Share via


az iot central device telemetry

Note

このリファレンスは、Azure CLI (バージョン 2.37.0 以降) の azure-iot 拡張機能の一部です。 拡張機能は、az iot central device telemetry コマンドを初めて実行するときに自動的にインストールされます。 拡張機能の詳細をご覧ください。

IoT Central デバイスの最後のテレメトリ値に対してクエリを実行します。

コマンド

名前 説明 Status
az iot central device telemetry show

デバイスから最後のテレメトリ値を取得します。

拡張 GA

az iot central device telemetry show

デバイスから最後のテレメトリ値を取得します。

az iot central device telemetry show --app-id
                                     --device-id
                                     --telemetry-name--tn
                                     [--api-version {2022-06-30-preview, 2022-07-31}]
                                     [--central-api-uri]
                                     [--co]
                                     [--mn]
                                     [--token]

デバイス テレメトリの値を取得します。

az iot central device telemetry show --app-id {appid} --device-id {deviceid} --telemetry-name {telemetryname}

デバイス コンポーネントのテレメトリ値を取得します。

az iot central device telemetry show --app-id {appid} --device-id {deviceid} --component-name {componentname} --telemetry-name {telemetryname}

デバイス モジュール コンポーネントのテレメトリ値を取得します。

az iot central device telemetry show --app-id {appid} --device-id {deviceid} --module-name {modulename} --component-name {componentname} --telemetry-name {telemetryname}

必須のパラメーター

--app-id -n

管理する IoT Central アプリのアプリ ID。 アプリ ID は、アプリケーションの [バージョン情報] ページのヘルプ メニューにあります。

--device-id -d

ターゲット デバイスのデバイス ID。デバイス ID を確認するには、[デバイスの詳細] ページの [接続] ボタンをクリックします。

--telemetry-name--tn

デバイス テレメトリの名前。

省略可能のパラメーター

--api-version --av
非推奨

引数 'api_version' は非推奨となり、今後のリリースで削除される予定です。

このコマンド パラメーターは非推奨となり、無視されます。今後のリリースでは、最新の GA バージョンの IoT Central API のみをサポートします。API がまだ GA でない場合は、最新のプレビュー バージョンを呼び出します。

承認された値: 2022-06-30-preview, 2022-07-31
既定値: 2022-07-31
--central-api-uri --central-dns-suffix

アプリケーションに関連付けられている IoT Central DNS サフィックス。

既定値: azureiotcentral.com
--co --component-name

デバイス コンポーネントの名前。

--mn --module-name

デバイス モジュールの名前。

--token

Azure CLI に対して認証せずに要求を送信する場合は、要求を認証するための有効なユーザー トークンを指定できます。 要求の一部としてキーの種類を指定する必要があります。 詳細については、https://aka.ms/iotcentraldocsapi をご覧ください。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。