Microsoft Edge WebView2 - ポリシー

最新バージョンの Microsoft Edge WebView2には、次のポリシーが含まれています。 これらのポリシーを使用して、組織内での Microsoft Edge WebView2の動作方法を構成することができます。

Microsoft Edge WebView2の更新方法とタイミングを制御するために使用される追加のポリシー セットについては、「Microsoft Edge更新ポリシーの参照」をご覧ください。

この記事は Microsoft Edge version 87 以降に適用されます。

使用可能なポリシー

次の表は、Microsoft Edge WebView2で使用可能な、このリリースのすべてのグループ ポリシーの一覧を示しています。 個々のポリシーに関する詳しい情報を取得するには、表内のリンクをお使いください。

ローダーの上書き設定

ポリシー名 キャプション
browserExecutableFolder ブラウザーの実行可能フォルダーの場所を構成する
releaseChannelPreference リリースチャネルの優先検索順序を設定する

補足

ポリシー名 キャプション
ExperimentationAndConfigurationServiceControl Experimentation and Configuration Service との通信を制御する

ローダーの上書き設定ポリシー

ページのトップへ

browserExecutableFolder

ブラウザーの実行可能フォルダーの場所を構成する

サポートされているバージョン:

  • Windows での 87 以降

説明

このポリシーでは、指定したパスの WebView2 ランタイムを使用するように WebView2 アプリケーションを構成します。 フォルダーには、msedgewebview2.exe、 msedge.dll などのファイルが含まれている必要があります。

フォルダーパスの値を設定するには、値の名前と値のペアを入力します。 アプリケーションユーザーモデル ID または実行可能ファイル名に値の名前を設定します。 すべてのアプリケーションに適用するには、""*" wildcardを値の名前として使用できます。

サポートされている機能:

  • 必須にすることができるか: はい
  • 推奨にすることができるか: いいえ
  • 動的なポリシーの更新: はい

[データの種類]:

  • 文字列のリスト

Windows の情報と設定

グループ ポリシー (ADMX) 情報
  • GP 固有の名前: BrowserExecutableFolder
  • GP 名: ブラウザーの実行可能ファイルフォルダーの場所を構成する
  • GP path (必須): 管理用テンプレート/Microsoft Edge WebView2/ローダーの上書き設定
  • GP パス (推奨): なし
  • GP ADMX ファイル名: MSEdgeWebView2.admx
Windows レジストリの設定
  • Path (必須): SOFTWARE\Policies\Microsoft\Edge\WebView2\BrowserExecutableFolder
  • パス (推奨): なし
  • 値の名前: REG_SZ の一覧
  • 値の種類: REG_SZ の一覧
サンプル値:
SOFTWARE\Policies\Microsoft\Edge\WebView2\BrowserExecutableFolder = "Name: *, Value: C:\\Program Files\\Microsoft Edge WebView2 Runtime Redistributable 85.0.541.0 x64"

ページのトップへ

releaseChannelPreference

リリースチャネルの優先検索順序を設定する

サポートされているバージョン:

  • Windows での 87 以降

説明

既定のチャネル検索順序は、WebView2 ランタイム、ベータ、開発、およびカナリアです。

既定の検索順序を反転するには、このポリシーを1に設定します。

リリースチャネルの基本設定の値を設定するには、値の名前と値のペアを入力します。 アプリケーションユーザーモデル ID または実行可能ファイル名に値の名前を設定します。 すべてのアプリケーションに適用するには、""*" wildcardを値の名前として使用できます。

サポートされている機能:

  • 必須にすることができるか: はい
  • 推奨にすることができるか: いいえ
  • 動的なポリシーの更新: はい

[データの種類]:

  • 文字列のリスト

Windows の情報と設定

グループ ポリシー (ADMX) 情報
  • GP 固有の名前: ReleaseChannelPreference
  • GP 名: リリースチャネルの優先検索順序を設定する
  • GP path (必須): 管理用テンプレート/Microsoft Edge WebView2/ローダーの上書き設定
  • GP パス (推奨): なし
  • GP ADMX ファイル名: MSEdgeWebView2.admx
Windows レジストリの設定
  • Path (必須): SOFTWARE\Policies\Microsoft\Edge\WebView2\ReleaseChannelPreference
  • パス (推奨): なし
  • 値の名前: REG_SZ の一覧
  • 値の種類: REG_SZ の一覧
サンプル値:
SOFTWARE\Policies\Microsoft\Edge\WebView2\ReleaseChannelPreference = "Name: *, Value: 1"

ページのトップへ

追加のポリシー

ページのトップへ

ExperimentationAndConfigurationServiceControl

Experimentation and Configuration Service との通信を制御する

サポートされているバージョン:

  • 97 以降の Windows の場合

説明

Experimentation and Configuration Service は、試験ペイロードと構成ペイロードをクライアントに展開するために使用されます。

試験ペイロードは、Microsoft がテストとフィードバックのために有効にしている開発初期の機能の一覧で構成されています。

構成ペイロードは、Microsoft がユーザー エクスペリエンスを最適化するために展開したいと考えている推奨設定の一覧で構成されています。

構成ペイロードには、互換性の理由から特定のドメインで選択するアクションの一覧を含めることもできます。 たとえば、Web サイトが壊れている場合、ブラウザーがその Web サイトのユーザー エージェント文字列を上書きする場合があります。 これらのアクションは、Microsoft がサイトの所有者との間で問題を解決しようとする間、一時的に行われることを意図しています。

このポリシーを "'FullMode" に設定している場合、Experimentation and Configuration Service からペイロードのすべてがダウンロードされます。 これには、試験ペイロードと構成ペイロードの両方が含まれます。

このポリシーを "ConfigurationsOnlyMode" モードに設定している場合、構成ペイロードのみがダウンロードされます。

このポリシーを 'RestrictedMode' に設定すると、実験および構成サービスとの通信は完全に停止します。 Microsoft では、この設定を推奨していません。

マネージド デバイスでこのポリシーを構成していない場合、ベータ版や安定版チャネルでの動作は "ConfigurationsOnlyMode" モードと同じになります。 Canary チャネルと Dev チャネルでは、動作は "FullMode" と同じになります。

アンマネージド デバイスでこのポリシーを構成していない場合、動作は "FullMode" と同じになります。

ポリシー オプション マッピング:

  • FullMode (2) = 構成と試験を取得する

  • ConfigurationsOnlyMode (1) = 構成のみを取得する

  • RestrictedMode (0) = Experimentation and Configuration Service との通信を無効にする

このポリシーを構成する場合は、上記の情報を使用します。

サポートされている機能:

  • 必須にすることができるか: はい
  • 推奨にすることができるか: いいえ
  • 動的なポリシーの更新: はい

[データの種類]:

  • Integer

Windows の情報と設定

グループ ポリシー (ADMX) 情報
  • GP 固有の名前: ExperimentationAndConfigurationServiceControl
  • GP 名: Experimentation and Configuration Service との通信を制御する
  • GP パス (必須): 管理用テンプレート/Microsoft Edge WebView2/
  • GP パス (推奨): なし
  • GP ADMX ファイル名: MSEdgeWebView2.admx
Windows レジストリの設定
  • パス (必須): SOFTWARE\Policies\Microsoft\Edge\WebView2
  • パス (推奨): なし
  • 値の名前: ExperimentationAndConfigurationServiceControl
  • 値の種類: REG_DWORD
サンプル値:
0x00000002

ページのトップへ

関連項目