Share via


WebViewManager クラス

定義

Razor コンポーネントをホストする Web ビュー内のアクティビティを管理します。 プラットフォーム作成者は、これをサブクラス化して、抽象メソッドと保護されたメソッドをプラットフォームの Web ビューの API に接続する必要があります。

public abstract class WebViewManager : IAsyncDisposable
type WebViewManager = class
    interface IAsyncDisposable
Public MustInherit Class WebViewManager
Implements IAsyncDisposable
継承
WebViewManager
実装

コンストラクター

WebViewManager(IServiceProvider, Dispatcher, Uri, IFileProvider, JSComponentConfigurationStore, String)

のインスタンス WebViewManagerを構築します。

プロパティ

Dispatcher

このWebViewManagerインスタンスで使用される をDispatcher取得します。

メソッド

AddRootComponentAsync(Type, String, ParameterView)

アタッチされたページにルート コンポーネントを追加します。

DisposeAsync()

Razor コンポーネントをホストする Web ビュー内のアクティビティを管理します。 プラットフォーム作成者は、これをサブクラス化して、抽象メソッドと保護されたメソッドをプラットフォームの Web ビューの API に接続する必要があります。

DisposeAsyncCore()

現在 WebViewManager のインスタンスを破棄します。

MessageReceived(Uri, String)

Web ビュー内で WebViewManager 実行されている JavaScript からのメッセージについて を通知します。

Navigate(String)

指定した場所に移動するように Web ビューに指示し、クライアント側のルーティングをバイパスします。

NavigateCore(Uri)

指定した場所に移動するように Web ビューに指示し、クライアント側のルーティングをバイパスします。

RemoveRootComponentAsync(String)

以前にアタッチされたルート コンポーネントを現在のページから削除します。

SendMessage(String)

添付された Web ビューで実行されている JavaScript コードにメッセージを送信します。 これは Blazor JavaScript コードに転送する必要があります。

TryDispatchAsync(Action<IServiceProvider>)

指定した workItem を非同期的に呼び出し、Razor コンポーネントで使用できるスコープ付きサービスを渡します。 このメソッドは、指定した workItemを呼び出すことができない場合は例外をスローしませんが、呼び出した場合でも、例外はそれ自体によって workItem スローされる可能性があります。

TryGetResponseContent(String, Boolean, Int32, String, Stream, IDictionary<String,String>)

特定のネットワーク要求の応答コンテンツの提供を試みます。

適用対象