DataSet.Merge メソッド

定義

指定した DataSetDataTable、または DataRow オブジェクトの配列を現在の DataSet または DataTable にマージします。

オーバーロード

Merge(DataRow[])

DataRow オブジェクトの配列を現在の DataSet にマージします。

Merge(DataSet)

指定した DataSet およびそのスキーマを現在の DataSet にマージします。

Merge(DataTable)

指定した DataTable およびそのスキーマを現在の DataSet にマージします。

Merge(DataSet, Boolean)

指定した DataSet およびそのスキーマを現在の DataSet にマージします。この DataSet に対して行われた変更は、指定した引数に従って保持または破棄します。

Merge(DataRow[], Boolean, MissingSchemaAction)

DataRow オブジェクトの配列を現在の DataSet にマージします。指定した引数に従って、この DataSet に行われた変更を保持または破棄し、互換性のないスキーマを処理します。

Merge(DataSet, Boolean, MissingSchemaAction)

指定した DataSet およびそのスキーマを現在の DataSet にマージします。指定した引数に従って、この DataSet に行われた変更を保持または破棄し、互換性のないスキーマを処理します。

Merge(DataTable, Boolean, MissingSchemaAction)

指定した DataTable およびそのスキーマを現在の DataSet にマージします。指定した引数に従って、この DataSet に行われた変更を保持または破棄し、互換性のないスキーマを処理します。

Merge(DataRow[])

DataRow オブジェクトの配列を現在の DataSet にマージします。

public:
 void Merge(cli::array <System::Data::DataRow ^> ^ rows);
public void Merge (System.Data.DataRow[] rows);
member this.Merge : System.Data.DataRow[] -> unit
Public Sub Merge (rows As DataRow())

パラメーター

rows
DataRow[]

DataRow にマージされる DataSet オブジェクトの配列。

注釈

メソッドは Merge 、主に類似したスキーマを持つ 2 つの DataSet オブジェクトをマージするために使用されます。 通常、マージは、データ ソースからの最新の変更を既存 DataSetの に組み込むためにクライアント アプリケーションで使用されます。 これにより、クライアント アプリケーションは、データ ソースからの最新のデータで更新 DataSet できます。

メソッドは Merge 通常、変更の検証、エラーの調整、変更によるデータ ソースの更新、最後に既存 DataSetの を更新する一連のプロシージャの最後に呼び出されます。

クライアント アプリケーションでは、変更されたデータを収集し、中間層コンポーネントに返送する前に検証するボタンをユーザーがクリックできる 1 つのボタンが用意されているのが一般的です。 このシナリオでは、メソッドが最初に GetChanges 呼び出されます。 このメソッドは、検証とマージ用に最適化された 2 つ目 DataSet の を返します。 この 2 番目DataSetの オブジェクトには、変更された オブジェクトと DataRow オブジェクトのみがDataTable含まれており、その結果、元DataSetの のサブセットが生成されます。 このサブセットは一般に小さく、中間層コンポーネントにより効率的に渡されます。 その後、中間層コンポーネントは、ストアド プロシージャを通じて変更された元のデータ ソースを更新します。 その後、中間層は、元のデータとデータ ソースからの最新データを含む新しい DataSet データを (元のクエリをもう一度実行して) 送り返すか、データ ソースから行われた変更を含むサブセットを返すことができます。 (たとえば、データ ソースが一意の主キー値を自動的に作成する場合、これらの値をクライアント アプリケーションに反映できます)。どちらの場合も、 メソッドを使用して、返された DataSet をクライアント アプリケーションの元DataSetMergeの にマージし直すことができます。

メソッドが Merge 呼び出されると、スキーマが変更された可能性があるため、2 つの DataSet オブジェクトのスキーマが比較されます。 たとえば、企業間のシナリオでは、自動化されたプロセスによって新しい列が XML スキーマに追加されている可能性があります。 ソースDataSetに、ターゲットに存在しないスキーマ要素 (追加されたDataColumnオブジェクト) が含まれている場合は、 引数を に設定することで、スキーマ要素をターゲットにmissingSchemaActionMissingSchemaAction.Add追加できます。 その場合、マージされたには追加された DataSet スキーマとデータが含まれます。

スキーマをマージすると、データがマージされます。

新しいソースDataSetをターゲットにマージすると、値が 、Modified、または DeletedUnchangedソース行DataRowStateは、同じ主キー値を持つターゲット行と一致します。 値が のDataRowStateAddedソース行は、新しいソース行と同じ主キー値を持つ新しいターゲット行と照合されます。

マージ中、制約は無効になります。 マージの最後に制約を有効にできない場合は、 が生成され、 ConstraintException 制約が無効になっている間、マージされたデータは保持されます。 この場合、 EnforceConstraints プロパティは に false設定され、無効な行はすべてエラーとしてマークされます。 プロパティを にリセットする前に、エラーを解決するEnforceConstraintstrue必要があります。

こちらもご覧ください

適用対象

Merge(DataSet)

指定した DataSet およびそのスキーマを現在の DataSet にマージします。

public:
 void Merge(System::Data::DataSet ^ dataSet);
public void Merge (System.Data.DataSet dataSet);
member this.Merge : System.Data.DataSet -> unit
Public Sub Merge (dataSet As DataSet)

パラメーター

dataSet
DataSet

データとスキーマをマージする対象の DataSet

例外

1 つ以上の制約を有効にできません。

dataSetnull です。

次の例では、 の GetChanges、Update、および Merge メソッドを DataSet使用します。

private void DemonstrateMerge()
{
    // Create a DataSet with one table, two columns, and three rows.
    DataSet dataSet = new DataSet("dataSet");
    DataTable table = new DataTable("Items");
    DataColumn idColumn = new DataColumn("id",
        Type.GetType("System.Int32"));
    idColumn.AutoIncrement=true;
    DataColumn itemColumn = new DataColumn("Item",
        Type.GetType("System.Int32"));

    // DataColumn array to set primary key.
    DataColumn[] keyColumn= new DataColumn[1];
    DataRow row;

    // Create variable for temporary DataSet.
    DataSet changeDataSet;

    // Add columns to table, and table to DataSet.
    table.Columns.Add(idColumn);
    table.Columns.Add(itemColumn);
    dataSet.Tables.Add(table);

    // Set primary key column.
    keyColumn[0]= idColumn;
    table.PrimaryKey=keyColumn;

    // Add ten rows.
    for(int i = 0; i <10;i++)
    {
        row=table.NewRow();
        row["Item"]= i;
        table.Rows.Add(row);
    }

    // Accept changes.
    dataSet.AcceptChanges();
    PrintValues(dataSet, "Original values");

    // Change two row values.
    table.Rows[0]["Item"]= 50;
    table.Rows[1]["Item"]= 111;

    // Add one row.
    row=table.NewRow();
    row["Item"]=74;
    table.Rows.Add(row);

    // Insert code for error checking. Set one row in error.
    table.Rows[1].RowError= "over 100";
    PrintValues(dataSet, "Modified and New Values");
    // If the table has changes or errors, create a subset DataSet.
    if(dataSet.HasChanges(DataRowState.Modified |
        DataRowState.Added)& dataSet.HasErrors)
    {
        // Use GetChanges to extract subset.
        changeDataSet = dataSet.GetChanges(
            DataRowState.Modified|DataRowState.Added);
        PrintValues(changeDataSet, "Subset values");
        // Insert code to reconcile errors. In this case reject changes.
        foreach(DataTable changeTable in changeDataSet.Tables)
        {
            if (changeTable.HasErrors)
            {
                foreach(DataRow changeRow in changeTable.Rows)
                {
                    //Console.WriteLine(changeRow["Item"]);
                    if((int)changeRow["Item",
                        DataRowVersion.Current ]> 100)
                    {
                        changeRow.RejectChanges();
                        changeRow.ClearErrors();
                    }
                }
            }
        }
        PrintValues(changeDataSet, "Reconciled subset values");
        // Merge changes back to first DataSet.
        dataSet.Merge(changeDataSet);
        PrintValues(dataSet, "Merged Values");
    }
}

private void PrintValues(DataSet dataSet, string label)
{
    Console.WriteLine("\n" + label);
    foreach(DataTable table in dataSet.Tables)
    {
        Console.WriteLine("TableName: " + table.TableName);
        foreach(DataRow row in table.Rows)
        {
            foreach(DataColumn column in table.Columns)
            {
                Console.Write("\table " + row[column] );
            }
            Console.WriteLine();
        }
    }
}
 Private Sub DemonstrateMerge()
     ' Create a DataSet with one table, two columns, and three rows.
     Dim dataSet As New DataSet("dataSet")
     Dim table As New DataTable("Items")
     Dim idColumn As New DataColumn("id", Type.GetType("System.Int32"))
     idColumn.AutoIncrement = True
     Dim itemColumn As New DataColumn("Item", Type.GetType("System.Int32"))

     ' DataColumn array to set primary key.
     Dim keyColumn(0) As DataColumn
     Dim row As DataRow

     ' Create variable for temporary DataSet. 
     Dim changeDataSet As DataSet

     ' Add columns to table, and table to DataSet.   
     table.Columns.Add(idColumn)
     table.Columns.Add(itemColumn)
     dataSet.Tables.Add(table)

     ' Set primary key column.
     keyColumn(0) = idColumn
     table.PrimaryKey = keyColumn

     ' Add ten rows.
     Dim i As Integer
     For i = 0 To 9
         row = table.NewRow()
         row("Item") = i
         table.Rows.Add(row)
     Next i

     ' Accept changes.
     dataSet.AcceptChanges()
     PrintValues(dataSet, "Original values")

     ' Change two row values.
     table.Rows(0)("Item") = 50
     table.Rows(1)("Item") = 111

     ' Add one row.
     row = table.NewRow()
     row("Item") = 74
     table.Rows.Add(row)

     ' Insert code for error checking. Set one row in error.
     table.Rows(1).RowError = "over 100"
     PrintValues(dataSet, "Modified and New Values")

     ' If the table has changes or errors, create a subset DataSet.
     If dataSet.HasChanges(DataRowState.Modified Or DataRowState.Added) _
        And dataSet.HasErrors Then

         ' Use GetChanges to extract subset.
         changeDataSet = dataSet.GetChanges(DataRowState.Modified _
            Or DataRowState.Added)
         PrintValues(changeDataSet, "Subset values")

         ' Insert code to reconcile errors. In this case, reject changes.
         Dim changeTable As DataTable
         For Each changeTable In  changeDataSet.Tables
             If changeTable.HasErrors Then
                 Dim changeRow As DataRow
                 For Each changeRow In  changeTable.Rows
                     'Console.WriteLine(changeRow["Item"]);
                     If CInt(changeRow("Item", _
                        DataRowVersion.Current)) > 100 Then
                         changeRow.RejectChanges()
                         changeRow.ClearErrors()
                     End If
                 Next changeRow
             End If
         Next changeTable
         PrintValues(changeDataSet, "Reconciled subset values")

         ' Merge changes back to first DataSet.
         dataSet.Merge(changeDataSet)
         PrintValues(dataSet, "Merged Values")
     End If
 End Sub
 
Private Sub PrintValues(dataSet As DataSet, label As String)
     Console.WriteLine(ControlChars.Cr & label)
     Dim table As DataTable
     For Each table In  dataSet.Tables
         Console.WriteLine("TableName: " & table.TableName)
         Dim row As DataRow
         For Each row In  table.Rows
             Dim column As DataColumn
             For Each column In  table.Columns
                 Console.Write(ControlChars.Tab & " " _
                    & row(column).ToString())
             Next column
             Console.WriteLine()
         Next row
     Next table
End Sub

注釈

メソッドは Merge 、主に類似したスキーマを持つ 2 つの DataSet オブジェクトをマージするために使用されます。 通常、マージは、データ ソースからの最新の変更を既存 DataSetの に組み込むためにクライアント アプリケーションで使用されます。 これにより、クライアント アプリケーションは、データ ソースからの最新のデータで更新 DataSet できます。

メソッドは Merge 通常、変更の検証、エラーの調整、変更によるデータ ソースの更新、最後に既存 DataSetの を更新する一連のプロシージャの最後に呼び出されます。

クライアント アプリケーションでは、変更されたデータを収集し、中間層コンポーネントに返送する前に検証するボタンをユーザーがクリックできる 1 つのボタンが用意されているのが一般的です。 このシナリオでは、メソッドが最初に GetChanges 呼び出されます。 このメソッドは、検証とマージ用に最適化された 2 つ目 DataSet の を返します。 この 2 番目DataSetの オブジェクトには、変更された オブジェクトと DataRow オブジェクトのみがDataTable含まれており、その結果、元DataSetの のサブセットが生成されます。 このサブセットは一般に小さく、中間層コンポーネントにより効率的に渡されます。 その後、中間層コンポーネントは、ストアド プロシージャを通じて変更された元のデータ ソースを更新します。 その後、中間層は、元のデータとデータ ソースからの最新データを含む新しい DataSet データを (元のクエリをもう一度実行して) 送り返すか、データ ソースから行われた変更を含むサブセットを返すことができます。 (たとえば、データ ソースが一意の主キー値を自動的に作成する場合、これらの値をクライアント アプリケーションに反映できます)。どちらの場合も、 メソッドを使用して、返された DataSet をクライアント アプリケーションの元DataSetMergeの にマージし直すことができます。

メソッドが Merge 呼び出されると、スキーマが変更された可能性があるため、2 つの DataSet オブジェクトのスキーマが比較されます。 たとえば、企業間のシナリオでは、自動化されたプロセスによって新しい列が XML スキーマに追加されている可能性があります。 ソースDataSetに、ターゲットに存在しないスキーマ要素 (追加されたDataColumnオブジェクト) が含まれている場合は、 引数を に設定することで、スキーマ要素をターゲットにmissingSchemaActionMissingSchemaAction.Add追加できます。 その場合、マージされたには追加された DataSet スキーマとデータが含まれます。

スキーマをマージすると、データがマージされます。

新しいソースDataSetをターゲットにマージすると、値が 、Modified、または DeletedUnchangedソース行DataRowStateは、同じ主キー値を持つターゲット行と一致します。 値が のDataRowStateAddedソース行は、新しいソース行と同じ主キー値を持つ新しいターゲット行と照合されます。

マージ中、制約は無効になります。 マージの最後に制約を有効にできない場合は、 が生成され、 ConstraintException 制約が無効になっている間、マージされたデータは保持されます。 この場合、 EnforceConstraints プロパティは に false設定され、無効な行はすべてエラーとしてマークされます。 プロパティを にリセットする前に、エラーを解決するEnforceConstraintstrue必要があります。

こちらもご覧ください

適用対象

Merge(DataTable)

指定した DataTable およびそのスキーマを現在の DataSet にマージします。

public:
 void Merge(System::Data::DataTable ^ table);
public void Merge (System.Data.DataTable table);
member this.Merge : System.Data.DataTable -> unit
Public Sub Merge (table As DataTable)

パラメーター

table
DataTable

データとスキーマをマージする対象の DataTable

例外

tablenull です。

次の例では、1 つのテーブル、2 つの列、10 行の単純な DataSet を作成します。 1 つ目と同じ 2 つ目 DataTable の が作成されます。 2 番目のテーブルに 2 つの行が追加され、 にマージされます DataSet

private void DemonstrateMergeTable()
{
    // Create a DataSet with one table, two columns, and ten rows.
    DataSet dataSet = new DataSet("dataSet");
    DataTable table = new DataTable("Items");

    // Add table to the DataSet
    dataSet.Tables.Add(table);

    // Add columns
    DataColumn c1 = new DataColumn("id",
        Type.GetType("System.Int32"),"");
    DataColumn c2 = new DataColumn("Item",
        Type.GetType("System.Int32"),"");
    table.Columns.Add(c1);
    table.Columns.Add(c2);

    // DataColumn array to set primary key.
    DataColumn[] keyCol= new DataColumn[1];

    // Set primary key column.
    keyCol[0]= c1;
    table.PrimaryKey=keyCol;

    // Add a RowChanged event handler for the table.
    table.RowChanged += new
        DataRowChangeEventHandler(Row_Changed);

    // Add ten rows.
    for(int i = 0; i <10;i++)
    {
        DataRow row=table.NewRow();
        row["id"] = i;
        row["Item"]= i;
        table.Rows.Add(row);
    }
    // Accept changes.
    dataSet.AcceptChanges();

    PrintValues(dataSet, "Original values");

    // Create a second DataTable identical to the first.
    DataTable t2 = table.Clone();

    // Add three rows. Note that the id column can'te be the
    // same as existing rows in the DataSet table.
    DataRow newRow;
    newRow = t2.NewRow();
    newRow["id"] = 14;
    newRow["item"] = 774;

    //Note the alternative method for adding rows.
    t2.Rows.Add(new Object[] { 12, 555 });
    t2.Rows.Add(new Object[] { 13, 665 });

    // Merge the table into the DataSet
    Console.WriteLine("Merging");
    dataSet.Merge(t2);
    PrintValues(dataSet, "Merged With table.");
}

private void Row_Changed(object sender,
    DataRowChangeEventArgs e)
{
    Console.WriteLine("Row Changed " + e.Action.ToString()
        + "\table" + e.Row.ItemArray[0]);
}

private void PrintValues(DataSet dataSet, string label)
{
    Console.WriteLine("\n" + label);
    foreach(DataTable table in dataSet.Tables)
    {
        Console.WriteLine("TableName: " + table.TableName);
        foreach(DataRow row in table.Rows)
        {
            foreach(DataColumn column in table.Columns)
            {
                Console.Write("\table " + row[column] );
            }
            Console.WriteLine();
        }
    }
}
Private Sub DemonstrateMergeTable()
    ' Create a DataSet with one table, two columns, 
    ' and ten rows.
    Dim dataSet As New DataSet("dataSet")
    Dim table As New DataTable("Items")

    ' Add tables to the DataSet
    dataSet.Tables.Add(table)

    ' Add columns
    Dim c1 As New DataColumn("id", Type.GetType("System.Int32"), "")
    Dim c2 As New DataColumn("Item", Type.GetType("System.Int32"), "")
    table.Columns.Add(c1)
    table.Columns.Add(c2)

    ' DataColumn array to set primary key.
    Dim keyCol(0) As DataColumn

    ' Set primary key column.
    keyCol(0) = c1
    table.PrimaryKey = keyCol

    ' Add RowChanged event handler for the table.
    AddHandler table.RowChanged, AddressOf Row_Changed

    ' Add ten rows.
    Dim i As Integer
    Dim row As DataRow

    For i = 0 To 9
        row = table.NewRow()
        row("id") = i
        row("Item") = i
        table.Rows.Add(row)
    Next i

    ' Accept changes.
    dataSet.AcceptChanges()
    PrintValues(dataSet, "Original values")

    ' Create a second DataTable identical to the first.
    Dim t2 As DataTable
    t2 = table.Clone()

    ' Add three rows. Note that the id column can't be the 
    ' same as existing rows in the DataSet table.
    Dim newRow As DataRow
    newRow = t2.NewRow()
    newRow("id") = 14
    newRow("Item") = 774
    t2.Rows.Add(newRow)

    newRow = t2.NewRow()
    newRow("id") = 12
    newRow("Item") = 555
    t2.Rows.Add(newRow)

    newRow = t2.NewRow()
    newRow("id") = 13
    newRow("Item") = 665
    t2.Rows.Add(newRow)

    ' Merge the table into the DataSet.
    Console.WriteLine("Merging")
    dataSet.Merge(t2)
    PrintValues(dataSet, "Merged With Table")
 End Sub 
     
 Private Sub Row_Changed( _
    sender As Object, e As DataRowChangeEventArgs)
     Console.WriteLine("Row Changed " & e.Action.ToString() _
        & ControlChars.Tab & e.Row.ItemArray(0).ToString())
 End Sub
 
 Private Sub PrintValues(dataSet As DataSet, label As String)
     Console.WriteLine(ControlChars.Cr & label)
     Dim table As DataTable
     Dim row As DataRow
     Dim column As DataColumn
     For Each table In  dataSet.Tables
         Console.WriteLine("TableName: " & table.TableName) 
         For Each row In  table.Rows             
             For Each column In  table.Columns
                 Console.Write(ControlChars.Tab & " " _
                    & row(column).ToString())
             Next column
             Console.WriteLine()
         Next row
     Next table
 End Sub

注釈

メソッドは Merge 、主に類似したスキーマを持つ 2 つの DataSet オブジェクトをマージするために使用されます。 通常、マージは、データ ソースからの最新の変更を既存 DataSetの に組み込むためにクライアント アプリケーションで使用されます。 これにより、クライアント アプリケーションは、データ ソースからの最新のデータで更新 DataSet できます。

メソッドは Merge 通常、変更の検証、エラーの調整、変更によるデータ ソースの更新、最後に既存 DataSetの を更新する一連のプロシージャの最後に呼び出されます。

クライアント アプリケーションでは、変更されたデータを収集し、中間層コンポーネントに返送する前に検証するボタンをユーザーがクリックできる 1 つのボタンが用意されているのが一般的です。 このシナリオでは、メソッドが最初に GetChanges 呼び出されます。 このメソッドは、検証とマージ用に最適化された 2 つ目 DataSet の を返します。 この 2 番目DataSetの オブジェクトには、変更された オブジェクトと DataRow オブジェクトのみがDataTable含まれており、その結果、元DataSetの のサブセットが生成されます。 このサブセットは一般に小さく、中間層コンポーネントにより効率的に渡されます。 その後、中間層コンポーネントは、ストアド プロシージャを通じて変更された元のデータ ソースを更新します。 その後、中間層は、元のデータとデータ ソースからの最新データを含む新しい DataSet データを (元のクエリをもう一度実行して) 送り返すか、データ ソースから行われた変更を含むサブセットを返すことができます。 (たとえば、データ ソースが一意の主キー値を自動的に作成する場合、これらの値をクライアント アプリケーションに反映できます)。どちらの場合も、 メソッドを使用して、返された DataSet をクライアント アプリケーションの元DataSetMergeの にマージし直すことができます。

メソッドが Merge 呼び出されると、スキーマが変更された可能性があるため、2 つの DataSet オブジェクトのスキーマが比較されます。 たとえば、企業間のシナリオでは、自動化されたプロセスによって新しい列が XML スキーマに追加されている可能性があります。 ソースDataSetに、ターゲットに存在しないスキーマ要素 (追加されたDataColumnオブジェクト) が含まれている場合は、 引数を に設定することで、スキーマ要素をターゲットにmissingSchemaActionMissingSchemaAction.Add追加できます。 その場合、マージされたには追加された DataSet スキーマとデータが含まれます。

スキーマをマージすると、データがマージされます。

新しいソースDataSetをターゲットにマージすると、値が 、Modified、または DeletedUnchangedソース行DataRowStateは、同じ主キー値を持つターゲット行と一致します。 値が のDataRowStateAddedソース行は、新しいソース行と同じ主キー値を持つ新しいターゲット行と照合されます。

マージ中、制約は無効になります。 マージの最後に制約を有効にできない場合は、 が生成され、 ConstraintException 制約が無効になっている間、マージされたデータは保持されます。 この場合、 EnforceConstraints プロパティは に false設定され、無効な行はすべてエラーとしてマークされます。 プロパティを にリセットする前に、エラーを解決するEnforceConstraintstrue必要があります。

こちらもご覧ください

適用対象

Merge(DataSet, Boolean)

指定した DataSet およびそのスキーマを現在の DataSet にマージします。この DataSet に対して行われた変更は、指定した引数に従って保持または破棄します。

public:
 void Merge(System::Data::DataSet ^ dataSet, bool preserveChanges);
public void Merge (System.Data.DataSet dataSet, bool preserveChanges);
member this.Merge : System.Data.DataSet * bool -> unit
Public Sub Merge (dataSet As DataSet, preserveChanges As Boolean)

パラメーター

dataSet
DataSet

データとスキーマをマージする対象の DataSet

preserveChanges
Boolean

現在の DataSet に対して行われた変更を保持するには true。保持しない場合は false

次の例では、1 つのテーブル、2 つの列、10 行の単純な DataSet を作成します。 10 行を追加すると、2 つの値が変更され、1 つの行が追加されます。 変更されたデータのサブセットは、 メソッドを使用して作成されます GetChanges 。 エラーを調整すると、サブセット データは元 DataSetの にマージされます。

private void DemonstrateMerge()
{
    // Create a DataSet with one table, two columns,
    // and three rows.
    DataSet dataSet = new DataSet("dataSet");
    DataTable table = new DataTable("Items");
    DataColumn idColumn = new DataColumn("id",
        Type.GetType("System.Int32"),"");
    idColumn.AutoIncrement=true;
    DataColumn itemColumn = new DataColumn("Item",
        Type.GetType("System.Int32"),"");

    // DataColumn array to set primary key.
    DataColumn[] keyColumn= new DataColumn[1];
    DataRow row;

    // Create variable for temporary DataSet.
    DataSet changesDataSet;

    // Add RowChanged event handler for the table.
    table.RowChanged+=new DataRowChangeEventHandler(
        Row_Changed);
    dataSet.Tables.Add(table);
    table.Columns.Add(idColumn);
    table.Columns.Add(itemColumn);

    // Set primary key column.
    keyColumn[0]= idColumn;
    table.PrimaryKey=keyColumn;
    // Add ten rows.
    for(int i = 0; i <10;i++)
    {
        row=table.NewRow();
        row["Item"]= i;
        table.Rows.Add(row);
    }
    // Accept changes.
    dataSet.AcceptChanges();
    PrintValues(dataSet, "Original values");

    // Change row values.
    table.Rows[0]["Item"]= 50;
    table.Rows[1]["Item"]= 111;

    // Add one row.
    row=table.NewRow();
    row["Item"]=74;
    table.Rows.Add(row);

    // Insert code for error checking. Set one row in error.
    table.Rows[1].RowError= "over 100";
    PrintValues(dataSet, "Modified and New Values");

    // If the table has changes or errors,
    // create a subset DataSet.
    if(dataSet.HasChanges(DataRowState.Modified |
        DataRowState.Added)&& dataSet.HasErrors)
    {
        // Use GetChanges to extract subset.
        changesDataSet = dataSet.GetChanges(
            DataRowState.Modified|DataRowState.Added);
        PrintValues(changesDataSet, "Subset values");

        // Insert code to reconcile errors. In this case, reject changes.
        foreach(DataTable changesTable in changesDataSet.Tables)
        {
            if (changesTable.HasErrors)
            {
                foreach(DataRow changesRow in changesTable.Rows)
                {
                    //Console.WriteLine(changesRow["Item"]);
                    if((int)changesRow["Item",DataRowVersion.Current ]> 100)
                    {
                        changesRow.RejectChanges();
                        changesRow.ClearErrors();
                    }
                }
            }
        }
        // Add a column to the changesDataSet.
        changesDataSet.Tables["Items"].Columns.Add(
            new DataColumn("newColumn"));
        PrintValues(changesDataSet, "Reconciled subset values");
        // Merge changes back to first DataSet.
        dataSet.Merge(changesDataSet, false,
            System.Data.MissingSchemaAction.Add);
    }
    PrintValues(dataSet, "Merged Values");
}

private void Row_Changed(object sender, DataRowChangeEventArgs e)
{
    Console.WriteLine("Row Changed " + e.Action.ToString()
        + "\table" + e.Row.ItemArray[0]);
}

private void PrintValues(DataSet dataSet, string label)
{
    Console.WriteLine(label + "\n");
    foreach(DataTable table in dataSet.Tables)
    {
        Console.WriteLine("TableName: " + table.TableName);
        foreach(DataRow row in table.Rows)
        {
            foreach(DataColumn column in table.Columns)
            {
                Console.Write("\table " + row[column] );
            }
            Console.WriteLine();
        }
    }
}
Private Sub DemonstrateMerge()
    ' Create a DataSet with one table, two columns, 
    ' and three rows.
    Dim dataSet As New DataSet("dataSet")
    Dim table As New DataTable("Items")
    Dim idColumn As New DataColumn("id", _
        Type.GetType("System.Int32"), "")
    idColumn.AutoIncrement = True
    Dim itemColumn As New DataColumn("Item", _
        Type.GetType("System.Int32"), "")

    ' Create DataColumn array to set primary key.
    Dim keyColumn(0) As DataColumn
    Dim row As DataRow

    ' Create variable for temporary DataSet. 
    Dim changesDataSet As DataSet

    ' Add RowChanged event handler for the table.
    AddHandler table.RowChanged, AddressOf Row_Changed
    dataSet.Tables.Add(table)
    table.Columns.Add(idColumn)
    table.Columns.Add(itemColumn)

    ' Set primary key column.
    keyColumn(0) = idColumn
    table.PrimaryKey = keyColumn

    ' Add ten rows.
    Dim i As Integer
    For i = 0 To 9
        row = table.NewRow()
        row("Item") = i
        table.Rows.Add(row)
    Next i

    ' Accept changes.
    dataSet.AcceptChanges()
    PrintValues(dataSet, "Original values")

    ' Change row values.
    table.Rows(0)("Item") = 50
    table.Rows(1)("Item") = 111

    ' Add one row.
    row = table.NewRow()
    row("Item") = 74
    table.Rows.Add(row)

    ' Insert code for error checking. Set one row in error.
    table.Rows(1).RowError = "over 100"
    PrintValues(dataSet, "Modified and New Values")

    ' If the table has changes or errors, create a subset DataSet.
    If dataSet.HasChanges(DataRowState.Modified Or DataRowState.Added) _
        And dataSet.HasErrors Then
        ' Use GetChanges to extract subset.
        changesDataSet = dataSet.GetChanges( _
            DataRowState.Modified Or DataRowState.Added)
        PrintValues(changesDataSet, "Subset values")

        ' Insert code to reconcile errors. In this case, reject changes.
        Dim changesTable As DataTable
        For Each changesTable In  changesDataSet.Tables
            If changesTable.HasErrors Then
                Dim changesRow As DataRow
                For Each changesRow In  changesTable.Rows
                    'Console.WriteLine(changesRow["Item"]);
                    If CInt(changesRow("Item", _
                        DataRowVersion.Current)) > 100 Then
                        changesRow.RejectChanges()
                        changesRow.ClearErrors()
                    End If
                Next changesRow
            End If
        Next changesTable

        ' Add a column to the changesDataSet.
        changesDataSet.Tables("Items").Columns.Add( _
            New DataColumn("newColumn"))
        PrintValues(changesDataSet, "Reconciled subset values")

        ' Merge changes back to first DataSet.
        dataSet.Merge(changesDataSet, False, _
            System.Data.MissingSchemaAction.Add)
    End If
    PrintValues(dataSet, "Merged Values")
End Sub
        
 Private Sub Row_Changed(sender As Object, e As DataRowChangeEventArgs)
     Console.WriteLine("Row Changed " + e.Action.ToString() _
        + ControlChars.Tab + e.Row.ItemArray(0).ToString())
 End Sub
    
Private Sub PrintValues(dataSet As DataSet, label As String)
     Console.WriteLine(label + ControlChars.Cr)
     Dim table As DataTable
     For Each table In  dataSet.Tables
         Console.WriteLine("TableName: " + table.TableName)
         Dim row As DataRow
         For Each row In  table.Rows
             Dim column As DataColumn
             For Each column In  table.Columns
                 Console.Write(ControlChars.Tab & " " _
                    & row(column).ToString())
             Next column
             Console.WriteLine()
         Next row
     Next table
End Sub

注釈

メソッドは Merge 、主に類似したスキーマを持つ 2 つの DataSet オブジェクトをマージするために使用されます。 通常、マージは、データ ソースからの最新の変更を既存 DataSetの に組み込むためにクライアント アプリケーションで使用されます。 これにより、クライアント アプリケーションは、データ ソースからの最新のデータで更新 DataSet できます。

メソッドは Merge 通常、変更の検証、エラーの調整、変更によるデータ ソースの更新、最後に既存 DataSetの を更新する一連のプロシージャの最後に呼び出されます。

クライアント アプリケーションでは、変更されたデータを収集し、中間層コンポーネントに返送する前に検証するボタンをユーザーがクリックできる 1 つのボタンが用意されているのが一般的です。 このシナリオでは、メソッドが最初に GetChanges 呼び出されます。 このメソッドは、検証とマージ用に最適化された 2 つ目 DataSet の を返します。 この 2 番目DataSetの オブジェクトには、変更された オブジェクトと DataRow オブジェクトのみがDataTable含まれており、その結果、元DataSetの のサブセットが生成されます。 このサブセットは一般に小さく、中間層コンポーネントにより効率的に渡されます。 その後、中間層コンポーネントは、ストアド プロシージャを通じて変更された元のデータ ソースを更新します。 その後、中間層は、元のデータとデータ ソースからの最新データを含む新しい DataSet データを (元のクエリをもう一度実行して) 送り返すか、データ ソースから行われた変更を含むサブセットを返すことができます。 (たとえば、データ ソースが一意の主キー値を自動的に作成する場合、これらの値をクライアント アプリケーションに反映できます)。どちらの場合も、 メソッドを使用して、返された DataSet をクライアント アプリケーションの元DataSetMergeの にマージし直すことができます。

メソッドが Merge 呼び出されると、スキーマが変更された可能性があるため、2 つの DataSet オブジェクトのスキーマが比較されます。 たとえば、企業間のシナリオでは、自動化されたプロセスによって新しい列が XML スキーマに追加されている可能性があります。 ソースDataSetに、ターゲットに存在しないスキーマ要素 (追加されたDataColumnオブジェクト) が含まれている場合は、 引数を に設定することで、スキーマ要素をターゲットにmissingSchemaActionMissingSchemaAction.Add追加できます。 その場合、マージされたには追加された DataSet スキーマとデータが含まれます。

スキーマをマージすると、データがマージされます。

新しいソースDataSetをターゲットにマージすると、値が 、Modified、または DeletedUnchangedソース行DataRowStateは、同じ主キー値を持つターゲット行と一致します。 値が のDataRowStateAddedソース行は、新しいソース行と同じ主キー値を持つ新しいターゲット行と照合されます。

マージ中、制約は無効になります。 マージの最後に制約を有効にできない場合は、 が生成され、 ConstraintException 制約が無効になっている間、マージされたデータは保持されます。 この場合、 EnforceConstraints プロパティは に false設定され、無効な行はすべてエラーとしてマークされます。 プロパティを にリセットする前に、エラーを解決するEnforceConstraintstrue必要があります。

こちらもご覧ください

適用対象

Merge(DataRow[], Boolean, MissingSchemaAction)

DataRow オブジェクトの配列を現在の DataSet にマージします。指定した引数に従って、この DataSet に行われた変更を保持または破棄し、互換性のないスキーマを処理します。

public:
 void Merge(cli::array <System::Data::DataRow ^> ^ rows, bool preserveChanges, System::Data::MissingSchemaAction missingSchemaAction);
public void Merge (System.Data.DataRow[] rows, bool preserveChanges, System.Data.MissingSchemaAction missingSchemaAction);
member this.Merge : System.Data.DataRow[] * bool * System.Data.MissingSchemaAction -> unit
Public Sub Merge (rows As DataRow(), preserveChanges As Boolean, missingSchemaAction As MissingSchemaAction)

パラメーター

rows
DataRow[]

DataRow にマージされる DataSet オブジェクトの配列。

preserveChanges
Boolean

true に対して行われた変更を保持するには DataSet。保持しない場合は false

missingSchemaAction
MissingSchemaAction

MissingSchemaAction 値のいずれか 1 つ。

注釈

メソッドは Merge 、主に類似したスキーマを持つ 2 つの DataSet オブジェクトをマージするために使用されます。 通常、マージは、データ ソースからの最新の変更を既存 DataSetの に組み込むためにクライアント アプリケーションで使用されます。 これにより、クライアント アプリケーションは、データ ソースからの最新のデータで更新 DataSet できます。

メソッドは Merge 通常、変更の検証、エラーの調整、変更によるデータ ソースの更新、最後に既存 DataSetの を更新する一連のプロシージャの最後に呼び出されます。

クライアント アプリケーションでは、変更されたデータを収集し、中間層コンポーネントに返送する前に検証するボタンをユーザーがクリックできる 1 つのボタンが用意されているのが一般的です。 このシナリオでは、メソッドが最初に GetChanges 呼び出されます。 このメソッドは、検証とマージ用に最適化された 2 つ目 DataSet の を返します。 この 2 番目DataSetの オブジェクトには、変更された オブジェクトと DataRow オブジェクトのみがDataTable含まれており、その結果、元DataSetの のサブセットが生成されます。 このサブセットは一般に小さく、中間層コンポーネントにより効率的に渡されます。 その後、中間層コンポーネントは、ストアド プロシージャを通じて変更された元のデータ ソースを更新します。 その後、中間層は、元のデータとデータ ソースからの最新データを含む新しい DataSet データを (元のクエリをもう一度実行して) 送り返すか、データ ソースから行われた変更を含むサブセットを返すことができます。 (たとえば、データ ソースが一意の主キー値を自動的に作成する場合、これらの値をクライアント アプリケーションに反映できます)。どちらの場合も、 メソッドを使用して、返された DataSet をクライアント アプリケーションの元DataSetMergeの にマージし直すことができます。

メソッドの説明を Merge 容易にするために、"target" を使用して現在 DataSetの を示し、"source" を使用して 2 番目の (パラメーター) DataSetという名前を付けます。 ターゲット DataSet の名前は、アクション (マージ) が発生するオブジェクトであるためです。 2 つ目 DataSet は、含まれている情報は変更されず、代わりに現在 DataSetの にマージされるため、"ソース" と呼ばれます。

メソッドが Merge 呼び出されると、スキーマが変更された可能性があるため、2 つの DataSet オブジェクトのスキーマが比較されます。 たとえば、企業間のシナリオでは、自動化されたプロセスによって新しい列が XML スキーマに追加されている可能性があります。 ソースDataSetに、ターゲットに存在しないスキーマ要素 (追加されたDataColumnオブジェクト) が含まれている場合は、 引数を に設定することで、スキーマ要素をターゲットにmissingSchemaActionMissingSchemaAction.Add追加できます。 その場合、マージされたには追加された DataSet スキーマとデータが含まれます。

スキーマをマージすると、データがマージされます。

新しいソースDataSetをターゲットにマージすると、値が 、Modified、または DeletedUnchangedソース行DataRowStateは、同じ主キー値を持つターゲット行と一致します。 値が のDataRowStateAddedソース行は、新しいソース行と同じ主キー値を持つ新しいターゲット行と照合されます。

マージ中、制約は無効になります。 マージの最後に制約を有効にできない場合は、 が生成され、 ConstraintException 制約が無効になっている間、マージされたデータは保持されます。 この場合、 EnforceConstraints プロパティは に false設定され、無効な行はすべてエラーとしてマークされます。 プロパティを にリセットする前に、エラーを解決するEnforceConstraintstrue必要があります。

こちらもご覧ください

適用対象

Merge(DataSet, Boolean, MissingSchemaAction)

指定した DataSet およびそのスキーマを現在の DataSet にマージします。指定した引数に従って、この DataSet に行われた変更を保持または破棄し、互換性のないスキーマを処理します。

public:
 void Merge(System::Data::DataSet ^ dataSet, bool preserveChanges, System::Data::MissingSchemaAction missingSchemaAction);
public void Merge (System.Data.DataSet dataSet, bool preserveChanges, System.Data.MissingSchemaAction missingSchemaAction);
member this.Merge : System.Data.DataSet * bool * System.Data.MissingSchemaAction -> unit
Public Sub Merge (dataSet As DataSet, preserveChanges As Boolean, missingSchemaAction As MissingSchemaAction)

パラメーター

dataSet
DataSet

データとスキーマをマージする対象の DataSet

preserveChanges
Boolean

現在の DataSet に対して行われた変更を保持するには true。保持しない場合は false

missingSchemaAction
MissingSchemaAction

MissingSchemaAction 値のいずれか 1 つ。

例外

dataSetnull です。

次の例では、1 つのテーブル、2 つの列、10 行の単純な DataSet を作成します。 2 つの値が変更され、1 つの行が追加されます。 変更されたデータのサブセットは、 メソッドを使用して作成されます GetChanges 。 エラーを調整すると、新しい列がサブセットに追加され、スキーマが変更されます。 を MergeMissingSchemaAction.Add設定して メソッドをmissingSchemaAction呼び出すと、新しい列が元DataSetのオブジェクトのスキーマに追加されます。

private void DemonstrateMergeMissingSchema()
{
    // Create a DataSet with one table, two columns,
    // and three rows.
    DataSet dataSet = new DataSet("dataSet");
    DataTable table = new DataTable("Items");
    DataColumn idColumn = new DataColumn("id",
        Type.GetType("System.Int32"));
    idColumn.AutoIncrement=true;
    DataColumn itemColumn = new DataColumn("Item",
        Type.GetType("System.Int32"));
    // DataColumn array to set primary key.

    DataColumn[] keyColumn= new DataColumn[1];
    DataRow row;
    // Create variable for temporary DataSet.
    DataSet changeDataSet;

    // Add RowChanged event handler for the table.
    table.RowChanged+= new DataRowChangeEventHandler(
        Row_Changed);
    dataSet.Tables.Add(table);
    table.Columns.Add(idColumn);
    table.Columns.Add(itemColumn);

    // Set primary key column.
    keyColumn[0]= idColumn;
    table.PrimaryKey=keyColumn;

    // Add ten rows.
    for(int i = 0; i <10;i++)
    {
        row=table.NewRow();
        row["Item"]= i;
        table.Rows.Add(row);
    }

    // Accept changes.
    dataSet.AcceptChanges();
    PrintValues(dataSet, "Original values");

    // Change row values.
    table.Rows[0]["Item"]= 50;
    table.Rows[1]["Item"]= 111;

    // Add one row.
    row=table.NewRow();
    row["Item"]=74;
    table.Rows.Add(row);

    // Insert code for error checking. Set one row in error.
    table.Rows[1].RowError= "over 100";
    PrintValues(dataSet, "Modified and New Values");
    // If the table has changes or errors, create a subset DataSet.
    if(dataSet.HasChanges(DataRowState.Modified |
        DataRowState.Added)& dataSet.HasErrors)
    {
        // Use GetChanges to extract subset.
        changeDataSet = dataSet.GetChanges(
            DataRowState.Modified|DataRowState.Added);
        PrintValues(changeDataSet, "Subset values");

        // Insert code to reconcile errors. Reject the changes.
        foreach(DataTable changeTable in changeDataSet.Tables)
        {
            if (changeTable.HasErrors)
            {
                foreach(DataRow changeRow in changeTable.Rows)
                {
                    //Console.WriteLine(changeRow["Item"]);
                    if((int)changeRow["Item",
                        DataRowVersion.Current ]> 100)
                    {
                        changeRow.RejectChanges();
                        changeRow.ClearErrors();
                    }
                }
            }
        }
        // Add a column to the changeDataSet to change the schema.
        changeDataSet.Tables["Items"].Columns.Add(
            new DataColumn("newColumn"));
        PrintValues(changeDataSet, "Reconciled subset values");

        // Add values to the rows for each column.
        foreach(DataRow rowItem in changeDataSet.Tables["Items"].Rows)
        {
            rowItem["newColumn"] = "my new schema value";
        }
        // Merge changes back to first DataSet.
        dataSet.Merge(changeDataSet, false,
            System.Data.MissingSchemaAction.Add);
    }
    PrintValues(dataSet, "Merged Values");
}

private void Row_Changed(object sender, DataRowChangeEventArgs e)
{
    Console.WriteLine("Row Changed " + e.Action.ToString()
        + "\table" + e.Row.ItemArray[0]);
}

private void PrintValues(DataSet dataSet, string label)
{
    Console.WriteLine("\n" + label);
    foreach(DataTable table in dataSet.Tables)
    {
        Console.WriteLine("TableName: " + table.TableName);
        foreach(DataRow row in table.Rows)
        {
            foreach(DataColumn column in table.Columns)
            {
                Console.Write("\table " + row[column] );
            }
            Console.WriteLine();
        }
    }
}
Private Sub DemonstrateMergeMissingSchema()
    ' Create a DataSet with one table, two columns, 
    ' and three rows.
    Dim dataSet As New DataSet("dataSet")
    Dim table As New DataTable("Items")
    Dim idColumn As New DataColumn("id", _
        Type.GetType("System.Int32"))
    idColumn.AutoIncrement = True
    Dim itemColumn As New DataColumn("Item", _
        Type.GetType("System.Int32"))

    ' DataColumn array to set primary key.
    Dim keyColumn(0) As DataColumn
    Dim row As DataRow

    ' Create variable for temporary DataSet. 
    Dim changeDataSet As DataSet

    ' Add RowChanged event handler for the table.
    AddHandler table.RowChanged, AddressOf Row_Changed
    dataSet.Tables.Add(table)
    table.Columns.Add(idColumn)
    table.Columns.Add(itemColumn)

    ' Set primary key column.
    keyColumn(0) = idColumn
    table.PrimaryKey = keyColumn

    ' Add ten rows.
    Dim i As Integer
    For i = 0 To 9
        row = table.NewRow()
        row("Item") = i
        table.Rows.Add(row)
    Next i

    ' Accept changes.
    dataSet.AcceptChanges()
    PrintValues(dataSet, "Original values")

    ' Change row values.
    table.Rows(0)("Item") = 50
    table.Rows(1)("Item") = 111

    ' Add one row.
    row = table.NewRow()
    row("Item") = 74
    table.Rows.Add(row)

    ' Insert code for error checking. Set one row in error.
    table.Rows(1).RowError = "over 100"
    PrintValues(dataSet, "Modified and New Values")
    ' If the table has changes or errors, 
    ' create a subset DataSet.
    If dataSet.HasChanges(DataRowState.Modified Or DataRowState.Added) _
        And dataSet.HasErrors Then
        ' Use GetChanges to extract subset.
        changeDataSet = dataSet.GetChanges(DataRowState.Modified _
            Or DataRowState.Added)
        PrintValues(changeDataSet, "Subset values")
        ' Insert code to reconcile errors. In this case, reject changes.
        Dim changeTable As DataTable
        For Each changeTable In  changeDataSet.Tables
            If changeTable.HasErrors Then
                Dim changeRow As DataRow
                For Each changeRow In  changeTable.Rows
                    If CInt(changeRow("Item", _
                        DataRowVersion.Current)) > 100 Then
                        changeRow.RejectChanges()
                        changeRow.ClearErrors()
                    End If
                Next changeRow
            End If
        Next changeTable

        ' Add a column to the changeDataSet to change the schema.
        changeDataSet.Tables("Items").Columns.Add( _
            New DataColumn("newColumn"))
        PrintValues(changeDataSet, "Reconciled subset values")

        ' Add values to the rows for each column.
        Dim rowItem As DataRow
        For Each rowItem In  changeDataSet.Tables("Items").Rows
            rowItem("newColumn") = "my new schema value"
        Next rowItem

        ' Merge changes back to first DataSet.
        dataSet.Merge(changeDataSet, False, _
            System.Data.MissingSchemaAction.Add)
    End If
    PrintValues(dataSet, "Merged Values")
End Sub
    
Private Sub Row_Changed(sender As Object, _
    e As DataRowChangeEventArgs)
     Console.WriteLine("Row Changed " & e.Action.ToString() _
        & ControlChars.Tab & e.Row.ItemArray(0).ToString())
End Sub
 
Private Sub PrintValues(dataSet As DataSet, label As String)
    Console.WriteLine(ControlChars.Cr & label)
    Dim table As DataTable
    For Each table In  dataSet.Tables
        Console.WriteLine("TableName: " & table.TableName)
        Dim row As DataRow
        For Each row In  table.Rows
            Dim column As DataColumn
            For Each column In  table.Columns
                Console.Write(ControlChars.Tab & " " _
                    & row(column).ToString())
            Next column
            Console.WriteLine()
        Next row
    Next table
End Sub

注釈

メソッドは Merge 、主に類似したスキーマを持つ 2 つの DataSet オブジェクトをマージするために使用されます。 通常、マージは、データ ソースからの最新の変更を既存 DataSetの に組み込むためにクライアント アプリケーションで使用されます。 これにより、クライアント アプリケーションは、データ ソースからの最新のデータで更新 DataSet できます。

メソッドは Merge 通常、変更の検証、エラーの調整、変更によるデータ ソースの更新、最後に既存 DataSetの を更新する一連のプロシージャの最後に呼び出されます。

クライアント アプリケーションでは、変更されたデータを収集し、中間層コンポーネントに返送する前に検証するボタンをユーザーがクリックできる 1 つのボタンが用意されているのが一般的です。 このシナリオでは、メソッドが最初に GetChanges 呼び出されます。 このメソッドは、検証とマージ用に最適化された 2 つ目 DataSet の を返します。 この 2 番目DataSetの オブジェクトには、変更された オブジェクトと DataRow オブジェクトのみがDataTable含まれており、その結果、元DataSetの のサブセットが生成されます。 このサブセットは一般に小さく、中間層コンポーネントにより効率的に渡されます。 その後、中間層コンポーネントは、ストアド プロシージャを通じて変更された元のデータ ソースを更新します。 その後、中間層は、元のデータとデータ ソースからの最新データを含む新しい DataSet データを (元のクエリをもう一度実行して) 送り返すか、データ ソースから行われた変更を含むサブセットを返すことができます。 (たとえば、データ ソースが一意の主キー値を自動的に作成する場合、これらの値をクライアント アプリケーションに反映できます)。どちらの場合も、 メソッドを使用して、返された DataSet をクライアント アプリケーションの元DataSetMergeの にマージし直すことができます。

メソッドの説明を Merge 容易にするために、"target" を使用して現在 DataSetの を示し、"source" を使用して 2 番目の (パラメーター) DataSetという名前を付けます。 ターゲット DataSet の名前は、アクション (マージ) が発生するオブジェクトであるためです。 2 つ目 DataSet は、含まれている情報は変更されず、代わりに現在 DataSetの にマージされるため、"ソース" と呼ばれます。

メソッドが Merge 呼び出されると、スキーマが変更された可能性があるため、2 つの DataSet オブジェクトのスキーマが比較されます。 たとえば、企業間のシナリオでは、自動化されたプロセスによって新しい列が XML スキーマに追加されている可能性があります。 ソースDataSetに、ターゲットに存在しないスキーマ要素 (追加されたDataColumnオブジェクト) が含まれている場合は、 引数を に設定することで、スキーマ要素をターゲットにmissingSchemaActionMissingSchemaAction.Add追加できます。 その場合、マージされたには追加された DataSet スキーマとデータが含まれます。

スキーマをマージすると、データがマージされます。

新しいソースDataSetをターゲットにマージすると、値が 、Modified、または DeletedUnchangedソース行DataRowStateは、同じ主キー値を持つターゲット行と一致します。 値が のDataRowStateAddedソース行は、新しいソース行と同じ主キー値を持つ新しいターゲット行と照合されます。

マージ中、制約は無効になります。 マージの最後に制約を有効にできない場合は、 が生成され、 ConstraintException 制約が無効になっている間、マージされたデータは保持されます。 この場合、 EnforceConstraints プロパティは に false設定され、無効な行はすべてエラーとしてマークされます。 プロパティを にリセットする前に、エラーを解決するEnforceConstraintstrue必要があります。

こちらもご覧ください

適用対象

Merge(DataTable, Boolean, MissingSchemaAction)

指定した DataTable およびそのスキーマを現在の DataSet にマージします。指定した引数に従って、この DataSet に行われた変更を保持または破棄し、互換性のないスキーマを処理します。

public:
 void Merge(System::Data::DataTable ^ table, bool preserveChanges, System::Data::MissingSchemaAction missingSchemaAction);
public void Merge (System.Data.DataTable table, bool preserveChanges, System.Data.MissingSchemaAction missingSchemaAction);
member this.Merge : System.Data.DataTable * bool * System.Data.MissingSchemaAction -> unit
Public Sub Merge (table As DataTable, preserveChanges As Boolean, missingSchemaAction As MissingSchemaAction)

パラメーター

table
DataTable

データとスキーマをマージする対象の DataTable

preserveChanges
Boolean

MissingSchemaAction 値のいずれか 1 つ。

missingSchemaAction
MissingSchemaAction

true に対して行われた変更を保持するには DataSet。保持しない場合は false

例外

dataSetnull です。

次の例では、1 つのテーブル、2 つの列、10 行を含む単純な DataSet を作成します。 2 つ目は、新しい DataColumn がテーブルに追加される点を除いて、1 つDataTable目とほぼ同じで作成されます。 2 番目のテーブルに 2 つの行が追加され、 引数が に設定され、引数が missingSchemaActionfalseMissingSchemaAction.Add設定された にマージされますDataSetpreserveChanges

private void DemonstrateMergeTableAddSchema()
{
    // Create a DataSet with one table, two columns, and ten rows.
    DataSet dataSet = new DataSet("dataSet");
    DataTable table = new DataTable("Items");

    // Add table to the DataSet
    dataSet.Tables.Add(table);

    // Create and add two columns to the DataTable
    DataColumn idColumn = new DataColumn("id",
        Type.GetType("System.Int32"),"");
    idColumn.AutoIncrement=true;
    DataColumn itemColumn = new DataColumn("Item",
        Type.GetType("System.Int32"),"");
    table.Columns.Add(idColumn);
    table.Columns.Add(itemColumn);

    // Set the primary key to the first column.
    table.PrimaryKey = new DataColumn[1]{ idColumn };

    // Add RowChanged event handler for the table.
    table.RowChanged+= new DataRowChangeEventHandler(Row_Changed);

    // Add ten rows.
    for(int i = 0; i <10;i++)
    {
        DataRow row=table.NewRow();
        row["Item"]= i;
        table.Rows.Add(row);
    }

    // Accept changes.
    dataSet.AcceptChanges();
    PrintValues(dataSet, "Original values");

    // Create a second DataTable identical to the first, with
    // one extra column using the Clone method.
    DataTable cloneTable = table.Clone();
    cloneTable.Columns.Add("extra", typeof(string));

    // Add two rows. Note that the id column can'table be the
    // same as existing rows in the DataSet table.
    DataRow newRow;
    newRow=cloneTable.NewRow();
    newRow["id"]= 12;
    newRow["Item"]=555;
    newRow["extra"]= "extra Column 1";
    cloneTable.Rows.Add(newRow);

    newRow=cloneTable.NewRow();
    newRow["id"]= 13;
    newRow["Item"]=665;
    newRow["extra"]= "extra Column 2";
    cloneTable.Rows.Add(newRow);

    // Merge the table into the DataSet.
    Console.WriteLine("Merging");
    dataSet.Merge(cloneTable,false,MissingSchemaAction.Add);
    PrintValues(dataSet, "Merged With Table, Schema Added");
}

private void Row_Changed(object sender,
    DataRowChangeEventArgs e)
{
    Console.WriteLine("Row Changed " + e.Action.ToString()
        + "\table" + e.Row.ItemArray[0]);
}

private void PrintValues(DataSet dataSet, string label)
{
    Console.WriteLine("\n" + label);
    foreach(DataTable table in dataSet.Tables)
    {
        Console.WriteLine("TableName: " + table.TableName);
        foreach(DataRow row in table.Rows)
        {
            foreach(DataColumn column in table.Columns)
            {
                Console.Write("\table " + row[column] );
            }
            Console.WriteLine();
        }
    }
}
Private Sub DemonstrateMergeTableAddSchema()
    ' Create a DataSet with one table, two columns, 
    'and ten rows.
    Dim dataSet As New DataSet("dataSet")
    Dim table As New DataTable("Items")

    ' Add tables to the DataSet
    dataSet.Tables.Add(table)

    ' Create and add two columns to the DataTable
    Dim idColumn As New DataColumn("id", _
        Type.GetType("System.Int32"), "")
    idColumn.AutoIncrement = True
    Dim itemColumn As New DataColumn("Item", _
        Type.GetType("System.Int32"), "")
    table.Columns.Add(idColumn)
    table.Columns.Add(itemColumn)

    ' DataColumn array to set primary key.
    Dim keyCol(0) As DataColumn

    ' Set primary key column.
    keyCol(0) = idColumn
    table.PrimaryKey = keyCol

    ' Add RowChanged event handler for the table.
    AddHandler table.RowChanged, AddressOf Row_Changed

    ' Add ten rows.
    Dim i As Integer
    Dim row As DataRow

    For i = 0 To 9
        row = table.NewRow()
        row("Item") = i
        table.Rows.Add(row)
    Next i

    ' Accept changes.
    dataSet.AcceptChanges()
    PrintValues(dataSet, "Original values")

    ' Create a second DataTable identical to the first
    ' with one extra column using the Clone method.
    Dim cloneTable As New DataTable
    cloneTable = table.Clone()

    ' Add column.
    cloneTable.Columns.Add("extra", _
        Type.GetType("System.String"))

    ' Add two rows. Note that the id column can't be the 
    ' same as existing rows in the DataSet table.
    Dim newRow As DataRow
    newRow = cloneTable.NewRow()
    newRow("id") = 12
    newRow("Item") = 555
    newRow("extra") = "extra Column 1"
    cloneTable.Rows.Add(newRow)
        
    newRow = cloneTable.NewRow()
    newRow("id") = 13
    newRow("Item") = 665
    newRow("extra") = "extra Column 2"
    cloneTable.Rows.Add(newRow)

    ' Merge the table into the DataSet.
    Console.WriteLine("Merging")
    dataSet.Merge(cloneTable, False, MissingSchemaAction.Add)
    PrintValues(dataSet, "Merged With Table, Schema Added")
End Sub
  
Private Sub Row_Changed(sender As Object, _
    e As DataRowChangeEventArgs)
    Console.WriteLine("Row Changed " & e.Action.ToString() _
        & ControlChars.Tab & e.Row.ItemArray(0).ToString())
End Sub
    
Private Sub PrintValues(dataSet As DataSet, label As String)
    Console.WriteLine(ControlChars.Cr & label)
    Dim table As DataTable
    Dim row As DataRow
    Dim column As DataColumn
    For Each table In  dataSet.Tables
        Console.WriteLine("TableName: " & table.TableName)
        For Each row In  table.Rows             
            For Each column In  table.Columns
                Console.Write(ControlChars.Tab & " " _
                    & row(column).ToString())
            Next column
            Console.WriteLine()
        Next row
    Next table
 End Sub

注釈

メソッドは Merge 、主に類似したスキーマを持つ 2 つの DataSet オブジェクトをマージするために使用されます。 マージは通常、データ ソースからの最新の変更を既存 DataSetの に組み込むためにクライアント アプリケーションで使用されます。 これにより、クライアント アプリケーションは、データ ソースからの最新のデータで更新 DataSet できます。

メソッドは Merge 通常、変更の検証、エラーの調整、変更によるデータ ソースの更新、最後に既存 DataSetの を更新する一連のプロシージャの最後に呼び出されます。

iクライアント アプリケーションでは、変更されたデータを収集して検証してから中間層コンポーネントに送信する前に、ユーザーがクリックできるボタンが 1 つだけあるのが一般的です。 このシナリオでは、 メソッドが最初に GetChanges 呼び出されます。 そのメソッドは、検証とマージ用に最適化された 2 つ目 DataSet の を返します。 この 2 番目DataSetの オブジェクトには、変更された オブジェクトと DataRow オブジェクトのみがDataTable含まれており、その結果、元DataSetの のサブセットになります。 このサブセットは一般に小さくなり、中間層コンポーネントに効率的に戻されます。 その後、中間層コンポーネントは、ストアド プロシージャを通じて変更を使用して元のデータ ソースを更新します。 中間層は、元のデータとデータ ソースからの最新のデータを含む新しい DataSet (元のクエリをもう一度実行して) 送り返すか、データ ソースから行われた変更を含むサブセットを返すことができます。 (たとえば、データ ソースが一意の主キー値を自動的に作成する場合、これらの値をクライアント アプリケーションに反映できます)。どちらの場合も、 メソッドを使用して、返された DataSet をクライアント アプリケーションの元DataSetMergeの にマージできます。

メソッドが Merge 呼び出されると、スキーマが変更された可能性があるため、2 つの DataSet オブジェクトのスキーマが比較されます。 たとえば、企業間のシナリオでは、自動化されたプロセスによって新しい列が XML スキーマに追加されている可能性があります。 ソース DataSet に、ターゲットに存在しないスキーマ要素 (追加された DataColumn オブジェクト) が含まれている場合は、 引数を に設定することで、スキーマ要素を missingSchemaAction ターゲットに MissingSchemaAction.Add追加できます。 その場合、マージされた には追加された DataSet スキーマとデータが含まれます。

スキーマをマージすると、データがマージされます。

新しいソースDataSetをターゲットにマージすると、値が 、Modified、または DeletedUnchangedソース行DataRowStateは、同じ主キー値を持つターゲット行と照合されます。 値が DataRowStateAdded ソース行は、新しいソース行と同じ主キー値を持つ新しいターゲット行と照合されます。

マージ中、制約は無効になります。 マージの最後に制約を有効にできない場合は、 が生成され、 ConstraintException 制約が無効になっている間はマージされたデータが保持されます。 この場合、 EnforceConstraints プロパティは に false設定され、無効な行はすべてエラーとしてマークされます。 プロパティを にリセットする前に、エラーを EnforceConstraints 解決する true必要があります。

こちらもご覧ください

適用対象