FileSystem.MoveDirectory メソッド

定義

ディレクトリの場所を移動します。

オーバーロード

MoveDirectory(String, String)

ディレクトリの場所を移動します。

MoveDirectory(String, String, UIOption)

ディレクトリの場所を移動します。

MoveDirectory(String, String, Boolean)

ディレクトリの場所を移動します。

MoveDirectory(String, String, UIOption, UICancelOption)

ディレクトリの場所を移動します。

MoveDirectory(String, String)

ディレクトリの場所を移動します。

public:
 static void MoveDirectory(System::String ^ sourceDirectoryName, System::String ^ destinationDirectoryName);
public static void MoveDirectory (string sourceDirectoryName, string destinationDirectoryName);
static member MoveDirectory : string * string -> unit
Public Shared Sub MoveDirectory (sourceDirectoryName As String, destinationDirectoryName As String)

パラメーター

sourceDirectoryName
String

移動するディレクトリのパス。

destinationDirectoryName
String

ソース ディレクトリの移動先となるディレクトリのパス。

例外

パスが無効です。原因として、パスが長さが 0 の文字列であるか、パスに空白しか含まれていないか、パスに無効な文字が含まれているか、またはパスがデバイス パスである (\\.\ で始まっている) ことが考えられます。

sourceDirectoryName または destinationDirectoryNameNothing または空の文字列です。

ディレクトリが存在しません。

移動先がルート ディレクトリであるか、移動元と移動先のパスが同じです。

パスがシステム定義の最大長を超えています。

操作が巡回しています。

パス内のファイル名またはディレクトリ名にコロン (:) が含まれているか、形式が無効です。

ユーザーがパスを参照するのに必要なアクセス許可を保持していません。

ユーザーに必要なアクセス許可がありません。

次の使用例は内部に移動 Directory1 します Directory2

My.Computer.FileSystem.MoveDirectory("C:\Directory1", "C:\Directory2")

この例は内部にDirectory2移動Directory1し、ディレクトリが既に存在する場合は上書きします。

My.Computer.FileSystem.MoveDirectory("C:\Directory1", "C:\Directory2",
True)

注釈

存在しないディレクトリ内にディレクトリを移動しようとすると、ターゲット構造が作成されます。

こちらもご覧ください

適用対象

MoveDirectory(String, String, UIOption)

ディレクトリの場所を移動します。

public:
 static void MoveDirectory(System::String ^ sourceDirectoryName, System::String ^ destinationDirectoryName, Microsoft::VisualBasic::FileIO::UIOption showUI);
public static void MoveDirectory (string sourceDirectoryName, string destinationDirectoryName, Microsoft.VisualBasic.FileIO.UIOption showUI);
static member MoveDirectory : string * string * Microsoft.VisualBasic.FileIO.UIOption -> unit
Public Shared Sub MoveDirectory (sourceDirectoryName As String, destinationDirectoryName As String, showUI As UIOption)

パラメーター

sourceDirectoryName
String

移動するディレクトリのパス。

destinationDirectoryName
String

ソース ディレクトリの移動先となるディレクトリのパス。

showUI
UIOption

操作の進行状況を視覚的に追跡するかどうかを指定します。 既定値は UIOption.OnlyErrorDialogs です。

例外

パスが無効です。原因として、パスが長さが 0 の文字列であるか、パスに空白しか含まれていないか、パスに無効な文字が含まれているか、またはパスがデバイス パスである (\\.\ で始まっている) ことが考えられます。

sourceDirectoryName または destinationDirectoryNameNothing または空の文字列です。

ディレクトリが存在しません。

ターゲット ディレクトリが既に存在し、overwriteFalse に設定されています。

パスがシステム定義の最大長を超えています。

操作が巡回しています。

パス内のファイル名またはディレクトリ名にコロン (:) が含まれているか、形式が無効です。

ユーザーがパスを参照するのに必要なアクセス許可を保持していません。

ユーザーに必要なアクセス許可がありません。

次の使用例は内部に移動 Directory1 します Directory2

My.Computer.FileSystem.MoveDirectory("C:\Directory1", "C:\Directory2")

この例は内部にDirectory2移動Directory1し、ディレクトリが既に存在する場合は上書きします。

My.Computer.FileSystem.MoveDirectory("C:\Directory1", "C:\Directory2",
True)

注釈

存在しないディレクトリ内にディレクトリを移動しようとすると、ターゲット構造が作成されます。

こちらもご覧ください

適用対象

MoveDirectory(String, String, Boolean)

ディレクトリの場所を移動します。

public:
 static void MoveDirectory(System::String ^ sourceDirectoryName, System::String ^ destinationDirectoryName, bool overwrite);
public static void MoveDirectory (string sourceDirectoryName, string destinationDirectoryName, bool overwrite);
static member MoveDirectory : string * string * bool -> unit
Public Shared Sub MoveDirectory (sourceDirectoryName As String, destinationDirectoryName As String, overwrite As Boolean)

パラメーター

sourceDirectoryName
String

移動するディレクトリのパス。

destinationDirectoryName
String

ソース ディレクトリの移動先となるディレクトリのパス。

overwrite
Boolean

既存のディレクトリを上書きする場合は True。それ以外の場合は False。 既定値は False です。

例外

パスが無効です。原因として、パスが長さが 0 の文字列であるか、パスに空白しか含まれていないか、パスに無効な文字が含まれているか、またはパスがデバイス パスである (\\.\ で始まっている) ことが考えられます。

sourceDirectoryName または destinationDirectoryNameNothing または空の文字列です。

ディレクトリが存在しません。

ターゲット ディレクトリが既に存在し、overwriteFalse に設定されています。

パスがシステム定義の最大長を超えています。

操作が巡回しています。

パス内のファイル名またはディレクトリ名にコロン (:) が含まれているか、形式が無効です。

ユーザーがパスを参照するのに必要なアクセス許可を保持していません。

ユーザーに必要なアクセス許可がありません。

この例では、内部Directory2に移動しますDirectory1

My.Computer.FileSystem.MoveDirectory("C:\Directory1", "C:\Directory2")

この例は内部にDirectory2移動Directory1し、ディレクトリが既に存在する場合は上書きします。

My.Computer.FileSystem.MoveDirectory("C:\Directory1", "C:\Directory2",
True)

注釈

存在しないディレクトリ内のディレクトリを移動しようとすると、ターゲット構造が作成されます。

こちらもご覧ください

適用対象

MoveDirectory(String, String, UIOption, UICancelOption)

ディレクトリの場所を移動します。

public:
 static void MoveDirectory(System::String ^ sourceDirectoryName, System::String ^ destinationDirectoryName, Microsoft::VisualBasic::FileIO::UIOption showUI, Microsoft::VisualBasic::FileIO::UICancelOption onUserCancel);
public static void MoveDirectory (string sourceDirectoryName, string destinationDirectoryName, Microsoft.VisualBasic.FileIO.UIOption showUI, Microsoft.VisualBasic.FileIO.UICancelOption onUserCancel);
static member MoveDirectory : string * string * Microsoft.VisualBasic.FileIO.UIOption * Microsoft.VisualBasic.FileIO.UICancelOption -> unit
Public Shared Sub MoveDirectory (sourceDirectoryName As String, destinationDirectoryName As String, showUI As UIOption, onUserCancel As UICancelOption)

パラメーター

sourceDirectoryName
String

移動するディレクトリのパス。

destinationDirectoryName
String

ソース ディレクトリの移動先となるディレクトリのパス。

showUI
UIOption

操作の進行状況を視覚的に追跡するかどうかを指定します。 既定値は UIOption.OnlyErrorDialogs です。

onUserCancel
UICancelOption

ユーザーによって操作が取り消された場合に、例外をスローするかどうかを指定します。 既定値は UICancelOption.ThrowException です。

例外

パスが無効です。原因として、パスが長さが 0 の文字列であるか、パスに空白しか含まれていないか、パスに無効な文字が含まれているか、またはパスがデバイス パスである (\\.\ で始まっている) ことが考えられます。

sourceDirectoryName または destinationDirectoryNameNothing または空の文字列です。

ディレクトリが存在しません。

onUserCancelThrowException に設定されており、ファイルのサブディレクトリをコピーできません。

onUserCancelThrowException に設定されている場合にユーザーが操作を取り消したか、操作を完了できませんでした。

ユーザーがパスを参照するのに必要なアクセス許可を保持していません。

パスがシステム定義の最大長を超えています。

操作が巡回しています。

パス内のファイル名またはディレクトリ名にコロン (:) が含まれているか、形式が無効です。

ユーザーに必要なアクセス許可がありません。

この例では、内部Directory2に移動しますDirectory1

My.Computer.FileSystem.MoveDirectory("C:\Directory1", "C:\Directory2")

この例は内部にDirectory2移動Directory1し、ディレクトリが既に存在する場合は上書きします。

My.Computer.FileSystem.MoveDirectory("C:\Directory1", "C:\Directory2",
True)

注釈

存在しないディレクトリ内のディレクトリを移動しようとすると、ターゲット構造が作成されます。

こちらもご覧ください

適用対象