference {false, true}]
                       [--format {json, properties, yaml}]
                       [--key]
                       [--label]
                       [--name]
                       [--naming-convention {camel, hyphen, pascal, underscore}]
                       [--path]
                       [--prefix]
                       [--preserve-labels {false, true}]
                       [--profile {appconfig/default, appconfig/kvset}]
                       [--resolve-keyvault {false, true}]
                       [--separator]
                       [--skip-features {false, true}]
                       [--skip-keyvault {false, true}]
                       [--snapshot]
                       [--yes]

ラベル test を持つすべてのキーと機能フラグを json ファイルにエクスポートします。

az appconfig kv export -n MyAppConfiguration --label test -d file --path D:/abc.json --format json

null ラベルを持つすべてのキーを App Service アプリケーションにエクスポートします。

az appconfig kv export -n MyAppConfiguration -d appservice --appservice-account MyAppService

機能フラグを除くラベル テストを含むすべてのキーを json ファイルにエクスポートします。

az appconfig kv export -n MyAppConfiguration --label test -d file --path D:/abc.json --format json --skip-features

すべてのラベルのすべてのキーと機能フラグを別の App Configuration にエクスポートします。

az appconfig kv export -n MyAppConfiguration -d appconfig --dest-name AnotherAppConfiguration --key * --label * --preserve-labels

すべてのラベルのすべてのキーと機能フラグを別の App Configuration にエクスポートし、宛先ラベルを上書きします。

az appconfig kv export -n MyAppConfiguration -d appconfig --dest-name AnotherAppConfiguration --key * --label * --dest-label ExportedKeys

'az login' 資格情報を使用して、すべてのキーを別の App Configuration にエクスポートします。

az appconfig kv export -d appconfig --endpoint https://myappconfiguration.azconfig.io --auth-mode login --dest-endpoint https://anotherappconfiguration.azconfig.io --dest-auth-mode login --key * --label * --preserve-labels

appconfig/kvset プロファイルを使用して、ラベル テストですべてのキーと機能フラグをエクスポートします。

az appconfig kv export -n MyAppConfiguration --label test -d file --path D:/abc.json --format json --profile appconfig/kvset

ソース構成のスナップショットからすべてのキーを別の App Configuration にエクスポートする

az appconfig kv export -n MyAppConfiguration -d appconfig --dest-name AnotherAppConfiguration --snapshot MySnapshot

必須のパラメーター

--destination -d

エクスポート先。 appservice への機能フラグのエクスポートはサポートされていないことに注意してください。

承認された値: appconfig, appservice, file

省略可能のパラメーター

--appservice-account

AppService の ARM ID、または AppService の名前 (App Configuration と同じサブスクリプションとリソース グループ内にあると仮定)。 AppService 引数に必要です。

--auth-mode

このパラメーターは、データ操作を承認する方法を示すために使用できます。 認証モードが "キー" の場合は、接続文字列またはストア名を指定すると、承認のためにアカウント アクセス キーが取得されます。 認証モードが "login" の場合は、ストア エンドポイントまたはストア名を指定します。"az login" 資格情報が承認に使用されます。 を使用して、既定の認証モードを az configure --defaults appconfig_auth_mode=<auth_mode>構成できます。 詳細については、https://docs.microsoft.com/azure/azure-app-configuration/concept-enable-rbacを参照してください。

承認された値: key, login
既定値: key
--connection-string

アクセス キーと App Configuration のエンドポイントの組み合わせ。 'az appconfig credential list' を使用して見つけることができます。 ユーザーは、AZURE_APPCONFIG_CONNECTION_STRINGという名前の環境変数を使用して az configure --defaults appconfig_connection_string=<connection_string> 事前設定できます。

--dest-auth-mode

移行先のアプリ構成に接続するための認証モード。 詳細については、「--auth-mode」引数を参照してください。

承認された値: key, login
既定値: key
--dest-connection-string

アクセス キーと宛先ストアのエンドポイントの組み合わせ。

--dest-endpoint

--dest-auth-mode が "login" の場合は、宛先の App Configuration のエンドポイント URL を指定します。

--dest-label

エクスポートされた CSV には、この宛先ラベルが付けられます。 --dest-label も --preserve-labels も指定されていない場合は、null ラベルが割り当てられます。

--dest-name

移行先のアプリ構成の名前。

--endpoint

認証モードが "ログイン" の場合は、App Configuration のエンドポイント URL を指定します。 エンドポイントは、"az appconfig show" コマンドを使用して取得できます。 を使用して、既定のエンドポイントを az configure --defaults appconfig_endpoint=<endpoint>構成できます。

--export-as-reference -r
プレビュー

キー値を App Configuration 参照としてエクスポートします。 詳細については、https://docs.microsoft.com/en-us/azure/app-service/app-service-configuration-referencesを参照してください。

承認された値: false, true
既定値: False
--format

エクスポートするファイル形式。 ファイル引数に必要です。 現在、機能フラグはプロパティ形式ではサポートされていません。

承認された値: json, properties, yaml
--key

キーが指定されていない場合は、既定ですべてのキーを返します。 例えばabc*は、プレフィックスとしてabcを持つキーを意味し、フィルタとしての星印をサポートします。 キー のフィルター処理は、機能フラグには適用されません。 既定では、指定されたラベルを持つすべての機能フラグがエクスポートされます。

--label

このラベルを持つキーと機能フラグのみがエクスポートされます。 ラベルが指定されていない場合は、既定で null ラベルを持つキーと機能フラグをエクスポートします。 エクスポート先が appconfig の場合、またはエクスポート先がプロファイルを含む appconfig/kvset ファイルの場合、この引数はラベル フィルター処理のアスタリスクとコンマ記号をサポートします。たとえば、* はすべてのラベルを意味し、abc* はプレフィックスとして abc を持つラベルを意味し、abc、xyz は abc または xyz のラベルを意味します。

--name -n

アプリ構成の名前。 を使用して、既定の名前を az configure --defaults app_configuration_store=<name>構成できます。

--naming-convention

ファイルの [機能管理] セクションに使用する名前付け規則。 例: pascal = FeatureManagement、camel = featureManagement、アンダースコア = feature_management、ハイフン = feature-management。

承認された値: camel, hyphen, pascal, underscore
既定値: pascal
--path

ローカル構成ファイルのパス。 ファイル引数に必要です。

--prefix

キーからトリミングされるプレフィックス。 機能フラグではプレフィックスは無視されます。

--preserve-labels

ソース AppConfig のラベルを保持するためのフラグ。 この引数は、--dest-label と共に指定しないでください。

承認された値: false, true
既定値: False
--profile

キー値のエクスポートに使用するプロファイルをエクスポートします。 'appconfig/kvset' プロファイルを使用する場合、オプション 'depth'、'separator'、'naming-convention'、'prefix'、'dest-label'、および 'resolve-keyvault' はサポートされません。

承認された値: appconfig/default, appconfig/kvset
既定値: appconfig/default
--resolve-keyvault

キー コンテナー参照の内容を解決します。

承認された値: false, true
既定値: False
--separator

キーと値のペアを json または yaml ファイルにフラット化するための区切り記号。 階層構造をエクスポートするために必要です。 プロパティ ファイルと機能フラグでは、区切り記号は無視されます。 サポートされている値: '.'、'、'、';'、'-'、'_'、'__'、'/'、':'。

--skip-features

すべての機能フラグを除くアイテムをエクスポートします。 既定では、指定されたラベルを持つすべての機能が file または appconfig にエクスポートされます。 appservice には適用されません。

承認された値: false, true
既定値: False
--skip-keyvault

すべてのキー コンテナー参照を除く項目をエクスポートします。 既定では、指定したラベルを持つすべてのキー コンテナー参照がエクスポートされます。

承認された値: false, true
既定値: False
--snapshot

App Configuration ストアの特定のスナップショット内のすべてのキーをエクスポートします。 スナップショットが指定されていない場合、ストア内の現在のキーは、指定されたキーとラベル フィルターに基づいてエクスポートされます。

--yes -y

プレビューを求めないでください。

既定値: False
グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az appconfig kv import

別の場所から App Configuration に構成をインポートします。

az appconfig kv import --source {appconfig, appservice, file}
                       [--appservice-account]
                       [--auth-mode {key, login}]
                       [--connection-string]
                       [--content-type]
                       [--depth]
                       [--endpoint]
                       [--format {json, properties, yaml}]
                       [--import-mode {all, ignore-match}]
                       [--label]
                       [--name]
                       [--path]
                       [--prefix]
                       [--preserve-labels {false, true}]
                       [--profile {appconfig/default, appconfig/kvset}]
                       [--separator]
                       [--skip-features {false, true}]
                       [--src-auth-mode {key, login}]
                       [--src-connection-string]
                       [--src-endpoint]
                       [--src-key]
                       [--src-label]
                       [--src-name]
                       [--src-snapshot]
                       [--strict {false, true}]
                       [--yes]

ファイルからすべてのキーと機能フラグをインポートし、ラベル test を適用します。

az appconfig kv import -n MyAppConfiguration --label test -s file --path D:/abc.json --format json

すべてのキーと機能フラグを null ラベルでインポートし、App Configuration から新しいラベルを適用します。

az appconfig kv import -n MyAppConfiguration -s appconfig --src-name AnotherAppConfiguration --label ImportedKeys

App Configuration のスナップショットからすべてのキーをインポートします。

az appconfig kv import -n MyAppConfiguration -s appconfig --src-name AnotherAppConfiguration --src-snapshot MySnapshot

App Service アプリケーションからすべてのキーをインポートし、null ラベルを適用します。

az appconfig kv import -n MyAppConfiguration -s appservice --appservice-account MyAppService

ラベル テストを使用してすべてのキーをインポートし、App Configuration から機能フラグを除く test2 ラベルを適用します。

az appconfig kv import -n MyAppConfiguration -s appconfig --src-label test --label test2 --src-name AnotherAppConfiguration --skip-features

すべてのラベルを持つすべてのキーと機能フラグを別の App Configuration にインポートします。

az appconfig kv import -n MyAppConfiguration -s appconfig --src-name AnotherAppConfiguration --src-key * --src-label * --preserve-labels

JSON ファイルからすべてのキーと機能フラグをインポートし、JSON コンテンツ タイプを適用します。

az appconfig kv import -n MyAppConfiguration -s file --path D:/abc.json --format json --separator . --content-type application/json

'az login' 資格情報を使用して、すべてのキーを別の App Configuration にインポートします。

az appconfig kv import -s appconfig --endpoint https://myappconfiguration.azconfig.io --auth-mode login --src-endpoint https://anotherappconfiguration.azconfig.io --src-auth-mode login --src-key * --src-label * --preserve-labels

appconfig/kvset 形式を使用して、ファイルからすべてのキーと機能フラグをインポートします。

az appconfig kv import -n MyAppConfiguration -s file --path D:/abc.json --format json --profile appconfig/kvset

必須のパラメーター

--source -s

インポートのソース。 appservice からの機能フラグのインポートはサポートされていないことに注意してください。

承認された値: appconfig, appservice, file

省略可能のパラメーター

--appservice-account

AppService の ARM ID、または AppService の名前 (App Configuration と同じサブスクリプションとリソース グループ内にあると仮定)。 AppService 引数に必要です。

--auth-mode

このパラメーターは、データ操作を承認する方法を示すために使用できます。 認証モードが "キー" の場合は、接続文字列またはストア名を指定すると、承認のためにアカウント アクセス キーが取得されます。 認証モードが "login" の場合は、ストア エンドポイントまたはストア名を指定します。"az login" 資格情報が承認に使用されます。 を使用して、既定の認証モードを az configure --defaults appconfig_auth_mode=<auth_mode>構成できます。 詳細については、https://docs.microsoft.com/azure/azure-app-configuration/concept-enable-rbacを参照してください。

承認された値: key, login
既定値: key
--connection-string

アクセス キーと App Configuration のエンドポイントの組み合わせ。 'az appconfig credential list' を使用して見つけることができます。 ユーザーは、AZURE_APPCONFIG_CONNECTION_STRINGという名前の環境変数を使用して az configure --defaults appconfig_connection_string=<connection_string> 事前設定できます。

--content-type

インポートされたすべてのアイテムのコンテンツ タイプ。

--depth

json または yaml ファイルをキーと値のペアにフラット化するための深さ。 --separator が指定されている場合は、既定で最も深いレベルにフラット化します。 プロパティ ファイルまたは機能フラグには適用されません。

--endpoint

認証モードが "ログイン" の場合は、App Configuration のエンドポイント URL を指定します。 エンドポイントは、"az appconfig show" コマンドを使用して取得できます。 を使用して、既定のエンドポイントを az configure --defaults appconfig_endpoint=<endpoint>構成できます。

--format

インポートされたファイル形式。 ファイル引数に必要です。 現在、機能フラグはプロパティ形式ではサポートされていません。

承認された値: json, properties, yaml
--import-mode

インポート モードが "ignore-match" の場合、コピー先に既に存在するソース キー値は上書きされません。 インポート モード "all" は、存在するかどうかに関係なく、すべてのキー値を宛先に書き込みます。

承認された値: all, ignore-match
既定値: ignore-match
--label

インポートされた CSV と機能フラグには、このラベルが割り当てられます。 ラベルが指定されていない場合は、null ラベルが割り当てられます。

--name -n

アプリ構成の名前。 を使用して、既定の名前を az configure --defaults app_configuration_store=<name>構成できます。

--path

ローカル構成ファイルのパス。 ファイル引数に必要です。

--prefix

このプレフィックスは、インポートされたキーの先頭に追加されます。 機能フラグではプレフィックスは無視されます。

--preserve-labels

ソース AppConfig のラベルを保持するためのフラグ。 この引数は、--label と共に指定しないでください。

承認された値: false, true
既定値: False
--profile

キー値のインポートに使用するプロファイルをインポートします。 'appconfig/kvset' プロファイルを使用する場合、オプション 'depth'、'separator'、'content-type'、'label'、'skip-features'、および 'prefix' はサポートされません。

承認された値: appconfig/default, appconfig/kvset
既定値: appconfig/default
--separator

json または yaml ファイルをキーと値のペアにフラット化するための区切り記号。 プロパティ ファイルと機能フラグでは、区切り記号は無視されます。 サポートされている値: '.'、'、'、';'、'-'、'_'、'__'、'/'、':'。

--skip-features

キー値のみをインポートし、すべての機能フラグを除外します。 既定では、すべての機能フラグがファイルまたは appconfig からインポートされます。 appservice には適用されません。

承認された値: false, true
既定値: False
--src-auth-mode

ソース App Configuration に接続するための認証モード。 詳細については、「--auth-mode」引数を参照してください。

承認された値: key, login
既定値: key
--src-connection-string

ソース ストアのアクセス キーとエンドポイントの組み合わせ。

--src-endpoint

--src-auth-mode が "login" の場合は、ソース App Configuration のエンドポイント URL を指定します。

--src-key

キーが指定されていない場合は、既定ですべてのキーをインポートします。 例えばabc*は、プレフィックスとしてabcを持つキーを意味し、フィルタとしての星印をサポートします。 キー のフィルター処理は、機能フラグには適用されません。 既定では、指定されたラベルを持つすべての機能フラグがインポートされます。

--src-label

ソース AppConfig でこのラベルを持つキーのみがインポートされます。 値が指定されていない場合は、既定で null ラベルを持つキーをインポートします。 たとえば*はすべてのラベルを意味し、abc*はプレフィックスとしてabcのラベルを意味します。

--src-name

ソースの App Configuration の名前。

--src-snapshot

ソース App Configuration ストアの特定のスナップショットにすべてのキーをインポートします。 スナップショットが指定されていない場合、ストア内の現在のキーは、指定されたキーフィルターとラベル フィルターに基づいてインポートされます。

--strict

指定したプレフィックスとラベルを持つストア内の他のすべてのキー値を削除します。

承認された値: false, true
既定値: False
--yes -y

プレビューを求めないでください。

既定値: False
グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az appconfig kv list

キー値を一覧表示します。

az appconfig kv list [--all]
                     [--auth-mode {key, login}]
                     [--connection-string]
                     [--datetime]
                     [--endpoint]
                     [--fields {content_type, etag, key, label, last_modified, locked, tags, value}]
                     [--key]
                     [--label]
                     [--name]
                     [--resolve-keyvault {false, true}]
                     [--snapshot]
                     [--top]

null ラベルを持つすべてのキー値を一覧表示します。

az appconfig kv list -n MyAppConfiguration --label \0

v1 で始まるラベルの特定のキーを一覧表示します。 接続文字列を使用します。

az appconfig kv list --key color --connection-string Endpoint=https://contoso.azconfig.io;Id=xxx;Secret=xxx --label v1.*

すべてのキーをラベル付きで一覧表示し、キー、値、タグのみをクエリします。

az appconfig kv list --connection-string Endpoint=https://contoso.azconfig.io;Id=xxx;Secret=xxx --fields key value tags --datetime "2019-05-01T11:24:12Z"

キー プレフィックス 'KVRef_' を持つキー コンテナー参照の内容を一覧表示し、キーと値のみを選択します。

az appconfig kv list -n MyAppConfiguration --key "KVRef_*" --resolve-keyvault --query "[*].{key:key, value:value}"

複数のラベルを持つキー値を一覧表示します。

az appconfig kv list --label test,prod,\0 -n MyAppConfiguration

'az login' 資格情報を使用して、すべてのラベルを持つすべてのキー値を一覧表示します。

az appconfig kv list --endpoint https://myappconfiguration.azconfig.io --auth-mode login

アプリ構成ストアの特定のスナップショット内のすべてのキー値を一覧表示します。

az appconfig kv list --connection-string Endpoint=https://contoso.azconfig.io;Id=xxx;Secret=xxx --snapshot MySnapshot

省略可能のパラメーター

--all

すべてのアイテムを一覧表示します。

既定値: False
--auth-mode

このパラメーターは、データ操作を承認する方法を示すために使用できます。 認証モードが "キー" の場合は、接続文字列またはストア名を指定すると、承認のためにアカウント アクセス キーが取得されます。 認証モードが "login" の場合は、ストア エンドポイントまたはストア名を指定します。"az login" 資格情報が承認に使用されます。 を使用して、既定の認証モードを az configure --defaults appconfig_auth_mode=<auth_mode>構成できます。 詳細については、https://docs.microsoft.com/azure/azure-app-configuration/concept-enable-rbacを参照してください。

承認された値: key, login
既定値: key
--connection-string

アクセス キーと App Configuration のエンドポイントの組み合わせ。 'az appconfig credential list' を使用して見つけることができます。 ユーザーは、AZURE_APPCONFIG_CONNECTION_STRINGという名前の環境変数を使用して az configure --defaults appconfig_connection_string=<connection_string> 事前設定できます。

--datetime

形式: "YYYY-MM-DDThh:mm:ssZ"。 タイム ゾーンが指定されていない場合は、既定で UTC を使用します。

--endpoint

認証モードが "ログイン" の場合は、App Configuration のエンドポイント URL を指定します。 エンドポイントは、"az appconfig show" コマンドを使用して取得できます。 を使用して、既定のエンドポイントを az configure --defaults appconfig_endpoint=<endpoint>構成できます。

--fields

スペース区切りのカスタマイズされた出力フィールド。

承認された値: content_type, etag, key, label, last_modified, locked, tags, value
--key

キーが指定されていない場合は、既定ですべてのキーを返します。 例えばabc*は、プレフィックスとしてabcを持つキーを意味し、フィルタとしての星印をサポートします。

--label

ラベルが指定されていない場合は、すべてのラベルを一覧表示します。 例えばabc*は、プレフィックスとしてabcを持つラベルを意味する、フィルターとしての星印をサポートします。 null ラベルには '\0' を使用します。

--name -n

アプリ構成の名前。 を使用して、既定の名前を az configure --defaults app_configuration_store=<name>構成できます。

--resolve-keyvault

キー コンテナー参照の内容を解決します。 この引数は、--fields と共に指定しないでください。 代わりに、カスタマイズされたクエリには --query を使用します。

承認された値: false, true
既定値: False
--snapshot

App Configuration ストアの特定のスナップショット内のすべてのキーを一覧表示します。 スナップショットが指定されていない場合は、ストア内の現在のキーが一覧表示されます。

--top -t

返すアイテムの最大数。 正の整数にする必要があります。 既定値は 100 です。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az appconfig kv lock

キー値をロックして、書き込み操作を禁止します。

az appconfig kv lock --key
                     [--auth-mode {key, login}]
                     [--connection-string]
                     [--endpoint]
                     [--label]
                     [--name]
                     [--yes]

App Configuration 名を使用してキー値をロックします。

az appconfig kv lock -n MyAppConfiguration --key color --label test

接続文字列を使用してキー値を強制的にロックします。

az appconfig kv lock --connection-string Endpoint=https://contoso.azconfig.io;Id=xxx;Secret=xxx --key color --label test --yes

必須のパラメーター

--key

ロックするキー。

省略可能のパラメーター

--auth-mode

このパラメーターは、データ操作を承認する方法を示すために使用できます。 認証モードが "キー" の場合は、接続文字列またはストア名を指定すると、承認のためにアカウント アクセス キーが取得されます。 認証モードが "login" の場合は、ストア エンドポイントまたはストア名を指定します。"az login" 資格情報が承認に使用されます。 を使用して、既定の認証モードを az configure --defaults appconfig_auth_mode=<auth_mode>構成できます。 詳細については、https://docs.microsoft.com/azure/azure-app-configuration/concept-enable-rbacを参照してください。

承認された値: key, login
既定値: key
--connection-string

アクセス キーと App Configuration のエンドポイントの組み合わせ。 'az appconfig credential list' を使用して見つけることができます。 ユーザーは、AZURE_APPCONFIG_CONNECTION_STRINGという名前の環境変数を使用して az configure --defaults appconfig_connection_string=<connection_string> 事前設定できます。

--endpoint

認証モードが "ログイン" の場合は、App Configuration のエンドポイント URL を指定します。 エンドポイントは、"az appconfig show" コマンドを使用して取得できます。 を使用して、既定のエンドポイントを az configure --defaults appconfig_endpoint=<endpoint>構成できます。

--label

ラベルが指定されていない場合は、null ラベルでエントリをロックします。 フィルター処理はサポートされていません。

--name -n

アプリ構成の名前。 を使用して、既定の名前を az configure --defaults app_configuration_store=<name>構成できます。

--yes -y

確認のダイアログを表示しません。

既定値: False
グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az appconfig kv restore

キー値を復元します。

az appconfig kv restore --datetime
                        [--auth-mode {key, login}]
                        [--connection-string]
                        [--endpoint]
                        [--key]
                        [--label]
                        [--name]
                        [--yes]

すべてのキーと値を特定の時点に復元する。

az appconfig kv restore -n MyAppConfiguration --datetime "2019-05-01T11:24:12Z"

v1 で始まるラベルの特定のキーを復元します。 特定の時点に接続文字列を使用する。

az appconfig kv restore --key color --connection-string Endpoint=https://contoso.azconfig.io;Id=xxx;Secret=xxx --label v1.* --datetime "2019-05-01T11:24:12Z"

必須のパラメーター

--datetime

形式: "YYYY-MM-DDThh:mm:ssZ"。 タイム ゾーンが指定されていない場合は、既定で UTC を使用します。

省略可能のパラメーター

--auth-mode

このパラメーターは、データ操作を承認する方法を示すために使用できます。 認証モードが "キー" の場合は、接続文字列またはストア名を指定すると、承認のためにアカウント アクセス キーが取得されます。 認証モードが "login" の場合は、ストア エンドポイントまたはストア名を指定します。"az login" 資格情報が承認に使用されます。 を使用して、既定の認証モードを az configure --defaults appconfig_auth_mode=<auth_mode>構成できます。 詳細については、https://docs.microsoft.com/azure/azure-app-configuration/concept-enable-rbacを参照してください。

承認された値: key, login
既定値: key
--connection-string

アクセス キーと App Configuration のエンドポイントの組み合わせ。 'az appconfig credential list' を使用して見つけることができます。 ユーザーは、AZURE_APPCONFIG_CONNECTION_STRINGという名前の環境変数を使用して az configure --defaults appconfig_connection_string=<connection_string> 事前設定できます。

--endpoint

認証モードが "ログイン" の場合は、App Configuration のエンドポイント URL を指定します。 エンドポイントは、"az appconfig show" コマンドを使用して取得できます。 を使用して、既定のエンドポイントを az configure --defaults appconfig_endpoint=<endpoint>構成できます。

--key

キーが指定されていない場合は、既定ですべてのキーを復元します。 例えばabc*は、プレフィックスとしてabcを持つキーを意味し、フィルタとしての星印をサポートします。

--label

ラベルが指定されていない場合は、すべてのラベルを持つすべてのキーと値のペアを復元します。 例えばabc*は、プレフィックスとしてabcを持つラベルを意味する、フィルターとしての星印をサポートします。 null ラベルには '\0' を使用します。

--name -n

アプリ構成の名前。 を使用して、既定の名前を az configure --defaults app_configuration_store=<name>構成できます。

--yes -y

確認のダイアログを表示しません。

既定値: False
グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az appconfig kv set

キー値を設定します。

az appconfig kv set --key
                    [--auth-mode {key, login}]
                    [--connection-string]
                    [--content-type]
                    [--endpoint]
                    [--label]
                    [--name]
                    [--tags]
                    [--value]
                    [--yes]

MyLabel というラベルを持つキー値を設定します。

az appconfig kv set -n MyAppConfiguration --key color --label MyLabel --value red

接続文字列を使用して、null ラベルを持つキーを設定します。

az appconfig kv set --connection-string Endpoint=https://contoso.azconfig.io;Id=xxx;Secret=xxx --key color --value red --tags key1=value1 key2=value2

文字列値と JSON コンテンツ タイプを使用してキーを設定します。

az appconfig kv set -n MyAppConfiguration --key color --value \"red\" --content-type application/json

リスト値と JSON コンテンツ タイプを使用してキーを設定します。

az appconfig kv set -n MyAppConfiguration --key options --value [1,2,3] --content-type application/activity+json;charset=utf-8

null 値と JSON コンテンツ タイプを使用してキーを設定します。

az appconfig kv set -n MyAppConfiguration --key foo --value null --content-type application/json

'az login' 資格情報を使用してキー値を設定します。

az appconfig kv set --endpoint https://myappconfiguration.azconfig.io --key color --value red --auth-mode login

必須のパラメーター

--key

設定するキー。 キーを '.' または '..' にしたり、'%' 文字を含めることはできません。

省略可能のパラメーター

--auth-mode

このパラメーターは、データ操作を承認する方法を示すために使用できます。 認証モードが "キー" の場合は、接続文字列またはストア名を指定すると、承認のためにアカウント アクセス キーが取得されます。 認証モードが "login" の場合は、ストア エンドポイントまたはストア名を指定します。"az login" 資格情報が承認に使用されます。 を使用して、既定の認証モードを az configure --defaults appconfig_auth_mode=<auth_mode>構成できます。 詳細については、https://docs.microsoft.com/azure/azure-app-configuration/concept-enable-rbacを参照してください。

承認された値: key, login
既定値: key
--connection-string

アクセス キーと App Configuration のエンドポイントの組み合わせ。 'az appconfig credential list' を使用して見つけることができます。 ユーザーは、AZURE_APPCONFIG_CONNECTION_STRINGという名前の環境変数を使用して az configure --defaults appconfig_connection_string=<connection_string> 事前設定できます。

--content-type

設定するキー値のコンテンツ タイプ。

--endpoint

認証モードが "ログイン" の場合は、App Configuration のエンドポイント URL を指定します。 エンドポイントは、"az appconfig show" コマンドを使用して取得できます。 を使用して、既定のエンドポイントを az configure --defaults appconfig_endpoint=<endpoint>構成できます。

--label

ラベルが指定されていない場合は、既定で null ラベルを使用してキーを設定します。

--name -n

アプリ構成の名前。 を使用して、既定の名前を az configure --defaults app_configuration_store=<name>構成できます。

--tags

スペース区切りのタグ: key[=value] [key[=value] ...]既存のタグをクリアするには、"" を使用します。

--value

設定するキー値の値。

--yes -y

確認のダイアログを表示しません。

既定値: False
グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az appconfig kv set-keyvault

keyvault 参照を設定します。

az appconfig kv set-keyvault --key
                             --secret-identifier
                             [--auth-mode {key, login}]
                             [--connection-string]
                             [--endpoint]
                             [--label]
                             [--name]
                             [--tags]
                             [--yes]

ラベル MyLabel を使用して keyvault 参照を設定します。

az appconfig kv set-keyvault -n MyAppConfiguration --key HostSecret --label MyLabel --secret-identifier https://contoso.vault.azure.net/Secrets/DummySecret/Dummyversion

接続文字列を使用して、null ラベルと複数のタグを持つ keyvault 参照を設定します。

az appconfig kv set-keyvault --connection-string Endpoint=https://contoso.azconfig.io;Id=xxx;Secret=xxx --key HostSecret --secret-identifier https://contoso.vault.azure.net/Secrets/DummySecret --tags tag1=value1 tag2=value2

必須のパラメーター

--key

設定するキー。 キーを '.' または '..' にしたり、'%' 文字を含めることはできません。

--secret-identifier

Key Vault オブジェクトの ID。 'az keyvault {collection} show' コマンドを使用して見つけることができます。ここで、コレクションはキー、シークレット、または証明書です。 シークレットの最新バージョンへの参照を設定するには、シークレット識別子からバージョン情報を削除します。

省略可能のパラメーター

--auth-mode

このパラメーターは、データ操作を承認する方法を示すために使用できます。 認証モードが "キー" の場合は、接続文字列またはストア名を指定すると、承認のためにアカウント アクセス キーが取得されます。 認証モードが "login" の場合は、ストア エンドポイントまたはストア名を指定します。"az login" 資格情報が承認に使用されます。 を使用して、既定の認証モードを az configure --defaults appconfig_auth_mode=<auth_mode>構成できます。 詳細については、https://docs.microsoft.com/azure/azure-app-configuration/concept-enable-rbacを参照してください。

承認された値: key, login
既定値: key
--connection-string

アクセス キーと App Configuration のエンドポイントの組み合わせ。 'az appconfig credential list' を使用して見つけることができます。 ユーザーは、AZURE_APPCONFIG_CONNECTION_STRINGという名前の環境変数を使用して az configure --defaults appconfig_connection_string=<connection_string> 事前設定できます。

--endpoint

認証モードが "ログイン" の場合は、App Configuration のエンドポイント URL を指定します。 エンドポイントは、"az appconfig show" コマンドを使用して取得できます。 を使用して、既定のエンドポイントを az configure --defaults appconfig_endpoint=<endpoint>構成できます。

--label

ラベルが指定されていない場合は、既定で null ラベルを使用してキーを設定します。

--name -n

アプリ構成の名前。 を使用して、既定の名前を az configure --defaults app_configuration_store=<name>構成できます。

--tags

スペース区切りのタグ: key[=value] [key[=value] ...]既存のタグをクリアするには、"" を使用します。

--yes -y

確認のダイアログを表示しません。

既定値: False
グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az appconfig kv show

キー値のすべての属性を表示します。

az appconfig kv show --key
                     [--auth-mode {key, login}]
                     [--connection-string]
                     [--datetime]
                     [--endpoint]
                     [--label]
                     [--name]

特定のラベルと datetime で App Configuration 名を使用してキー値を表示する

az appconfig kv show -n MyAppConfiguration --key color --label MyLabel --datetime "2019-05-01T11:24:12Z"

ラベル付きの接続文字列を使用してキー値を表示する

az appconfig kv show --connection-string Endpoint=https://contoso.azconfig.io;Id=xxx;Secret=xxx --key color --label MyLabel

'az login' 資格情報を使用してキー値を表示します。

az appconfig kv show --key color --auth-mode login --endpoint https://myappconfiguration.azconfig.io

必須のパラメーター

--key

表示されるキー。

省略可能のパラメーター

--auth-mode

このパラメーターは、データ操作を承認する方法を示すために使用できます。 認証モードが "キー" の場合は、接続文字列またはストア名を指定すると、承認のためにアカウント アクセス キーが取得されます。 認証モードが "login" の場合は、ストア エンドポイントまたはストア名を指定します。"az login" 資格情報が承認に使用されます。 を使用して、既定の認証モードを az configure --defaults appconfig_auth_mode=<auth_mode>構成できます。 詳細については、https://docs.microsoft.com/azure/azure-app-configuration/concept-enable-rbacを参照してください。

承認された値: key, login
既定値: key
--connection-string

アクセス キーと App Configuration のエンドポイントの組み合わせ。 'az appconfig credential list' を使用して見つけることができます。 ユーザーは、AZURE_APPCONFIG_CONNECTION_STRINGという名前の環境変数を使用して az configure --defaults appconfig_connection_string=<connection_string> 事前設定できます。

--datetime

形式: "YYYY-MM-DDThh:mm:ssZ"。 タイム ゾーンが指定されていない場合は、既定で UTC を使用します。

--endpoint

認証モードが "ログイン" の場合は、App Configuration のエンドポイント URL を指定します。 エンドポイントは、"az appconfig show" コマンドを使用して取得できます。 を使用して、既定のエンドポイントを az configure --defaults appconfig_endpoint=<endpoint>構成できます。

--label

ラベルが指定されていない場合は、null ラベルを含むエントリを表示します。 フィルター処理はサポートされていません。

--name -n

アプリ構成の名前。 を使用して、既定の名前を az configure --defaults app_configuration_store=<name>構成できます。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az appconfig kv unlock

キー値のロックを解除して、書き込み操作を取得します。

az appconfig kv unlock --key
                       [--auth-mode {key, login}]
                       [--connection-string]
                       [--endpoint]
                       [--label]
                       [--name]
                       [--yes]

App Configuration 名を使用してキー値のロックを解除します。

az appconfig kv unlock -n MyAppConfiguration --key color --label test

接続文字列を使用してキーと値のロックを強制的に解除します。

az appconfig kv unlock --connection-string Endpoint=https://contoso.azconfig.io;Id=xxx;Secret=xxx --key color --label test --yes

必須のパラメーター

--key

ロック解除するキー。

省略可能のパラメーター

--auth-mode

このパラメーターは、データ操作を承認する方法を示すために使用できます。 認証モードが "キー" の場合は、接続文字列またはストア名を指定すると、承認のためにアカウント アクセス キーが取得されます。 認証モードが "login" の場合は、ストア エンドポイントまたはストア名を指定します。"az login" 資格情報が承認に使用されます。 を使用して、既定の認証モードを az configure --defaults appconfig_auth_mode=<auth_mode>構成できます。 詳細については、https://docs.microsoft.com/azure/azure-app-configuration/concept-enable-rbacを参照してください。

承認された値: key, login
既定値: key
--connection-string

アクセス キーと App Configuration のエンドポイントの組み合わせ。 'az appconfig credential list' を使用して見つけることができます。 ユーザーは、AZURE_APPCONFIG_CONNECTION_STRINGという名前の環境変数を使用して az configure --defaults appconfig_connection_string=<connection_string> 事前設定できます。

--endpoint

認証モードが "ログイン" の場合は、App Configuration のエンドポイント URL を指定します。 エンドポイントは、"az appconfig show" コマンドを使用して取得できます。 を使用して、既定のエンドポイントを az configure --defaults appconfig_endpoint=<endpoint>構成できます。

--label

ラベルが指定されていない場合は、null ラベルでエントリのロックを解除します。 フィルター処理はサポートされていません。

--name -n

アプリ構成の名前。 を使用して、既定の名前を az configure --defaults app_configuration_store=<name>構成できます。

--yes -y

確認のダイアログを表示しません。

既定値: False
グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。