DataTable コンストラクター

定義

DataTable クラスの新しいインスタンスを初期化します。

オーバーロード

DataTable()

引数を指定せずに、DataTable クラスの新しいインスタンスを初期化します。

DataTable(String)

指定したテーブル名を使用して DataTable クラスの新しいインスタンスを初期化します。

DataTable(SerializationInfo, StreamingContext)
互換性のために残されています。

シリアル化したデータを使用して、DataTable クラスの新しいインスタンスを初期化します。

DataTable(String, String)

指定したテーブル名と名前空間を使用して、DataTable クラスの新しいインスタンスを初期化します。

DataTable()

引数を指定せずに、DataTable クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 DataTable();
public DataTable ();
Public Sub New ()

次の例では、 と DataRowを使用DataColumnして新しい DataTable を作成し、コントロールにDataGridView表示します。

private void MakeDataTableAndDisplay()
{
    // Create new DataTable.
    DataTable table = new DataTable();

    // Declare DataColumn and DataRow variables.
    DataColumn column;
    DataRow row;

    // Create new DataColumn, set DataType, ColumnName
    // and add to DataTable.
    column = new DataColumn();
    column.DataType = System.Type.GetType("System.Int32");
    column.ColumnName = "id";
    table.Columns.Add(column);

    // Create second column.
    column = new DataColumn();
    column.DataType = Type.GetType("System.String");
    column.ColumnName = "item";
    table.Columns.Add(column);

    // Create new DataRow objects and add to DataTable.
    for(int i = 0; i < 10; i++)
    {
        row = table.NewRow();
        row["id"] = i;
        row["item"] = "item " + i;
        table.Rows.Add(row);
    }
    // Set to DataGrid.DataSource property to the table.
    dataGrid1.DataSource = table;
}
Private Sub MakeDataTableAndDisplay()
   ' Create new DataTable.
   Dim table As New DataTable

   ' Declare DataColumn and DataRow variables.
   Dim column As DataColumn
   Dim row As DataRow

   ' Create new DataColumn, set DataType, ColumnName 
   ' and add to DataTable.    
   column = New DataColumn
   column.DataType = System.Type.GetType("System.Int32")
   column.ColumnName = "id"
   table.Columns.Add(column)

   ' Create second column.
   column = New DataColumn
   column.DataType = Type.GetType("System.String")
   column.ColumnName = "item"
   table.Columns.Add(column)

   ' Create new DataRow objects and add to DataTable.    
   Dim i As Integer
   For i = 0 To 10
      row = table.NewRow
      row("id") = i
      row("item") = "item " & i
      table.Rows.Add(row)
   Next i

   ' Set to DataGrid.DataSource property to the table.
   DataGrid1.DataSource = table
End Sub

注釈

コンストラクターは、オブジェクトのすべてのプロパティの初期値を DataTable 設定します。 次の表は、プロパティとその既定値を示しています。 の DataTable インスタンスが作成されると、次の読み取り/書き込みプロパティが初期値に設定されます。

プロパティ 既定値
[CaseSensitive] 親 と同じです(親 DataSetに属している場合)。 それ以外の場合は false
DisplayExpression 空の文字列 ("")
ロケール DataSet オブジェクトの CultureInfo (プロパティによって Locale 返される) と同じです。親が存在しない場合、既定値は現在のシステム CultureInfoです。
MinimumCapacity 50 行。

これらのプロパティの値は、 プロパティを個別に呼び出して変更できます。

こちらもご覧ください

適用対象

DataTable(String)

指定したテーブル名を使用して DataTable クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 DataTable(System::String ^ tableName);
public DataTable (string? tableName);
public DataTable (string tableName);
new System.Data.DataTable : string -> System.Data.DataTable
Public Sub New (tableName As String)

パラメーター

tableName
String

テーブルに付ける名前。 tableNamenull または空の文字列の場合は、DataTableCollection に追加したときに既定の名前が付けられます。

次の例では、 を DataTable 作成し、コントロールに DataGridView 表示します。

private void MakeDataTableAndDisplay()
{
    // Create new DataTable.
    DataTable table = new DataTable("table");

    // Declare DataColumn and DataRow variables.
    DataColumn column;
    DataRow row;

    // Create new DataColumn, set DataType,
    // ColumnName and add to DataTable.
    column = new DataColumn();
    column.DataType = System.Type.GetType("System.Int32");
    column.ColumnName = "id";
    table.Columns.Add(column);

    // Create second column.
    column = new DataColumn();
    column.DataType = Type.GetType("System.String");
    column.ColumnName = "item";
    table.Columns.Add(column);

    // Create new DataRow objects and add to DataTable.
    for(int i = 0; i < 10; i++)
    {
        row = table.NewRow();
        row["id"] = i;
        row["item"] = "item " + i;
        table.Rows.Add(row);
    }
    // Set to DataGrid.DataSource property to the table.
    dataGrid1.DataSource = table;
}
Private Sub MakeDataTableAndDisplay()
   ' Create new DataTable.
   Dim table As New DataTable("table")

   ' Declare DataColumn and DataRow variables.
   Dim column As DataColumn
   Dim row As DataRow

   ' Create new DataColumn, set DataType, 
   ' ColumnName and add to DataTable.    
   column = New DataColumn
   column.DataType = System.Type.GetType("System.Int32")
   column.ColumnName = "id"
   table.Columns.Add(column)

   ' Create second column.
   column = New DataColumn
   column.DataType = Type.GetType("System.String")
   column.ColumnName = "item"
   table.Columns.Add(column)

   ' Create new DataRow objects and add to DataTable.    
   Dim i As Integer
   For i = 0 To 10
      row = table.NewRow
      row("id") = i
      row("item") = "item " & i
      table.Rows.Add(row)
   Next i

   ' Set to DataGrid.DataSource property to the table.
   DataGrid1.DataSource = table
End Sub

こちらもご覧ください

適用対象

DataTable(SerializationInfo, StreamingContext)

注意事項

This API supports obsolete formatter-based serialization. It should not be called or extended by application code.

シリアル化したデータを使用して、DataTable クラスの新しいインスタンスを初期化します。

protected:
 DataTable(System::Runtime::Serialization::SerializationInfo ^ info, System::Runtime::Serialization::StreamingContext context);
protected DataTable (System.Runtime.Serialization.SerializationInfo info, System.Runtime.Serialization.StreamingContext context);
[System.Obsolete("This API supports obsolete formatter-based serialization. It should not be called or extended by application code.", DiagnosticId="SYSLIB0051", UrlFormat="https://aka.ms/dotnet-warnings/{0}")]
protected DataTable (System.Runtime.Serialization.SerializationInfo info, System.Runtime.Serialization.StreamingContext context);
new System.Data.DataTable : System.Runtime.Serialization.SerializationInfo * System.Runtime.Serialization.StreamingContext -> System.Data.DataTable
[<System.Obsolete("This API supports obsolete formatter-based serialization. It should not be called or extended by application code.", DiagnosticId="SYSLIB0051", UrlFormat="https://aka.ms/dotnet-warnings/{0}")>]
new System.Data.DataTable : System.Runtime.Serialization.SerializationInfo * System.Runtime.Serialization.StreamingContext -> System.Data.DataTable
Protected Sub New (info As SerializationInfo, context As StreamingContext)

パラメーター

info
SerializationInfo

データ セットのシリアル化されたデータ。

context
StreamingContext

シリアル化されたストリームに関するコンテキスト情報。

属性

例外

.NET 7 以降のバージョンのみ: info バイナリ データが含まれています。

注釈

コンストラクターの DataTable この実装は、 に ISerializable必要です。

こちらもご覧ください

適用対象

DataTable(String, String)

指定したテーブル名と名前空間を使用して、DataTable クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 DataTable(System::String ^ tableName, System::String ^ tableNamespace);
public DataTable (string? tableName, string? tableNamespace);
public DataTable (string tableName, string tableNamespace);
new System.Data.DataTable : string * string -> System.Data.DataTable
Public Sub New (tableName As String, tableNamespace As String)

パラメーター

tableName
String

テーブルに付ける名前。 tableNamenull または空の文字列の場合は、DataTableCollection に追加したときに既定の名前が付けられます。

tableNamespace
String

DataTable に格納されているデータの XML 表現の名前空間。

こちらもご覧ください

適用対象