Share via


エンタープライズでのMicrosoft 365 Appsについて

Microsoft 365 Appsは、多くのOffice 365 (および Microsoft 365) プランで利用できる Office のバージョンです。 これには、Access、Excel、OneDrive、OneNote、Outlook、PowerPoint、Publisher、Skype for Business、Teams、Wordなど、使い慣れたアプリケーションが含まれます。 これらのアプリケーションを使用して、SharePoint Online、Exchange Online、Skype for Business Online などのOffice 365 (または Microsoft 365) サービスに接続できます。

注:

Microsoft 365 Appsは、他のバージョンの Office と似ています

Microsoft 365 Appsは、ユーザーに展開できる他のバージョンの Office と似ています。 重要な類似点のいくつかを示します。

  • Microsoft 365 Appsは Office のフル バージョンです。

  • システム要件 (メモリ、ハード ディスクの空き領域、オペレーティング システムなど) は Office のその他の最新バージョンと同様です。 詳細については、「Office のシステム要件」を参照してください。

  • 他のバージョンの Office と同様に、Microsoft 365 Appsは 32 ビットバージョンと 64 ビット バージョンで利用できます。 環境に適したバージョンを決定するには、展開する前 に「64 ビット版または 32 ビット版の Office を選択 する」を慎重に確認してください。

  • Microsoft 365 Appsを展開すると、ユーザーのローカル コンピューターにインストールされます。 Microsoft 365 Appsは、Web ベースのバージョンの Office ではありません。 ユーザーのコンピューターでローカルに実行します。 ユーザーは、インターネットを常に使用するために接続する必要はありません。

  • 同じツールの多くを使用して、Office の展開に既に使用しているMicrosoft 365 Appsを展開および構成できます。 たとえば、Microsoft Configuration Managerを使用してMicrosoft 365 Appsをデプロイできます。 詳細については、「 デプロイ方法の選択」を参照してください。

  • さらに、他のバージョンの Office で使用するのと同じグループ ポリシー設定の多くを使用して、Microsoft 365 Appsプログラム設定を構成して適用できます。

Microsoft 365 Appsの違い

Microsoft 365 Appsは他のバージョンの Office とよく似ていますが、展開の違いやライセンスの違いなど、違いがあります

最も大きな違いは、Microsoft 365 Appsは、サブスクリプション以外のバージョンの Office とは異なり、新機能を使用して、毎月のように定期的に更新されることです。 新機能の一覧については、「 Microsoft 365 の新機能」を参照してください。

展開の違い

  • 既定では、Microsoft 365 Appsは 1 つのパッケージとしてインストールされます。 つまり、すべての Office アプリケーションがユーザーのコンピューターにインストールされます。 ただし、クライアント コンピューターから特定の Office アプリケーション (Access など) を 除外または削除 するように展開を構成できます。

  • Microsoft 365 Appsはクイック実行と呼ばれる別のインストール テクノロジを使用するため、セキュリティ更新プログラムなど、ソフトウェア更新プログラムを適用する別の方法があります。 既定では、Microsoft 365 Appsは、インターネット上の Office Content Delivery Network (CDN) から更新プログラムを自動的にインストールするように構成されています。 ただし、独自のネットワーク内の場所から更新プログラムをインストールするようにMicrosoft 365 Appsを構成することも、Microsoft Configuration ManagerでMicrosoft 365 Appsする更新プログラムを管理することもできます。

  • Microsoft 365 Appsでは、ユーザーが機能更新プログラムを受け取る頻度を制御することもできます。 たとえば、ユーザーは、準備ができたらすぐに、または月に 1 回 (月の第 2 火曜日)、または年に 2 回 (1 月と 7 月、2 番目の火曜日) に新しい機能をMicrosoft 365 Appsできます。 詳細については、「Microsoft 365 Appsの更新プログラム チャネルの概要」を参照してください。

  • Office 365 (および Microsoft 365) には、ユーザーが自分Microsoft 365 Appsインストールできる Web ベースのポータルが用意されています。 Microsoft 365 Appsをインストールするには、ユーザーがコンピューターのローカル管理者である必要があることに注意してください。 ユーザーがローカル管理者でない場合は、Microsoft 365 Appsをインストールする必要があります。 また、ユーザーにポータルからインストールさせたくない場合は、それを防ぐことができます。 詳細については、「 デプロイ方法の選択」を参照してください。

ライセンスの違い

  • ユーザーは、1 つのOffice 365 ライセンスを持つ最大 5 台のコンピューターにMicrosoft 365 Appsをインストールできます。 たとえば、ユーザーは、オフィスのコンピューター、旅行中に使用するノート PC、自宅のコンピューターにMicrosoft 365 Appsをインストールできます。 ユーザーは、最大 5 台のタブレットと 5 台の電話にインストールすることもできます。

  • Microsoft 365 Appsはサブスクリプションとして提供されます。 サブスクリプションを取り消すと、Microsoft 365 Apps機能制限モードになります。 機能の縮小モードでは、ユーザーは既存の Office ファイルを開いて表示できますが、ユーザーはMicrosoft 365 Appsの他の機能のほとんどを使用できません。 詳細については、「Microsoft 365 Appsでのライセンスとライセンス認証の概要」を参照してください。

  • Microsoft 365 Appsを使用するには、ユーザーにOffice 365 (または Microsoft 365) アカウントがあり、ライセンスが割り当てられている必要があります。 ユーザーのライセンスまたはアカウントが削除された場合、ユーザーのMicrosoft 365 Appsのインストールは機能制限モードになります。

  • ユーザーは、Microsoft 365 Appsを使用するために常にインターネットに接続する必要はありませんが、ユーザーは少なくとも 30 日に 1 回インターネットに接続する必要があります。 これにより、Office 365 (または Microsoft 365) サブスクリプションの状態を確認できます。 ユーザーが 30 日以内に接続しない場合、Microsoft 365 Appsは機能制限モードになります。 ユーザーがインターネットに接続し、サブスクリプションの状態が確認されると、Microsoft 365 Appsのすべての機能が再び使用できるようになります。

Microsoft 365 Appsの詳細

  • organizationにオンプレミスにインストールされているExchange Serverまたは SharePoint Server のサポートされているバージョンでは、Microsoft 365 Appsを使用できます。 または、Office 365 (または Microsoft 365) プランの一部である場合は、Exchange Onlineと SharePoint Online でMicrosoft 365 Appsを使用できます。

  • ユーザーは、Microsoft 365 Appsを使用して作成したファイルをローカル コンピューターや、SharePoint サイトなどのネットワーク上の他の場所に格納できます。 Office 365 (および Microsoft 365) には、クラウドベースのファイル ストレージ オプションも用意されています。

  • Microsoft 365 Appsは、Office アプリケーションの Web バージョンと同じではありません。 Web バージョンを使用すると、ユーザーは Web ブラウザーでWord、Excel、PowerPoint、または OneNote ドキュメントを開いて操作できます。 これらの Office アプリケーションの Web バージョンは、すべてのOffice 365 (および Microsoft 365) プランに含まれています。

  • Office 365 (および Microsoft 365) に含まれる内容の詳細については、Microsoft 365 と Office 365 サービスの説明を参照してください。