SafeRegistryHandle クラス

定義

Windows レジストリのセーフ ハンドルを表します。

public ref class SafeRegistryHandle sealed : Microsoft::Win32::SafeHandles::SafeHandleZeroOrMinusOneIsInvalid
public ref class SafeRegistryHandle sealed : System::Runtime::InteropServices::SafeHandle
public sealed class SafeRegistryHandle : Microsoft.Win32.SafeHandles.SafeHandleZeroOrMinusOneIsInvalid
[System.Security.SecurityCritical]
public sealed class SafeRegistryHandle : System.Runtime.InteropServices.SafeHandle
[System.Security.SecurityCritical]
public sealed class SafeRegistryHandle : Microsoft.Win32.SafeHandles.SafeHandleZeroOrMinusOneIsInvalid
type SafeRegistryHandle = class
    inherit SafeHandleZeroOrMinusOneIsInvalid
[<System.Security.SecurityCritical>]
type SafeRegistryHandle = class
    inherit SafeHandle
[<System.Security.SecurityCritical>]
type SafeRegistryHandle = class
    inherit SafeHandleZeroOrMinusOneIsInvalid
Public NotInheritable Class SafeRegistryHandle
Inherits SafeHandleZeroOrMinusOneIsInvalid
Public NotInheritable Class SafeRegistryHandle
Inherits SafeHandle
継承
継承
SafeRegistryHandle
属性

注釈

ネイティブ RegCreateKeyEx Windows関数でプラットフォーム呼び出しを使用してオブジェクトをSafeRegistryHandle取得し、それを使用して、メソッドでレジストリ キーをRegistryKey.FromHandle作成できます。

重要

この型は IDisposable インターフェイスを実装します。 型の使用が完了したら、直接的または間接的に型を破棄する必要があります。 直接的に型を破棄するには、try/catch ブロック内で Dispose メソッドを呼び出します。 間接的に型を破棄するには、using (C# の場合) または Using (Visual Basic 言語) などの言語構成要素を使用します。 詳細については、IDisposable インターフェイスに関するトピック内の「IDisposable を実装するオブジェクトの使用」セクションを参照してください。

コンストラクター

SafeRegistryHandle()

SafeRegistryHandle を作成します。

SafeRegistryHandle(IntPtr, Boolean)

SafeRegistryHandle クラスの新しいインスタンスを初期化します。

フィールド

handle

ラップするハンドルを指定します。

(継承元 SafeHandle)

プロパティ

IsClosed

ハンドルが閉じているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 SafeHandle)
IsInvalid

ハンドルが無効かどうかを示す値を取得します。

IsInvalid

ハンドルが無効かどうかを示す値を取得します。

(継承元 SafeHandleZeroOrMinusOneIsInvalid)

メソッド

Close()

リソースを解放するためのハンドルをマークします。

(継承元 SafeHandle)
DangerousAddRef(Boolean)

SafeHandle インスタンスの参照カウンターを手動でインクリメントします。

(継承元 SafeHandle)
DangerousGetHandle()

handle フィールドの値を戻します。

(継承元 SafeHandle)
DangerousRelease()

SafeHandle インスタンスの参照カウンターを手動でデクリメントします。

(継承元 SafeHandle)
Dispose()

SafeHandle クラスによって使用されているすべてのリソースを解放します。

(継承元 SafeHandle)
Dispose(Boolean)

通常の破棄操作を実行するかどうかを指定して、SafeHandle クラスによって使用されているアンマネージ リソースを解放します。

(継承元 SafeHandle)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ReleaseHandle()

派生クラスでオーバーライドされると、ハンドルを解放するために必要なコードを実行します。

(継承元 SafeHandle)
SetHandle(IntPtr)

ハンドルを指定した既存のハンドルに設定します。

(継承元 SafeHandle)
SetHandleAsInvalid()

今後は使用しないものとしてハンドルをマークします。

(継承元 SafeHandle)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象