次の方法で共有


Paginator クラス

定義

のユーザー インターフェイスを提供する PaginationStateコンポーネント。

public class Paginator : Microsoft.AspNetCore.Components.ComponentBase, IDisposable
type Paginator = class
    inherit ComponentBase
    interface IDisposable
Public Class Paginator
Inherits ComponentBase
Implements IDisposable
継承
Paginator
実装

コンストラクター

Paginator()

のインスタンス Paginatorを構築します。

プロパティ

State

関連付けられている PaginationStateを指定します。 このパラメーターは必須です。

SummaryTemplate

必要に応じて、ページ数の概要をレンダリングするためのテンプレートを提供します。

メソッド

BuildRenderTree(RenderTreeBuilder)

のユーザー インターフェイスを提供する PaginationStateコンポーネント。

DispatchExceptionAsync(Exception)

指定された exception を、このコンポーネントによってスローされると見なします。 これにより、外側の ErrorBoundary が失敗状態に遷移します。 囲み ErrorBoundary がない場合、それを囲むレンダラーからの例外と見なされます。

これは、コンポーネント ライフサイクル メソッドの外部で例外が発生したが、コンポーネント ライフサイクル メソッドの例外と同じように処理する場合に便利です。

(継承元 ComponentBase)
Dispose()

のユーザー インターフェイスを提供する PaginationStateコンポーネント。

InvokeAsync(Action)

関連付けられたレンダラーの同期コンテキストで、指定された作業項目を実行します。

(継承元 ComponentBase)
InvokeAsync(Func<Task>)

関連付けられたレンダラーの同期コンテキストで、指定された作業項目を実行します。

(継承元 ComponentBase)
OnAfterRender(Boolean)

コンポーネントが対話形式でレンダリングされ、UI の更新が完了するたびに呼び出されるメソッド (たとえば、ブラウザー DOM に要素が追加された後)。 すべての ElementReference フィールドは、この実行時までに設定されます。

これらのプロセスはライブ ブラウザー DOM にアタッチされておらず、DOM が更新される前に既に完了しているため、プリレンダリング中またはサーバー側のレンダリング中にこのメソッドは呼び出されません。

(継承元 ComponentBase)
OnAfterRenderAsync(Boolean)

コンポーネントが対話形式でレンダリングされ、UI の更新が完了するたびに呼び出されるメソッド (たとえば、ブラウザー DOM に要素が追加された後)。 すべての ElementReference フィールドは、この実行時までに設定されます。

これらのプロセスはライブ ブラウザー DOM にアタッチされておらず、DOM が更新される前に既に完了しているため、プリレンダリング中またはサーバー側のレンダリング中にこのメソッドは呼び出されません。

コンポーネントは、返された Taskの完了後に自動的に再レンダリングされないことに注意してください。これは、無限のレンダリング ループが発生するためです。

(継承元 ComponentBase)
OnInitialized()

コンポーネントが起動する準備ができたときに呼び出されるメソッド。レンダリング ツリー内の親から初期パラメーターを受け取ります。

(継承元 ComponentBase)
OnInitializedAsync()

コンポーネントが起動する準備ができたときに呼び出されるメソッド。レンダリング ツリー内の親から初期パラメーターを受け取ります。

非同期操作を実行し、その操作が完了したときにコンポーネントを更新する場合は、このメソッドをオーバーライドします。

(継承元 ComponentBase)
OnParametersSet()

コンポーネントがレンダー ツリー内の親からパラメーターを受け取り、受信値がプロパティに割り当てられているときに呼び出されるメソッド。

OnParametersSetAsync()

コンポーネントがレンダー ツリー内の親からパラメーターを受け取り、受信値がプロパティに割り当てられているときに呼び出されるメソッド。

(継承元 ComponentBase)
SetParametersAsync(ParameterView)

レンダリング ツリー内のコンポーネントの親によって提供されるパラメーターを設定します。

(継承元 ComponentBase)
ShouldRender()

コンポーネントをレンダリングするかどうかを示すフラグを返します。

(継承元 ComponentBase)
StateHasChanged()

状態が変更されたことをコンポーネントに通知します。 必要に応じて、コンポーネントが再レンダリングされます。

(継承元 ComponentBase)

明示的なインターフェイスの実装

IComponent.Attach(RenderHandle)

のユーザー インターフェイスを提供する PaginationStateコンポーネント。

(継承元 ComponentBase)
IHandleAfterRender.OnAfterRenderAsync()

のユーザー インターフェイスを提供する PaginationStateコンポーネント。

(継承元 ComponentBase)
IHandleEvent.HandleEventAsync(EventCallbackWorkItem, Object)

のユーザー インターフェイスを提供する PaginationStateコンポーネント。

(継承元 ComponentBase)

適用対象