Share via


az billing role-assignment

このコマンド グループはプレビュー段階であり、開発中です。 参照レベルとサポート レベル: https://aka.ms/CLI_refstatus

課金ロールの割り当て。

コマンド

名前 説明 Status
az billing role-assignment delete

課金アカウントの呼び出し元のロールの割り当てを削除します。 この操作は、契約の種類が Microsoft Partner Agreement または Microsoft 顧客契約 の課金アカウントでサポートされています。

コア プレビュー
az billing role-assignment list

請求先アカウントの呼び出し元のロールの割り当てを一覧表示します。 この操作は、契約の種類が Microsoft Partner Agreement または Microsoft 顧客契約 の課金アカウントでサポートされています。

コア プレビュー
az billing role-assignment show

異なるスコープ内の呼び出し元のロール割り当ての詳細を表示します。 この操作は、契約の種類が Microsoft Partner Agreement または Microsoft 顧客契約 の課金アカウントでサポートされています。

コア プレビュー

az billing role-assignment delete

プレビュー

コマンド グループ "課金ロールの割り当て" はプレビュー段階であり、開発中です。 参照レベルとサポート レベル: https://aka.ms/CLI_refstatus

課金アカウントの呼び出し元のロールの割り当てを削除します。 この操作は、契約の種類が Microsoft Partner Agreement または Microsoft 顧客契約 の課金アカウントでサポートされています。

az billing role-assignment delete --account-name
                                  --name
                                  [--invoice-section-name]
                                  [--profile-name]
                                  [--yes]

InvoiceSectionRoleAssignmentDelete

az billing role-assignment delete --account-name "{billingAccountName}" --profile-name "{billingProfileName}" --name "{billingRoleAssignmentName}" --invoice-section-name "{invoiceSectionName}"

必須のパラメーター

--account-name

課金アカウントを一意に識別する ID。

--name -n

ロールの割り当てを一意に識別する ID。

省略可能のパラメーター

--invoice-section-name

請求書セクションを一意に識別する ID。

--profile-name

課金プロファイルを一意に識別する ID。

--yes -y

確認のダイアログを表示しません。

既定値: False
グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az billing role-assignment list

プレビュー

コマンド グループ "課金ロールの割り当て" はプレビュー段階であり、開発中です。 参照レベルとサポート レベル: https://aka.ms/CLI_refstatus

請求先アカウントの呼び出し元のロールの割り当てを一覧表示します。 この操作は、契約の種類が Microsoft Partner Agreement または Microsoft 顧客契約 の課金アカウントでサポートされています。

az billing role-assignment list --account-name
                                [--invoice-section-name]
                                [--profile-name]

課金アカウントのスコープ別にロールの割り当てを一覧表示する

az billing role-assignment list --account-name "{billingAccountName}"

課金プロファイルスコープ別にロールの割り当てを一覧表示する

az billing role-assignment list --account-name "{billingAccountName}" --profile-name "{billingProfileName}"

請求書セクションのスコープ別にロールの割り当てを一覧表示する

az billing role-assignment list --account-name "{billingAccountName}" --profile-name "{billingProfileName}" --invoice-section-name "{invoiceSectionName}"

必須のパラメーター

--account-name

課金アカウントを一意に識別する ID。

省略可能のパラメーター

--invoice-section-name

請求書セクションを一意に識別する ID。

--profile-name

課金プロファイルを一意に識別する ID。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az billing role-assignment show

プレビュー

コマンド グループ "課金ロールの割り当て" はプレビュー段階であり、開発中です。 参照レベルとサポート レベル: https://aka.ms/CLI_refstatus

異なるスコープ内の呼び出し元のロール割り当ての詳細を表示します。 この操作は、契約の種類が Microsoft Partner Agreement または Microsoft 顧客契約 の課金アカウントでサポートされています。

az billing role-assignment show --account-name
                                --name
                                [--invoice-section-name]
                                [--profile-name]

請求先アカウントの呼び出し元のロールの割り当てを表示する

az billing role-assignment show --account-name "{billingAccountName}" --name "{billingRoleAssignmentName}"

課金プロファイルで呼び出し元のロールの割り当てを表示する

az billing role-assignment show --account-name "{billingAccountName}" --profile-name "{billingProfileName}" --name "{billingRoleAssignmentName}"

請求書セクションに呼び出し元のロールの割り当てを表示する

az billing role-assignment show --account-name "{billingAccountName}" --profile-name "{billingProfileName}" --name "{billingRoleAssignmentName}" --invoice-section-name "{invoiceSectionName}"

必須のパラメーター

--account-name

課金アカウントを一意に識別する ID。

--name -n

ロールの割り当てを一意に識別する ID。

省略可能のパラメーター

--invoice-section-name

請求書セクションを一意に識別する ID。

--profile-name

課金プロファイルを一意に識別する ID。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。