DataColumnMapping クラス

定義

DataAdapter から継承されるオブジェクトの汎用的な列マップを格納します。 このクラスは継承できません。

public ref class DataColumnMapping sealed : MarshalByRefObject, ICloneable, System::Data::IColumnMapping
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Data.Common.DataColumnMapping+DataColumnMappingConverter))]
public sealed class DataColumnMapping : MarshalByRefObject, ICloneable, System.Data.IColumnMapping
public sealed class DataColumnMapping : MarshalByRefObject, ICloneable, System.Data.IColumnMapping
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Data.Common.DataColumnMappingConverter))]
public sealed class DataColumnMapping : MarshalByRefObject, ICloneable, System.Data.IColumnMapping
[<System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Data.Common.DataColumnMapping+DataColumnMappingConverter))>]
type DataColumnMapping = class
    inherit MarshalByRefObject
    interface IColumnMapping
    interface ICloneable
type DataColumnMapping = class
    inherit MarshalByRefObject
    interface IColumnMapping
    interface ICloneable
[<System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Data.Common.DataColumnMappingConverter))>]
type DataColumnMapping = class
    inherit MarshalByRefObject
    interface IColumnMapping
    interface ICloneable
Public NotInheritable Class DataColumnMapping
Inherits MarshalByRefObject
Implements ICloneable, IColumnMapping
継承
DataColumnMapping
属性
実装

次の例では、オブジェクトを DataColumnMapping 作成し、それを DataColumnMappingCollection. その後、マッピングがコレクションに追加されたことをユーザーに通知し、マッピングの親を表示します。


public void AddDataColumnMapping() {
   // ...
   // create columnMappings
   // ...
   DataColumnMapping mapping =
      new DataColumnMapping("Description","DataDescription");
   columnMappings.Add((Object) mapping);
   Console.WriteLine("Column {0} added to column mapping collection {1}.",
       mapping.ToString(), columnMappings.ToString());
}
Public Sub AddDataColumnMapping()
    ' ...
    ' create columnMappings
    ' ...
    Dim mapping As New DataColumnMapping( _
       "Description", "DataDescription")
    columnMappings.Add(CType(mapping, Object))
    Console.WriteLine("Column {0} added to column mapping collection {1}.", _
       mapping.ToString(), columnMappings.ToString())
End Sub

注釈

A DataColumnMapping を使用すると、データ ソースの DataTable 列名とは異なる列名を使用できます。 マッピング DataAdapter を使用して、またはデータ ソース内のテーブルが更新されたときに列と DataSet 一致します。 詳細については、「 DataAdapter DataTable と DataColumn マッピング」を参照してください。

コンストラクター

DataColumnMapping()

DataColumnMapping クラスの新しいインスタンスを初期化します。

DataColumnMapping(String, String)

指定されたソース列名およびマップ先の DataColumnMapping 列名を使用して、DataSet クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

DataSetColumn

割り当て先の DataSet 内の列の名前を取得または設定します。

SourceColumn

割り当て元のデータ ソース内の列の名前を取得または設定します。 名前の大文字と小文字は区別されます。

メソッド

CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。

(継承元 MarshalByRefObject)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetDataColumnBySchemaAction(DataTable, Type, MissingSchemaAction)

DataColumn プロパティと DataTable プロパティを使用して、指定された MissingSchemaAction から DataSetColumn を取得します。

GetDataColumnBySchemaAction(String, String, DataTable, Type, MissingSchemaAction)

GetDataColumnBySchemaAction(DataTable, Type, MissingSchemaAction) オブジェクトをインスタンス化せずに呼び出すことができる、静的なバージョンの DataColumnMapping

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetLifetimeService()
互換性のために残されています。

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。

(継承元 MarshalByRefObject)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
InitializeLifetimeService()
互換性のために残されています。

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。

(継承元 MarshalByRefObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。

(継承元 MarshalByRefObject)
ToString()

現在の SourceColumn 名を文字列に変換します。

明示的なインターフェイスの実装

ICloneable.Clone()

現在のインスタンスのコピーである新しいオブジェクトを作成します。

適用対象

こちらもご覧ください