Share via


CloudQueueMessage クラス

定義

Microsoft Azure Queue サービスのメッセージを表します。

public sealed class CloudQueueMessage
type CloudQueueMessage = class
Public NotInheritable Class CloudQueueMessage
継承
CloudQueueMessage

コンストラクター

CloudQueueMessage(Byte[])

指定されたバイト配列を使用して、 CloudQueueMessage クラスの新しいインスタンスを初期化します。

CloudQueueMessage(String, Boolean)

指定された Base64 エンコード文字列を CloudQueueMessage 使用して、 クラスの新しいインスタンスを初期化します。 このメソッドは内部でのみ使用されます。

CloudQueueMessage(String, String)

指定されたメッセージ ID と PopReceipt を使用して CloudQueueMessage クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

AsBytes

メッセージの内容をバイト配列として取得します。

AsString

メッセージの内容を文字列として取得します。

DequeueCount

このメッセージがデキューされた回数を取得します。

ExpirationTime

メッセージの有効期限が切れる時刻を取得します。

Id

メッセージ ID を取得します。

InsertionTime

メッセージがキューに追加された時刻を取得します。

MaxMessageSize

最大メッセージ サイズ (バイト単位) を取得します。

MaxNumberOfMessagesToPeek

一度にピークできるメッセージの最大数を取得します。

MaxVisibilityTimeout

メッセージをキューに保持する最大時間を取得します。

NextVisibleTime

メッセージが次に表示されるようになる時刻を取得します。

PopReceipt

メッセージの PopReceipt を取得します。

メソッド

SetMessageContent(Byte[])
古い.

このメッセージの内容を設定します。

SetMessageContent(String)
古い.

このメッセージの内容を生の文字列として設定します。

SetMessageContent2(Byte[])

このメッセージの内容を設定します。

SetMessageContent2(String, Boolean)

このメッセージの内容を設定します。

適用対象