/bigobj (.obj ファイル内のセクションの数を増やす)

/bigobj は、オブジェクト ファイルに格納できるセクションの数を増やします。

構文

/bigobj

解説

既定では、オブジェクト ファイルはアドレス指定可能なセクションを最大 65,279 (ほぼ 2^16) 個保持できます。 この制限は、指定するターゲット プラットフォームにかかわらず適用されます。 /bigobj は、このアドレスの量を 4,294,967,296 (2^32) に増やします。

ほとんどのモジュールでは、65,279 個を超えるセクションを格納する .obj ファイルを生成することはありません。 しかし、マシンによって生成されるコード、またはテンプレート ライブラリを多用するコードでは、より多くのセクションを保持できる .obj ファイルが必要になる可能性があります。 /bigobj は、ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) プロジェクトで既定で有効になっています。コンピューターが生成した XAML コードに多数のヘッダーが含まれているためです。 UWP アプリ プロジェクトでこのオプションを無効にすると、コードでコンパイラ エラー C1128 が生成される可能性があります。

PE-COFF オブジェクト ファイル形式の詳細については、Windows ドキュメントの「PE 形式」を参照してください。

Visual Studio 開発環境でこのコンパイラ オプションを設定するには

  1. プロジェクトの [プロパティ ページ] ダイアログ ボックスを開きます。 詳細については、Visual Studio での C++ コンパイラとビルド プロパティの設定に関するページを参照してください。

  2. [構成プロパティ]>[C/C++]>[コマンド ライン] プロパティ ページを選択します。

  3. [追加のオプション] ボックスに /bigobj コンパイラ オプションを入力します。

このコンパイラ オプションをコードから設定するには

関連項目

MSVC コンパイラ オプション
MSVC コンパイラ コマンド ラインの構文