DataSet.WriteXml メソッド

定義

DataSet から XML データを書き込みます。オプションでスキーマも書き込むことができます。

オーバーロード

WriteXml(XmlWriter, XmlWriteMode)

指定した DataSetXmlWriter を使用して、XmlWriteMode の現在のデータを書き込みます。オプションでスキーマを書き込むこともできます。 スキーマを書き込むには、mode パラメーターの値を WriteSchema に設定します。

WriteXml(String, XmlWriteMode)

指定した DataSet を使用して、XmlWriteMode の現在のデータを、指定したファイルに書き込みます。オプションでスキーマを書き込むこともできます。 スキーマを書き込むには、mode パラメーターの値を WriteSchema に設定します。

WriteXml(TextWriter, XmlWriteMode)

指定した DataSetTextWriter を使用して、XmlWriteMode の現在のデータを書き込みます。オプションでスキーマを書き込むこともできます。 スキーマを書き込むには、mode パラメーターの値を WriteSchema に設定します。

WriteXml(Stream, XmlWriteMode)

指定した DataSetStream を使用して、XmlWriteMode の現在のデータを書き込みます。オプションでスキーマを書き込むこともできます。 スキーマを書き込むには、mode パラメーターの値を WriteSchema に設定します。

WriteXml(String)

指定したファイルに、DataSet の現在のデータを書き込みます。

WriteXml(TextWriter)

指定した DataSet を使用して TextWriter の現在のデータを書き込みます。

WriteXml(XmlWriter)

指定した DataSet に、XmlWriter の現在のデータを書き込みます。

WriteXml(Stream)

指定した DataSet を使用して Stream の現在のデータを書き込みます。

WriteXml(XmlWriter, XmlWriteMode)

指定した DataSetXmlWriter を使用して、XmlWriteMode の現在のデータを書き込みます。オプションでスキーマを書き込むこともできます。 スキーマを書き込むには、mode パラメーターの値を WriteSchema に設定します。

public:
 void WriteXml(System::Xml::XmlWriter ^ writer, System::Data::XmlWriteMode mode);
public void WriteXml (System.Xml.XmlWriter? writer, System.Data.XmlWriteMode mode);
public void WriteXml (System.Xml.XmlWriter writer, System.Data.XmlWriteMode mode);
member this.WriteXml : System.Xml.XmlWriter * System.Data.XmlWriteMode -> unit
Public Sub WriteXml (writer As XmlWriter, mode As XmlWriteMode)

パラメーター

writer
XmlWriter

書き込みに使用する XmlWriter

mode
XmlWriteMode

XmlWriteMode 値のいずれか 1 つ。

次の例では、新しい XmlTextWriterSystem.IO.FileStream作成するために使用される オブジェクトを作成します。 オブジェクトは XmlTextWriter 、 メソッドと共に WriteXml 使用して XML ドキュメントを書き込みます。

private void WriteXmlToFile(DataSet thisDataSet)
{
    if (thisDataSet == null) { return; }

    // Create a file name to write to.
    string filename = "XmlDoc.xml";

    // Create the FileStream to write with.
    System.IO.FileStream stream = new System.IO.FileStream
        (filename, System.IO.FileMode.Create);

    // Create an XmlTextWriter with the fileStream.
    System.Xml.XmlTextWriter xmlWriter =
        new System.Xml.XmlTextWriter(stream,
        System.Text.Encoding.Unicode);

    // Write to the file with the WriteXml method.
    thisDataSet.WriteXml(xmlWriter);
    xmlWriter.Close();
}
Private Sub WriteXmlToFile(thisDataSet As DataSet)
    If thisDataSet Is Nothing Then
        Return
    End If

    ' Create a file name to write to.
    Dim filename As String = "XmlDoc.xml"

    ' Create the FileStream to write with.
    Dim stream As New System.IO.FileStream _
       (filename, System.IO.FileMode.Create)

    ' Create an XmlTextWriter with the fileStream.
    Dim xmlWriter As New System.Xml.XmlTextWriter _
       (stream, System.Text.Encoding.Unicode)

    ' Write to the file with the WriteXml method.
    thisDataSet.WriteXml(xmlWriter)
    xmlWriter.Close()
End Sub

注釈

メソッドは WriteXml 、データのみ、または データとスキーマ DataSet の両方を XML ドキュメントに書き込む方法を提供します WriteXmlSchema が、メソッドはスキーマのみを書き込みます。 データとスキーマの両方を書き込むには、 パラメーターを modeWriteSchema設定します。

メソッドと ReadXmlSchema メソッドについても、それぞれ同じことが当てはまりますReadXml。 XML データ、またはスキーマとデータの両方を に読み取る場合は DataSet、 メソッドを使用します ReadXml 。 スキーマのみを読み取る場合は、 メソッドを使用します ReadXmlSchema

Note

からInvalidOperationException読み取られるか、または を実装するために書き込まれる 内のDataRow列型が を実装IDynamicMetaObjectProviderIXmlSerializableせず、 がスローされます。

こちらもご覧ください

適用対象

WriteXml(String, XmlWriteMode)

指定した DataSet を使用して、XmlWriteMode の現在のデータを、指定したファイルに書き込みます。オプションでスキーマを書き込むこともできます。 スキーマを書き込むには、mode パラメーターの値を WriteSchema に設定します。

public:
 void WriteXml(System::String ^ fileName, System::Data::XmlWriteMode mode);
public void WriteXml (string fileName, System.Data.XmlWriteMode mode);
member this.WriteXml : string * System.Data.XmlWriteMode -> unit
Public Sub WriteXml (fileName As String, mode As XmlWriteMode)

パラメーター

fileName
String

書き込み先の (パスを含む) ファイル名。

mode
XmlWriteMode

XmlWriteMode 値のいずれか 1 つ。

例外

FileIOPermissionWrite に設定されていません。

次の例では、 メソッドを WriteXml 使用して XML ドキュメントを記述します。

private void WriteXmlToFile(DataSet thisDataSet)
{
    if (thisDataSet == null) { return; }

    // Create a file name to write to.
    string filename = "XmlDoc.xml";

    // Write to the file with the WriteXml method.
    thisDataSet.WriteXml(filename);
}
Private Sub WriteXmlToFile(thisDataSet As DataSet)
    If thisDataSet Is Nothing Then
        Return
    End If

    ' Create a file name to write to.
    Dim filename As String = "XmlDoc.xml"

    ' Write to the file with the WriteXml method.
    thisDataSet.WriteXml(filename)
End Sub

注釈

メソッドは WriteXml 、データのみ、または データとスキーマ DataSet の両方を XML ドキュメントに書き込む方法を提供します WriteXmlSchema が、メソッドはスキーマのみを書き込みます。 データとスキーマの両方を書き込むには、 パラメーターを modeWriteSchema設定します。

メソッドと ReadXmlSchema メソッドについても、それぞれ同じことが当てはまりますReadXml。 XML データ、またはスキーマとデータの両方を に読み取る場合は DataSet、 メソッドを使用します ReadXml 。 スキーマのみを読み取る場合は、 メソッドを使用します ReadXmlSchema

Note

からInvalidOperationException読み取られるか、または を実装するために書き込まれる 内のDataRow列型が を実装IDynamicMetaObjectProviderIXmlSerializableせず、 がスローされます。

こちらもご覧ください

適用対象

WriteXml(TextWriter, XmlWriteMode)

指定した DataSetTextWriter を使用して、XmlWriteMode の現在のデータを書き込みます。オプションでスキーマを書き込むこともできます。 スキーマを書き込むには、mode パラメーターの値を WriteSchema に設定します。

public:
 void WriteXml(System::IO::TextWriter ^ writer, System::Data::XmlWriteMode mode);
public void WriteXml (System.IO.TextWriter? writer, System.Data.XmlWriteMode mode);
public void WriteXml (System.IO.TextWriter writer, System.Data.XmlWriteMode mode);
member this.WriteXml : System.IO.TextWriter * System.Data.XmlWriteMode -> unit
Public Sub WriteXml (writer As TextWriter, mode As XmlWriteMode)

パラメーター

writer
TextWriter

ドキュメントの書き込みに使用する TextWriter オブジェクト。

mode
XmlWriteMode

XmlWriteMode 値のいずれか 1 つ。

次の例では、最初に、1 つの DataTable、2 つの列、10 行の単純な DataSet を作成します。 スキーマとデータは DataSet 、 メソッドを呼び出してディスクに WriteXml 書き込まれます。 2 つ目 DataSet が作成され、 メソッドを ReadXml 使用してスキーマとデータを入力します。

private void DemonstrateReadWriteXMLDocumentWithFileStream()
{
    // Create a DataSet with one table and two columns.
    DataSet originalDataSet = new DataSet("dataSet");
    DataTable table = new DataTable("table");
    DataColumn idColumn = new DataColumn("id",
        Type.GetType("System.Int32"));
    idColumn.AutoIncrement= true;

    DataColumn itemColumn = new DataColumn("item");
    table.Columns.Add(idColumn);
    table.Columns.Add(itemColumn);
    originalDataSet.Tables.Add(table);
    // Add ten rows.

    DataRow newRow;
    for(int i = 0; i < 10; i++)
    {
        newRow = table.NewRow();
        newRow["item"]= "item " + i;
        table.Rows.Add(newRow);
    }
    originalDataSet.AcceptChanges();

    // Print out values of each table in the DataSet
    // using the function defined below.
    PrintValues(originalDataSet, "Original DataSet");

    // Write the schema and data to XML file with FileStream.
    string xmlFilename = "XmlDocument.xml";
    System.IO.FileStream streamWrite = new System.IO.FileStream
        (xmlFilename, System.IO.FileMode.Create);

    // Use WriteXml to write the XML document.
    originalDataSet.WriteXml(streamWrite);

    // Close the FileStream.
    streamWrite.Close();

    // Dispose of the original DataSet.
    originalDataSet.Dispose();
    // Create a new DataSet.
    DataSet newDataSet = new DataSet("New DataSet");

    // Read the XML document back in.
    // Create new FileStream to read schema with.
    System.IO.FileStream streamRead = new System.IO.FileStream
        (xmlFilename,System.IO.FileMode.Open);
    newDataSet.ReadXml(streamRead);

    // Print out values of each table in the DataSet
    // using the function defined below.
    PrintValues(newDataSet,"New DataSet");
}

private void PrintValues(DataSet dataSet, string label)
{
    Console.WriteLine("\n" + label);
    foreach(DataTable table in dataSet.Tables)
    {
        Console.WriteLine("TableName: " + table.TableName);
        foreach(DataRow row in table.Rows)
        {
            foreach(DataColumn column in table.Columns)
            {
                Console.Write("\table " + row[column] );
            }
            Console.WriteLine();
        }
    }
}
Private Sub DemonstrateReadWriteXMLDocumentWithFileStream()
    ' Create a DataSet with one table and two columns.
    Dim originalDataSet As New DataSet("dataSet")
    Dim table As New DataTable("table")
    Dim idColumn As New DataColumn("id", _
       Type.GetType("System.Int32"))
    idColumn.AutoIncrement = True

    Dim itemColumn As New DataColumn("item")
    table.Columns.Add(idColumn)
    table.Columns.Add(itemColumn)
    originalDataSet.Tables.Add(table)

    ' Add ten rows.
    Dim newRow As DataRow
    Dim i As Integer
    For i = 0 To 9
        newRow = table.NewRow()
        newRow("item") = "item " & i.ToString()
        table.Rows.Add(newRow)
    Next i
    originalDataSet.AcceptChanges()

    ' Print out values of each table in the DataSet 
    ' using the function defined below.
    PrintValues(originalDataSet, "Original DataSet")

    ' Write the schema and data to XML file with FileStream.
    Dim xmlFilename As String = "XmlDocument.xml"
    Dim streamWrite As New System.IO.FileStream _
       (xmlFilename, System.IO.FileMode.Create)

    ' Use WriteXml to write the XML document.
    originalDataSet.WriteXml(streamWrite)

    ' Close the FileStream.
    streamWrite.Close()
     
    ' Dispose of the original DataSet.
    originalDataSet.Dispose()
    ' Create a new DataSet.
    Dim newDataSet As New DataSet("New DataSet")
       
    ' Read the XML document back in. 
    ' Create new FileStream to read schema with.
    Dim streamRead As New System.IO.FileStream _
       (xmlFilename, System.IO.FileMode.Open)
     
    newDataSet.ReadXml(streamRead)
    ' Print out values of each table in the DataSet  
    ' using the function defined below.
    PrintValues(newDataSet, "New DataSet")
End Sub
   
Private Sub PrintValues(dataSet As DataSet, label As String)
    Console.WriteLine(ControlChars.Cr & label)
    Dim table As DataTable
    Dim row As DataRow
    Dim column As DataColumn
    For Each table In  dataSet.Tables
        Console.WriteLine("TableName: " & table.TableName)         
        For Each row In  table.Rows             
            For Each column In  table.Columns
                Console.Write(ControlChars.Tab & " " & _
                   row(column).ToString())
            Next column
            Console.WriteLine()
        Next row
    Next table
End Sub

注釈

メソッドは WriteXml 、データのみ、または データとスキーマ DataSet の両方を XML ドキュメントに書き込む方法を提供します WriteXmlSchema が、メソッドはスキーマのみを書き込みます。 データとスキーマの両方を書き込むには、 パラメーターを modeWriteSchema設定します。

メソッドと ReadXmlSchema メソッドについても、それぞれ同じことが当てはまりますReadXml。 XML データ、またはスキーマとデータの両方を に読み取る場合は DataSet、 メソッドを使用します ReadXml 。 スキーマのみを読み取る場合は、 メソッドを使用します ReadXmlSchema

Note

からInvalidOperationException読み取られるか、または を実装するために書き込まれる 内のDataRow列型が を実装IDynamicMetaObjectProviderIXmlSerializableせず、 がスローされます。

こちらもご覧ください

適用対象

WriteXml(Stream, XmlWriteMode)

指定した DataSetStream を使用して、XmlWriteMode の現在のデータを書き込みます。オプションでスキーマを書き込むこともできます。 スキーマを書き込むには、mode パラメーターの値を WriteSchema に設定します。

public:
 void WriteXml(System::IO::Stream ^ stream, System::Data::XmlWriteMode mode);
public void WriteXml (System.IO.Stream? stream, System.Data.XmlWriteMode mode);
public void WriteXml (System.IO.Stream stream, System.Data.XmlWriteMode mode);
member this.WriteXml : System.IO.Stream * System.Data.XmlWriteMode -> unit
Public Sub WriteXml (stream As Stream, mode As XmlWriteMode)

パラメーター

stream
Stream

ファイルに書き込むために使用する Stream オブジェクト。

mode
XmlWriteMode

XmlWriteMode 値のいずれか 1 つ。

注釈

メソッドは WriteXml 、データのみ、または データとスキーマ DataSet の両方を XML ドキュメントに書き込む方法を提供します WriteXmlSchema が、メソッドはスキーマのみを書き込みます。 データとスキーマの両方を書き込むには、 パラメーターを modeWriteSchema設定します。

メソッドと ReadXmlSchema メソッドについても、それぞれ同じことが当てはまりますReadXml。 XML データ、またはスキーマとデータの両方を に読み取る場合は DataSet、 メソッドを使用します ReadXml 。 スキーマのみを読み取る場合は、 メソッドを使用します ReadXmlSchema

Note

からInvalidOperationException読み取られるか、または を実装するために書き込まれる 内のDataRow列型が を実装IDynamicMetaObjectProviderIXmlSerializableせず、 がスローされます。

こちらもご覧ください

適用対象

WriteXml(String)

指定したファイルに、DataSet の現在のデータを書き込みます。

public:
 void WriteXml(System::String ^ fileName);
public void WriteXml (string fileName);
member this.WriteXml : string -> unit
Public Sub WriteXml (fileName As String)

パラメーター

fileName
String

書き込み先の (パスを含む) ファイル名。

例外

FileIOPermissionWrite に設定されていません。

注釈

メソッドは WriteXml 、データのみ、または データとスキーマ DataSet の両方を XML ドキュメントに書き込む方法を提供します WriteXmlSchema が、メソッドはスキーマのみを書き込みます。 データとスキーマの両方を書き込むには、 パラメーターを含む mode オーバーロードのいずれかを使用し、その値を に WriteSchema設定します。

メソッドと ReadXmlSchema メソッドについても、それぞれ同じことが当てはまりますReadXml。 XML データ、またはスキーマとデータの両方を に読み取る場合は DataSet、 メソッドを使用します ReadXml 。 スキーマのみを読み取る場合は、 メソッドを使用します ReadXmlSchema

Note

からInvalidOperationException読み取られるか、または を実装するために書き込まれる 内のDataRow列型が を実装IDynamicMetaObjectProviderIXmlSerializableせず、 がスローされます。

こちらもご覧ください

適用対象

WriteXml(TextWriter)

指定した DataSet を使用して TextWriter の現在のデータを書き込みます。

public:
 void WriteXml(System::IO::TextWriter ^ writer);
public void WriteXml (System.IO.TextWriter? writer);
public void WriteXml (System.IO.TextWriter writer);
member this.WriteXml : System.IO.TextWriter -> unit
Public Sub WriteXml (writer As TextWriter)

パラメーター

writer
TextWriter

書き込む対象の TextWriter オブジェクト。

注釈

メソッドは WriteXml 、データのみ、または データとスキーマ DataSet の両方を XML ドキュメントに書き込む方法を提供します WriteXmlSchema が、メソッドはスキーマのみを書き込みます。 データとスキーマの両方を書き込むには、 パラメーターを含む mode オーバーロードのいずれかを使用し、その値を に WriteSchema設定します。

メソッドと ReadXmlSchema メソッドについても、それぞれ同じことが当てはまりますReadXml。 XML データ、またはスキーマとデータの両方を に読み取る場合は DataSet、 メソッドを使用します ReadXml 。 スキーマのみを読み取る場合は、 メソッドを使用します ReadXmlSchema

Note

InvalidOperationExceptionから読み取られるか 書き込まれる 内のDataRow列型が を実装し、 を実装IDynamicMetaObjectProviderIXmlSerializableしていない場合は、 がスローされます。

こちらもご覧ください

適用対象

WriteXml(XmlWriter)

指定した DataSet に、XmlWriter の現在のデータを書き込みます。

public:
 void WriteXml(System::Xml::XmlWriter ^ writer);
public void WriteXml (System.Xml.XmlWriter? writer);
public void WriteXml (System.Xml.XmlWriter writer);
member this.WriteXml : System.Xml.XmlWriter -> unit
Public Sub WriteXml (writer As XmlWriter)

パラメーター

writer
XmlWriter

書き込みに使用する XmlWriter

注釈

メソッドは WriteXml 、データのみを書き込む方法、または データとスキーマ DataSet の両方を XML ドキュメントに書き込む方法を提供します。一方 WriteXmlSchema 、 メソッドはスキーマのみを書き込みます。 データとスキーマの両方を書き込むには、 パラメーターを含む mode オーバーロードのいずれかを使用し、その値を に WriteSchema設定します。

メソッドと ReadXmlSchema メソッドについても、それぞれ同じことが当てはまりますReadXml。 XML データ、またはスキーマとデータの両方を に DataSet読み込むには、 メソッドを使用します ReadXml 。 スキーマのみを読み取る場合は、 メソッドを使用します ReadXmlSchema

Note

InvalidOperationExceptionから読み取られるか 書き込まれる 内のDataRow列型が を実装し、 を実装IDynamicMetaObjectProviderIXmlSerializableしていない場合は、 がスローされます。

こちらもご覧ください

適用対象

WriteXml(Stream)

指定した DataSet を使用して Stream の現在のデータを書き込みます。

public:
 void WriteXml(System::IO::Stream ^ stream);
public void WriteXml (System.IO.Stream? stream);
public void WriteXml (System.IO.Stream stream);
member this.WriteXml : System.IO.Stream -> unit
Public Sub WriteXml (stream As Stream)

パラメーター

stream
Stream

ファイルに書き込むために使用する Stream オブジェクト。

次の例では、 オブジェクトを System.IO.FileStream 作成します。 その後、 オブジェクトを メソッドと共に WriteXml 使用して XML ドキュメントを書き込みます。

private void WriteXmlToFile(DataSet thisDataSet)
{
    if (thisDataSet == null) { return; }

    // Create a file name to write to.
    string filename = "XmlDoc.xml";

    // Create the FileStream to write with.
    System.IO.FileStream stream = new System.IO.FileStream
        (filename, System.IO.FileMode.Create);

    // Write to the file with the WriteXml method.
    thisDataSet.WriteXml(stream);
}
Private Sub WriteXmlToFile(thisDataSet As DataSet)
     If thisDataSet Is Nothing Then
         Return
     End If 

    ' Create a file name to write to.
     Dim filename As String = "XmlDoc.xml"

     ' Create the FileStream to write with.
     Dim stream As New System.IO.FileStream _
        (filename, System.IO.FileMode.Create)

     ' Write to the file with the WriteXml method.
     thisDataSet.WriteXml(stream)
End Sub

注釈

メソッドは WriteXml 、データのみを書き込む方法、または データとスキーマ DataSet の両方を XML ドキュメントに書き込む方法を提供します。一方 WriteXmlSchema 、 メソッドはスキーマのみを書き込みます。 データとスキーマの両方を書き込むには、 パラメーターを含む mode オーバーロードのいずれかを使用し、その値を に WriteSchema設定します。

メソッドと ReadXmlSchema メソッドについても、それぞれ同じことが当てはまりますReadXml。 XML データ、またはスキーマとデータの両方を に DataSet読み込むには、 メソッドを使用します ReadXml 。 スキーマのみを読み取る場合は、 メソッドを使用します ReadXmlSchema

Note

InvalidOperationExceptionから読み取られるか 書き込まれる 内のDataRow列型が を実装し、 を実装IDynamicMetaObjectProviderIXmlSerializableしていない場合は、 がスローされます。

こちらもご覧ください

適用対象