TypeConverter.IsValid メソッド

定義

指定した値オブジェクトが型に対して有効かどうかを示す値を返します。

オーバーロード

IsValid(ITypeDescriptorContext, Object)

指定した値オブジェクトが、この型に対して有効か、指定したコンテキストに対して有効かを返します。

IsValid(Object)

指定した値オブジェクトが型に対して有効かどうかを示す値を返します。

IsValid(ITypeDescriptorContext, Object)

指定した値オブジェクトが、この型に対して有効か、指定したコンテキストに対して有効かを返します。

public:
 virtual bool IsValid(System::ComponentModel::ITypeDescriptorContext ^ context, System::Object ^ value);
public virtual bool IsValid (System.ComponentModel.ITypeDescriptorContext context, object value);
public virtual bool IsValid (System.ComponentModel.ITypeDescriptorContext? context, object? value);
abstract member IsValid : System.ComponentModel.ITypeDescriptorContext * obj -> bool
override this.IsValid : System.ComponentModel.ITypeDescriptorContext * obj -> bool
Public Overridable Function IsValid (context As ITypeDescriptorContext, value As Object) As Boolean

パラメーター

context
ITypeDescriptorContext

書式指定コンテキストを提供する ITypeDescriptorContext

value
Object

有効性をテストするための Object

戻り値

Boolean

指定した値がこのオブジェクトに対して有効である場合は true。それ以外の場合は false

この関数の例については、 クラスを TypeConverter 参照してください。

注釈

コンバーターが呼び出される環境に関する追加情報を抽出するには、context パラメーターを使用します。 このパラメーターには を指定 nullできるので、常に確認してください。 また、コンテキスト オブジェクトのプロパティも null を返す場合があります。

.NET Framework 4 以降では、 メソッドは IsValid メソッドと ConvertFrom メソッドの例外をCanConvertFromキャッチします。 入力値の型 CanConvertFrom が を返 falseす場合、または入力値 ConvertFrom によって例外が発生した場合、メソッドは IsValid を返します false

レガシ動作を有効にするには、.NET Framework アプリケーションの構成ファイルに次の行を挿入します。

<configuration>  
  <appSettings>  
    <add key="UseCompatibleTypeConverterBehavior" value="true" />  
  </appSettings>  
</configuration>  

注意 (継承者)

変換する型が検証可能な標準値をサポートしている場合は、このメソッドをオーバーライドします。

メソッドは IsValid(ITypeDescriptorContext, Object) 、指定された型に変換できるかどうかを判断 value するのではなく、型内の値を検証するために使用されます。 たとえば、 を使用して、 IsValid(ITypeDescriptorContext, Object) 特定の値が列挙型に対して有効かどうかを判断できます。 例については、「EnumConverter」を参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象

IsValid(Object)

指定した値オブジェクトが型に対して有効かどうかを示す値を返します。

public:
 bool IsValid(System::Object ^ value);
public bool IsValid (object value);
member this.IsValid : obj -> bool
Public Function IsValid (value As Object) As Boolean

パラメーター

value
Object

有効かどうかを確認する対象のオブジェクト。

戻り値

Boolean

指定した値がこのオブジェクトに対して有効である場合は true。それ以外の場合は false

注釈

.NET Framework 4 以降では、 メソッドは IsValid メソッドと ConvertFrom メソッドの例外をCanConvertFromキャッチします。 入力値の型 CanConvertFrom が を返 falseす場合、または入力値 ConvertFrom によって例外が発生した場合、メソッドは IsValid を返します false

レガシ動作を有効にするには、.NET Framework アプリケーションの構成ファイルに次の行を挿入します。

<configuration>  
  <appSettings>  
    <add key="UseCompatibleTypeConverterBehavior" value="true" />  
  </appSettings>  
</configuration>  

注意 (継承者)

変換する型が検証可能な標準値をサポートしている場合は、このメソッドをオーバーライドします。

メソッドは IsValid(Object) 、指定された型に変換できるかどうかを判断 value するのではなく、型内の値を検証するために使用されます。 たとえば、 を使用して、 IsValid(Object) 特定の値が列挙型に対して有効かどうかを判断できます。 例については、「EnumConverter」を参照してください。

メソッドと ConvertFrom メソッドを例外ブロックにラップConvertToすることで、独自WillConvertSucceedのメソッドを記述できます。

こちらもご覧ください

適用対象