Share via


Microsoft Configuration Managerを使用してMicrosoft 365 Appsをデプロイする (現在のブランチ)

この記事の手順に従って、Microsoft Configuration Manager (現在のブランチ) を使用してクライアント コンピューターにMicrosoft 365 Appsを展開します。

開始する前に

この記事は、マネージド環境の管理者を対象としています。 Microsoft 365 Appsのデプロイと管理の複雑さを軽減するには、Microsoft Intuneを使用することをお勧めします。 詳細については、このビデオMicrosoft 365 Appsに関するIntuneドキュメントをご覧ください。

まだ完了していない場合は、Microsoft 365 Appsデプロイの評価計画のフェーズを完了します。

単一のデバイスにMicrosoft 365 Appsをインストールする必要がある場合、または少数のデバイスにインストールする必要がある場合は、2 つのオプションから選択できます。 「Microsoft 365 のダウンロードとインストールまたは再インストール」に記載されている手順に従うか、PC または Mac にOffice 2021するか、Office オフライン インストーラーを使用します。

ベスト プラクティス

この記事の手順は、Microsoft Configuration Manager環境に関する次のベスト プラクティスに基づいています。

  • 月次エンタープライズ チャネルの使用: Configuration Manager環境では、最新の機能と品質の向上を迅速に取得し、予測可能な更新スケジュールを設定するバランスが取られます。 通常、現在のチャネルを使用することをお勧めしますが、これはオンプレミスで管理される環境では実現できないことがよくあります。

  • 組み込みウィザードを使用してMicrosoft 365 Apps アプリケーションをビルドする: 組み込みウィザードを使用してアプリケーションを作成し、Configuration Managerがアプリケーション ソースをビルドできるようにします。

  • 動的コレクションを活用する: 静的コレクションと動的に更新されたコレクションの組み合わせを使用して、Configuration Managerの自動化機能を適用し、更新などのターゲット設定を改善します。

展開の適切なサイズ設定、更新チャネルの変更、Visio と Project の展開など、organizationの要件に合わせてこれらのオプションをカスタマイズできます。 詳細については、「 デプロイのカスタマイズ」を参照してください。

手順 1: Configuration Manager インフラストラクチャを確認して更新する

インフラストラクチャの観点から見ると、Configuration Managerを使用してMicrosoft 365 Appsをデプロイすることは他のソフトウェア展開と同様であり、特別なカスタマイズは必要ありません。 つまり、次のオプションを使用すると、デプロイをより簡単かつ効率的にすることができます。

  • Configuration Manager の Current Branch を使用します。 詳細については、「使用する必要があるConfiguration Managerの分岐」を参照してください。
  • クライアント デバイスのピア キャッシュを有効にします。 ピア キャッシュは、リモートの場所にMicrosoft 365 Appsをデプロイするときに、ネットワーク容量の制限に役立つ、Configuration Managerの現在のブランチの機能です。 詳細については、「Configuration Manager クライアントのピア キャッシュ」を参照してください。 Microsoft 365 Appsは、初期デプロイ中と、ピア キャッシュからの更新プログラムを使用した後のサービスの両方にメリットがあります。

次の要件も必ず完了してください。

  • Configuration Manager コンソールを実行しているコンピューターには、Microsoft Edge Webview2 runetime が必要であり、HTTPS ポート 443 を介したインターネット アクセスが必要です。 Office 365 クライアント インストール ウィザードは、Windows 標準 Web ブラウザー API を使用して https://config.office.com を開きます。 インターネット プロキシを使用している場合は、この URL にユーザーがアクセスできる必要があります。
  • IE で [セキュリティの強化構成] が有効になっている (Windows Server では既定で有効になっている): https://*.office.com と https://*.officeconfig.msocdn.com の場合は、次のサイトを信頼済みサイトの一覧に追加します。

手順 2: コレクションを作成する

次の 2 つのコレクションセットを作成することをお勧めします。

  • Microsoft 365 Appsの初期デプロイ用の 1 つのセット。 これは、1 つまたは複数のコレクションにすることができます。
  • Microsoft 365 Appsの継続的なメンテナンスのための 1 つのセット。 これらのコレクションは、更新プログラムと展開された更新プログラム チャネルを割り当てるために使用されます。

最初のデプロイでは、デプロイ 計画に合わせてコレクションを作成します。 1 つのグループだけで、デバイスの初期セットを追加し、後でさらにデバイスを追加できます。 または、複数のコレクション (たとえば、5/15/40/40 分割の 4 つ) を作成し、時間の経過と伴ってアプリケーションのデプロイにコレクションを追加します。 これらのコレクションを後でマージして、管理オーバーヘッドを減らすことができます。 コレクションの作成と管理の詳細については、「Microsoft Configuration Managerのコレクションの概要」を参照してください。

継続的なメンテナンスについては、「特定のしきい値を下回るビルドでデバイスをキャッチする」のコレクションを除き、「Configuration Managerを使用してMicrosoft 365 Appsの動的コレクションを構築する」の説明に従ってコレクションを作成します。 これにより、次の 3 つのコレクションセットが表示されます。

  • 特定の更新チャネル上のデバイスの数を簡単に識別するための 1 つまたは複数のコレクション。
  • Microsoft 365 Appsを実行しているすべてのデバイスをキャプチャする 1 つのコレクション。 このコレクションは、毎月の更新プログラムをデプロイするために使用されます。
  • 上記でキャッチしなかった更新チャネル上にあるすべてのデバイスをキャプチャする 1 つのコレクション。 これは、構成ドリフトを特定して修復するのに役立ちます。

手順 3: Microsoft 365 Apps アプリケーションを作成してデプロイする

Microsoft 365 Appsインストールは、Configuration Managerのアプリケーションとして表されます。 このようなインストールにレガシ パッケージ モードを使用することはお勧めしません。

次の手順を使用して、Microsoft 365 Apps アプリケーションを作成します。

  1. Configuration Manager コンソールで、ソフトウェア ライブラリ>の概要>Office 365クライアント管理に移動します。
  2. 右上のウィンドウで、[Office 365 インストーラー] を選択します。 Office 365 クライアント インストール ウィザードが開きます。
  3. [アプリケーション設定] ページで、アプリの名前と説明を指定して、ファイルのダウンロード場所を入力し、[次へ] を選択します。 場所は \\server\共有として指定する必要があります。
  4. [Office の設定] ページで、[Office カスタマイズ ツールに移動] を選択し、Microsoft 365 Appsインストールに必要な設定を構成します。 次のオプションをお勧めします。
    • ソフトウェア:ライセンスに基づいてMicrosoft 365 Apps for enterpriseまたはMicrosoft 365 Apps for business。 これらの製品をすべてのユーザーに展開する予定の場合は、Visio と Project を含めることもできます。
      • 更新チャネル: [ 月次エンタープライズ チャネル] を選択します
      • 言語: デプロイする予定のすべての言語パックを含めます。
      • アップグレード: 以前のすべての MSI バージョンの Office を自動的に削除することを選択します。
      • その他のプロパティ:ユーザーのアプリケーションをサイレント インストールするには、[表示] レベル[オフ] を選択し、[自動的に EULA に同意する] で [オン] を選択します。
      • アプリケーション設定: VBA マクロ通知、既定のファイルの場所、既定のファイル形式など、有効にする設定を定義します。
  5. 構成が完了したら、[送信] を選択 します
  6. [展開] ページで、アプリケーションの展開に [はい] を選択して、[次へ] を選択します。

注:

ウィザードでパッケージを展開しないことを選択した場合は、後でパッケージを展開できます。 アプリケーションを見つけるには、ソフトウェア ライブラリ>アプリケーション管理>アプリケーションに移動します。 アプリケーションのデプロイの詳細については、「アプリケーションの 作成とデプロイ」を参照してください。

  1. [ 全般 ] ページで、展開先のコレクションを選択し、[ 次へ] を選択します。
  2. ウィザードの残りのページを構成します。構成内容は、一般的なアプリケーションを展開する場合と同様です。 詳細については、「 アプリケーションの作成とデプロイ」を参照してください。
  3. ウィザードを終了します。

手順 4: 更新プログラムを構成する

Office 365 インストーラーを使用してアプリケーションを作成すると、Configuration Managerの更新手順をリッスンするようにMicrosoft 365 Appsが自動的に構成されます。 「Microsoft Configuration Managerを使用してMicrosoft 365 Appsする更新プログラムを管理する」で説明されている手順を確認して実装し、Configuration Managerを通じて更新プログラムの提供を開始します。 手順 2 で作成したすべてのMicrosoft 365 Appsインストールをキャッチするコレクションを使用できます。

手順 5: 進行状況を監視する

ウィザードでアプリケーションを展開することを選択した場合、デバイスは次の評価サイクルでMicrosoft 365 Appsのダウンロードとインストールを開始する必要があります。 それ以外の場合は、アプリケーションを手動で展開し、デバイスと配布ポイントに配布する必要があります。 デプロイが開始されたら、Configuration Managerの適切なレポートで進行状況と潜在的な問題を監視します。

初期デプロイに複数のコレクションを使用することを選択した場合は、これらの追加のコレクションにデプロイを時間をかけて拡張することを忘れないでください。

デバイスのインストール/Microsoft 365 Appsへのアップグレードが完了すると、次のハードウェア インベントリ サイクルで管理ポイントに報告されます。 スケジュールに基づいて、動的コレクションは、設定された条件に基づいてデバイスの追加と削除を開始します。 これにより、展開の全体的な進行状況と、すべてのデバイスが目的の更新チャネルにあるか、構成ドリフトが発生しているかどうかを簡単に監視できます。

Office 365クライアント管理ダッシュボードを使用することもできます。 このダッシュボードには、次の情報に関するグラフが示されます。

  • Office 365 クライアントの数
  • Office 365 クライアントのバージョン
  • Office 365 クライアントの言語
  • Office 365 クライアントのチャネル

Configuration Manager コンソールで Office 365 クライアント管理ダッシュボードを表示するには、ソフトウェア ライブラリ>の概要>Office 365クライアント管理に移動します。 ダッシュボードの上部にある [コレクション] ドロップダウンの設定を使用して、特定のコレクションのメンバー単位でダッシュボードのデータにフィルターを適用します。

ダッシュボードに、コレクションごとにデプロイしたバージョン、言語、更新チャネルが表示されていることを確認します。

重要

データが表示されない場合は、ハードウェア インベントリを有効にし、Office 365 ProPlus Configurations ハードウェア インベントリ クラスを選択する必要がある場合があります。 詳細については、「ハードウェア インベントリの構成」を参照してください。

デプロイをカスタマイズする

この記事の手順では、Microsoft からの標準的なベスト プラクティスの推奨事項について説明します。 このセクションでは、これらのベスト プラクティスに対する最も一般的なカスタマイズについて説明します。 カスタマイズされたデプロイを構築する場合でも、Office 365 インストーラーから開始することをお勧めします。 ウィザードでは、検出ルール、展開の種類の作成、および必要なソース ファイルとセットアップ ファイルのフェッチが自動化されます。 ウィザードを開始し、最初から開始するよりも後でカスタマイズする方が簡単です。

多言語環境のデプロイを適切なサイズに設定する

環境内で複数の言語をサポートし、それらをすべてアプリケーションに含める場合は、サイズが大幅に大きくなる可能性があります。 すべてのデバイスが最初に配布ポイントからアプリケーションをダウンロードしてからセットアップを実行する際に、インストール中に必要のない言語パックのソース ファイルをダウンロードしているデバイスが多い可能性があります。 デプロイのサイズを適切に設定する方法、含める言語 (インターネット帯域幅を節約する) と除外する言語 (LAN/WAN トラフィックの節約) のバランスを見つける方法に関するベスト プラクティスについて説明しました。

複数のパッケージをビルドして複数のデプロイ グループにデプロイする

Microsoft 365 Appsの 32 ビット バージョンをデプロイする必要がある場合は、追加のアプリケーションを作成できます。 2 つの異なるアーキテクチャ (この場合は x86 と x64) を同じアプリケーションに含めることはできません。 詳細については、「 インストール パッケージの定義」を参照してください。

異なる更新チャネルを使用する

Microsoft 365 Appsを使用すると、ユーザーが機能更新プログラムを受け取る頻度を制御できます。 そのためには、ユーザーの更新チャネルを選択します。 詳細については、「Microsoft 365 Apps の更新チャネルの概要」を参照してください。

この記事では、月単位のエンタープライズ チャネルを使用しています。これにより、ユーザーは毎月のスケジュールで新機能が提供されます。 ただし、現在のチャネルをデプロイすることもできます。これにより、ユーザーは準備が整うとすぐに最新の機能が提供されます。

1 つのMicrosoft 365 Appsインストール パッケージに含めることができる更新チャネルの種類は 1 つだけであるため、新しい更新チャネルごとに追加のパッケージが必要です。

Visio と Project をコア アプリと共に展開する

Microsoft 365 Appsを使用して Visio と Project を展開するには、Configuration Managerでビルドするときに、それらをアプリケーションの一部として含めることができます。 ライセンスとシステム要件の詳細については、「 Visio の展開ガイド 」および 「Project の展開ガイド」を参照してください。 Configuration ManagerでOffice 365 インストーラー ウィザードを使用して展開する場合、Microsoft 365 Apps、Visio、Project、およびその他の製品にも同じ検出方法が使用されます。 検出方法を更新することをお勧めします。そのため、製品ごとに一意です。 詳細については、「 検出方法」を参照してください。

Configuration Managerを使用してアンインストールを構成する

アプリケーションのアンインストールを許可するには、次の操作を行います。

  1. ODT リファレンスRemove 属性の説明を確認します。 一致する uninstall.xml ファイルを作成し、前に選択したダウンロード場所に配置します。
  2. [ソフトウェア ライブラリ>の概要>] [アプリケーション管理>アプリケーション] に移動し、作成したアプリケーションを選択し、[展開の種類] タブに切り替えて、[既定の展開の種類] Office 365編集します
  3. [ プログラム ] タブに切り替え、次の アンインストール プログラムを指定します:setup.exe /configure uninstall.xml
  4. [ OK] を選択し、展開の種類を右クリックし、[ コンテンツの更新] を選択します。 詳細については、「 コンテンツのデプロイと管理」を参照してください。

アプリケーションは、ソフトウェア ライブラリ>の概要>アプリケーション管理>アプリケーションから展開または編集できます。

Office 展開ツールの構成オプション

Office 展開ツールの概要

Office カスタマイズ ツールの概要

Microsoft 365 アプリの展開ガイド