Share via


az repos pr

Note

このリファレンスは、Azure CLI (バージョン 2.30.0 以降) の azure-devops 拡張機能の一部です。 拡張機能は、az repos pr コマンドを初めて実行するときに自動的にインストールされます。 拡張機能の詳細をご覧ください。

pull request を管理します。

コマンド

名前 説明 Status
az repos pr checkout

ローカルの変更がない場合は、PR ソース ブランチをローカルでチェックアウトします。

拡張子 GA
az repos pr create

pull request を作成します。

拡張子 GA
az repos pr list

プル要求を一覧表示します。

拡張子 GA
az repos pr policy

プル要求ポリシーを管理します。

拡張子 GA
az repos pr policy list

プル要求のポリシーを一覧表示します。

拡張子 GA
az repos pr policy queue

プル要求のポリシーの評価をキューに登録します。

拡張子 GA
az repos pr reviewer

pull request レビュー担当者を管理します。

拡張子 GA
az repos pr reviewer add

プル要求に 1 人以上のレビュー担当者を追加します。

拡張子 GA
az repos pr reviewer list

プル要求のレビュー担当者を一覧表示します。

拡張子 GA
az repos pr reviewer remove

pull request から 1 つ以上のレビュー担当者を削除します。

拡張子 GA
az repos pr set-vote

pull request に投票します。

拡張子 GA
az repos pr show

プル要求の詳細を取得します。

拡張子 GA
az repos pr update

pull request を更新します。

拡張子 GA
az repos pr work-item

プル要求に関連付けられている作業項目を管理します。

拡張子 GA
az repos pr work-item add

1 つ以上の作業項目をプル要求にリンクします。

拡張子 GA
az repos pr work-item list

プル要求のリンクされた作業項目を一覧表示します。

拡張子 GA
az repos pr work-item remove

pull request から 1 つ以上の作業項目のリンクを解除します。

拡張子 GA

az repos pr checkout

ローカルの変更がない場合は、PR ソース ブランチをローカルでチェックアウトします。

az repos pr checkout --id
                     [--remote-name]

必須のパラメーター

--id

pull request の ID。

省略可能のパラメーター

--remote-name

PR が生成される Git リモートの名前。

既定値: origin
グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az repos pr create

pull request を作成します。

az repos pr create [--auto-complete {false, true}]
                   [--bypass-policy {false, true}]
                   [--bypass-policy-reason]
                   [--delete-source-branch {false, true}]
                   [--description]
                   [--detect {false, true}]
                   [--draft {false, true}]
                   [--labels]
                   [--merge-commit-message]
                   [--open]
                   [--optional-reviewers]
                   [--org]
                   [--project]
                   [--repository]
                   [--required-reviewers]
                   [--source-branch]
                   [--squash {false, true}]
                   [--target-branch]
                   [--title]
                   [--transition-work-items {false, true}]
                   [--work-items]

省略可能のパラメーター

--auto-complete

すべてのポリシーが合格したときに自動的に完了するように pull request を設定します。ソース ブランチをターゲット ブランチにマージできます。

承認された値: false, true
既定値: False
--bypass-policy

必要なポリシー (存在する場合) をバイパスし、マージが可能になったら pull request を完了します。

承認された値: false, true
既定値: False
--bypass-policy-reason

必要なポリシーをバイパスする理由。

--delete-source-branch

プル要求が完了し、ターゲット ブランチにマージされた後、ソース ブランチを削除します。

承認された値: false, true
既定値: False
--description -d

新しいプル要求の説明。 マークダウンを含めることができます。 この引数に送信される各値は新しい行になります。 例: --description "First Line" "Second Line"。

--detect

組織を自動的に検出します。

承認された値: false, true
--draft

このフラグを使用して、下書き/作業中モードでプル要求を作成します。

承認された値: false, true
--labels

プル要求に関連付けられているラベル。 スペースを区切ります。

--merge-commit-message

コミットがマージされるときに表示されるメッセージ。

--open

Web ブラウザーで pull request を開きます。

既定値: False
--optional-reviewers --reviewers

新しいプル要求にオプションのレビュー担当者として含める追加のユーザーまたはグループ。 スペースを区切ります。

--org --organization

Azure DevOps 組織の URL。 az devops configure -d organization=ORG_URL を使って既定の組織を構成できます。 既定として構成されていない場合、または git config を使って取得されていない場合は必須です (例: https://dev.azure.com/MyOrganizationName/)。

--project -p

プロジェクトの名前または ID。 az devops configure -d project=NAME_OR_ID を使用して、既定のプロジェクトを構成できます。 既定として構成されていない場合、または git config を使って取得されていない場合は必須です。

--repository -r

pull request を作成するリポジトリの名前または ID。

--required-reviewers

新しいプル要求に必要なレビュー担当者として含める追加のユーザーまたはグループ。 スペース区切りです。

--source-branch -s

ソース ブランチの名前。 例: "dev"

--squash

ターゲット ブランチにマージするときに、ソース ブランチのコミットをスカッシュします。

承認された値: false, true
既定値: False
--target-branch -t

ターゲット ブランチの名前。 指定しない場合、既定値はターゲット リポジトリの既定のブランチになります。

--title

新しい pull request のタイトル。

--transition-work-items

pull request にリンクされている作業項目を次の論理状態に移行します。 (例: アクティブ -> 解決済み)。

承認された値: false, true
既定値: False
--work-items

新しい pull request にリンクする作業項目の ID。 スペースを区切ります。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az repos pr list

プル要求を一覧表示します。

az repos pr list [--creator]
                 [--detect {false, true}]
                 [--include-links]
                 [--org]
                 [--project]
                 [--repository]
                 [--reviewer]
                 [--skip]
                 [--source-branch]
                 [--status {abandoned, active, all, completed}]
                 [--target-branch]
                 [--top]

省略可能のパラメーター

--creator

このユーザーによって作成された pull request に結果を制限します。

--detect

組織を自動的に検出します。

承認された値: false, true
--include-links

pull request ごとに _links を含めます。

既定値: False
--org --organization

Azure DevOps 組織の URL。 az devops configure -d organization=ORG_URL を使って既定の組織を構成できます。 既定として構成されていない場合、または git config を使って取得されていない場合は必須です (例: https://dev.azure.com/MyOrganizationName/)。

--project -p

プロジェクトの名前または ID。 az devops configure -d project=NAME_OR_ID を使用して、既定のプロジェクトを構成できます。 既定として構成されていない場合、または git 構成を使用して取得された場合は必須です。

--repository -r

リポジトリの名前または ID。

--reviewer

このユーザーがレビュー担当者である pull request に結果を制限します。

--skip

スキップする pull request の数。

--source-branch -s

このソース ブランチから作成された pull request に結果を制限します。

--status

この状態の pull request に結果を制限します。

承認された値: abandoned, active, all, completed
--target-branch -t

このブランチを対象とする pull request に結果を制限します。

--top

一覧表示する pull request の最大数。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az repos pr set-vote

pull request に投票します。

az repos pr set-vote --id
                     --vote {approve, approve-with-suggestions, reject, reset, wait-for-author}
                     [--detect {false, true}]
                     [--org]

必須のパラメーター

--id

pull request の ID。

--vote

pull request の新しい投票値。

承認された値: approve, approve-with-suggestions, reject, reset, wait-for-author

省略可能のパラメーター

--detect

組織を自動的に検出します。

承認された値: false, true
--org --organization

Azure DevOps 組織の URL。 az devops configure -d organization=ORG_URL を使って既定の組織を構成できます。 既定として構成されていない場合、または git config を使って取得されていない場合は必須です (例: https://dev.azure.com/MyOrganizationName/)。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az repos pr show

プル要求の詳細を取得します。

az repos pr show --id
                 [--detect {false, true}]
                 [--open]
                 [--org]

必須のパラメーター

--id

pull request の ID。

省略可能のパラメーター

--detect

組織を自動的に検出します。

承認された値: false, true
--open

Web ブラウザーで pull request を開きます。

既定値: False
--org --organization

Azure DevOps 組織の URL。 az devops configure -d organization=ORG_URL を使って既定の組織を構成できます。 既定として構成されていない場合、または git config を使って取得されていない場合は必須です (例: https://dev.azure.com/MyOrganizationName/)。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az repos pr update

pull request を更新します。

az repos pr update --id
                   [--auto-complete {false, true}]
                   [--bypass-policy {false, true}]
                   [--bypass-policy-reason]
                   [--delete-source-branch {false, true}]
                   [--description]
                   [--detect {false, true}]
                   [--draft {false, true}]
                   [--merge-commit-message]
                   [--org]
                   [--squash {false, true}]
                   [--status {abandoned, active, completed}]
                   [--title]
                   [--transition-work-items {false, true}]

必須のパラメーター

--id

pull request の ID。

省略可能のパラメーター

--auto-complete

すべてのポリシーが合格したときに自動的に完了するように pull request を設定します。ソース ブランチをターゲット ブランチにマージできます。

承認された値: false, true
--bypass-policy

必要なポリシー (存在する場合) をバイパスし、マージが可能になったら pull request を完了します。

承認された値: false, true
--bypass-policy-reason

必要なポリシーをバイパスする理由。

--delete-source-branch

プル要求が完了し、ターゲット ブランチにマージされた後、ソース ブランチを削除します。

承認された値: false, true
--description -d

pull request の新しい説明。 マークダウンを含めることができます。 この引数に送信される各値は新しい行になります。 例: --description "First Line" "Second Line"。

--detect

組織を自動的に検出します。

承認された値: false, true
--draft

PR を発行するか、下書きモードに変換します。

承認された値: false, true
--merge-commit-message

コミットがマージされるときに表示されるメッセージ。

--org --organization

Azure DevOps 組織の URL。 az devops configure -d organization=ORG_URL を使って既定の組織を構成できます。 既定として構成されていない場合、または git config を使って取得されていない場合は必須です (例: https://dev.azure.com/MyOrganizationName/)。

--squash

ターゲット ブランチにマージするときに、ソース ブランチのコミットをスカッシュします。

承認された値: false, true
--status

pull request の新しい状態を設定します。

承認された値: abandoned, active, completed
--title

pull request の新しいタイトル。

--transition-work-items

pull request にリンクされている作業項目を次の論理状態に移行します。 (例: アクティブ -> 解決済み)。

承認された値: false, true
グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。