次の方法で共有


Platform::Object クラス

Windows ランタイム アプリ内で ref クラスと ref 構造体に対して共通の動作を提供します。 ref クラスと ref 構造体のインスタンスは、いずれも Platform::Object^ に暗黙的に変換可能で、仮想の ToString メソッドをオーバーライドできます。

構文

public ref class Object : Object

メンバー

パブリック コンストラクター

名前 説明
Object::Object Object クラスの新しいインスタンスを初期化します。

パブリック メソッド

名前 説明
Object::Equals 指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。
Object::GetHashCode この インスタンスのハッシュ コードを返します。
Object::ReferenceEquals 指定された Object インスタンスが同一のインスタンスかどうかを判断します。
ToString 現在の オブジェクトを表す文字列を返します。 オーバーライドできます。
GetType 現在のインスタンスを記述する Platform::Type を取得します。

継承階層

Object

Object

必要条件

ヘッダー: vccorlib.h

名前空間: Platform

Object::Equals メソッド

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

構文

bool Equals(
    Object^ obj
)

パラメーター

obj
比較するオブジェクト。

戻り値

オブジェクトが等しい場合はtrue 。それ以外の場合は false

Object::GetHashCode メソッド

COM オブジェクトの場合は、このインスタンスの IUnknown* ID 値を返します。COM オブジェクトでない場合は、計算済みハッシュ値を返します。

構文

public:int GetHashCode();

戻り値

このオブジェクトを一意に識別する数値。

解説

GetHashCode を使用してマップ内のオブジェクトのキーを作成できます。 Object::Equals を使用することで、ハッシュ コードを比較できます。 コード パスが非常に重要であるときに、GetHashCodeEquals の実行速度が不十分な場合には、基になる COM レイヤーまで移動して IUnknown ネイティブ ポインターの比較を実行できます。

Object::GetType メソッド

オブジェクトのランタイムの型を記述する Platform::Type オブジェクトを返します。

構文

Object::GetType();

プロパティ値/戻り値

オブジェクトのランタイムの型を記述する Platform::Type オブジェクト。

解説

静的な Type::GetTypeCode を使用して、現在の型を表す Platform::TypeCode 列挙型値を取得できます。 これは主に、組み込み型に使用できます。 Platform::String 以外の ref クラスの型コードは、Object (1) です。

Windows::UI::Xaml::Interop::TypeName クラスは、言語に依存せずに Windows のコンポーネントとアプリとの間で型情報をやり取りする方法として、Windows API で使用されます。 Platform::Type Class には、TypeTypeName との間の変換を行う演算子があります。

XAML ページ間を移動するときなど、typeid 演算子を使用してクラス名の Platform::Type オブジェクトを返します。

rootFrame->Navigate(TypeName(MainPage::typeid), e->Arguments);

Object::Object コンストラクター

Object クラスの新しいインスタンスを初期化します。

構文

public:Object();

Object::ReferenceEquals メソッド

指定された Object インスタンスが同一のインスタンスかどうかを判断します。

構文

public:static bool ReferenceEquals(  Object^ obj1,   Object^ obj2);

パラメーター

obj1
比較する最初の オブジェクトです。

obj2
比較する 2 番目の オブジェクトです。

戻り値

2 つのオブジェクトが同一の場合は true、それ以外の場合は false

Object::ToString メソッド (C++/CX)

現在の オブジェクトを表す文字列を返します。

構文

public:
virtual String^ ToString();

戻り値

現在の オブジェクトを表す文字列。 ref クラスまたは構造体内でカスタム文字列メッセージを表示するために、このメソッドをオーバーライドすることもできます:

public ref class Tree sealed
{
public:
    Tree(){}
    virtual Platform::String^ ToString() override
    {
      return "I'm a Tree";
    };
};

関連項目

プラットフォーム名前空間
Platform::Type クラス
型システム