Share via


az monitor app-insights component billing

Note

このリファレンスは、Azure CLI (バージョン 2.55.0 以降) の application-insights 拡張機能の一部です。 拡張機能は、az monitor app-insights コンポーネントの課金コマンドを初めて実行するときに自動的にインストールされます。 拡張機能の詳細をご覧ください。

アプリケーション インサイト コンポーネントの課金機能を管理します。

コマンド

名前 説明 Status
az monitor app-insights component billing show

アプリケーション インサイト リソースの課金機能を表示します。

拡張子 GA
az monitor app-insights component billing update

アプリケーション インサイト リソースの課金機能を更新します。

拡張子 GA

az monitor app-insights component billing show

アプリケーション インサイト リソースの課金機能を表示します。

az monitor app-insights component billing show [--app]
                                               [--ids]
                                               [--resource-group]
                                               [--subscription]

Application Insights コンポーネントの課金機能を表示する

az monitor app-insights component billing show --app demoApp -g demoRg

省略可能のパラメーター

--app -a

アプリケーション インサイト コンポーネントの GUID、アプリ名、または完全修飾 Azure リソース名。 アプリケーション GUID は、Azure portal の任意のアプリケーション インサイト リソースの [API アクセス] メニュー項目から取得できます。 アプリケーション名を使用する場合は、リソース グループを指定してください。

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az monitor app-insights component billing update

アプリケーション インサイト リソースの課金機能を更新します。

az monitor app-insights component billing update [--add]
                                                 [--app]
                                                 [--cap]
                                                 [--force-string {0, 1, f, false, n, no, t, true, y, yes}]
                                                 [--ids]
                                                 [--remove]
                                                 [--resource-group]
                                                 [--set]
                                                 [--stop {0, 1, f, false, n, no, t, true, y, yes}]
                                                 [--subscription]

省略可能のパラメーター

--add

パスとキー値のペアを指定して、オブジェクトの一覧にオブジェクトを追加します。 例: --add property.listProperty <key=value、string、または JSON 文字列>。

--app -a

アプリケーション インサイト コンポーネントの GUID、アプリ名、または完全修飾 Azure リソース名。 アプリケーション GUID は、Azure portal の任意のアプリケーション インサイト リソースの [API アクセス] メニュー項目から取得できます。 アプリケーション名を使用する場合は、リソース グループを指定してください。

--cap

日次データ ボリュームの上限 (GB)。

--force-string

'set' または 'add' を使用する場合は、JSON に変換するのではなく、文字列リテラルを保持します。

承認された値: 0, 1, f, false, n, no, t, true, y, yes
--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--remove

リストからプロパティまたは要素を削除します。 例: --remove property.list OR --remove propertyToRemove。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--set

設定するプロパティ パスと値を指定して、オブジェクトを更新します。 例: --set property1.property2=。

--stop -s

日次データ ボリュームの上限に達した場合は、通知メールを送信しないでください。

承認された値: 0, 1, f, false, n, no, t, true, y, yes
--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。