Microsoft 365 Apps用の言語のデプロイの概要

この記事では、使用する方法、言語をデプロイする場所、校正ツールをデプロイする方法、ベスト プラクティスなど、Microsoft 365 Appsの言語をデプロイするためのオプションについて説明します。 Office 展開の計画の一環として、この記事を使用することをお勧めします。

この記事のガイダンスは、次の Office 製品に適用されます。

  • Microsoft 365 Apps for enterprise。多くのOffice 365と Microsoft 365 エンタープライズ プランが付属しています。
  • Microsoft 365 Apps for business (以前は Office 365 Business という名前)、一部の Microsoft 365 ビジネス プランが付属しています。
  • Project Plan 3またはProject Plan 5に付属する Project デスクトップ アプリのサブスクリプション バージョン。
  • Visio Plan 2に付属する Visio デスクトップ アプリのサブスクリプション バージョン。

Windows インストーラー (MSI) バージョンの Office では、クイック実行を使用するMicrosoft 365 Appsでは言語リソースを使用できません。 たとえば、ボリューム ライセンス サービス センター (VLSC) からダウンロードした言語パックをMicrosoft 365 Appsで使用することはできません。

一般に、Office 自体の展開に使用するのと同じプロセスとツールを使用して、Microsoft 365 Appsの言語を展開します。 これらの言語を Office パッケージに直接含めることによって複数の言語を展開することも、Office が既にインストールされた後に別のパッケージとして言語を展開することもできます。 この記事の手順では、Configuration Managerまたは Office 展開ツールを使用して展開すること、および Office カスタマイズ ツール (OCT) を使用して展開の構成ファイルを作成することを前提としています。 OCT で設定がまだ使用できない場合は、テキスト エディターで構成ファイルを作成する手順を示します。

言語をデプロイするためのベスト プラクティス

大規模な組織で複数の言語を展開する場合は、次のベスト プラクティスをお勧めします。

この記事には、 サポートされている言語の一覧 と、展開用の 言語パックをダウンロードするときに Office がネットワーク帯域幅を節約する 方法の詳細も含まれています。

Office 365 ポータルから言語をインストールする

組織で許可されている場合、ユーザーはOffice 365 ポータルから直接Microsoft 365 Apps言語をインストールできます。 ユーザーが [ソフトウェア ] ページから Office をインストールすると、[言語] ドロップダウン ボックスから 言語 が選択されます。 ユーザーが別の言語を必要とする場合は、必要な言語ごとにプロセスを再実行するだけです。 セットアップによって、選択した言語がユーザーのデバイスに追加されます。

Office の展開の一環として複数の言語を展開する

複数の言語でMicrosoft 365 Appsを展開するには、作成する Office パッケージに追加の言語を含める必要があります。 これを行うには、 Office カスタマイズ ツールで構成ファイルを作成するときに、[言語] セクションで展開する言語を選択します。

ネットワーク上のローカル ソースから Office を展開する場合は、Office パッケージをダウンロードするのと同じ方法で言語をそのソースにダウンロードする必要があります。 詳細については、「Microsoft 365 Apps用のインストール ファイルをダウンロードする」を参照してください。 ローカル ソースから展開する場合は、 言語パックのバックアップ ソースとして Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) を使用することをお勧めします。

標準デプロイの詳細については、「Microsoft 365 Appsのエンタープライズ展開を計画する」を参照してください。

Office カスタマイズ ツールで選択されているプライマリ言語によって、シェル UI 言語が決まります。 シェル UI は、ショートカット、右クリック コンテキスト メニュー、およびツールヒントの表示に使用される言語です。 初期インストール後にシェル UI 言語を変更する場合は、Office をアンインストールして再インストールする必要があります。

Microsoft 365 Appsの既存のインストールに言語をデプロイする

Microsoft 365 Appsを展開した後は、Office 用にさらに多くの言語を展開できます。 これを行うには、office の展開に使用したのと同じプロセスとツール (Configuration Managerや Office 展開ツールなど) を使用します。

  1. ローカル ソースから言語をデプロイする場合は、そのソースで言語を使用できることを確認します。 詳細については、「Microsoft 365 Apps用のインストール ファイルをダウンロードする」を参照してください。
  2. ローカル ソースを使用する場合は、 言語パックのバックアップ ソースとして Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) を使用することをお勧めします。
  3. Office カスタマイズ ツールで構成ファイルを作成する場合は、[製品] セクションの [その他の製品] として [言語パック] を選択します。
  4. [言語] セクションで、インストールする他の言語を選択します。
  5. Office の展開に使用するのと同じプロセスを使用して言語を展開します。

既存の展開に追加すると、ODT は、既存の Microsoft 365 Apps のインストールと同じアーキテクチャ (32 ビットまたは 64 ビット) とソースの場所 (Office CDN またはローカル ソース) を自動的に使用できます。 このため、構成ファイルを作成するときにこれらの値を指定する必要はありません。つまり、1 つの構成ファイルを使用して複数のデプロイ グループにデプロイできます。 ただし、Office カスタマイズ ツールでは、これらの値をすべて指定する必要があるため、この機能は、テキスト エディターで構成ファイルを作成する場合にのみ使用できます。

管理者ではないユーザーに別の言語のインストールを許可する

既定では、Office 用の言語をインストールするには、ユーザーのデバイスに対するローカル管理者のアクセス許可が必要です。 デバイスのローカル管理者ではないユーザーが別の言語をインストールできるようにするには、"管理者ではないユーザーに言語アクセサリ パックのインストールを許可する" ポリシー設定を有効にします。

グループ ポリシーまたはクラウド ポリシーのいずれかを使用して、ポリシー設定を有効にすることができます。 グループ ポリシー管理ツールでは、ユーザー構成\ポリシー\管理用テンプレート\Microsoft Office 2016\Language Preferences\Display Language の下にポリシー設定があります。

このポリシー設定は、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、OneNote に適用されます。 ユーザーは、Office アプリの [ファイル > オプション > 言語 > ] Office 表示言語 > [言語の追加...] に移動して、別の言語をインストールできます。

注意

  • この機能は、現在のチャネルのバージョン 2108 以降、月次エンタープライズ チャネルのバージョン 2109 以降のMicrosoft 365 Apps for enterpriseで使用できます。
  • サポートは、Semi-Annual エンタープライズ チャネル (プレビュー) とSemi-Annualエンタープライズ チャネルで後日提供されます。

ローカル ソースを使用して Office を展開する場合は、configuration.xml ファイルで AllowCdnFallback 属性 を使用することをお勧めします。 この属性を使用すると、ローカル ソースで使用できない場合、言語ファイルのバックアップ ソースの場所としてインターネット上の Office CDN を使用できます。 詳細については、「 Office CDN を言語パックのバックアップ ソースとして使用する」を参照してください。

注意

"Office の更新プログラムのダウンロードとインストールを遅らせる" ポリシー設定を有効にした場合、ユーザーによる追加言語のインストールも、ポリシー設定で指定した日数だけ遅延されます。

Proofing Tools を展開する

Microsoft 365 Appsの各言語バージョンには、一連のコンパニオン言語の校正ツールが含まれています。 たとえば、英語バージョンの Office を展開すると、英語、スペイン語、フランス語の校正ツールも利用できるようになります。 これらの校正ツールには、スペル チェックと文章校正、類義語辞典、およびハイフネーションがあります。 また、言語の自動検出、要約の作成、インテリジェント オートコレクトなど、言語固有の編集機能もあります。

コンパニオン言語以外の他の言語で校正ツールを展開する場合は、その言語の完全な言語パックをデプロイするか、その言語の校正ツールのみをデプロイできます。 多くの管理者は、ネットワークの帯域幅を節約し、クライアント コンピューターのインストール時間を短縮するために校正ツールのみの展開を選択します。

校正ツールのみを展開するには、office の展開に使用したのと同じツール (Configuration Managerや ODT など) を使用します。 Office の初期展開に校正ツールを含めることも、後で既存の展開に追加することもできます。

注意

校正ツールをインストールするには、少なくともバージョン 1803 のMicrosoft 365 Appsを使用している必要があります。 また、 Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできる最新バージョンの Office 展開ツールも使用している必要があります。 また、この機能はまだ使用できないため、Office カスタマイズ ツールを使用して構成ファイルを作成することはできません。 代わりに、テキスト エディターで構成ファイルを編集する必要があります。

既存の展開に追加する場合、ODT は、既存のインストールのMicrosoft 365 Appsと同じアーキテクチャ (32 ビットまたは 64 ビット) とソースの場所 (Office CDN またはローカル ソース) を自動的に使用します。 同じアーキテクチャと場所が使用されるため、構成ファイルを作成するときにこれらの値を指定する必要はありません。つまり、1 つの構成ファイルを使用して複数のデプロイ グループにデプロイできます。

  1. テキスト エディターで構成ファイルを作成する場合は、例に示すように、製品 ID として "ProofingTools" と適切な言語 ID を使用します。
  2. ローカル ソースから言語をデプロイする場合は、まずそのソースに校正ツールをダウンロードする必要があります。 詳細については、「Microsoft 365 Apps用のインストール ファイルをダウンロードする」を参照してください。
  3. ローカル ソースを使用する場合は、例に示すように、構成ファイルに AllowCdnFallback 属性を含めることで、言語パックと校正ツールのバックアップ ソースとして Office CDN を使用することをお勧めします。

テキスト エディターで構成ファイルを編集する方法の詳細については、「 Office 展開ツールの構成オプション」を参照してください。

この構成ファイルは、Office が既にインストールされているデバイスに月次エンタープライズ チャネルを使用してドイツ語とイタリア語の校正ツールをインストールします。 Office の元のインストールがローカル ソースからの場合は、必ず校正ツールをそのソースにダウンロードしてください。 ツールがローカル ソースで見つからない場合は、AllowCdnFallback 設定によって Office CDN から直接ツールがインストールされます。

<Configuration>
  <Add Channel="MonthlyEnterprise" AllowCdnFallback="TRUE">
    <Product ID="ProofingTools">
      <Language ID="de-de" />
      <Language ID="it-it" />
    </Product>
  </Add>
</Configuration>

オペレーティング システムと同じ言語をインストールする

Office を展開するときに、オペレーティング システムで使用されているのと同じ言語を自動的にインストールできます。 これを行うには、標準のプロセスとツールを使用して Office を展開するときに、次の手順を含めます。

  1. Office カスタマイズ ツールで構成ファイルを作成する場合は、プライマリ言語として [一致するオペレーティング システム] を選択します。
  2. ローカル ソースを使用する場合は、Office CDN を言語パックのバックアップ ソースとして使用することをお勧めします。 これを行うには、[インストール] セクション の [不足している言語の CDN へのフォールバック ] を選択します。

一致オペレーティング システムを使用すると、オペレーティング システムの基本言語と、デバイス上のユーザー プロファイルのすべてのアクティブな表示言語がインストールされます。 一致オペレーティング システムは、固定言語の一覧と組み合わせて使用できます。

既存のバージョンのMicrosoft 365 Appsと同じ言語で Visio または Project を展開する

Visio と Project は、既存のバージョンのMicrosoft 365 Appsで使用されている言語で自動的に展開できます。 これを行うには、office の展開に使用したのと同じプロセスとツール (Configuration Managerや Office 展開ツールなど) を使用します。

注意

この機能はまだ使用できないため、Office カスタマイズ ツールを使用して構成ファイルを作成することはできません。 代わりに、テキスト エディターで構成ファイルを編集する必要があります。

既存の展開に追加する場合、ODT は、既存のインストールのMicrosoft 365 Appsと同じアーキテクチャ (32 ビットまたは 64 ビット) とソースの場所 (Office CDN またはローカル ソース) を自動的に使用します。 同じアーキテクチャとソースの場所を使用できるため、構成ファイルを作成するときにこれらの値を指定する必要はありません。つまり、1 つの構成ファイルを使用して複数のデプロイ グループにデプロイできます。

  1. テキスト エディターで構成ファイルを作成する場合は、次の例に示すように、言語 ID として "MatchInstalled" を使用します。
  2. 必要に応じて、次の例に示すように、Language 要素の属性として TargetProduct を含めることができます。 これにより、インストールする言語を決定するために使用する既存の Office 製品を指定できます。 たとえば、TargetProduct = "O365ProPlusRetail" を設定した場合、展開する Office 製品は、その製品がクライアント コンピューターにインストールされている場合、Microsoft 365 Apps for enterpriseと同じ言語でインストールされます。 インストールされているすべての言語を一致させる場合は、TargetProduct="All" を指定できます。
  3. ローカル ソースから言語をデプロイする場合は、一致する可能性のある言語をすべてそのソースに最初にダウンロードする必要があります。 詳細については、「Microsoft 365 Apps用のインストール ファイルをダウンロードする」を参照してください。 MatchInstalled キーワードを含む構成ファイルでは、ODT の /download スイッチを使用できません。 これには別の構成ファイルを使用する必要があります。

Office アプリを Office の既存のインストールに追加したり、Office の既存のインストールから削除したりするときに、MatchInstalled を言語 ID として使用することもできます。

テキスト エディターで構成ファイルを編集する方法の詳細については、「 Office 展開ツールの構成オプション」を参照してください。

<Configuration>
 <Add Channel="MonthlyEnterprise" AllowCdnFallback="True"> 
  <Product ID="VisioProRetail">
     <Language ID="MatchInstalled" TargetProduct="O365ProPlusRetail" />
  </Product>
 </Add>  
</Configuration>

2 回目のインストール シナリオで MatchInstalled を使用する方法の詳細について説明します。

以前の MSI インストールと同じ言語をインストールする

Windows インストーラー (MSI) バージョンの Office からアップグレードする場合は、Microsoft 365 Appsのインストール時にインストールされた、同じ言語リソース (言語パック、言語インターフェイス パック、校正ツールなど) のクイック実行バージョンを入手できます。 詳細については、「Microsoft 365 Appsにアップグレードするときに Office の既存の MSI バージョンを削除する」を参照してください。

言語パックまたは校正ツールを削除する

言語パックまたは校正ツールを削除するには、製品と同様に Remove 要素を使用します。 製品 ID には、 LanguagePack または ProofingTools を指定します。 この例では、インストールされているすべての製品でドイツ語の言語パックが削除されます。

<Configuration>
  <Remove>
    <Product ID="LanguagePack">
      <Language ID="de-de" />
    </Product>
  </Remove>
</Configuration>

Office CDN を言語パックのバックアップ ソースとして使用する

ネットワーク上のローカル ソースから Office を展開する場合は、そのローカル ソースでは使用できない可能性がある言語パックのバックアップ ソースとして Office CDN を使用できます。 これを行うには、office の展開に使用したのと同じプロセスとツール (Configuration Managerや Office 展開ツールなど) を使用します。

Office カスタマイズ ツールで構成ファイルを作成するときに、 Office カスタマイズ ツールのインストール設定で、 不足している言語の CDN へのフォールバック を選択します。

言語をインストールするときに、ODT はソース パスの場所にあるソース ファイルを最初に検索します。 その 場所で 言語パックを使用できず、[フォールバック] 設定が選択されている場合、ODT は Office CDN のソース ファイルを使用します。

言語パックを追加するときにネットワーク帯域幅を節約する

Office 展開ツール (ODT) を使用して Office のインストール ファイルをダウンロードするとき、ダウンロード先に同じバージョンの Office が既にある場合、ODT は不足分のファイルのみをダウンロードして、お客様のネットワークの帯域使用の軽減をはかります。たとえば、ODT を使用して英語版とドイツ語版の Office を、英語版の Office が既に含まれているフォルダーにダウンロードする場合、ドイツ語の言語パックのみがダウンロードされます。

言語、カルチャ コード、および関連の言語の文章校正

Microsoft 365 Appsの言語に依存しない製品リソースは、すべてのニュートラル リソースを含む 1 つのファイルにパッケージ化されます。 言語固有のリソースは言語固有のファイル (英語 (米国) リソースなら en-us) にパッケージ化されています。

次の表は、Microsoft 365 Appsでサポートされているすべての言語と、カルチャ コードとコンパニオン校正言語の一覧です。

Language カルチャ (ll-CC) 副校正言語
アフリカーンス語 af-ZA
アルバニア語 sq-AL
アラビア語 ar-SA アラビア語、英語、フランス語
アルメニア語 hy-AM
アッサム語 as-IN
アゼルバイジャン語 (ラテン) az-Latn-AZ
バングラ語 (バングラデシュ) bn-BD
バングラ語 (ベンガル語インド) bn-IN
バスク語 (バスク) eu-ES
ボスニア語 (ラテン) bs-latn-BA
ブルガリア語 bg-BG ブルガリア語、英語、ドイツ語、ロシア語
カタルニア語 ca-ES
カタロニア語 (バレンシア) ca-ES-valencia
簡体字中国語 zh-CN 中国語 (簡体字)、英語
繁体字中国語 zh-TW 中国語 (繁体字)、英語
クロアチア語 hr-HR クロアチア語、英語、ドイツ語、セルビア語、イタリア語
チェコ語 cs-CZ チェコ語、英語、ドイツ語、スロバキア語
デンマーク語 da-DK デンマーク語、英語、ドイツ語、スウェーデン語
オランダ語 nl-NL オランダ語、英語、フランス語、ドイツ語
英語 en-US 英語、フランス語、スペイン語
英国英語 [1] en-GB 英語、アイルランド語、スコットランド語(Gaelic)、Welsh
エストニア語 et-EE エストニア語、英語、ドイツ語、ロシア語、フィンランド語
フィンランド語 fi-FI フィンランド語、英語、スウェーデン語、ドイツ語、ロシア語
フランス語 fr-FR フランス語、英語、ドイツ語、オランダ語、アラビア語、スペイン語
フランス語カナダ [1] fr-CA フランス語、英語、ドイツ語、オランダ語、アラビア語、スペイン語
ガリシア語 gl-ES
ジョージア語 ka-GE
ドイツ語 de-DE ドイツ語、英語、フランス語、イタリア語
ギリシャ語 el-GR ギリシャ語、英語、フランス語、ドイツ語
グジャラート語 gu-IN
ハウサ語 ha-Latn-NG
ヘブライ語 he-IL ヘブライ語、英語、フランス語、アラビア語、ロシア語
ヒンディー語 hi-IN ヒンディー語、英語、タミル語、Telegu、Marathi、カンナダ語、Gujarati、Punjabi、Urdu
ハンガリー語 hu-HU ハンガリー語、英語、ドイツ語
アイスランド語 is-IS
イボ語 ig-NG
インドネシア語 id-ID インドネシア語、英語
アイルランド語 ga-IE
コサ語 xh-ZA
ズールー語 zu-ZA
イタリア語 it-IT イタリア語、英語、フランス語、ドイツ語
日本語 ja-JP 日本語、英語
カンナダ語 kn-IN
カザフ語 kk-KZ カザフ語、英語、ロシア語、
キニヤルワンダ語 rw-RW
スワヒリ語 sw-KE
コンカニ語 こく-IN
韓国語 ko-KR 韓国語、英語
キルギス語 ky-KG
ラトビア語 lv-LV ラトビア語、英語、ドイツ語、ロシア語
リトアニア語 lt-LT リトアニア語、英語、ドイツ語、ロシア語、ポーランド語
ルクセンブルク語 lb-LU
マケドニア語 (北マケドニア) mk-MK
マレー語 (ラテン) ms-MY マレー語、英語、中国語 (簡体字)
マラヤーラム語 ml-IN
マルタ語 mt-MT
マオリ語 mi-NZ
マラーティー語 mr-IN
ネパール語 ne-NP
ノルウェー語 (ボークモール) nb-NO ノルウェー語 (ブークモール)、英語、ドイツ語、ノルウェー語 (ニーノシュク)
ノルウェー語 (ニーノシュク) nn-NO ノルウェー語 (ブークモール)、英語、ドイツ語、ノルウェー語 (ニーノシュク)
オディア語 or-IN
パシュトゥー語 ps-AF
ペルシャ語 fa-IR
ポーランド語 pl-PL ポーランド語、英語、ドイツ語
ポルトガル語 (ポルトガル) pt-PT ポルトガル語、英語、フランス語、スペイン語
ポルトガル語 (ブラジル) pt-BR ポルトガル語 (ブラジル)、英語、スペイン語
パンジャブ語 (グルムキー) pa-IN
ルーマニア語 ro-RO ルーマニア語、英語、フランス語
ロマンシュ語 rm-CH
ロシア語 ru-RU ロシア語、英語、ウクライナ語、ドイツ語
スコットランド ゲール語 gd-GB
セルビア語 (キリル、セルビア) sr-cyrl-RS
セルビア語 (ラテン、セルビア) sr-latn-RS セルビア語 (ラテン)、英語、ドイツ語、フランス語、クロアチア語
セルビア語 (キリル、ボスニア & ヘルツェゴビナ) sr-cyrl-BA
セソト サ レボア語 nso-ZA
セツワナ語 tn-ZA
シンハラ語 si-LK
スロバキア語 sk-SK スロバキア語、英語、チェコ語、ハンガリー語、ドイツ語
スロベニア語 sl-SI スロベニア語、英語、ドイツ語、イタリア語、クロアチア語
スペイン語 es-ES スペイン語、英語、フランス語、バスク語 (バスク)、カタルニア語、ガリシア語、ポルトガル語 (ブラジル)
スペイン語メキシコ [1] es-MX スペイン語、英語、フランス語、ブラジル語
スウェーデン語 sv-SE スウェーデン語、英語、フィンランド語、ドイツ語
タミール語 ta-IN
タタール語 (キリル) tt-RU
テルグ語 te-IN
タイ語 th-TH タイ語、英語、フランス語
トルコ語 tr-TR トルコ語、英語、フランス語、ドイツ語
ウクライナ語 uk-UA ウクライナ語、英語、ロシア語、ドイツ語
ウルドゥー語 your-PK
ウズベク語 (ラテン) uz-Latn-UZ
ベトナム語 vi-VN ベトナム語、英語、フランス語
ウェールズ語 cy-GB
ウォロフ語 wo-SN
ヨルバ語 yo-NG

注意

[1] この言語はバージョン 2108 以降でのみ使用できますが、Project または Visio では使用できません。