Share via


az policy assignment non-compliance-message

ポリシー割り当てのコンプライアンス違反メッセージを管理します。

コマンド

名前 説明 Status
az policy assignment non-compliance-message create

ポリシーの割り当てにコンプライアンス違反メッセージを追加します。

コア GA
az policy assignment non-compliance-message delete

ポリシー割り当てから 1 つ以上のコンプライアンス違反メッセージを削除します。

コア GA
az policy assignment non-compliance-message list

ポリシー割り当てのコンプライアンス違反メッセージを一覧表示します。

コア GA

az policy assignment non-compliance-message create

ポリシーの割り当てにコンプライアンス違反メッセージを追加します。

az policy assignment non-compliance-message create --message
                                                   --name
                                                   [--policy-definition-reference-id]
                                                   [--resource-group]
                                                   [--scope]

ポリシーの割り当てにコンプライアンス違反メッセージを追加します。

az policy assignment non-compliance-message create -g MyResourceGroup -n MyPolicyAssignment -m 'Resources must follow naming standards'

割り当てられたポリシー セット定義に、特定のポリシーのコンプライアンス違反メッセージを追加します。

az policy assignment non-compliance-message create -g MyResourceGroup -n MyPolicySetAssignment -m 'Resources must use allowed SKUs' --policy-definition-reference-id SkuPolicyRefId

必須のパラメーター

--message -m

ポリシーまたは評価の詳細によってリソースが拒否されたときに表示されるメッセージが検査されます。

--name -n

ポリシー割り当ての名前。

省略可能のパラメーター

--policy-definition-reference-id -r

メッセージが適用される割り当て済みイニシアチブ (ポリシー セット) 内のポリシー定義参照 ID。

--resource-group -g

ポリシーが適用されるリソース グループ。

--scope

このポリシー割り当てサブコマンドが適用されるスコープ。 既定値は現在のコンテキスト サブスクリプションです。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az policy assignment non-compliance-message delete

ポリシー割り当てから 1 つ以上のコンプライアンス違反メッセージを削除します。

az policy assignment non-compliance-message delete --message
                                                   --name
                                                   [--policy-definition-reference-id]
                                                   [--resource-group]
                                                   [--scope]

特定のメッセージを含み、ポリシー定義参照 ID を含まないポリシー割り当てからコンプライアンス違反メッセージを削除します。

az policy assignment non-compliance-message delete -g MyResourceGroup -n MyPolicyAssignment -m 'Resources must follow naming standards'

特定のメッセージと特定のポリシー定義参照 ID を含むポリシー割り当てからコンプライアンス違反メッセージを削除します。

az policy assignment non-compliance-message delete -g MyResourceGroup -n MyPolicySetAssignment -m 'Resources must use allowed SKUs' --policy-definition-reference-id SkuPolicyRefId

必須のパラメーター

--message -m

ポリシーまたは評価の詳細によってリソースが拒否されたときに表示されるメッセージが検査されます。

--name -n

ポリシー割り当ての名前。

省略可能のパラメーター

--policy-definition-reference-id -r

メッセージが適用される割り当て済みイニシアチブ (ポリシー セット) 内のポリシー定義参照 ID。

--resource-group -g

ポリシーが適用されるリソース グループ。

--scope

このポリシー割り当てサブコマンドが適用されるスコープ。 既定値は現在のコンテキスト サブスクリプションです。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az policy assignment non-compliance-message list

ポリシー割り当てのコンプライアンス違反メッセージを一覧表示します。

az policy assignment non-compliance-message list --name
                                                 [--resource-group]
                                                 [--scope]

ポリシー割り当てのコンプライアンス違反メッセージを一覧表示します。

az policy assignment non-compliance-message list -g MyResourceGroup -n MyPolicyAssignment

必須のパラメーター

--name -n

ポリシー割り当ての名前。

省略可能のパラメーター

--resource-group -g

ポリシーが適用されるリソース グループ。

--scope

このポリシー割り当てサブコマンドが適用されるスコープ。 既定値は現在のコンテキスト サブスクリプションです。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。