az vm identity

VM のサービス ID を管理します。

コマンド

az vm identity assign

VM でマネージド サービス ID を有効にします。

az vm identity remove

VM からマネージド サービス ID を削除します。

az vm identity show

VM のマネージド ID 情報を表示します。

az vm identity assign

VM でマネージド サービス ID を有効にします。

これは、ベアラー トークンを使用して他の Azure サービスの認証と対話を行うために必要です。

az vm identity assign [--identities]
                      [--ids]
                      [--name]
                      [--resource-group]
                      [--role]
                      [--scope]

"閲覧者" ロールを持つ VM でシステム割り当て ID を有効にします。

az vm identity assign -g MyResourceGroup -n MyVm --role Reader --scope /subscriptions/db5eb68e-73e2-4fa8-b18a-0123456789999/resourceGroups/MyResourceGroup

VM でシステム割り当て ID とユーザー割り当て ID を有効にします。

az vm identity assign -g MyResourceGroup -n MyVm --role Reader --identities [system] myAssignedId

省略可能のパラメーター

--identities

割り当てるスペース区切りの ID。 '[system]' を使用して、システム割り当て ID を参照します。 既定値: '[system]'。

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

仮想マシンの名前。 既定の構成は、次を使用して az configure --defaults vm=<name>行うことができます。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

--role

システム割り当て ID に含まれるロール名または ID。

既定値: Contributor
--scope

システム割り当て ID がアクセスできるスコープ。

az vm identity remove

VM からマネージド サービス ID を削除します。

az vm identity remove [--identities]
                      [--ids]
                      [--name]
                      [--resource-group]

システム割り当て ID を削除する

az vm identity remove -g MyResourceGroup -n MyVm

ユーザー割り当て ID を削除する

az vm identity remove -g MyResourceGroup -n MyVm --identities readerId

VM と同じリソース グループ内にある 2 つの ID を削除する

az vm identity remove -g MyResourceGroup -n MyVm --identities readerId writerId

システム割り当て ID とユーザー ID を削除する

az vm identity remove -g MyResourceGroup -n MyVm --identities [system] readerId

省略可能のパラメーター

--identities

削除する領域で区切られた ID。 '[system]' を使用して、システム割り当て ID を参照します。 既定値: '[system]'。

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

仮想マシンの名前。 既定の構成は、次を使用して az configure --defaults vm=<name>行うことができます。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。

az vm identity show

VM のマネージド ID 情報を表示します。

az vm identity show [--ids]
                    [--name]
                    [--resource-group]

VM のマネージド ID 情報を表示します。 (自動生成)

az vm identity show --name MyVirtualMachine --resource-group MyResourceGroup

省略可能のパラメーター

--ids

1 つまたは複数のリソース ID (スペース区切り)。 これは、'Resource Id' 引数のすべての情報を含む完全なリソース ID である必要があります。 --ids または他の 'Resource Id' 引数を指定する必要があります。

--name -n

仮想マシンの名前。 既定の構成は、次を使用して az configure --defaults vm=<name>行うことができます。

--resource-group -g

リソース グループの名前。 az configure --defaults group=<name> を使用して、既定のグループを構成できます。