RowUpdatingEventArgs クラス

定義

.NET データ プロバイダーの RowUpdating イベントのデータを提供します。

public ref class RowUpdatingEventArgs : EventArgs
public ref class RowUpdatingEventArgs abstract : EventArgs
public class RowUpdatingEventArgs : EventArgs
public abstract class RowUpdatingEventArgs : EventArgs
type RowUpdatingEventArgs = class
    inherit EventArgs
Public Class RowUpdatingEventArgs
Inherits EventArgs
Public MustInherit Class RowUpdatingEventArgs
Inherits EventArgs
継承
RowUpdatingEventArgs
派生

注釈

通常、 RowUpdating イベントは行間が Update 始まる直前に発生します。

コンストラクター

RowUpdatingEventArgs(DataRow, IDbCommand, StatementType, DataTableMapping)

RowUpdatingEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

BaseCommand

このクラスのインスタンスの IDbCommand オブジェクトを取得または設定します。

Command

IDbCommand 処理中に実行する Update(DataSet) を取得します。

Errors

Command の実行時に .NET データ プロバイダーによって生成されたエラーを取得します。

Row

挿入、更新、または削除操作の一部としてサーバーに送信される DataRow を取得します。

StatementType

実行する SQL ステートメントの種類を取得します。

Status

UpdateStatus プロパティの Command を取得または設定します。

TableMapping

DataTableMapping を通じて送信する Update(DataSet) を取得します。

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください