Linux に Azure CLI をインストールする

Azure CLI は、Linux コンピューターにローカルにインストールできるクロスプラットフォーム コマンドライン ツールです。 Linux 上の Azure CLI を使用して Azure に接続し、Azure リソースに対して管理コマンドを実行することができます。 Linux 上の CLI では、対話型のコマンド ライン プロンプトを使用したターミナルまたはスクリプトを通じてさまざまなコマンドを実行できます。 Linux に Azure CLI をインストールする準備ができたら、Linux ディストリビューションのパッケージ マネージャーの使用をお勧めします。 上記のオプションから、ディストリビューションに適したパッケージ マネージャーを選択します。 一覧に表示されているパッケージ マネージャーがない場合は、 [インストール スクリプト] オプションを選択して、Linux に Azure CLI を手動でインストールすることができます。

Azure CLI の現在のバージョンは 2.40.0 です。 最新リリースについては、リリース ノートをご覧ください。 インストール済みのバージョンを見つけ、更新する必要があるかどうかを確認するには、az version を実行します。

概要

apt パッケージ マネージャーには、次のディストリビューションでテスト済みの Azure CLI の x86_64 パッケージが含まれています。

Distribution Version
Ubuntu 18.04 LTS (Bionic Beaver)、20.04 LTS (Focal Fossa)、22.04 (Jammy Jellyfish)
Debian 10 (Buster)、11 (Bullseye)

警告

以前のシステムでは引き続き履歴バージョンの Azure CLI を使用できますが、更新プログラムやバグ修正はありません。 Ubuntu または Debian の新しいバージョンにアップグレードして、最新のバージョンの Azure CLI を使用します。

警告

Ubuntu 20.04 (Focal Fossa) および 20.10 (Groovy Gorilla) には、universe リポジトリによって提供されるバージョン 2.0.81azure-cli パッケージが含まれています。 このパッケージは古いため、推奨されません。 このパッケージがインストールされている場合は、続行する前にコマンド sudo apt remove azure-cli -y && sudo apt autoremove -y を実行して、パッケージを削除してください。 詳細については、Ubuntu パッケージの管理に関するページを参照するか、、ubuntu にお問い合わせください。apt remove

azure-cli deb パッケージでは、ARM64 アーキテクチャはサポートされていません。

インストール オプション

システムに Azure CLI をインストールするには、2 つのオプションがあります。 1 つ目の方法は、1 つのコマンドを実行することによって、インストール スクリプトをダウンロードしてインストール コマンドを実行します。 もう 1 つの方法として、ステップ バイ ステップのプロセスでインストール コマンドを自分で実行することもできます。 両方の方法を以下で説明します。

オプション 1: 1 つのコマンドでインストールする

Azure CLI チームは、1 回の手順ですべてのインストール コマンドを実行するスクリプトを保持します。 このスクリプトは curl 経由でダウンロードされ、CLI をインストールするために直接 bash にパイプ処理されます。

実行する前にスクリプトの内容を自分で調べる場合は、まず curl を使用してスクリプトをダウンロードし、任意のテキスト エディターで調べます。

curl -sL https://aka.ms/InstallAzureCLIDeb | sudo bash

オプション 2:ステップ バイ ステップのインストール手順

ステップ バイ ステップのインストール プロセスを使用する場合は、次の手順を実行して Azure CLI をインストールします。

  1. インストール プロセスに必要なパッケージを取得します。

    sudo apt-get update
    sudo apt-get install ca-certificates curl apt-transport-https lsb-release gnupg
    
  2. Microsoft の署名キーをダウンロードしてインストールします。

    curl -sL https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc |
        gpg --dearmor |
        sudo tee /etc/apt/trusted.gpg.d/microsoft.gpg > /dev/null
    
  3. Azure CLI ソフトウェア リポジトリを追加します。
    AZ_REPO=$(lsb_release -cs)
    echo "deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/repos/azure-cli/ $AZ_REPO main" |
        sudo tee /etc/apt/sources.list.d/azure-cli.list
    
  4. リポジトリ情報を更新し、azure-cli パッケージをインストールします。

    sudo apt-get update
    sudo apt-get install azure-cli
    

特定のバージョンをインストールする

まず、上記のように azure-cli リポジトリ情報を構成する必要があります。 利用可能なバージョンについては、「Azure CLI リリース ノート」を参照してください。

  1. コマンドを使用して利用可能なバージョンを表示するには、以下を実行します。

    apt-cache policy azure-cli
    
  2. 特定のバージョンをインストールするには、以下を実行します。

    sudo apt-get install azure-cli=<version>-1~bullseye
    

トラブルシューティング

ここでは、apt でのインストール時に発生する一般的な問題をいくつか示します。 ここで取り上げていない問題が発生した場合は、GitHub で問題を報告してください。

Ubuntu 20.04 (Focal)/WSL でのモジュールが存在しない問題

手動インストールの手順の「手順 3」で Azure CLI ソフトウェア リポジトリを追加せずに、または提供されているスクリプトを使用して azure-cliFocal にインストールした場合、インストールしたパッケージが focal/universe リポジトリからの古い azure-cli 2.0.81 であるため、"decorator" や "antlr4" という名前のモジュールが存在しないなどの問題が発生する可能性があります。 最初に sudo apt remove azure-cli -y && sudo apt autoremove -y を実行してそれを削除してから、上記の手順に従って最新の azure-cli パッケージをインストールしてください。

lsb_release がベース ディストリビューション バージョンを返さない

Linux Mint など、Ubuntu や Debian から派生する一部のディストリビューションでは、正しいバージョン名が lsb_release から返されない場合があります。 この値は、インストール プロセスで、インストールするパッケージを特定するときに使用されます。 ディストリビューションの派生元である Ubuntu バージョンまたは Debian バージョンのコード名がわかっている場合は、リポジトリを追加するときに AZ_REPO 値を手動で設定できます。 それ以外の場合は、ご自身のディストリビューションについて、ベース ディストリビューションのコード名を調べて、AZ_REPO を正しい値に設定する方法をご確認ください。

ご使用のディストリビューションのパッケージがない

ディストリビューションがリリースされてから、そのディストリビューション用の Azure CLI パッケージが利用可能になるまではしばらくかかることがあります。 Azure CLI は、以降のバージョンの依存関係に関して弾力性を持つように、また可能な限り以降のバージョンに依存しないように設計されています。 ベース ディストリビューションに使用できるパッケージがない場合は、以前のディストリビューション用のパッケージをお試しください。

これを行うには、リポジトリを追加するときに AZ_REPO の値を手動で設定します。 Ubuntu ディストリビューションには最新の jammy リポジトリーを使用します。

AZ_REPO="jammy"

Debian ディストリビューションには最新の bullseye リポジトリーを使用します。

AZ_REPO="bullseye"

Ubuntu Bionic および Debian Buster より前にリリースされたディストリビューションはサポートされていません。

elementary OS (EOS) で Azure CLI のインストールが失敗する

lsb_release によって HERA (EOS リリース名) が返されるため、EOS で Azure CLI のインストールが失敗します。 解決策は、ファイル /etc/apt/sources.list.d/azure-cli.list を修正して、hera mainbionic main に変更することです。

元のファイルの内容:

deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/repos/azure-cli/ hera main

修正したファイルの内容

deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/repos/azure-cli/ bionic main

プロキシによる接続のブロック

プロキシのために外部リソースに接続できない場合、シェルに HTTP_PROXY および HTTPS_PROXY 変数を正しく設定していることを確認してください。 これらのプロキシ用にどのホストとポートを使用するかについては、システム管理者に問い合わせる必要があります。

これらの値は、多くの Linux プログラムで使用されます (インストール プロセスで使用されるものも含む)。 これらの値を設定するには、次の手順を実行します。

# No auth
export HTTP_PROXY=http://[proxy]:[port]
export HTTPS_PROXY=https://[proxy]:[port]

# Basic auth
export HTTP_PROXY=http://[username]:[password]@[proxy]:[port]
export HTTPS_PROXY=https://[username]:[password]@[proxy]:[port]

重要

プロキシの内側にいる場合は、これらのシェル変数を CLI によって Azure サービスに接続するように設定する必要があります。 基本認証を使用しない場合は、.bashrc ファイルでこれらの変数をエクスポートすることをお勧めします。 常に、貴社のビジネスのセキュリティ ポリシーと、システム管理者の要件に従ってください。

常にこのプロキシを使用するように apt を明示的に構成することが必要な場合もあります。 次の行が /etc/apt/apt.conf.d/apt 構成ファイルに表示されることを確認します。 既存のグローバル構成ファイル、既存のプロキシ構成ファイル、40proxies、または 99local を使用することをお勧めしますが、システム管理の要件に従ってください。

Acquire {
    http::proxy "http://[username]:[password]@[proxy]:[port]";
    https::proxy "https://[username]:[password]@[proxy]:[port]";
}

プロキシで基本認証を使用しない場合、プロキシ URL の [username]:[password]@ ポーションを削除します。 プロキシ構成について詳しくは、Ubuntu の公式ドキュメントを参照してください。

Microsoft 署名キーを取得し、リポジトリからパッケージを取得するには、お使いのプロキシで次のアドレスへの HTTPS 接続を許可する必要があります。

  • https://packages.microsoft.com

Windows Subsystem for Linux で CLI をインストールまたは実行できない

Windows Subsystem for Linux (WSL) は Windows プラットフォームを基盤とするシステム呼び出し変換レイヤーであるため、Azure CLI をインストールまたは実行しようとするとエラーが発生する場合があります。 CLI は、WSL にバグが含まれる可能性のあるいくつかの機能に依存しています。 どのように CLI をインストールしてもエラーが発生する場合は、CLI のインストール プロセスではなく WSL に問題があると考えられます。

WSL インストールのトラブルシューティングを行い、問題を解決するには、以下を行ってください。

  • 可能であれば、同じインストール プロセスを Linux マシンまたは VM で実行し、正常にインストールできるかどうかを確認します。 インストールできる場合、問題はほぼ間違いなく WSL に関連するものです。 Azure で Linux VM を開始するには、Azure portal での Linux 仮想マシンの作成に関するページを参照してください。
  • 最新バージョンの WSL を実行していることを確認します。 最新バージョンを入手するには、Windows 10 インストールを更新してください。
  • 現在の問題に対処している、WSL 関連の未解決案件がないか確認します。 この問題を回避する方法についての提案や、問題が修正される予定のリリースに関する情報が掲載されることがよくあります。
  • 現在の問題に関する案件がまだない場合は、WSL に関する新規案件を提出します。その際は、必ず、可能な限り多くの情報を提供してください。

引き続き WSL でのインストールまたは実行の問題が発生する場合は、Windows 用の CLI のインストールを検討してください。

更新

CLI には、最新バージョンに更新するためのツール内コマンドが用意されています。

az upgrade

Note

az upgrade コマンドはバージョン 2.11.0 で追加されたもので、2.11.0 より前のバージョンでは動作しません。 以前のバージョンは、「Azure CLI のインストール」の説明に従って再インストールすることによって更新できます。

このコマンドを使用すると、インストールされているすべての拡張機能も既定で更新されます。 az upgrade オプションの詳細については、コマンド リファレンス ページを参照してください。

apt-get upgrade を使用して CLI パッケージを更新することもできます。

sudo apt-get update && sudo apt-get upgrade

Note

このコマンドにより、システムにインストールされている、依存関係が変更されていないすべてのパッケージがアップグレードされます。 CLI だけをアップグレードするには、apt-get install を使用します。

sudo apt-get update && sudo apt-get install --only-upgrade -y azure-cli

アンインストール

Azure CLI が不要であると判断した場合は、アンインストールできます。 アンインストールする前に、az feedback コマンドを使用して、どのような改善または修正が可能かをお知らせください。 Microsoft の目標は、Azure CLI のバグをなくし、使いやすいものにすることです。 バグが見つかった場合は、GitHub で問題を報告していただきますよう、よろしくお願いいたします。

  1. apt-get remove を使用してアンインストールします。

    sudo apt-get remove -y azure-cli
    
  2. CLI を再インストールする予定がない場合は、Azure CLI リポジトリ情報を削除します。

    sudo rm /etc/apt/sources.list.d/azure-cli.list
    
  3. Microsoft の他のパッケージを使用しない場合は、署名キーを削除します。

    sudo rm /etc/apt/trusted.gpg.d/microsoft.gpg
    
  4. 不要なパッケージを削除します。

    sudo apt autoremove
    

概要

RHEL 8 や CentOS Stream 8 など、dnf を使用する Linux ディストリビューションには、Azure CLI 用の RPM パッケージがあります。

警告

Azure CLI 2.39.0 (2022 年 8 月 2 日リリース) 以降、RHEL 7 と CentOS 7 用の RPM パッケージはリリースされません。 これらのシステムでは引き続き履歴バージョンの Azure CLI を使用できますが、更新プログラムやバグ修正はありません。 最新の Azure CLI を使用するために、RHEL または CentOS の新しいバージョンにアップグレードすることを検討してください。

Azure CLI の現在のバージョンは 2.40.0 です。 最新リリースについては、リリース ノートをご覧ください。 インストール済みのバージョンを見つけ、更新する必要があるかどうかを確認するには、az version を実行します。

重要

Azure CLI の RPM パッケージは、python3 パッケージによって異なります。 お使いのシステムでは、これは Python 3.6.x の要件より前から存在する Python バージョンである可能性があります。 この影響がある場合は、代替の python3 パッケージを見つけてください。

Python 2 は 2020 年 1 月 1日に有効期間が終了したため、更新プログラムは配信されません。 バージョン 2.1.0 以降、Azure CLI は Python 2.7 のサポートを終了しました。 新しいバージョンでは、Python 2.7 の正しい動作は保証されません。

Note

dnf パッケージ マネージャーをサポートしていない Linux システムを使用している場合は、yum パッケージ マネージャーを使用します。

インストール

  1. Microsoft リポジトリ キーをインポートします。

    sudo rpm --import https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc
    
  2. RHEL 9 または CentOS Stream 9 の場合は、packages-microsoft-com-prod リポジトリを追加します。

    sudo dnf install -y https://packages.microsoft.com/config/rhel/9.0/packages-microsoft-prod.rpm
    

    RHEL 8 または CentOS Stream 8 の場合は、packages-microsoft-com-prod リポジトリを追加します。

    sudo dnf install -y https://packages.microsoft.com/config/rhel/8/packages-microsoft-prod.rpm
    

    RHEL 7 または CentOS 7 の場合は、azure-cli リポジトリを追加します。

    echo -e "[azure-cli]
    name=Azure CLI
    baseurl=https://packages.microsoft.com/yumrepos/azure-cli
    enabled=1
    gpgcheck=1
    gpgkey=https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc" | sudo tee /etc/yum.repos.d/azure-cli.repo
    
  3. dnf install コマンドを使用してインストールします。

    sudo dnf install azure-cli
    

特定のバージョンをインストールする

まず、上記のように azure-cli リポジトリ情報を構成する必要があります。 利用可能なバージョンについては、「Azure CLI リリース ノート」を参照してください。

  1. コマンドを使用して利用可能なバージョンを表示するには、以下を実行します。

    dnf list --showduplicates azure-cli
    
  2. 特定のバージョンをインストールするには、以下を実行します。

    sudo dnf install azure-cli-<version>-1.el7
    

トラブルシューティング

ここでは、dnf でのインストール時に発生する一般的な問題をいくつか示します。 ここで取り上げていない問題が発生した場合は、GitHub で問題を報告してください。

Python 3 を含まない RHEL 7.6 またはその他のシステムにインストールする

可能な場合は、python 3.6+ パッケージの正式なサポートを含むバージョンにシステムをアップグレードしてください。 それ以外の場合は、最初に python3 パッケージをインストールしてから、依存関係なしで Azure CLI をインストールする必要があります。

次の 1 つのコマンドを使用して、ソースからビルドされた python 3.6 と共に Azure CLI をインストールできます。

curl -sL https://azurecliprod.blob.core.windows.net/rhel7_6_install.sh | sudo bash

手順を追って実行することもできます。

まず、Azure CLI には SSL 1.1+ が必要であり、python3 をビルドする前にソースから openssl 1.1 をビルドする必要があります。

sudo dnf install gcc gcc-c++ make ncurses patch wget tar zlib zlib-devel -y
# build openssl from source
cd ~
wget https://www.openssl.org/source/openssl-1.1.1d.tar.gz
tar -xzf openssl-1.1.1d.tar.gz
cd openssl-1.1.1d
./config --prefix=/usr/local/ssl --openssldir=/usr/local/ssl
make
sudo make install
# configure shared object lookup directory so that libssl.so.1.1 can be found
echo "/usr/local/ssl/lib" | sudo tee /etc/ld.so.conf.d/openssl-1.1.1d.conf
# reload config
sudo ldconfig -v

次に、ソースから Python 3 をビルドします。

PYTHON_VERSION="3.6.9"
PYTHON_SRC_DIR=$(mktemp -d)
wget -qO- https://www.python.org/ftp/python/$PYTHON_VERSION/Python-$PYTHON_VERSION.tgz | tar -xz -C "$PYTHON_SRC_DIR"
cd $PYTHON_SRC_DIR/Python-$PYTHON_VERSION
./configure --prefix=/usr --with-openssl=/usr/local/ssl
make
sudo make install

最後に、インストールの指示の手順 1 と 2 に従って、Azure CLI リポジトリを追加します。 これで、パッケージをダウンロードして、依存関係なしでインストールできます。

Note

dnf ダウンロード プラグインがインストールされていない場合は、下のコードの実行時に "コマンドが見つかりません" というエラーが発生します。 dnf install 'dnf-command(download)' を使用して dnf ダウンロード プラグインをインストールしてください。

sudo dnf download azure-cli
sudo rpm -ivh --nodeps azure-cli-*.rpm

別の方法として、いくつかの追加のリポジトリから Python 3 をインストールすることもできます。 このようにして、python3 を設定しても、CLI を実行しようするとエラー python3: command not found が依然として表示される場合は、パスにそれを追加する必要があります。

scl enable rh-python36 bash

プロキシによる接続のブロック

プロキシのために外部リソースに接続できない場合、シェルに HTTP_PROXY および HTTPS_PROXY 変数を正しく設定していることを確認してください。 これらのプロキシ用にどのホストとポートを使用するかについては、システム管理者に問い合わせる必要があります。

これらの値は、多くの Linux プログラムで使用されます (インストール プロセスで使用されるものも含む)。 これらの値を設定するには、次の手順を実行します。

# No auth
export HTTP_PROXY=http://[proxy]:[port]
export HTTPS_PROXY=https://[proxy]:[port]

# Basic auth
export HTTP_PROXY=http://[username]:[password]@[proxy]:[port]
export HTTPS_PROXY=https://[username]:[password]@[proxy]:[port]

重要

プロキシの内側にいる場合は、これらのシェル変数を CLI によって Azure サービスに接続するように設定する必要があります。 基本認証を使用しない場合は、.bashrc ファイルでこれらの変数をエクスポートすることをお勧めします。 常に、貴社のビジネスのセキュリティ ポリシーと、システム管理者の要件に従ってください。

常にこのプロキシを使用するように dnf を明示的に構成することが必要な場合もあります。 次の行が /etc/dnf/dnf.conf[main] セクションの下に表示されていることを確認してください。

[main]
# ...
proxy=http://[proxy]:[port] # If your proxy requires https, change http->https
proxy_username=[username] # Only required for basic auth
proxy_password=[password] # Only required for basic auth

Microsoft 署名キーを取得し、リポジトリからパッケージを取得するには、お使いのプロキシで次のアドレスへの HTTPS 接続を許可する必要があります。

  • https://packages.microsoft.com

Windows Subsystem for Linux で CLI をインストールまたは実行できない

Windows Subsystem for Linux (WSL) は Windows プラットフォームを基盤とするシステム呼び出し変換レイヤーであるため、Azure CLI をインストールまたは実行しようとするとエラーが発生する場合があります。 CLI は、WSL にバグが含まれる可能性のあるいくつかの機能に依存しています。 どのように CLI をインストールしてもエラーが発生する場合は、CLI のインストール プロセスではなく WSL に問題があると考えられます。

WSL インストールのトラブルシューティングを行い、問題を解決するには、以下を行ってください。

  • 可能であれば、同じインストール プロセスを Linux マシンまたは VM で実行し、正常にインストールできるかどうかを確認します。 インストールできる場合、問題はほぼ間違いなく WSL に関連するものです。 Azure で Linux VM を開始するには、Azure portal での Linux 仮想マシンの作成に関するページを参照してください。
  • 最新バージョンの WSL を実行していることを確認します。 最新バージョンを入手するには、Windows 10 インストールを更新してください。
  • 現在の問題に対処している、WSL 関連の未解決案件がないか確認します。 この問題を回避する方法についての提案や、問題が修正される予定のリリースに関する情報が掲載されることがよくあります。
  • 現在の問題に関する案件がまだない場合は、WSL に関する新規案件を提出します。その際は、必ず、可能な限り多くの情報を提供してください。

引き続き WSL でのインストールまたは実行の問題が発生する場合は、Windows 用の CLI のインストールを検討してください。

更新

CLI には、最新バージョンに更新するためのツール内コマンドが用意されています。

az upgrade

Note

az upgrade コマンドはバージョン 2.11.0 で追加されたもので、2.11.0 より前のバージョンでは動作しません。 以前のバージョンは、「Azure CLI のインストール」の説明に従って再インストールすることによって更新できます。

このコマンドを使用すると、インストールされているすべての拡張機能も既定で更新されます。 az upgrade オプションの詳細については、コマンド リファレンス ページを参照してください。

dnf update コマンドを使用して Azure CLI を更新することもできます。

sudo dnf update azure-cli

アンインストール

Azure CLI が不要であると判断した場合は、アンインストールできます。 アンインストールする前に、az feedback コマンドを使用して、どのような改善または修正が可能かをお知らせください。 Microsoft の目標は、Azure CLI のバグをなくし、使いやすいものにすることです。 バグが見つかった場合は、GitHub で問題を報告していただきますよう、よろしくお願いいたします。

  1. システムからパッケージを削除します。

    sudo dnf remove azure-cli
    
  2. CLI を再インストールする予定がない場合は、リポジトリ情報を削除します。

    sudo rm /etc/yum.repos.d/azure-cli.repo
    
  3. 他の Microsoft パッケージを使用しない場合は、署名キーを削除します。

    MSFT_KEY=`rpm -qa gpg-pubkey /* --qf "%{version}-%{release} %{summary}\n" | grep Microsoft | awk '{print $1}'`
    sudo rpm -e --allmatches gpg-pubkey-$MSFT_KEY
    

概要

RMM は CBL-Mariner 1.0 および 2.0 用にリリースされます。

インストール

tdnf install コマンドを使用してインストールします。

sudo tdnf install azure-cli

特定のバージョンをインストールする

利用可能なバージョンについては、「Azure CLI リリース ノート」を参照してください。

コマンドを使用して利用可能なバージョンを表示するには、以下を実行します。

tdnf list azure-cli

特定のバージョンをインストールするには、以下を実行します。

sudo tdnf install azure-cli-<version>-1

更新

tdnf update コマンドで Azure CLI を更新します。

sudo tdnf update azure-cli

アンインストール

Azure CLI が不要であると判断した場合は、アンインストールできます。 アンインストールする前に、az feedback コマンドを使用して、どのような改善または修正が可能かをお知らせください。 Microsoft の目標は、Azure CLI のバグをなくし、使いやすいものにすることです。 バグが見つかった場合は、GitHub で問題を報告していただきますよう、よろしくお願いいたします。

システムからパッケージを削除します。

sudo tdnf remove azure-cli

概要

openSUSE や SLES など、zypper が付属するディストリビューションには、Azure CLI 用に利用できるパッケージが用意されています。 このパッケージは、openSUSE Leap 15.1 と SLES 15 でテストされています。

Azure CLI の現在のバージョンは 2.40.0 です。 最新リリースについては、リリース ノートをご覧ください。 インストール済みのバージョンを見つけ、更新する必要があるかどうかを確認するには、az version を実行します。

重要

Azure CLI の RPM パッケージは、python3 パッケージによって異なります。 お使いのシステムでは、これは Python 3.6.x の要件より前から存在する Python バージョンである可能性があります。 この影響がある場合は、代替の python3 パッケージを見つけてください。

Python 2 は 2020 年 1 月 1日に有効期間が終了したため、更新プログラムは配信されません。 バージョン 2.1.0 以降、Azure CLI は Python 2.7 のサポートを終了しました。 新しいバージョンでは、Python 2.7 の正しい動作は保証されません。

インストール

  1. curl をインストールします。

    sudo zypper install -y curl
    
  2. Microsoft リポジトリ キーをインポートします。

    sudo rpm --import https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc
    
  3. ローカル azure-cli リポジトリ情報を作成します。

    sudo zypper addrepo --name 'Azure CLI' --check https://packages.microsoft.com/yumrepos/azure-cli azure-cli
    
  4. zypper パッケージのインデックスを更新し、インストールを行います。

    sudo zypper install --from azure-cli azure-cli
    

    「2」と入力すると、依存関係の一部を無視してインストールが続行されます。

特定のバージョンをインストールする

まず、上記のように azure-cli リポジトリ情報を構成する必要があります。 利用可能なバージョンについては、「Azure CLI リリース ノート」を参照してください。

  1. コマンドを使用して利用可能なバージョンを表示するには、以下を実行します。

    zypper search --details --match-exact azure-cli
    
  2. 特定のバージョンをインストールするには、以下を実行します。

    sudo zypper install --from azure-cli azure-cli=<version>-1.el7
    

トラブルシューティング

ここでは、zypper でのインストール時に発生する一般的な問題をいくつか示します。 ここで取り上げていない問題が発生した場合は、GitHub で問題を報告してください。

OpenSUSE 15 VM での NotImplementedError

OpenSUSE 15 VM には、バージョン 2.0.45 の Azure CLI が事前にインストールされていますが、これは古く、az login に関する問題があります。 それをその依存関係と共に削除してから、インストールの指示に従って、最新の Azure CLI を追加してください。

sudo zypper rm -y --clean-deps azure-cli

バージョン 2.0.45 の依存関係を削除せずに Azure CLI を更新した場合は、その古い依存関係が最新バージョンの Azure CLI に影響する可能性があります。 古いバージョンを再度追加してその依存関係にリンクさせてから、その依存関係と共に azure-cli を削除する必要があります。

# The package name may vary on different system version, run 'zypper --no-refresh info azure-cli' to check the source package format
sudo zypper install --oldpackage azure-cli-2.0.45-4.22.noarch

sudo zypper rm -y --clean-deps azure-cli

Python 3.6 を含まない SLES 12 またはその他のシステムにインストールする

SLES 12 では、既定の python3 パッケージは 3.4 であり、Azure CLI ではサポートされていません。 最初に、インストールの指示の手順 1 から 3 に従って、azure-cli リポジトリを追加します。 次に、ソースからより新しいバージョンの python3 をビルドします。 最後に、Azure CLI パッケージをダウンロードして、依存関係なしでインストールできます。

次の 1 つのコマンドを使用して、上記の手順に基づいて Azure CLI をインストールまたは更新できます。 このスクリプトにより /usr/local/azcliPython 3.8 がインストールされ、az のエイリアスを PATH=/usr/local/azcli/bin:$PATH az に設定することによって Azure CLI で使用されるようにします。 スクリプトをダウンロードし、必要に応じて変更することもできます。 たとえば、Python のバージョンやインストールの場所を変更できます。

curl -sL https://azurecliprod.blob.core.windows.net/sles12_install_v2.sh | sudo bash

初めてインストールする場合は、次のコマンドを実行してエイリアスをアクティブ化することを忘れないでください。

source ~/.bashrc

プロキシによる接続のブロック

プロキシのために外部リソースに接続できない場合、シェルに HTTP_PROXY および HTTPS_PROXY 変数を正しく設定していることを確認してください。 これらのプロキシ用にどのホストとポートを使用するかについては、システム管理者に問い合わせる必要があります。

これらの値は、多くの Linux プログラムで使用されます (インストール プロセスで使用されるものも含む)。 これらの値を設定するには、次の手順を実行します。

# No auth
export HTTP_PROXY=http://[proxy]:[port]
export HTTPS_PROXY=https://[proxy]:[port]

# Basic auth
export HTTP_PROXY=http://[username]:[password]@[proxy]:[port]
export HTTPS_PROXY=https://[username]:[password]@[proxy]:[port]

重要

プロキシの内側にいる場合は、これらのシェル変数を CLI によって Azure サービスに接続するように設定する必要があります。 基本認証を使用しない場合は、.bashrc ファイルでこれらの変数をエクスポートすることをお勧めします。 常に、貴社のビジネスのセキュリティ ポリシーと、システム管理者の要件に従ってください。

常にこのプロキシを使用するように zypper (yast2 経由) を明示的に構成することが必要な場合もあります。 このためには、yast2 proxy コマンドをスーパーユーザーとして実行し、フォームに提示された情報を入力します。 システムでウィンドウ マネージャーを使用できる場合、YaST Control CenterNetwork Services > Proxy ウィンドウを使用することもできます。

詳細な構成やその他の情報については、OpenSUSE プロキシの構成に関するドキュメントをご覧ください。

Microsoft 署名キーを取得し、リポジトリからパッケージを取得するには、お使いのプロキシで次のアドレスへの HTTPS 接続を許可する必要があります。

  • https://packages.microsoft.com
  • https://download.opensuse.org

Windows Subsystem for Linux で CLI をインストールまたは実行できない

Windows Subsystem for Linux (WSL) は Windows プラットフォームを基盤とするシステム呼び出し変換レイヤーであるため、Azure CLI をインストールまたは実行しようとするとエラーが発生する場合があります。 CLI は、WSL にバグが含まれる可能性のあるいくつかの機能に依存しています。 どのように CLI をインストールしてもエラーが発生する場合は、CLI のインストール プロセスではなく WSL に問題があると考えられます。

WSL インストールのトラブルシューティングを行い、問題を解決するには、以下を行ってください。

  • 可能であれば、同じインストール プロセスを Linux マシンまたは VM で実行し、正常にインストールできるかどうかを確認します。 インストールできる場合、問題はほぼ間違いなく WSL に関連するものです。 Azure で Linux VM を開始するには、Azure portal での Linux 仮想マシンの作成に関するページを参照してください。
  • 最新バージョンの WSL を実行していることを確認します。 最新バージョンを入手するには、Windows 10 インストールを更新してください。
  • 現在の問題に対処している、WSL 関連の未解決案件がないか確認します。 この問題を回避する方法についての提案や、問題が修正される予定のリリースに関する情報が掲載されることがよくあります。
  • 現在の問題に関する案件がまだない場合は、WSL に関する新規案件を提出します。その際は、必ず、可能な限り多くの情報を提供してください。

引き続き WSL でのインストールまたは実行の問題が発生する場合は、Windows 用の CLI のインストールを検討してください。

SSL 証明書の問題

マシンで証明書が壊れているか、古くなっていると、curl がサーバーの正当性を確認できなかったため、セキュリティで保護された接続を確立できなかったことを示すエラーが表示されることがあります。 証明書を更新して問題を解決してください。

sudo zypper update-ca-certificates

更新

CLI には、最新バージョンに更新するためのツール内コマンドが用意されています。

az upgrade

Note

az upgrade コマンドはバージョン 2.11.0 で追加されたもので、2.11.0 より前のバージョンでは動作しません。 以前のバージョンは、「Azure CLI のインストール」の説明に従って再インストールすることによって更新できます。

このコマンドを使用すると、インストールされているすべての拡張機能も既定で更新されます。 az upgrade オプションの詳細については、コマンド リファレンス ページを参照してください。

zypper update コマンドを使用してパッケージを更新することもできます。

sudo zypper refresh
sudo zypper update azure-cli

アンインストール

Azure CLI が不要であると判断した場合は、アンインストールできます。 アンインストールする前に、az feedback コマンドを使用して、どのような改善または修正が可能かをお知らせください。 Microsoft の目標は、Azure CLI のバグをなくし、使いやすいものにすることです。 バグが見つかった場合は、GitHub で問題を報告していただきますよう、よろしくお願いいたします。

  1. システムからパッケージを削除します。

    sudo zypper remove -y azure-cli
    
  2. CLI を再インストールする予定がない場合は、リポジトリ情報を削除します。

    sudo zypper removerepo azure-cli
    
  3. 他の Microsoft パッケージを使用しない場合は、Microsoft 署名キーを削除します。

    MSFT_KEY=`rpm -qa gpg-pubkey /* --qf "%{version}-%{release} %{summary}\n" | grep Microsoft | awk '{print $1}'`
    sudo rpm -e --allmatches gpg-pubkey-$MSFT_KEY
    

概要

注意

パッケージ マネージャーを使用して CLI をインストールすることを強くお勧めします。 パッケージ マネージャーを使用すると、常に最新の更新プログラムを取得できるので、CLI コンポーネントの安定性が保証されます。 手動でインストールする前に、お使いのディストリビューション用のパッケージがあるかどうかを確認してください。

CLI には、次のソフトウェアが必要です。

重要

バージョン 2.1.0 以降、CLI は Python 2.7 のサポートを終了しました。 新しいバージョンでは、Python 2.7 の正しい動作は保証されません。

インストールまたは更新

CLI をインストールおよび更新するには、いずれの場合もインストール スクリプトを再実行する必要があります。 curl を実行して CLI をインストールします。

curl -L https://aka.ms/InstallAzureCli | bash

スクリプトをダウンロードして、ローカルで実行することもできます。 変更を有効にするために、シェルの再起動が必要になる場合があります。

トラブルシューティング

ここでは、手動インストール中に発生する一般的な問題をいくつか示します。 ここで取り上げていない問題が発生した場合は、GitHub で問題を報告してください。

curl の "Object Moved" エラー

curl-L パラメーターに関連するエラーが発生した場合や、"Object Moved" というテキストが含まれているエラー メッセージが表示された場合は、次のように、aka.ms リダイレクトの代わりに完全な URL を使用してみてください。

curl https://azurecliprod.blob.core.windows.net/install | bash

az コマンドが見つからない

インストール後に、bash または zsh でコマンドを実行できない場合は、シェルのコマンド ハッシュのキャッシュをクリアします。 実行

hash -r

問題が解決されているかどうかを確認します。

インストール後にシェルを再起動しなかった場合にも、この問題が発生することがあります。 az コマンドの場所が $PATH にあることを確認してください。 az コマンドの場所は次のとおりです。

<install path>/bin

プロキシによる接続のブロック

プロキシのために外部リソースに接続できない場合、シェルに HTTP_PROXY および HTTPS_PROXY 変数を正しく設定していることを確認してください。 これらのプロキシ用にどのホストとポートを使用するかについては、システム管理者に問い合わせる必要があります。

これらの値は、多くの Linux プログラムで使用されます (インストール プロセスで使用されるものも含む)。 これらの値を設定するには、次の手順を実行します。

# No auth
export HTTP_PROXY=http://[proxy]:[port]
export HTTPS_PROXY=https://[proxy]:[port]

# Basic auth
export HTTP_PROXY=http://[username]:[password]@[proxy]:[port]
export HTTPS_PROXY=https://[username]:[password]@[proxy]:[port]

重要

プロキシの内側にいる場合は、これらのシェル変数を CLI によって Azure サービスに接続するように設定する必要があります。 基本認証を使用しない場合は、.bashrc ファイルでこれらの変数をエクスポートすることをお勧めします。 常に、貴社のビジネスのセキュリティ ポリシーと、システム管理者の要件に従ってください。

インストール スクリプトを取得するには、プロキシで次のアドレスへの HTTPS 接続を許可する必要があります。

  • https://aka.ms/
  • https://azurecliprod.blob.core.windows.net/
  • https://pypi.python.org
  • コア パッケージ用のディストリビューションのパッケージ マネージャー (ある場合) によって使用されるエンドポイント

Windows Subsystem for Linux で CLI をインストールまたは実行できない

Windows Subsystem for Linux (WSL) は Windows プラットフォームを基盤とするシステム呼び出し変換レイヤーであるため、Azure CLI をインストールまたは実行しようとするとエラーが発生する場合があります。 CLI は、WSL にバグが含まれる可能性のあるいくつかの機能に依存しています。 どのように CLI をインストールしてもエラーが発生する場合は、CLI のインストール プロセスではなく WSL に問題があると考えられます。

WSL インストールのトラブルシューティングを行い、問題を解決するには、以下を行ってください。

  • 可能であれば、同じインストール プロセスを Linux マシンまたは VM で実行し、正常にインストールできるかどうかを確認します。 インストールできる場合、問題はほぼ間違いなく WSL に関連するものです。 Azure で Linux VM を開始するには、Azure portal での Linux 仮想マシンの作成に関するページを参照してください。
  • 最新バージョンの WSL を実行していることを確認します。 最新バージョンを入手するには、Windows 10 インストールを更新してください。
  • 現在の問題に対処している、WSL 関連の未解決案件がないか確認します。 この問題を回避する方法についての提案や、問題が修正される予定のリリースに関する情報が掲載されることがよくあります。
  • 現在の問題に関する案件がまだない場合は、WSL に関する新規案件を提出します。その際は、必ず、可能な限り多くの情報を提供してください。

引き続き WSL でのインストールまたは実行の問題が発生する場合は、Windows 用の CLI のインストールを検討してください。

[アンインストール]

Azure CLI が不要であると判断した場合は、アンインストールできます。 アンインストールする前に、az feedback コマンドを使用して、どのような改善または修正が可能かをお知らせください。 Microsoft の目標は、Azure CLI のバグをなくし、使いやすいものにすることです。 バグが見つかった場合は、GitHub で問題を報告していただきますよう、よろしくお願いいたします。

CLI をアンインストールするには、インストール時に選択した場所からファイルを直接削除します。 既定のインストール場所は $HOME です。

  1. インストールされている CLI ファイルを削除します。

    rm -r <install location>/lib/azure-cli
    rm <install location>/bin/az
    
  2. $HOME/.bash_profile ファイルを変更して、次の行を削除します。

    <install location>/lib/azure-cli/az.completion
    
  3. bash または zsh を使用している場合は、シェルのコマンド キャッシュを再読み込みします。

    hash -r
    

[データを削除する]

Azure CLI を再インストールする予定がない場合は、そのデータを削除します。

rm -rf ~/.azure

次の手順

これで Azure CLI をインストールできました。次は、その機能と一般的なコマンドを簡単に見ていきましょう。