Share via


az netappfiles snapshot

Azure NetApp Files (ANF) スナップショット リソースを管理します。

コマンド

名前 説明 Status
az netappfiles snapshot create

指定したボリューム内に指定したスナップショットを作成します。

コア GA
az netappfiles snapshot delete

スナップショットを削除します。

コア GA
az netappfiles snapshot list

ボリュームに関連付けられているすべてのスナップショットを一覧表示します。

コア GA
az netappfiles snapshot policy

Azure NetApp Files (ANF) スナップショット ポリシー リソースを管理します。

コア GA
az netappfiles snapshot policy create

スナップショット ポリシーを作成します。

コア GA
az netappfiles snapshot policy delete

ポリシースナップショット削除します。

コア GA
az netappfiles snapshot policy list

ポリシースナップショット一覧表示します。

コア GA
az netappfiles snapshot policy show

スナップショット ポリシーを取得します。

コア GA
az netappfiles snapshot policy update

スナップショット ポリシーを更新します。

コア GA
az netappfiles snapshot policy volumes

ポリシーに関連付けられているボリュームスナップショット一覧表示します。

コア GA
az netappfiles snapshot policy wait

条件が満たされるまで CLI を待機状態にします。

コア GA
az netappfiles snapshot restore-files

指定したファイルを、指定したスナップショットからアクティブなファイルシステムに復元します。

コア GA
az netappfiles snapshot show

指定したスナップショットの詳細を取得します。

コア GA
az netappfiles snapshot update

指定したボリューム内の指定したスナップショットを更新します。

コア GA
az netappfiles snapshot wait

条件が満たされるまで CLI を待機状態にします。

コア GA

az netappfiles snapshot create

指定したボリューム内に指定したスナップショットを作成します。

az netappfiles snapshot create --account-name
                               --name
                               --pool-name
                               --resource-group
                               --volume-name
                               [--location]
                               [--no-wait {0, 1, f, false, n, no, t, true, y, yes}]

ANF スナップショットを作成する

az netappfiles snapshot create -g mygroup --account-name myaccname --pool-name mypoolname --volume-name myvolname --name mysnapname -l eastus

必須のパラメーター

--account-name -a

NetApp アカウントの名前。

--name --snapshot-name -n -s

スナップショットの名前です。

--pool-name -p

容量プールの名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--volume-name -v

ボリュームの名前。

省略可能のパラメーター

--location -l

リソースの場所 指定しない場合は、リソース グループの場所が使用されます。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

承認された値: 0, 1, f, false, n, no, t, true, y, yes
グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az netappfiles snapshot delete

スナップショットを削除します。

az netappfiles snapshot delete [--account-name]
                               [--ids]
                               [--name]
                               [--no-wait {0, 1, f, false, n, no, t, true, y, yes}]
                               [--pool-name]
                               [--resource-group]
                               [--subscription]
                               [--volume-name]
                               [--yes]

ANF スナップショットを削除する

az netappfiles snapshot delete -g mygroup --account-name myaccname --pool-name mypoolname --volume-name myvolname --name mysnapname

省略可能のパラメーター

--account-name -a

NetApp アカウントの名前。

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name --snapshot-name -n -s

スナップショットの名前です。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

承認された値: 0, 1, f, false, n, no, t, true, y, yes
--pool-name -p

容量プールの名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--volume-name -v

ボリュームの名前。

--yes -y

確認のダイアログを表示しません。

既定値: False
グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az netappfiles snapshot list

ボリュームに関連付けられているすべてのスナップショットを一覧表示します。

az netappfiles snapshot list --account-name
                             --pool-name
                             --resource-group
                             --volume-name

ANF ボリュームのスナップショットを一覧表示する

az netappfiles snapshot list -g mygroup --account-name myaccname --pool-name mypoolname --volume-name myvolname

必須のパラメーター

--account-name -a

NetApp アカウントの名前。

--pool-name -p

容量プールの名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--volume-name -v

ボリュームの名前。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az netappfiles snapshot restore-files

指定したファイルを、指定したスナップショットからアクティブなファイルシステムに復元します。

az netappfiles snapshot restore-files --file-paths
                                      [--account-name]
                                      [--destination-path]
                                      [--ids]
                                      [--name]
                                      [--no-wait {0, 1, f, false, n, no, t, true, y, yes}]
                                      [--pool-name]
                                      [--resource-group]
                                      [--subscription]
                                      [--volume-name]

指定したファイルを、指定したスナップショットからアクティブなファイルシステムに復元します。

az netappfiles snapshot restore-files -g mygroup --account-name myaccname --pool-name mypoolname --volume-name myvolname --name mysnapname --file-paths myfilepaths

必須のパラメーター

--file-paths

復元するファイルの一覧 短縮構文、json-file、yaml-file をサポートします。 詳細を表示するには、"??" を試してください。

省略可能のパラメーター

--account-name -a

NetApp アカウントの名前。

--destination-path

ファイルが復元される保存先フォルダー。

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name --snapshot-name -n -s

スナップショットの名前です。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

承認された値: 0, 1, f, false, n, no, t, true, y, yes
--pool-name -p

容量プールの名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--volume-name -v

ボリュームの名前。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az netappfiles snapshot show

指定したスナップショットの詳細を取得します。

az netappfiles snapshot show [--account-name]
                             [--ids]
                             [--name]
                             [--pool-name]
                             [--resource-group]
                             [--subscription]
                             [--volume-name]

指定した ANF スナップショットを取得します

az netappfiles snapshot show -g mygroup --account-name myaccname --pool-name mypoolname --volume-name myvolname --name mysnapname

省略可能のパラメーター

--account-name -a

NetApp アカウントの名前。

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name --snapshot-name -n -s

スナップショットの名前です。

--pool-name -p

容量プールの名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--volume-name -v

ボリュームの名前。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az netappfiles snapshot update

指定したボリューム内の指定したスナップショットを更新します。

az netappfiles snapshot update [--account-name]
                               [--add]
                               [--force-string {0, 1, f, false, n, no, t, true, y, yes}]
                               [--ids]
                               [--name]
                               [--no-wait {0, 1, f, false, n, no, t, true, y, yes}]
                               [--pool-name]
                               [--remove]
                               [--resource-group]
                               [--set]
                               [--subscription]
                               [--volume-name]

省略可能のパラメーター

--account-name -a

NetApp アカウントの名前。

--add

パスとキー値のペアを指定して、オブジェクトの一覧にオブジェクトを追加します。 例: --add property.listProperty <key=value、string、または JSON 文字列>。

--force-string

'set' または 'add' を使用する場合は、JSON に変換するのではなく、文字列リテラルを保持します。

承認された値: 0, 1, f, false, n, no, t, true, y, yes
--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name --snapshot-name -n

スナップショットの名前です。

--no-wait

実行時間の長い操作の終了を待機しません。

承認された値: 0, 1, f, false, n, no, t, true, y, yes
--pool-name

容量プールの名前。

--remove

リストからプロパティまたは要素を削除します。 例: --remove property.list OR --remove propertyToRemove。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--set

設定するプロパティ パスと値を指定して、オブジェクトを更新します。 例: --set property1.property2=。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--volume-name -v

ボリュームの名前。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az netappfiles snapshot wait

条件が満たされるまで CLI を待機状態にします。

az netappfiles snapshot wait [--account-name]
                             [--created]
                             [--custom]
                             [--deleted]
                             [--exists]
                             [--ids]
                             [--interval]
                             [--name]
                             [--pool-name]
                             [--resource-group]
                             [--subscription]
                             [--timeout]
                             [--updated]
                             [--volume-name]

省略可能のパラメーター

--account-name -a

NetApp アカウントの名前。

--created

'provisioningState' が 'Succeeded' で作成されるまで待ちます。

既定値: False
--custom

条件がカスタム JMESPath クエリを満たすまで待ちます。 例: provisioningState!='InProgress'、instanceView.statuses[?code=='PowerState/running']。

--deleted

削除されるまで待ちます。

既定値: False
--exists

リソースが存在するまで待ちます。

既定値: False
--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--interval

ポーリング間隔 (秒単位)。

既定値: 30
--name --snapshot-name -n -s

スナップショットの名前です。

--pool-name -p

容量プールの名前。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--timeout

最大待機時間 (秒単位)。

既定値: 3600
--updated

provisioningState が 'Succeeded' で更新されるまで待ちます。

既定値: False
--volume-name -v

ボリュームの名前。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。